FC2ブログ

記事一覧

半分、青い。

本日2本目の記事です。

180505 (6)

NHK朝ドラ、半分、青い。
GW中は夫が家にいるので一緒に観ています。

「うわ~、この絵は、くらもちふさこ!
なんで、くらもちふさこが男なんだよう」

「へえ、時代背景は、ちゃんと合ってる。
そうそう、あの頃この歌、流行ってたよねえ。
松任谷由実の、えーと、何だっけ、リフレインが叫んでる、だ」

などと、日ごろは朝ドラなんて観ることがない夫は
いちいちうるさい。


180505 (5)

そんな中、今日の展開は観ていてハラハラしました。
律が受けるセンター試験の受験票が入ったファイルと
鈴愛のお宝が入ったファイルの取り違えで、律の受験危うし!

「いやあ、こういうのを観ると、あの時のことを思い出すよねえ」

と、夫と顔を見合わせて苦笑。

そうそう、息子は大学入試の時に受験票を忘れたんです。
あの時は、ほんとうに心臓が止まるくらいにドキドキしました。

今は昔と違って、大学受験に親も一緒について行く時代。
うちも息子の受験を理由に、これぞ京都観光出来る絶好のチャンス!
とばかりに夫婦そろって上洛しました。

こんな機会はもうないかもしれないと、最上級ホテルを予約。
京都駅ビル内にある、ホテルグランビア京都。
息子のためというより私が泊ってみたかった、あこがれのホテル。
それに受験の時くらい、リラックスさせてやりたいじゃありませんか。

ところが、受験日が間近に迫っている中、夫が新型インフルエンザに
罹ったんです。

もちろん私は夫に向かって悪口雑言の限りを尽くし、罵りました。

「なんで、ここ何年も風邪なんて引いたことがないのに、
よりによって、この一番大事な時にインフルに罹るかなあ。
うつって、受験できなかったら、一体どうするつもり!」

息子にうつさないように、夫は家で留守番するものと思っていました。
ところが、これがしっかりついて来たんですねえ。

とにかく咳が激しいんです、マスクしていたって効果なし。
風邪を治すには加湿が必須条件なのでホテルに問い合わせると
加湿器はすでに他の客の予約でいっぱいで在庫がないとのこと。

仕方がないので家から持っていきました。
重くてかさばるのにボストンバッグに加湿器を入れて持ちこんだのです。

加湿器が功を奏したのか、幸いなことに夫の風邪は息子や
私にうつることもなく無事受験の日を迎えました。

受験会場である大学へは渋滞を考慮して、三人でタクシーに乗りました。
子供が試験を受けている間、親は大学生協で下宿先を斡旋してもらうのです。
合格発表の日まで待っていると、部屋はなくなりますからね。
先手を打って、部屋だけは押さえておくのです。

案の定、すごい渋滞、早めにホテルを出てよかったと安堵していると、
荷物をあらためていた息子が青ざめた表情で、

「ない、受験票がない、ホテルに忘れてきた」

と突然言いだして、パニックになった私は

「え~っ、じゃあ試験受けられないんじゃないの。
この渋滞じゃ、ホテルに取りに戻るなんて無理だよ。
戻ってたら試験に間に合わない」

会話を聞いていた運転手さんが

「いや、それはえらいこっちゃ、ほな引き返しまひょか」

と息せき切って言ってくれたのに、

「いや、大丈夫です。
受験票がなくても大学側にも同じ受験票があるので試験は受けられますから、
このまま行ってください」

と、妙に落ち着いた声で返している。

本当に大丈夫なのかと、あの時ばかりは気が気じゃありませんでした。

なんで大事な受験票を忘れたりしたのかというと、これが実は
原因は私たち親にあったのです。

息子は当初、受験票と筆記用具だけをリュックに詰めて軽装で行こうと
用意していたんです。それなのに夫が、

「イチローは試合に臨む時には、いつも普段と変わらないようにして、
自分のスタイルを崩さないんだって。
だから荷物は減らさずに、いつも通りにした方がいいよ。
ゲン担ぎだと思って」

なんて言うもんだから、それじゃあと参考書をリュックに戻したんだそう。

ところが、そんないきさつを知らない私が、重そうなリュックを背負って
部屋を出ようとしている息子を見て、

「なんで、試験を受けに行くのに、そんなに荷物がいるん?」

と、攻め立てるもんだから、身軽な方がいいと思ってる息子は
わが意を得たりとばかりに参考書をテーブルの上に取り出したんですね。
その時に受験票も一緒に出して忘れたんだろうと思います。

そんな、こんなで一騒動あった大学受験も今では懐かしい思い出です。

受験1日目は部屋探しでしたが、2日目は宇治へ出かけました。
息子が試験で苦戦している間、親はいい気なもんです。
平等院鳳凰堂を見学して抹茶スイーツでまったりしたのでした。

180505 (4)


さて、本題に戻って、
律くん、無事受験出来るのでしょうか。
たぶん、受験しないんじゃないかな。
だって、当時でも受験票がなくても試験は受けられたと思うから。

それに京大に受かって京都に行ったら、東京に行く鈴愛と離れ離れになって
この物語が終わってしまうから、たぶん受験せずに一緒に東京に行くんだと思う。
どこの大学が分からないけど、この先の展開が楽しみです。

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -