FC2ブログ

記事一覧

京都5日目 三友居の竹籠弁当

09:30 起床
10:00 朝食ーヨーグルト、コンビニパン、レギュラーコーヒー
10:30 洗濯
11:00 荷造り
12:00 ATM、三友居へ弁当を取りに行く
12:30 昼食ーかご弁当(三友居)
13:00 掃除
14:00 集荷(ゆうパック)
14:50 アパートを出てタクシーで京都駅
15:49 のぞみ37号乗車
19:30 帰宅
20:00 夕食ーカップラーメン、冷やし中華(コンビニ)

京都から戻って来ました。
明日から遡って京都の記事を完成させるつもりです。
目が疲れるので気長にぼちぼちやります。


■ 京都5日目 追記(7/30 更新)

今日は帰る日なので朝から荷造りで大わらわ。
滞在用の衣服のほかに息子の冬物衣料、寝具類も送り返します。
配送料を少しでも安く上げようと布団類は圧縮袋でコンパクトに。

190616 (1)

これは、こたつ布団です。

朝起きるのが遅かったので、あっと言う間にもうお昼です。
今日の昼ごはんは仕出し屋さんのお弁当です。
2日前に電話で予約していたので取りに行くだけです。
銀閣寺道の近く、息子のアパートから歩いて3分くらいの
場所にあります。


190616 (3)

「三友居」 出張茶懐石の専門店です。

このお店の竹籠弁当でお花見をするのが夢でした。
なるべく人通りの少ない場所を見つけて
白川疏水沿いの桜を愛でながらお弁当を頂くというのが。

残念ながら桜のシーズンではありませんが
息子が京都にいる間に夢が叶って、もうそれだけで十分。


190616 (2)

記念に写真を撮りました。
この白い紙袋に竹籠弁当が入っています。


190616 (4)

わくわくしながら蓋を開けました。
うわ~、美味しそう!


190616 (5)

190616 (6)

190616 (7)

早速、三人で頂きました。

夫と息子は懐石弁当があまり好きではないらしく、
それでも残さずきれいに食べていました。

男の人って総じて懐石料理が嫌いですよね。
がっつり焼肉派の二人には上品なお弁当は猫に小判でした。

3,780 × 3 = 11,340(税込)

私には十分美味しかったし、これで夢が叶ったし、
夢の値段だと思えば安いものです。

空になった竹かごは荷物に詰めて送り返しました。
家でお花見をする時に使おうと思っています。

さあ、おなかも膨れたし、立つ鳥跡を濁さずです。
掃除機をかけて、風呂場、洗面所、トイレを隈なく掃除。
(定期的に掃除をしているみたいで、そんなに汚れてはいませんが)

空気清浄機(加湿器)のフィルターも洗って乾かして仕舞います。
クローゼットの中の衣服もすべて夏用に入れ替え。

そうこうしているうちに、ピンポーンと荷物の集荷。
ゆうパック3個、引き渡しました。
よし、これでもう思い残すことはない。

「じゃあ、帰るからね」

と後ろ髪を引かれつつ、玄関のドアを開け振り返れば

「うん、またね」

と、そこには満面の笑みを浮かべた息子の顔が。

あんたは親が帰るのが寂しくないのか!

夫曰く、

「そりゃ、親が5日間も居座ってたんじゃ迷惑以外の
なにものでもないと思うよ。
やっと帰ってくれて、やれやれとしか思ってないよ。
実際は来てほしくないけど、言えないだけ」

「一体、誰が部屋代を払っていると思ってるのか!
年に何日か泊まるくらい、なんの困ることがあると言うのか!」

「ま、そんな、かっかしないで。
家に入れさせてくれるだけでも有難いと思わないと。
今の世の中、そんな子は数少ないと思うよ」


表の通りに出てタクシーを拾います。
タクシーに乗った時は極力、運転手さんと話すようにしています。
だって高い運賃を払っているんですもの、何か京都の情報を得ないと。

6月の京都は修学旅行の生徒を至る所で見かけます。
昔と違ってタクシーを利用している生徒が多いのには驚きます。
そのことを尋ねてみました。

流しのタクシーを拾っているのかと思っていたら違いました。
事前に学校を通じてタクシーを手配し予約するシステムになっているそうです。
一日貸切でも生徒4人で割り勘にすれば、そんなに法外な値段にはなりません。
ホテルまで迎えに来てくれて、運転手さんのガイドで効率よく各所回って、
昼ごはんも一緒なんだそう。
美味しいお店や、お土産屋さんなんかも教えてもらえるし。
まあ親御さんにすれば安心でしょうね。
でも地図を片手に(今はスマホか)自分たちでバスや地下鉄を乗り継いで
迷いながらうろうろするのが旅の醍醐味じゃないのかなあ。
ホント、時代は変わりましたねえ。
もちろん自分たちで回っている生徒たちもいっぱいいましたが。

運転手さんとの話が尽きず、でも気がつくともう京都駅。
今回はお土産も買ってあるので時間に余裕があります。


190616 (9)

いつも駆け込み乗車寸前なのに、今日はのんびり新幹線が
ホームに入ってくるのを待ちます。


190616 (12) 190616 (13)

車内で、きのう水無月と一緒に買った六方(饅頭)と
コンビニで買ったコーヒーで一息付きます。
中のあんこは抹茶あんでした。


190616 (14)

息子の部屋を出てから4時間半で家に着きました。
丘の向こうには、きれいな夕焼けが。
ああ、やっと我が家に帰って来ました。


190616 (15)

京都滞在中は金に糸目を付けず、食べたいものを食べていましたが、
家に帰るとそうはいきません。
旅行中のお札は、お金ではなくて単なる札(ふだ)だと
思うようにしています。

早速、コンビニで買った冷やし中華とカップラーメンが晩ごはん。
明日からまた節約生活に戻ります。

ああ、あと何回、京都に行けるかな。

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -