FC2ブログ

記事一覧

ひとり天下一洋裁会 好きな工程

■10月7日 好きな工程

171008 (6)

ギャザーを寄せた縫いしろの端をロックミシンで始末するところ。
ギャザーを寄せると縫いしろガタガタしてすごく汚くなるけど
それをカッターで切りながらきれいに縫いあがっていくのが快感。


171008 (5)

ギャザーを落ち着かせるために上からかけるステッチも好き。


171008 (4)

あと、布端から1ミリくらいの幅の狭いコバステッチが好き。

縫いしろをアイロンでピシッと割るのが好き。
少々縫い目がヨタっていてもアイロンがカバーしてくれるので。


171008 (1)

その中でも、とりわけ好きなのは見返しを0.1ミリくらい、
ほぼ毛抜き合わせに近いくらいに控えてアイロンで押さえて
仕上げるのが好き。


171008 (3)

こんな風に衿繰り、袖繰り、どちらも0.1ミリに控えることが
出来ると職人になったようで小躍りしたくなる。
(型紙を作る時点で見返しは控える分を考慮して少し小さめに作っている)
↑の写真は20年前に縫ったワンピース。

そうそう裁断も嫌いじゃない。
とりあえず裁断だけでも終わらせると、見捨てずにちゃんと
取りかかっているからねと自分に言い聞かせることが出来るから。
後は縫うだけなので、ここまでくれば楽勝という安堵感もいい。
ただ、このあとミシン縫いに移行するまでが長いけど(笑)

裁断したまま放置したもので最長記録は30年。
40年前、親友の結婚式に着ていくために、
総レース(裏地つき)のワンピースを縫おうと裁断までしたけど
結婚式に間に合いそうにもなかったので既製品を買って参列。
その時の敗北感たるや、今でも悔しい。

10年前、母が亡くなってから実家で遺品の整理をした時に
箪笥の奥に、その裁断済みの生地を見つけて号泣。
ちゃんと、取っておいてくれたんだって。
さすがに、そんな年代物のワンピースは着られないし
サイズも違うので、すぐに処分したけど、取っておけば
ここでお披露目出来たのに、残念。
昨日のエプロンも箪笥の引出しにあったもの。

工程とは違うけど、買った布を前にして、さてこれで何を作ろうか
と、いろいろと思いめぐらすところが実に楽しい。
その時点でもう作った気になって、そこで完結。
こうやって布山だけがどんどん増えていく。
そういうところは世のソーインガーさんたちと同じです(笑)

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -