FC2ブログ

記事一覧

京都 5日目

今日は朝から気温も高く暑い一日でした。
昨日と同じ時間に部屋を出て、昨日果たせなかったコースを巡りました。
中華のサカイで昼食、大徳寺、今宮神社、金閣寺と周りました。
晩御飯は息子も合流して、3人で先斗町で豪勢にすきやき。
夜はTVを観てのんびり過ごしました。
明日はもう帰る日です、なんか寂しいなあ。


■ 京都5日目 追記( 6/10 更新 ) ■

160531 (1)

毎朝、同じようなパンの写真で始まりますね (笑)
今朝のパンはチーズフランスとめんたいフランスです。
どちらも美味しかったです。

さて今日は昨日果たせなかった行程を消化します。
息子の部屋を出たのはお昼前、電車とバスを乗り継いで大徳寺前で下車。
そして、やって来ました、中華のサカイ。

160531 (2)

満席だったらどうしようと心配しましたが、大丈夫、ちゃんと座れました。


160531 (3)

私はなんの迷いもなく、冷めんを注文。
前回はハムだったので、今日は焼き豚にしました。
う~ん、やっぱり美味しい!
どうにか真似て、これと同じように家で作れないかなあ。
味だけはしっかり覚えたんだけど、やっぱり無理かなあ。
だって世界一美味しい! だもんね^^


160531 (4)

冷やし中華が嫌いな夫はチャーシューメン。
美味しいと言いながら、あっという間に食べてしまいました。
ラーメンが好きな人って多いですよね。
私はラーメンって嫌いなので、ほとんど食べないんです。
だからラーメンの評価は出来ないんです。


さあ、今日こそは洛北寺めぐり、敢行しますよ。
中華のサカイから歩いて10分くらいで大徳寺に着きました。
目指すは高桐院、大徳寺にある塔頭のひとつで、戦国大名で茶人としても知られる
細川忠興によって建立された細川家の菩提寺です。
ここには明智光秀の娘で細川忠興に嫁いだ、細川ガラシャ夫人のお墓もあります。


160531 (5)

さあ、表門から中に入ってみましょう。


160531 (6)

唐門へと、まっすぐに伸びた参道。
木漏れ日を浴びた苔むす庭の、なんと美しいこと!


160531 (7) 160531 (8)

ここでも景色を堪能する夫と、片や写真撮影に余念のない妻と
対照的であります(笑)
夫が写しているカメラのこちら側で一休みしていた、庭師のおじいさんに言われました。

「真ん中に立つと、せっかくの唐門が見えないよ」

いいんです、ここは私がメインなんだから (笑) ← 心の声


160531 (9)

陽に透けて見える、楓の瑞々しくて綺麗なこと!

さあ、本堂の中に入ってみましょう。

160531 (16)

ここは本堂の前庭で「楓の庭」 と呼ばれる、楓と竹林と灯籠だけで構成された
シンプルだけど趣きのある庭。
ため息が出そうなくらいに美しい。


160531 (11)

お堂の中から写してみました。
陽を浴びて明るく輝く楓の庭と、暗い室内のコントラストが絶妙です。
明るい庭だけが切り取られて、まるで一幅の絵を観ているようです。
縁側に敷き詰めた緋毛絨の赤が一役かっていますね。


160531 (10)

灯籠の写真も撮りたいなと、隣へ移動すると外国の方でしょうか
すてきなカップルが寛いで庭を眺めていらっしゃいました。
なんか絵になりますねえ、この光景も絵画のようです。
ごめんなさい、思わずパチリとしてしまいました。


さて、お次は金閣寺、の前に今宮神社へ。
この神社の目的は参拝ではなくて、門前菓子として有名なあぶり餅。
だって冷やし中華だけでは物足りないんですもの (笑)


160531 (12)

別名「玉の輿神社」とも呼ばれる、今宮神社。
もう玉の輿とは無関係の年齢だからではありませんが
参拝はしませんでした。

お目当ての、あぶり餅の店は参道を挟んで2店舗向かい合っています。

■  「かざりや」
160531 (14)

創業400年の老舗だそうです。
みなさん美味しそうに食べていらっしゃいます。


■ 「一文字屋和輔(一和)」
160531 (13)

片や、こちらはなんと西暦1000年創業だそうです。
西暦1000年といえば、平安時代ですよ。
日本最古の和菓子屋としてギネスにも認定されているんだとか。
事前にネットで調べると、こちらのお店のほうが甘みが押さえられている
とのことだったので、迷わずこちらに。


160531 (15)

注文したのは1人前(私だけ)なのに、お茶が2杯運ばれてきました。
なんか、申し訳ないなあ。

このあぶり餅は店先で焼いているので、焼きたてです。
ひとくち大にちぎったお餅を竹串に差し、きな粉をまぶし炭火で焼いた後
白みそのたれをかけます。


160531.jpg

さっそく、頂いてみました。
う~ん、美味しいんだけど、ちょっと甘いかな。
好みで言うと、きな粉だけの方が好きかな、味噌タレはあまり好きじゃないんで。

食べ終わって店を出ると、なんか辺りがざわついています。
神社の境内で時代劇の撮影が行われているとのことで
ミーハーの私はすっとんで行きました (笑)

かけつけると、TVの時代劇の収録が行われていました。
松山ケンイチ、大森南朋、早乙女太一といった豪華な顔ぶれで
いつも画面で見ている顔を間近で見ることが出来てラッキーでした。


さて、最後は金閣寺。
建勲神社前からバスに乗り、金閣寺道で下車。
しばらく歩くと、おお~っ!

160531 (17)

どうです、この絵ハガキのようなショット。
さすが、世界遺産に登録されているだけあって周りは外国人ばかり。
日本人とおぼしき人は夫と私だけ、ここって、ほんとに日本なの (笑)


160531 (18)

40年前に訪れた時には、こんなに煌びやかじゃなかったと思うんだけど。
調べてみると、30年前の修復で5倍の厚さの金箔に張り替えられたそうです。
でしょうね、でもこんなに、きんら、きんら、しないといけないのかなあ。
金閣っていうからには仕方ないのかな。
別に侘び寂の心を持っているわけではないけど、どうもあまり好きになれません。
金箔が剥がれたくらいの方が趣きがあって好きです。


160531 (19)

今日の私の”いでたち”を (笑)
二の腕をさらすのが嫌なので、ドレープボレロを羽織っていましたが
余りの暑さに脱ぎました。
2年に作った、丸ヨークブラウスと2カ月前に作ったギャザースカートです。
そして、いつも愛用している折りたためる帽子。

さて、寺めぐりも無事終わったし、残すは晩ごはん。
息子と四条河原、高島屋の前で落ち合い、先斗町へ。
今日はなんと豪勢に、すき焼きです!


160531 (21) 160531 (22)

2年前に一度訪れたことのある、いろは亭。
夫と息子のたっての希望で、またやって来ました。
って、そんな余裕ないんだけどなあ ^^;


160531 (23)

160531 (24) 160531 (25)

砂糖と違って、ざらめなので甘みがあっさりしているような気がします。


160531 (26)

もうね、すごく美味しかったです。
そりゃあ、日頃食べている牛肉の何倍もするから、美味しいの当たり前なんだけど^^


160531 (27) 160531 (28)

お通しで出てきた、魚そうめんとデザートのメロン。

三人とも大満足で帰途に着いたのでした。


160531 (29)

160531 (30)

今夜のおやつは、いつものケーキ屋さんのリーフパイ。
ザラメのかかったものとキャラメリゼされたリーフパイの2種。
どちらもサクサクして美味でした。
こんなふうに美味しいものが毎晩食べられるのも、近所に美味しいケーキ屋さんが
あるからなんですよねえ。
でも果たしてそれが、いいのか、悪いのか (笑)

明日はもう帰る日です。
今日も夜ふかしです。

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -