FC2ブログ

記事一覧

護摩焚き

本日2本目の記事です。

180211 (13)

雪のちらつく中、夫の両親と4人で
毎年恒例になっている愛宕さまにお参りに行きました。
踵の骨折やなにかで私がお参りするのは3年ぶりです。


180211 (11)

ここはお寺なのですが階段を上った山の上には鳥居があって、
神社になっています。
この愛宕さまは神仏混淆なのでお寺と神社が共存しているんです。

義父と夫は上まで登って参拝しますが、私と義母は下のお寺に
お参りします。
私がお参りをしている隣でパンパンと柏手を打つ音が。
見ると、おじさんが二礼二拍手一礼をしているではありませんか。
上にある神社ではなくて、ここはお寺なのになあって
すごく違和感を覚えました。


180211 (12)

午後からは、この場所で護摩焚きが行われます。
山伏の衣装に身を包んだ修験道者たちが護摩焚きを
終えた火の上を渡る火渡りというのがあって
一般の参拝者も渡れるようになっています。
一度その火渡りを経験してみたいと思っているのですが。

帰りの車の中での父と息子の会話。

「お父さん、杖をついた方がいいよ、登るときはいいけど
降りるときは足がおぼつかなくなってきてるから」

「足がよう上がらんようになってきた、歳かねえ」

義父は今年86歳になります。
100段以上ある階段を、しかも自然石なのですごく歩きにくいのに
よくもまあ、その歳で、って感心します。

そう話すと義母が

「お父さんはねえ、今朝家を出る前に薪割りをしてきたんよ。
まだまだ、若い人には負けんねえ」

で、これがその成果品。↓

180211 (10)


実家のお風呂は未だに薪で焚いています。
ボイラーも完備しているのに薪で炊いたお風呂じゃないと
身体の芯が温まらないんだそう。

まあ元気なのはいいことなんですが^^;

お昼は帰り道にある うどん屋さんによって食べて帰りました。
どうも、ご馳走さまでした。

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -