FC2ブログ

記事一覧

りんごとあおし柿

今日は義母の診察日だったので家まで送った帰りに
りんごとあおし柿(漬け柿)を貰って帰りました。


171227 (3)

171227 (1)

りんごは毎年お歳暮で届くそうで、そのおすそ分け。
我が家も青森りんご「蜜子」を取り寄せているので
これは煮リンゴにでもするかな、ああ、またいらん仕事が...


171227 (5)


あおし柿には いろんな作り方があります。
焼酎に漬けたり、ビニール袋に入れて温かいお湯につけてみたり。
夫の実家は塩水につけるやり方です。
渋柿を塩水に漬けて長期間かけて渋を抜きます。
漬けたのは干し柿を干したころなのでもう2カ月くらい経ちます。

あおし柿も気候に左右されるので、最近のように秋になっても
寒くならない温暖な気候だと腐ったりして作るのが難しいんだそうです。

義母が樽から1個引き上げて、試しに切ってくれました。
食べてみると渋は完全に抜けているけど、あおし柿特有の
舌先がしゅわ~っとするような、あの独特の感じがまったくありません。

「どうかね、渋は抜けてるかね」

「渋は抜けているけど、これはただの甘柿の味しかしないねえ」

「そうやろう、なんか美味しくないんよね。
漬け柿は○○(夫の名前)が好きなので、いっぱい持って帰り」

でた~、なんでも出来が良くないときはうちに押し付けるという(笑)

まあ甘柿として食べればすむことだし、10個ばかり貰って帰りました。
(もっと、いっぱい持ってお帰りと言うのを制して)


171227 (4)


もうちょっと時間をかけて漬ければ美味しくなるかなと
ダメ元で、家で5%の塩水をつくり沸騰させたあと冷ました中に漬けました。
だって、こんな普通の甘柿、おたくの息子さんが食べるわけないじゃん^^;
野菜室に入れて一週間くらい漬けて様子をみることにします。
柿が浮いてこないように落としぶた代わりにラップを密着させています。
しかし渋が抜けた後で塩水に漬けても意味がないような気もするけど。

ああ、年末の忙しい時に、こんなことをやってる場合じゃないんだけど。
ほうれん草と巨大ごぼうも貰って帰ったので、その下処理で日が暮れました。

年賀状は投函したし、大掃除は明日から頑張ろうかな。

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -