FC2ブログ

記事一覧

祥月命日

今日は母の祥月命日でした。
早いもので、亡くなってからもう9年になります。


150115 (2)


お供えしたのは母が大好きだったかすみ草とフリージアです。
フリージアはいろんな色がありますが黄色が明るくていいですね。

今日は昨日録画しておいた「歌会始」を見ました。
今年は15日ではなくて14日でしたね。
私の正月はニューイヤーコンサートと歌会始を見ないと終わりません。
今年は佳子さまが出席されて華やかでした。
私はここに流れる何とも言えない静謐な空気感が好きなのです。
膝が悪いので正座は出来ませんが、ちゃんと背筋を伸ばし居住まいを正して見ました。
今年のお題は 『本』 でしたが、皇后さまのお詠みになった短歌に心惹かれました。

来(こ)し方(かた)に 本とふ文(ふみ)の林ありて その下陰に 幾度(いくど)いこひし

林の木陰で憩うように、本によって何度も安らぎを得てきたことを思い起こし、
本に対する親しみと感謝の気持ちを歌になさったそうです。
最近、まったくといっていいほど本を読んでいないので、私もこれを機に出来るだけ本を
読むようにしようと意を新たにしました。

そう言えば亡き母もお正月には必ず見る、と言うより見ないと正月が来ない
テレビ番組がありました。
能楽「三番叟」と「新春歌舞伎」、それにオペラなどです。
歌舞伎は「勧進帳」、オペラは特に「椿姫」や「蝶々夫人」がお気に入りでした。

今日は祥月命日なので一緒にオペラでも鑑賞しようと思い、私の持っている
数少ないオペラのビデオを探しました。
「椿姫」はアンナ・ネトレプコ主演のDVDしかないのでこれを見ることにします。
2005年にザルツブルク音楽祭で上演され好評を博したオペラです。
余りにも斬新な演出なので、古典を見慣れた母はぶっ飛ぶかもしれませんが。
しかしこれしかないので我慢してもらいましょう (笑)


150115.jpg


アンナ・ネトレプコ扮する主人公は結核で胸を患っているはずなのに、
どう言う訳か、すこぶる元気がいい (笑)
衣装も古典的なドレスではなくて、赤いノースリーブのワンピース。
しかも赤いハイヒールで舞台の端から端まで、跳び回ります。
まるで野田秀樹演出の舞台を見ているようです。
死に瀕する最後のシーンでも、血気盛ん (笑)
舞台装置も現代的でシンプル。象徴的な丸い大きな時計と、ソファーくらいしかありません。

実はこのビデオ、購入してから何年も経つのに見たのは今日が初めてなんです。
私が敬愛してやまない、今は亡き音楽評論家の黒田恭一氏が絶賛していたので
即、買ったまではいいのですが、なかなか見ようという気にならなくて。

でも絶賛するだけあって、すごくよかった。
圧倒されてしまいました。
ねえ、面白かったよね、おかあさん ^ ^
次回は歌舞伎だね。

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -