FC2ブログ

記事一覧

荒尾梨のコンポート(レシピ)

181018 (2)

これは一昨日作った和梨のコンポート(シロップ煮)。


181018 (4)

毎年、友人から荒尾梨を頂くのですが梨1個が大きいので
そのうち1個はコンポートにしました。


181018 (3)

熊本県荒尾市の名産品で品種は新高梨ですが
一般的な新高梨よりジャンボサイズです。


181018 (1)


いつも作っているコンポートの作り方は

水 300ml
白ワイン 300ml
グラニュー糖(今回は上白糖を使用)120g(水分量の20%)
レモン汁 小さじ2

鍋に分量の水、白ワイン、砂糖、レモン汁を入れる。
ここに皮を剥いて八割にして芯を取った梨を並べて入れる。
クッキングペーパーを丸くカットして真ん中に空気穴を開け
梨の上からかぶせて落としぶたにする。
強火にかけ煮立ってきたら弱火にして10分くらい煮る。
粗熱が取れたら冷蔵庫に一晩入れて味を浸みこませる。

バニラビーンズの在庫がなかったのでレモン汁を入れましたが
あればバニラビーンズ1/2本を縦に割って煮ると風味豊かになります。

たまたま白ワイン300mlの小瓶が手元にあったので
これを全部使いきってしまおうと思って、この分量にしました。

ワインは煮立てるとアルコール分が飛んで旨みだけが残るので
入れていますがワインの量は水と同量ではなくても構わないと思います。
水の半分の量でも美味しく出来ます。(水400ml、白ワイン200ml)
白ワインを入れずに水だけでもシロップになるのでワインなしでも
構いません。

砂糖の量は水分量の20~25%が、あっさりした甘みでベストだと思います。
これを守れば、果肉の量によって水分量を増減する場合でも応用が出来ます。
ただ水分量は果肉が十分隠れて浸る分量にします。
梨だけでなく桃でもリンゴでも、このやり方で作っています。
美味しくない果物に行きあたった時はコンポートにすれば美味しくなります。
今回はレモン汁を小さじ2杯にしましたが酸味をもっと効かせたい時は
味をみて後で量を増やします。

このコンポートを使って和梨のタルトを作ろうと思っています。

えっ、縫い縫いは、どうしたのかって?

もちろん、午後から縫いますよ。
ええ、縫いますとも。

ただ梨のコンポートはあまり日持ちがしないので、
ずっと小骨が引っかかったように気になって仕方がなかったんです。
何しろ今日は作って三日経ってますからね。

タルト生地は朝一番に仕込んで冷蔵庫に寝かせています。
ミシンに向かうのは3時間が限界なので、そのあとタルトを作ります。

ソーイング記事はすべて縫い終えてから、まとめてアップするつもりです。

では今日も一日、頑張ります!

心配せずとも、これから昼ごはんを食べて、ミシン部屋に直行します!
(と、自分に言い聞かせている^^;)

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -