FC2ブログ

記事一覧

経過報告 踵骨骨折後2年経ちました

左足の踵(かかと)の骨を折ってから今日でちょうど2年経ちました。
骨折したのは2年前の今日、お盆前の暑い盛りの夕方でした。
花の水やり用のホースを手繰り寄せながら後ろ向きに下がっていって、
段差があるのに気付かず踏み外したのでした。

当ブログにアクセスして来られるのはソーイング関係やお菓子、料理で検索して
やってこられる方がほとんどですが、骨折日誌で検索してこられる方も
ずいぶんいます。

たぶん同じように骨折で入院なさって、骨折関係のブログを探して
来られるんだろうと思います、現に私がそうでした。

入院中はヒマなので色々と考えるんですよね。
骨折して手術して、これからどういう経過をたどるんだろう、
果たして歩けるようになるのだろうか、とそんな疑問や不安でいっぱいでした。

今の時代、ネットという便利で頼もしいツールがあるので
これを利用しない手はありません。
入院中は、いろんな骨折関係のブログ記事に助けられました。
でも、ほとんどが退院するまでで終わっているんですよね。
その後の回復経過が分からないんです。

私は自分の覚書として退院後も随時、記録として書き続けてきましたが
それも半年足らずで終わっています。
でも骨折した後の経過で知りたいのは1年後、2年後なんですよね。

今日の記事はもちろん自分の覚書としてですが、骨折して苦しんでいる方へ
少しでもお役に立てればと思って書きます。

踵の骨は無事にくっついて、その後順調に回復しました。
しかし元通りというわけではありません。
長時間歩くと疲れるようになりました。
左足の甲の部分が色素沈着したみたいに黒ずんでいます。
医師に尋ねましたが原因は分からないとのこと。
足の甲を見る度に毛細血管のほとんどが死んでいるのではないかと
不安になったりします。

時折、足の甲が痛かったり、足の底が痛かったりします。
朝起きて床に足をついたときに違和感みたいなものがあります。
たぶん骨折した時に踵だけではなく、ほかの骨も変形したのだろうと思います。

夏は暑いので感じませんが冬になると左足だけ冷たくなります。
右足と比べると明らかに温度差があります。
そんな、こんなで骨折する前の健康な状態に戻ってはいません。

そりゃそうですよね、骨折して元通りなんて虫が良すぎます。
でも、ちゃんと歩けるし普段通りに生活出来るので、それだけでもう御の字だと
思っています。

強いて骨折してよかったと思う点は、立ちあがったり歩いたりする時に
十分注意を払うようになったことです。
ちゃんと足元を見て歩くようになりました。
骨折する前は目的物しか見てなかったので、段差に気がつかなかったり
つまずいて転んだりすることが多かったのです。
しょっちゅう、どこかぶつけて青あざが絶えませんでした。

骨の大事さを身をもって体験したので、骨についていっぱい勉強したし
食事や運動にも関心が向くようになりました。
骨密度の検査をして低いのが分かったのも骨折したおかげです。
骨密度を増やす食事や運動を心がけるようになったのもよかった点です。

私は元来、ころんでもただでは起きない性質なので、
これからも骨折を負とせずにプラスになるようにしていきたいと思っています。
もう骨折は懲り懲りです。

現在骨折で入院されている方のお役に立てるといいのですが。
カテゴリーの骨折日誌をクリックすれば入院初日から見ることができます。

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -