FC2ブログ

記事一覧

アトリエ・タタン風チーズケーキ②

190528 (10)

昨日の夜に作って冷蔵庫で一晩寝かせたチーズケーキ、
冷やし固めたので切りやすくなりました。


190528 (9)

8等分して3時のおやつに私だけ頂きました。


190528 (6)

湯せん焼きなのでちょっと水っぽいかな。
いつも作っているニューヨークチーズケーキとレシピはほぼ同じですが
こちらは生クリームの代わりにマスカルポーネが入ります。
マスカルポーネはティラミスでおなじみですが甘みとコクがあるので、
こちらの方がちょっとクドく感じます。

夫の分を一切れ残して後は1個ずつラップに包んで冷凍しました。


190527.jpg


4年くらい前に購入したアトリエ・タタンのチーズケーキの本
この表紙のチーズケーキに惹かれて一度でいいから
本物を食べてみたいなあとずっと思っていました。
でも実店舗はいつの間にか閉店してしまったみたいで
取り寄せも出来ないのでいつも自分で作っています。
今までもこのレシピで何度か作っています。

いつも近所のスーパーで手に入る安価な材料を使って作るので
いい材料を使っているアトリエタタンと同じ味ではないと思います。

本のレシピの分量通りに作ると材料が足りなかったり余ったりするので
無駄が出ないように、それぞれ1箱分を使いきる分量で作っています。
なので、まったく別物かもしれません。

まずは材料から

190528 (4)
クリームチーズ 200g 1個
190528 (1)
マスカルポーネ 100g 1個
190528 (2)
サワークリーム 90g 1個
190528 (3)
バニラピーンペースト 小さじ1/2
(バニラエッセンス、バニラオイル 数滴でも)

190528 (5)

卵2個 
グラニュー糖75g 
コーンスターチ10g

作り方は
レンジで柔らかくしたクリームチーズをゴムべらで混ぜる。

マスカルポーネ、サワークリームを順々に加えてその都度よく混ぜる。

なめらかになったらグラニュー糖を入れ泡だて器に持ち替えてさらに混ぜる。

溶き卵を2回に分けて入れなめらかになるまでよく混ぜる。

バニラペーストを入れ混ぜる。

コーンスターチをふるって入れ粉気がなくなるまでよく混ぜる。

クッキングシートを敷いたパウンド型に流し入れて湯せん焼きする。

湯せんの温度は50度くらい、天板に2cmくらいお湯を張って
型を入れ170℃のオーブンで45~50分焼く。

40分焼いた時点で、うっすらとしか焼き色が付かなかったので
190℃に温度を上げて5分焼き色を付けました。

粗熱が取れたら型のままラップをかけずに冷蔵庫で一晩休ませる。
焼きたては豆腐のようにふわふわで美味しくありません。

かかった材料費はざっと計算すると1100円。
(バニラビーンズペーストは100円で計算、これがコスト高)

光熱費を入れると1200円くらいかな。
8個に切り分けたので1個当たり150円。

チーズケーキってコンビニで買っても値段はこれ以上しますよね。
ケーキ屋さんで買うと2倍以上です。

そんじょ、そこいらのケーキ屋さんのチーズケーキより
このタタン風のチーズケーキの方がはるかに美味しいので
やっぱり作るしかありませんね。

お菓子って使う材料の良しあしで決まると思うので
このチーズケーキはタタンのそれとは、まったく違う味だと思います。
(実物を食べたことがないので何とも言えませんが)
チーズひとつとってもメーカーが違えば味が全然違いますものね。
なので、このケーキはあくまでもアトリエ・タタン風のチーズケーキです。
ああ、本物を食べてみたかったなあ。

このチーズケーキ前回焼いたバル風焼チーズケーキとよく似ていますが
バル風は湯せん焼きをしないしマスカルポーネではなくて生クリームが
入ります。
食感は湯せん焼きをしないほうが好みなので次回はバスクケーキを焼こうかな。
でももう暑いし、これからの季節はやっぱりレアチーズケーキですよね。

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -