FC2ブログ

記事一覧

冬季オリンピック狂想曲 カーリング編

平昌オリンピックも今日で閉幕ですね。
いやあ、普段スポーツに関心のない我が家も今回ばかりは熱くなりました。
特にカーリングは中盤からでしたが、夫と一緒にTV観戦。
夫と一緒にスポーツで熱くなるなんて初めての経験でした。

カーリングは氷上のチェスと言われるだけあって、頭脳戦なんですね。
これがスポーツを得意としない層にも受け入れられる要因だと思います。
スポーツが全くダメな我が家に関してはそれしかないです。

カーリングはルールが難しくて、最初に観た試合は全く意味が分からず
なんで、ストーンが残っているのに点数が入らないのか、
なんで相手にわざと1点を取らせるのか、ガードばかり作らずに
どんどんハウスの中にストーンを溜めて行けばいいのに、等々
理解できないことばかりでした。

何試合か観るにつれて、ようやくルールが分かるようになって
すごく面白くなってきました。
ちょっと分かるようになると、次の一手はこう攻めたほうがいいんじゃないか
とか素人ながらも、頭脳ではチームの一員になったような気になって
一緒に試合に参加している気分になってきました。

たとえば、

「きっと相手はこういう攻め方をしてくるよね、
だったらここはダブルテイクアウトで弾いて出すしかないね」

と、知ったかぶって私が言えば、夫がすかさず

「いやいや、角度がそんなにないから、ダブルテイクアウトは無理だよ。」

と、返す。

で、結果は私の読み通り、ダブルテイクアウトで決めると

「ほら、ほら~、私の言った通りになったじゃん!」

と勝ち誇ったように雄たけびを上げて、いっぱしの解説者にでもなったかのよう。
やっとルールが分かるようになったばかりの、にわかカーリングファンのくせに。

また、ある場面では、

「ガードも何にもなくて、相手のストーンが見えているから、
ここは、ただまっすぐ投げて相手のストーンにコツンと当てて、
自分がナンバーワンを取ればいいだけだから簡単」

と、私が言えば

「そんな簡単なもんじゃないよ、ストーンまで何メートルあると思ってるん。
氷の状態だってあるんだし、そこらへんの何も分からないオバサンに、
簡単だって言われるんだから、選手も立つ瀬がないよねえ」

と、夫が非難の目を向けてくる。

「だって、それくらい出来ないと、オリンピックに出場する資格なんてないよ」

「これだからねえ、選手もたまったもんじゃないよねえ」

で、またもや私の読み通りになると

「ほら、狙った通りになったじゃん。
だってここまで勝ちぬいて来てるんだよ、出来て当然、こんなの基本中の基本」

反対に夫の読みが当たった時の夫の喜びようったら。
狂喜乱舞し、そこいら辺をスキップして回るんじゃないかというくらい。

とにかく試合中は我が家のリビングも試合会場と化し、
選手と一緒になって、ヤップ、ヤップ、ヤーップとかしましい。


まあ、こんな我が家のお粗末な話題はさておき、


180225 (7)


カーリング女子日本、銅メダルおめでとう!
イギリスとの3位決定戦、頑張ったよね~


180225 (6)

話題のおやつタイム。


180225 (5)

我が家もシンクロしておやつタイム。
いちごにしたかったけど、冷凍バナナしかなかったので
バナナスムージーで。
うちも負けずに後半の頭脳戦に備えなきゃ^^

後半戦、日本が1点リードして迎えた第10エンド。

180225 (4)

イギリスが最後の1投を投げる前の状態。
ナンバーワン(一番中心に近い石)はイギリスの赤いストーン(黒い矢印)
なので、イギリスはここで無理しなくても1点は取れたのに
先攻で迎えるエキストラエンド(11エンド)を避けたかったので
2点を取って、ここで勝ちを決めたかったのでしょうね。
カーリングは後攻のほうが有利ですからね。


180225 (3)

しかし狙いが外れて、思わぬ展開に。


180225 (2)

自分のナンバーワンをはじき出し、黄色のストーンが中心部に残って
ナンバーワンになったので、ここで日本の勝利が確定。
よくここまで、持ちこたえたなあって思います。


180225 (1)

みんな、本当に嬉しそう。
よく頑張りました、おめでとう!
私も夫とハイタッチ^^


銅メダルが決定して、すぐ友達から電話がかかってきて
互いに喜びを分かち合いました。
友達はマススタートとカーリングを交互に切り替えて観ていたそうで

「パシュートの置き去りでバッシングにあっているキム・ボルムが
銀メダルを取ったけど、試合後に観客席に向かって土下座してた。
あんなの観ると日本人でよかった~って思うよねえ」

そうそう、今回のオリンピックほど お国柄の違いを見せつけられた大会は
なかったように思います。
日本のように勝敗はどうであれ、すべてを受け入れてくれる国なんて、
そうそうないんだなあって。

マススタートは、そのあと録画したのを観ました。
高木菜那選手、金メダルおめでとう!

オリンピック狂想曲、まだ続きます。
続きはまた明日。

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -