FC2ブログ

記事一覧

懐かしの・・・ Part3

本日3本目の記事です。
懐かしのシリーズ第3弾です (笑)

先日、白虎の年賀状のことを記事に書きましたが
早速、別の友達が探し出してメールで送ってくれました。
Hiiragiさん、どうもありがとう^^

これが、会心の作の年賀状です。↓

161204 (1)


文面を2パターン用意していていて、こちらは若い人向けの
ものだったんです。
「八十、九十、百の若きもの 鶴は千年、亀は万年」の方は
年配の方にエールを送るつもりで選んだものでした。

夫がそのことを覚えていて、年配の人にそんなものを
送るなんてなんと失礼な、と思ったのでよく覚えている
とのことでした。

この「るす」と題された詩はダダイスト詩人の高橋新吉の詩です。
当時、この詩を読んで衝撃を受けた私は、ちゃっかりその年の
年賀状の題材にしたのでした。

5億年経ったら帰ってくるというのは弥勒菩薩のことです。
そのことをずっと知らずにいて、
のちに萩尾望都の「百億の昼、千億の夜」を読み返していて
ハタと気づきました。

この詩はお気に入りだったので、母の初盆の時に書家に頼みこんで
掛け軸にして頂きました。
その記事は ⇒ こちら

もう一枚、これは十代最後の年に描いた年賀状です。↓

161204 (2)


ああ、懐かしい、当時のわたしのタッチです。

これを送ってくれたHiiragiさんとは十代の終わりに
”りぼん漫画スクール”で出会ってからの長い付き合いです。

私はストーリー漫画は描いてなかったのですが
りぼんに少女漫画を投稿していたカノンさんと一緒に、
そのイベントに参加したくて応募したのでした。

参加してびっくり、参加者の中には当時新人でデビューしたばかりの
陸奥A子、りぼんの看板漫画家だった巴里夫が講師として
目の前に座っているではありませんか。

博多駅前のホテルだったか、一室を借りての一日限りの
漫画教室ではありましたが、すごく楽しくて興奮したのを覚えています。

それぞれ漫画家になる夢を見ながら過ごした、青春時代
懐かしい思い出です。

それにしても、Hiiragiさん、カノンさん、よくもまあ捨てずに
取っておいてくださいました。
懐かしいひとときをどうもありがとう、すごく嬉しかったです^^

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -