FC2ブログ

記事一覧

京都 4日目

今日は引っ越し。
朝から小雨がぱらついていたけど無事完了。
一日中、立ち働いたので、もうグッタリ。
加えて今日は退去手続きのために新旧の部屋を行ったり来たり。
昼ごはんは近くの蕎麦屋で引っ越し蕎麦。
夜はコンビニでお弁当を買って簡単にすませて。
いやはや、くたびれました。

■ 京都4日目 追記( 4/17 更新 ) ■

今日は引っ越しなのに小雨がパラついている。
頑張って3人とも7時過ぎに起床。
パンとコーヒーで簡単に朝食をすませ荷造りの続き。
9時には引っ越し屋さんがやって来るので、それまでにベッドと机の分解。
カーペットも剥がしておく。

「ピンポーン!」

お~っと、まだ9時前なのにフライイング気味で引っ越し屋さん登場。
どうしよう、机の分解まだ終わってないし。

息子の机は天板が広くてドアから持ち出せないので
前もって分解しておかないといけないのに、我が家はここでも泥縄式。
夫と息子、二人で四苦八苦するも、こういう時に限って、
止めているネジが緩まないときてる。
あわてたのか、まだ1本ネジが残っているのに気付かず、
夫が無理やり天板をはずそうと持ち上げた瞬間、バリッ!
ぎゃん!この机は学生には分不相応なくらい高かったというのに。

「こうやって、引っ越しするたびにモノって壊れていくんだよね~」 とは夫の弁。

そういう二人のやり取りを横目で見ながら、テキパキと家具類を梱包し
手際よく次々と荷物を運び出す引っ越し屋さんたち。
さすがプロ、お見事!

不要になったものを分別し引き取ってもらう。
その中にシーリングライトがあるのだが、転居先の部屋には備え付けの
ものがあるので廃棄するしかない、結構高かったのに、ああ、もったいない。

後で不動産屋に確認して分かったのだが、転居先のシーリングライトは
備え付けではなくて、前住人が取り外さずに、そのままにしていったものだと判明。
時、すでに遅し。
しかもこのライト、LEDでもないのに色が悪く、息子が悔やむことしきり。

実はもったいないので私もライトはそのまま置いて出るつもりでいたのです。
ところが夫の「部屋は原状復帰して戻さないといけない」
という言葉で泣く泣く廃棄したんです。
「どんな高価なものであれ、次に入居する人にとってはゴミにしかならない」
と言うのが夫の持論です。

転居先の部屋には、もの干し竿もそのままに残してあったのでゴミとして処分しました。
もちろん有料です。
そうか、こういうことかと納得!

1時間足らずで荷物を積み終えた後、夫と息子はタクシーと電車で移転先へ。
先回りして鍵を開けておかないといけないので。

私だけあとに残り清掃、ぞうきんかけ。
立つ鳥、跡を濁さず。


160404 (8)

モノが何もなくなって、がらんとした部屋。
なんか、寂しい。


160404 (7)

これはカーペットがずれないように貼っていたテープの跡。
なかなか取れないので、仕方なくこのままにしておく。
ほかの部屋も忘れ物がないか、すべてチェックする。

不動産屋、立会のもと部屋を明け渡さないといけないのだが
不動産屋さんの都合で午後2時過ぎにしか来られないというので
一旦、転居先へ行くことにする。

北白川からバスで烏丸今出川で下車、そこから地下鉄、
阪急電車を乗り継いで上桂へ、所要時間1時間弱。
ちょうどお昼ご飯時なので、駅前で夫と息子と待ち合わせ
駅前にあるお蕎麦屋さんで腹ごしらえ。


160404 (5)

息子と私は何も考えずに、きつねうどんといなり寿司を注文。


160404 (6)

夫は蕎麦を注文。

「こういう時って、やっぱ蕎麦でしょう。引っ越し蕎麦」

なんでもっと早く言ってくれないのか、もう、うどん注文しちゃったよぅ。
この人って随所において、こういう嫌味なところががある。
本人にはその気がなくても、こういうのって相当嫌味なんだよね。
そのクセ直さないと、友達いなくなるぞ。


160404 (4)

部屋に戻ると梱包の山。
息子は午後から学校で夕方まで戻らないというので
夫と二人で少しずつ、荷物をほどいていく。


160404 (3)

おっと、もうこんな時間。
急がないと明け渡しの時間に間に合わない。
さっきと同じルートで1時間かけて北白川のアパートに戻る。

ここで不動産屋さんと、ひと悶着あった。
入所した時にすでに付いていた戸のキズの張替え費用を請求される。
加えて、押し入れの戸の微細なキズも。← これは今まで気がつかなかった。
二枚で4万円也、目まいがしてきた。
あとカーペットの糊剥がしとして3千円、これはこちらが悪いので了承する。
以上、敷金で相殺するとのことだが、急な退室なのでこの先の家賃2カ月分も
支払わないといけない。(退室2カ月前に契約解除する規約なので)
まったく住んでもいないのに、トホホ。
しかも先月、契約更新したばかりで更新手数料と火災保険料も支払ったばかり。
もちろん、当然どちらも戻って来ない。
新居は新居で早くから敷金、礼金、家賃と前もって支払ってあるので
我が家の財政は破たん寸前、明日からまた節約の日々。

とりあえず、明け渡しは無事完了!
部屋を出て通りに出ると、雨があがっていた。
落ち込んだ気分で歩いていると、疏水沿いの満開の桜が笑って出迎えてくれる。
元気出しなよ、と。

そうだ、最後に”㐂み家”に寄って、豆かんを食べて帰ろう。
もう来ることも、そうそうないだろうし。


141130 (17)

甘味処 『㐂み家 (きみや)』
よかった~、席が空いてた^^


160404 (2)

今日は奮発して、まる豆かん。
豆かんに小豆あんとバニラアイスをトッピングした豪華バージョン。


160404 (1)

もうねえ、美味しいっ!!!
ほんのり塩味のきいた赤えんどうと黒蜜に寒天、
それだけでも十分美味しいのに、あんことアイス、もう堪りません (笑)
あんこも甘さがしつこくないんですよ、ホント絶品!
どうしよう、こうやって書いているうちに、ああ、また食べたくなったよぅ。

甘いものを食べて少し落ち着いたので北白川をあとにします。
ありがとう、北白川、楽しかったよ。

銀閣寺道からバスで四条に出て、鍵屋さんで合いカギを作ってもらう。
ディンプル錠なのに10分足らずで出来た、超早技!

せっかくここまで来たので先日、お茶を引いて帰った錦市場へ。
お土産用に色々と物色。
自宅用には乾燥ゆばとゆばごはんを買う。

あ、”有次”だ。
どうしよう、素通り出来ない、まあ見るだけなら (笑)

この店はいつ訪れても観光客でいっぱい。
今日も外国人の客でごった返している。
宝の山を目の前にして抑制が利かない私は性懲りもなく
また買ってしまったのでした。

いえね、大根を抜くのに丸い抜き型が欲しかったものですから。
有次の抜き型は切れ味が抜群でスパッと抜けるんですよ。
でもどの大きさを買ったらいいのかわからない。
しばし悩んだあと、適当な大きさの抜き型を手にして

「大根を抜くのに、この大きさで大丈夫ですかね」

とレジのカウンタで包丁を研いでいるおじさんに尋ねると

「そんなもん急に言われても、分かりまへんがな。
隣に八百屋があるんで、大根見て大きさ確かめて来はったらよろし」

「そ、そうですよね!」

てな訳で、お隣の八百屋さんで確かめて買いました。
って、節約するんじゃなかったの (笑)

この後も唐長に寄って、一筆箋なんぞを購入。
ダメだ、こりゃ ^^;


日が暮れて部屋に戻ると、ほぼ同時に息子も帰って来た。
部屋はほとんど片付いておらず、足の踏み場もない状態。
腹が減っては戦は出来ぬ、とりあえずは晩ごはん。
そこで節約を旨とする我が家が向かったのは近くにあるコンビニ。
三人それぞれ好きな弁当を買って食べたのだった。

半分居眠りしながら片付けていき、どうやら寝られる状態に
なったので本日の作業はこれにて終了、お疲れさま!

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -