FC2ブログ

記事一覧

バッグインバッグ ひまわり柄(カラフル)完成

180614 (1)

バッグインバッグ、3つ目はひとつ前に作った
リバティのひまわり柄の色違いです。
色が違うだけで、がらりと雰囲気が変わりますね。

この色柄、どことなくクリムトの絵を想像させると思いませんか。
リバティのスモールスザンナ(ひまわり柄)は
いろんな種類の色がありますが、とりわけこの色は
なんて芸術的なんだろうと感心します。


180614 (2)

本体 : リバティ 11号帆布 スモール・スザンナ(ブルーレッド)
     リバティプリントショップmerciで3年前に購入
裏地 : CHECK&STRIPE 幅広リネン


工程写真を撮ったので、それに沿って説明しますね。


180614 (3) 180614 (4)

まずは内側のマチなしパッチポケットから。
私はパッチポケットを縫う時は、単に縫いしろを折り返すのではなくて
いつも角を先に縫ってから表に返し、ポケットの形を作り上げたあと
本体に貼りつけて縫っています。


180614 (7) 180614 (8)

まず、両端と下部をロックミシンで始末します。
ポケット口を三つ折りにしてステッチをかけます。
両端を出来上がりに縫って表に返します。
こうしておくと、端から縫いしろが出てこないので見た目もきれいです。


180614 (5) 180614 (6)

下の部分も同じように縫って返します。


180614 (9) 180614 (10)

こちらは、マチありのボックスプリーツポケット。
マチなしポケットと同じように、まずポケットの四角い形を作っておきます。
そのあとプリーツをたたんで、コバステッチをかけます。


180614 (11) 180614 (12)

プリーツの端に1ミリのコバステッチをかけます。
こうしておくと、プリーツの折が取れません。
端は裏地に縫いつけるので5ミリくらい出しておきます。


180614 (13) 180614 (14)

中央のプリーツも同じように1ミリのコバステッチで押さえます。


180614 (15) 180614 (16)

ポケットをマチ針で裏地に仮止めしておきます
中央のプリーツを指で開いて、中心をミシンで縫います。
最後に周囲を1ミリのコバステッチで縫いつけます。
これで内側のポケット付けが終わりました。


180614 (17) 180614 (18)

次は表のボックスプリーツポケット。
表のポケットは本体にはさみこんで縫うので縫いしろはそのまま。
ポケット口だけ三つ折りにして縫っておきます。
プリーツをたたんで折くせを付けたあと、プリーツを開きながら
中心を本体に縫って止めます。


180614 (19) 180614 (20)

プリーツの口、ひだの部分を上から2cm縫って開かないようにします。


180614 (22) 180614 (21)

ポケットの脇と底を本体に縫いつけます。
マチなしポケットと底布を縫い合わせます。
底布を本体にコバステッチで縫いつけます。


180614 (23) 180614 (24)

もう片方の底布の端を折り、ボックスプリーツポケットにかぶせ
同じようにコバステッチで本体に縫いつけます。

次は表布と裏布を合体させ、どんでん返しで返します。


180614 (25) 180614 (26)

まずは表布に持ち手をミシンで仮止めします。
裏布の底は返し口を残して縫います。


180614 (27) 180614 (28)

表布と裏布を中表に合わせ、持ち手の付いている側を
2か所縫います。


180614 (29) 180614 (30)

表布、裏布の底になる部分を持って引っ張り、形を整え
バッグの両脇を縫います。
アイロンで縫いしろを割ります。


180614 (31) 180614 (32)

表布の角をつまみ、三角にしてマチを作ります。
底布と同じ幅(ここでは7cm)になるようにステッチをかけます。
三角マチを脇に倒し、縫いとめます。
私は面倒なので、縫いしろのはみ出た部分(イカのヒラヒラ)を
脇の縫いしろにミシンで縫って止めています。


180614 (33) 180614 (34)

裏布も同じようにしますが、こちらはヒラヒラがないので
三角の端をミシンで縫いつけています。


180614 (35) 180614 (36)

試作品は芯を貼らなかったので、三角マチのままでも
ゴロ付きがなかったのですが、厚手の芯を貼った場合は
切り取った方がゴロゴロしなくていいと思います。


180614 (37) 180614 (38)

さて、いよいよ、どんでん返しで返していきます。


180614 (39) 180614 (40)

返し口から表布を引っ張り出して表に返します。
厚手の芯や硬い芯を貼った場合は返しにくく、皺になるので
どんでん返しは諦めた方がいいと思います。


180614 (41) 180614 (42)

返し口を毛抜き合わせにしてミシンで縫って閉じます。
私は少しでも返しやすいように返し口の開け口を広く取っています。
こんなところで、縫うのをケチっても仕方がないと思って。
開け口を小さく見せようという思惑もあるのかもしれないけど
どうせ縫い跡が残るのだから五十歩百歩って気がします。
今回は生地が分厚くなかったので返し口は広く取ってませんが
返しにくい時は底幅全部を開け口にすることもあります。

持ち手側をアイロンで押さえ、コバステッチをかけて完成です。

■ 表側
180614 (43)

■ 内側
180614 (44)


いやあ、工程を書くだけでくたびれました。
これだけの労力、バッグが4個作れるくらいの根気が要ります。
工程写真を撮りながら縫うのも時間がかかったんですよ。

でも、こうやって記しておけば後々自分の役に立つかもしれないし。
近頃は脳細胞がどんどん減っていくみたいで、
どうやって作ったのか自分でも分からない時が度々あるので。

さて、これでバッグインバッグは完了!
といきたいところですが、生地を変えてあと4個作ります。

本当はもう作るの飽き飽きしているんだけど、
友達にせがまれて何個か行く先が決まってしまったので、
当初考えていたプレゼントの品数が目減りしてしまったんです。

なので、追加で作ります。
でも息子に送る冷凍まつりも控えているので、それが終わってから。
どうせ、遅くなりついでだしね。

気長にお待ちください^^

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -