FC2ブログ

記事一覧

骨折139日目 外来受診&ふりかえり

今日は外来受診日でした。
前回の受診時に膝と肘の痛みがあると告げると、じゃあ次回はレントゲンを
撮りましょうということだったので、左肘と両膝のレントゲン写真を撮りました。

左肘の骨は異常なしとのこと。
最近は肘の痛みも、ほとんどないので、あまり気にしていなかったけど
それを聞いてほっとしました。
で、膝なんですが、レントゲン写真を見ると踵骨骨折した左足の膝関節の
隙間があまりないんです。
先生の説明によると、膝のクッションとなる軟骨が、だいぶすり減っているそうです。

右膝の方は左に比べると、まだまだ隙間がありましたが、こちらの方は
膝蓋骨(皿)が少しずれているそうです。

膝の痛みの原因はそんなところから来ているとのことでした。
手術するほどではないので、これ以上悪くならないようにするしかありません。

今日は担当の先生が風邪で休みだったので、別の先生に診てもらいました。
年明が明けて、担当の先生に再度、診てもらうようにとのことでした。

加齢が原因とはいえ、歳を取ると不具合がいっぱい出てきて嫌ですねえ。
周りにも膝の悪い友達がいっぱいいるし、困ったもんです。

踵骨骨折から4カ月が過ぎました。
足の腫れも引いたので、やっと靴が履けるようになりました。
家の中を歩き回る分には、まったく支障がなく普段通りの生活が出来ています。
でも、一旦外に出て歩くとなると、まだまだ歩き方がぎこちなく足が疲れます。
長時間歩けるようになるのは、まだまだ先のようです。

年末ではあるし、今日は自分の覚書として踵骨骨折した日のことを記したいと思います。

8月11日の夕方、6時過ぎのことです。
盆前に芝刈りを済ませておこうと夫と一緒に庭に出て、夫が芝刈りをしている間
私は花壇に水やりをしようと思ってホースがある場所へ移動。


161227 (2)

夏は毎日、水やりをするのでホース巻き取らずに出しっぱなしにしてたのです。
そのホースを後ろ向きに手繰り寄せながらバックしていて、段差に気づかず
踏み外したのです。
履いていた、つっかけ(サンダル)が脱げ、バランスを崩した私は
左踵を思いっきりコンクリートの角で打ちつけたのでした。
あとで、踵だけですんでよかった、腰や頭を打たなくてよかったと思いましたね。


161227 (1)

コンクリートの段差は15cmくらいしかないのですが、弾みというのは怖いですね。
すごい悲鳴を上げたので芝刈りをしていた夫がすっ飛んできました。
立ち上がることが出来なかったので、もうこれは完全に骨が折れているなと思いました。
夫が脇をかかえて引きずるように家の中に入れてくれました。

そのまま浴室に連れていってもらい、シャワーを浴び、洗髪まですませました。
だって汗びっしょりだったし、入院になると確信してたので。

消防署に電話して救急外来の病院を教えてもらい、おんぶして車に乗せてもらって
病院へと向かったのですが、どう考えても隣町の病院は遠いので夫が通ってくるのは
不便だと判断し、半月板損傷手術をした近くの病院に電話したのです。
もうこの時点で、手術、長期入院になるだろうと確信してましたからね。

ラッキーなことに、整形外科の担当医が在院していたので受け入れてくれました。
そしてレントゲンの結果、骨折していたので即入院となりました。

いやはや、今年の後半は骨折騒動で大変でした、もう入院は懲り懲りです。
二度とけがをしないよう、日々気をつけています。

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -