FC2ブログ

記事一覧

京都 3日目

早起きして哲学の道を散策するつもりでいたのに起きたのが9時過ぎ。
大急ぎで出かけようとしたら、夫も一緒に行くと言うので二人で出かけました。
案の定、人でごった返してしましたが、桜がそれはそれは綺麗でした。
昼はセカンドハウスで息子も一緒に食事。
夜は息子の行きつけの焼き鳥屋さんで晩ごはん。
夜も更けてから、やっと荷造り。
うちの家族は揃いもそろって、何をするにも泥縄式。
今回の目的は引っ越しだというのに、のんびり観光なんぞしおって。
結局、深夜遅くまでかかってやっと荷造りを終えたのでした。

■ 京都3日目 追記( 4/16 更新 ) ■

人出が少ない早朝をねらって、哲学の道を散策しようと思っていたのに
今朝も起きられず、起きた時はもう9時を回っていました。
なのに夫も息子もまったく起きる気配がありません。

こんな輩は相手にせず一人で出かけようと、大急ぎで支度をしていると、
やおら夫が起き出して、自分も一緒に行くと言い出す始末。
今日は日曜日なので、昼過ぎまでは絶対に起きないであろう息子を
そのまま寝かせておいて夫と二人で出発。

なんか曇ってるなあ、雨が降らないといいんだけど。
通りに出た途端、人、人、人の波、完全に出遅れた~ ^^;
桜がほぼ満開で綺麗、みんなカメラを向けて、バシャバシャ撮ってる。

そんな中、桜をバックに自撮りしているお嬢さんに、
「よかったら写しましょうか」と声をかけるも、相手は怪訝そうな顔 「?」
が~ん、日本人じゃなかった。
アジア系の人は見わけがつかないよう ^^;
結局、身振り、手振りでどうにかパチリ。
チャーミングな笑顔で、にっこり笑って「アリガトゴザイマシタ」
やれやれ ^^;

おせっかいおばさんは頼まれもしないのに、この後も行く先々で何人もの人たちに
声をかけて回ったのでした。だって私、写すの得意なんですもの^^
夫はその度に呆れて、遠巻きに冷めた目で見ておりました (笑)


160403 (1)

さあ、スタートです。
ここから終点の若王子神社まで約1.7km、時間にして30分くらいの道のりです。


160403 (2)

今日は花曇りですね。
でも曇り空の方が桜が綺麗に見えますよね。
真っ青な青空だと、遠山の金さんになってしまって風情がありませんもの (笑)


160403 (3)

レンギョウや雪柳も彩りを添えています。


160403 (4)

何度も京都を訪れているのに、哲学の道を始点から終点まで歩くのは初めてです。
そぞろ歩きしながら、こんなにすてきな場所なのになんで今まで来なかったんだろう
と夫と二人で悔やむことしきり、ああ、四季折々に歩きたかったなあ。


160403 (5)

ああ、なんて綺麗なんでしょう。


160403 (6)

夫はカメラを向けると逃げまわるので、気付かれないように後ろ姿をパチリ (笑)


160403 (10)

朝ご飯を食べてこなかったので途中で茶店に寄りました。
茶だんごと抹茶のセットをいただきました。


160403 (7) 160403 (8)

途中、焼たけのこの屋台が出ていたので、これも食しました。

160403 (9)

「これって竹そのものなのに、こんなもの食べて外国人は美味しいのかな」

って、めずらしモンにすぐ飛びついて、我先に買った人に言われたくないよね (笑)

あと少しで終点の若王子神社だと思いながら歩いていると
おや、なんか人だかりが出来てる、なんだろう。

あっ、猫だ!
そうそう哲学の道といえば、猫ですよね。
昨今の猫ブームでカメラを抱えた、にわか岩合さん達がわんさかタムロしてます。
私も負けじと、参戦 (笑)

猫0001

朽ち果てたワゴン車の中でおやすみ中の猫。
ちょっと近寄ってみましょう。


猫0002

周りのざわめきなど、なんのその、気持ちよさそうに眠っています。
「本日は休ませて戴きます」、まさしく看板に偽りなしとはこのこと (笑)


猫0003

起きたと思ったら、あら、2匹いたのね。
肩に回した手の可愛いこと^^


猫0004 猫0005

三毛猫のほうがワゴン車から降りてきました。


猫0006 猫0007

今日もギャラリーが多いな、といった冷めた視線で見ないでちょうだい。


猫0008 猫0009

ていうか、ちょっとアンタ、太り過ぎなんじゃないの。


片や、こちらの猫たちは・・・
猫0010 猫0011

ちょっと、あっちに行ってよ!ここは私の縄張りなんだから。


猫0012 猫0013

はいはい、わかりましたよ。
どけばいいんでしょ、どけば。 いちいちもう、うるさいなあ。


猫0014 猫0015

って、ここの猫たちはどうしてこうも栄養満点なのかしら。
アンタも太り過ぎよ!
えっ、なんか言った?


猫0016 猫0017

気が付くと、ほかにもいっぱい猫たちが、わらわらと現れて。
一体何匹いるんだよ!(笑)


猫0018

猫0019 猫0020

ホントにもう、ここは猫さんたちのパラダイス。


猫0021

群れから離れて孤高を楽しむ猫もいますけど ^^

我を忘れて、猫の撮影に夢中になっていると、

「一体、何時間撮れば気がすむんだよ!」

と、ブチ切れた夫に腕を掴まれ泣く泣く、ここをあとにしたのでした。


160403 (12)

終点の若王子神社に到着。
ここから折り返して、来た道を戻ります。


160403 (13)

桜って絵になりますよねえ。


160403 (14)


桜以外にも、さまざまな花々が咲いていて目を楽しませてくれます。


160403 (15) 160403 (16)

雪柳、シャクナゲ


160403 (17) 160403 (18)

蔓ニチニチソウ、ハナニラ


160403 (19) 160403 (20)

ヒメリュウキンカ、そして薄紫のこちらは、なんと長寿桜ですって。
チョウジュではなくてチョウジザクラと読みます。
でもサクラの仲間では なく. ジンチョウゲの仲間だそうです。


160403 (21)

花びらが散って、水面に花筏が出来ています。
哲学の道散策、楽しかった~
新緑の時期にまた来たいなあ、来れるといいんだけど。


昼ごはんは息子を呼び出し、3人で ”セカンドハウス”に行きました。
このお店で食べるのも、たぶん今日が最後、なんか寂しいなあ。


160403 (23) 160403 (24)

私が注文したのはナスのミートソースパスタ、フルーツタルトとコーヒー。


160403 (25) 160403 (26)

夫はツナときのこの和風パスタ、苺のシューロールとコーヒー。


160403 (27) 160403 (28)

息子はツナとトマトのパスタ、苺ショートケーキ。


160403 (22)

と、マルゲリータ。


160403 (29)

昼食をすませ、部屋に戻る夫と息子。
大文字山が見えます。


部屋でひと息ついた後、夫と二人で南禅寺界隈の別荘群へ。
バスで5分くらいなので気軽に行くことが出来ます。

南禅寺の水路閣。

160403 (31)


160403 (30)

水路閣の上に上がったことがなかったので上がってみました。


160403 (32) 160403 (33)

水路閣の上には疏水が流れています。
柵の奥が水路閣の上部です。


160403 (34)

柵の奥の写真を撮ろうと私が身を乗り出すと、夫が腕を掴んで
水路に落ちる~と、ぎゃあぎゃあとわめいて、うるさい。
みんな見てるじゃないか、ああ恥ずかしい ^^;


さあ、次は南禅寺界隈の別荘群です。


160403 (35)

左の建物は清流亭、しだれ桜が見事です。
道路を挟んだ右側には野村碧雲荘があります。

この南禅寺界隈の別荘群は明治初期の廃仏毀釈運動により
売りに出された南禅寺の塔頭だった敷地を当時の政治家や富豪が買い上げ
競って別荘を建てたとされています。

内部公開はされていませんが、NHK( BS)の番組で紹介されたのを
観たことがあります。
趣向を凝らした別荘が数多くあり、すごく贅沢な造りになっていました。


160403 (36)

このあと四条に出て、新しい部屋の合いカギを作る予定だったのですが
桜の時期は混雑していてバスを待つも満杯で乗れず、タクシーも満車で。
仕方がないのでずい分歩きました。
やっと乗ることが出来たバスは渋滞のため前に進まず、なんと三条から四条までの
短い区間に一時間も要しました。

合いカギの店も閉まっており、明日また出直すことになりました。
晩ごはんに錦市場でお惣菜でも買って帰ろうと思い向かったのですが
ここももう閉店間際でめぼしいお店はシャッターが閉まっています。

仕方がないので百万遍にある息子が行きつけだという焼き鳥屋さんで
簡単な夕食をすませました。
息子から写真撮影の御法度令が出たので写真はありません。

さて、こんなに散々な目に遭って帰宅したというのに、これから
メインイベントの荷造りが待っています。

3人で頑張って深夜遅くまでかかって荷造りを終えました。
明日は9時に引っ越し屋さんが来るので、それまでベッドの解体と
机の解体をしないといけません。
早起きしないと ^^;


プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -