FC2ブログ

記事一覧

バターロール


本日2本目の記事です。

190507 (29)

今日は夫の誕生日なのでディナー用の
バターロールを焼きました。
焼きムラがありますが、これが限界です。


190507 (30)

我が家のガスオーブン(ビルトインタイプ)は
一度に二段同時に焼けるのですが
オーブンの焼き具合にムラが出るようになったので
ずっと一段で焼いています。

ファン式なのでオーブン庫内の温度は上下段一定ですが
まずは下火を効かせるために下段で焼いて
パンをボンっと膨らませて底に色を付けます。

表面にうっすら色が付いてきたら上段に移し替えて
今度は上面に焼き色を付けています。
上段は上天井に近いので上火が効き表面に色が
付きやすくなります。

先日のワークショップで焼いたマフィンも
この焼き方で焼いたのでカノンさんが驚いていました。

全体的に均一に色をつけるために奥と手前を入れ替えます。
パンに限らずケーキでもクッキーでも、焼き始めたら
焼き終わるまで色つき具合を確かめながら焼いています。

なので180℃とか200℃とか、一度セットした温度に
頼りきることはありません。
色ムラをなくそうとしたら自分の目で見て温度を
調整するしかないのです。


190507 (31)

色の見極めも大事ですね。
美味しそうな色になるまで焼いてストップします。
40年前パン屋で窯焼きしていたころは業務用の電気オーブンで
一度に天板5枚を並べて焼くことが出来ました。
天板もロールパンが24個焼ける大きなサイズでした。
それでも効率よくどんどん焼いていかないとパンの発酵に
追いつかず発酵オーバーになるからです。
パンは待ってくれませんからね。

焼きムラを防ぐために5枚の天板を入れ替えるのは大変でした。
オーブン庫内の温度が下がらないように手早くしないといけないし。
当時のことを考えると家庭用のオーブンなんて可愛いもんです。


190507 (32)

卵塗りも、いかに少々の卵で一度に塗りきるか。
刷毛に含ませた卵液で何個塗ることが出来るか。
そんなことばかり考えていました。
家庭ではたっぷり卵が使えるというのにパン屋時代の名残で
今も一度で塗り残しなくというのが染みついています。


190507 (33)

結構いいパンに焼き上がったと思います。

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -