FC2ブログ

記事一覧

京都2日目

9時過ぎに起床。
洗濯機を回しながら近くのパン屋さんへ。
ソフトフランスにウインナをはさんだパンや、サンドイッチなど購入。
このお店のパンは焼き立てなので美味しい。
夫が淹れてくれたモンカフェで三人で朝食。


170311.jpg

息子が大学へ出かけるのを見送って、私たちも出発。
今日はずっと乗ってみたかった嵯峨野トロッコ列車に乗ります。
阪急嵐山駅からトロッコ嵯峨駅まで歩いて20分、遠回りしたので
30分くらい歩きました。
日頃、ウォーキングで鍛えているはずなのに、いやあ、疲れた。
行けども行けども、なかなかたどりつかず、最後の難関は歩道橋の階段。
膝にキタ~(泣)


170311 (2)

乗車の待ち時間がたっぷりあったので、まずは腹ごしらえ。
駅の売店できつねうどんといなりずし。
写真はショボイけど、これが美味しかった。


170311 (4)

待合室に展示しているジオラマに興じる夫。
こういうの、好きだねえ。


170311 (3)

乗車待ちの親子連れなんかが群がってきました^^


170311 (5)

さて、いよいよ出発です。
電車ではなくてディーゼルです、なかなかいい雰囲気です。
嵯峨駅から終点の亀岡駅で折り返して戻ってきます。
乗車時間は1時間弱ですが愉しみ~


170311 (6) 170311 (7)
170311 (8) 170311 (9)
170311 (12) 170311 (13)

時期的に、桜も紅葉もない閑散とした風景ですが、
それでも保津川渓谷の景色を十分堪能することが出来ました。
写真は撮れませんでしたが保津川下りの船も見えました。
まだまだ寒いだろうに、でもいつか乗ってみたいな。
最後の写真、木立ちの合間に見えるのは”星のや”です。
錦秋のころ、このホテルに宿泊するのが長年の夢です。
夢はたぶん叶わないだろうから、こうやって泊った姿を想像するだけで十分楽しめます。
なんて安上がりなんでしょう(笑)


170311 (10) 170311 (11)

帰りはストーブのある車両に乗りました。
今の時期しか乗ることが出来ませんからね。


170311 (14)

170311 (16) 170311 (15)

帰りはトロッコ嵐山駅で下車。
私たちが乗った車両は窓のある車両です。
寒くない時期だったら窓ガラスのないオープン車両のほうが楽しめるでしょうね。
桜、紅葉の時期は人でごった返して乗れそうにもないので
次回は真夏のかんかん照りの時にオープン車両に乗ろうと思っています。


170311 (18)

トロッコ嵐山駅をあとにして、てくてく歩きます。
途中迷いながら竹林へと抜けます。
どうです、この見事な竹林。
夕方で陽も陰ってベストな状態ではないのに、こんなに美しい。


170311 (19)

閑散とした時期にもかかわらず、ごった返す人の波の合間を縫って
夫に記念写真を撮ってもらいました。
コートは昨年作ったもの、スキニーパンツは先日大急ぎで作ったものです。
ゴムがゆるくて、ちょっとずり落ちていますが^^;


170311 (20)

↑おまけ
これは7年前、京大のオープンキャンパスの時に家族で京都旅行をした時に撮ったものです。
さすがに8月は人もまばらでゆったり出来ました。

その時に訪れた嵐山にあるオルゴール館、懐かしくて今回もふらりと寄ってみました。


170311 (21) 170311 (22)

歩き疲れたので館内で一休み。
私はパンケーキ、夫は抹茶ロール。
何なの、この顔(笑)
抹茶ロールには八つ橋、トッピングはきな粉、何なのこのセンス^^;

このオルゴール館にはオルゴールも売っています。
ひやかしですがオルゴール好きの私たちには愉しめる場所です。

目指すはスイス、リュージュ社のオルゴール。
お店の人にお願いして、ラ・カンパネラを聴かせて頂きました。
144弁なので十分鑑賞に耐えうる長さです。

陳腐な表現ですが、透明な音色は聴いていて心が洗われるようです。
フジコヘミングの情熱的なタッチとはまた違って、心が落ち着きます。

どんな音色だったのか興味のある方は ⇒ こちら 
私たちが試聴したのはガラスケースに入ったものですが音はまったく同じです。

フジコヘミングと言えば、ブレイクした15年くらい前にコンサートを聴きに行ったことがあります。
ノリにのっている時期だったので、その時に聴いた”ラ・カンパネラ”は鬼気迫るものがありました。
先日、徹子の部屋で演奏された”ラ・カンパネラ”は最悪でしたけど。

話が逸れました。

オルゴールの響きに酔いしれている最中、夫が

「ありがとうございます、買えなくて済みませんが、十分楽しませて頂きました」

と、すくっと椅子から立ち上がり、まだまだ聴いていたい私を店の外へと促します。

店を出て夫が、開口一番

「いやあ、ドキドキした、これはもう絶対に買うって思ったから
早めに制しておかないとと思って」

「なんでだよう、あんな空恐ろしい値段、買えるわけがないじゃん。
もう少し聴いていたかったのに」

前回、この店を訪れた時に試聴させてもらった”モルダウ”
同じくリュージュ社のもので144弁。
素晴らしい!のひとことに尽きるオルゴールでしたが、その時

「そのうち絶対に手に入れるからね!」

と息まいていたのを覚えていたらしく、そのモルダウよりは安価な値段だったので
勢いに任せて買うかもと思ったらしいです。

心配ご無用!
今の我が家の家計ではどこをどうふっても、びた一文出てきやしません。

オルゴールついでに、我が家にあるオルゴールも、お目にかけましょう。

170311 (24)

これは25年くらい前に長崎で買ったオルゴール。
当時の値段で10万円くらいでした、今だったら2倍くらいするんじゃないかな。
まだ息子は生まれていなかったし、二人とも働いていたのでリッチだったんです^^


170311 (23)

スイス、リュージュ社のオルゴールで ”パッフェルベルのカノン”
72弁、スリーパート。
それはそれはきれいな音色です。
ここ何年も聴いていませんでしたが、たまにはネジを巻かないとね。


嵐山から戻って、夜は近くにあるお好み焼き屋に夫と二人で出かけました。
前回、すごく美味しかったので。

170311 (25) 170311 (26)

豚玉。
美味しいっ、どうしたらこんなにふんわり焼けるんだろう。


170311 (27) 170311 (28)

チチミ。
う~ん、これも美味しい!


170311 (29)

もっといろんなものを食べたかったけど、お腹がいっぱいで。
最後は焼きそばです。

今夜は息子の帰りが遅いので、コンビニでおやつを買って帰りテレビを観ながら
寛いで寝ました。

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -