FC2ブログ

記事一覧

おはぎ作りました(レシピ)

今日は彼岸の中日、恒例のおはぎ作りました。


180321 (7)


簡単な作り方を。

■材料 おはぎ(大)16個分

大納言小豆(自家製) 350g
黄ざらめ 350g (小豆と同量)
塩 小さじ 2/3 

今回はゲランドの塩、2.5g使用、甘みのある塩です。
あんこは白砂糖よりザラメの方があっさりします。
白砂糖の場合は少し減らしたほうがいいかもしれません。
粒あんにする時は粒の大きい大納言がいいと思います。


あんこにすると約1kg出来ます。
おはぎ1個、60gで16個分、丸めておきます。

おはぎ用のご飯は厚手のステンレス鍋で炊いてます。

もち米 2カップ
米 1カップ
水 600ml

もち米と米の割合は2:1 水は同量。
もち米2合の場合は米1合 水の分量は540ml


■作り方

[ あんこの炊き方 ]

厚手の鍋によく洗った豆を入れたっぷりの水でゆでます。
沸騰してきたら中火にして10分間、蓋をせずにゆでます。
10分経ったら、ゆで汁を捨てます。
小豆は渋みがあるので、その渋みを取るためです。
これを渋切りと言います。

この渋切りを3回繰り返します、時間にして30分、
これで渋が切れました。
次は、この豆が隠れるくらいの水を入れ火にかけます。
蓋をして弱火で豆が柔らかくなるまで炊きます。
豆にもよりますが新豆だったら20~30分くらいで
柔らかくなります。
親指と小指にはさんで、潰れるくらいの硬さになったら
火を止め残った汁を捨てます。

ここに砂糖と塩を入れて軽く混ぜ、強火にかけます。
すぐに水が上がってくるので強火にしていても焦げたりしません。
ヘラを鍋の底につけ、かき混ぜます。
初めはしゃぶしゃぶしてますが、そのうち水分がなくなって
硬くなってきます。
ヘラを鍋の底につけたまま、焦がさないように練っていきます。
火は強火のままです。
あんこがピチピチ跳ねるので怖かったら中火にしてもかまいませんが、
弱火でトロトロ練るのはいけません。
粒あんなので、なるべく粒をつぶさないように練りますが
少々潰れても、あんこらしくていいと思います。

まだ、ちょっとゆるいかなと思うところで火を止めます。
この兼ね合いが難しいのです。
あんこは冷えると硬くなるので、ちょうどよい硬さまで練ると
冷めた時に硬くなりすぎてパサついてしまいます。

粗熱が取れたら1個当たり60gに丸めます。


[ 餅のつくりかた ]

あんこ作りに1時間くらいかかるので、その間に米を研いで
鍋に入れたまま十分吸水させます。
十分に吸水させるのには最低でも1時間はかかります。
前の晩から研いでおくといいかもしれません。

鍋を強火にかけ沸騰したら、すぐに弱火にして10分炊きます。
炊きあがったら15分蒸らします。(蓋を開けないように)
蒸らし終えたら熱いうちに、すりこぎで半搗き(半殺し)にします。
米が入っているので、時間が経っても硬くなりません。
翌日でも柔らかです。

炊きあがりを量ってみると約1kgありました。
こちらも同じように60gに丸めます。
あんこと餅の比率が同じです。

手のひらに丸めたあんこをのせ、平らに押しつぶします。
その上に丸めた餅をのせ、あんこを包んでいきます。
閉じ目がふさがらずに白い部分が見えてもかまいません。
ひっくり返して底にすれば、わかりません。
表面のあんこがムラになるより見た目はきれいだと思います。

今日は工程写真を撮っていないので詳細が分かりにくいですが
皆さんも一度、あんこを炊いて、おはぎを作ってみませんか。
思い立って3時間もあれば、余裕で完成します。

ちなみに私が作り始めたのは、ちょうど12時、途中昼食をはさんで
完成したのは15時でした。

一度自分であんこを炊いてみると、
あんこって、意外と簡単に作れるんだ、
こんなに美味しかったんだって、ビックリすること請け合いです。

どうか、あんこだけでも炊いてみてね。
多めに作って、小分けしてラップでぴっちり包んで
冷凍しておけば便利ですよ。
自然解凍するだけで使えるので、なにかと重宝します。


180321 (6)


このおはぎを持って、夫と二人で納骨堂にお参りに行きました。
兄が先にお参りに来ていたらしく、酒とたばこがお供えしてありました。
夫の実家へも、おはぎのおすそ分け。
義母が早速仏壇にお供えしていました。

おはぎのほかに、桜風味の蒸しパンも作りました。
それは別記事で。



プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -