FC2ブログ

記事一覧

庄三郎鋏、新調しました

裁ちばさみ、長年使ってきて切れ味が悪くなったので思い切って新調しました。


160325 (6)

上が45年間使い続けている年季が入った裁ちばさみ。
若かりし頃、1年間だけ洋裁学校に通ったことがあるのですが
その時に買ったものです。
下は今回買った、同じ庄三郎の裁ちばさみです。
一見すると同じに見えますが、長さが違います。


160325 (4) 160325 (5)

古い方が24cm。


160325 (2) 160325 (3)

新しい方が22cmで、少し短くなっています。


160325 (12)

裁縫箱として使っているシェーカーボックスの中にギリギリ入らなくて
いつもイライラしていました。
持ち運ぶときにバランスを崩して、床に落としたことが何度もあります。
いつかきっと足の上に落すんじゃないかと、ハラハラしてました。


160325 (11)

だから今回は危なくないように、収まりのいいサイズにしました。
2cm違うだけで、ピッタリと入ります。

庄三郎のはさみ、今まで2度ほど研ぎ直しに出したことがあります。
研ぎ直せば切れ味がよくなって、これから先もずっと使えるのは分かってますが
ひと回り小さいサイズが欲しかったのです。
古い方も、そのうち研ぎ直しに出そうと思っています。
持ち運びせずに、定位置に置いておけば心配ありませんからね。


160325 (10)

さっそく新しい庄三郎で裁ってみました。
おお~っ、切れ味抜群!


160325 (7)

この鶴の形をした手芸用のはさみは30年前にドイツで買ったものです。
ゾーリンゲンのロバートクラス社製です。
糸切り鋏として長年使っていますが、切れ味はまったく衰えていません。
さすがゾーリンゲン。
私は握って切る一般的な糸切り鋏(握り鋏)って苦手なんですよ。
なんとなく怖いんです。
だからずっとこれを使っています。


160325 (1)


そうそう、シツケ糸も買いました。
以前は束になっているものを、端を切って使っていましたが
すぐに糸が絡んでぐちゃぐちゃになるんですよね。
見かねた母が、ぐちゃぐちゃに絡み合った糸を一本一本丁寧にほどいて
きれいに束ね直してくれていたのを懐かしく思い出します。
なので母がいなくなってからは、ずっとこれです。
残り少なくなってきたので、太巻きを買いました。
私、毎回きちんとシツケ糸でシツケをかけて縫ってます。
マチ針だとずれるし、ずれるとほどいて縫い直さないといけないので
結局シツケをして縫った方が早く縫えるんです。
いくら大量にシツケ糸を使うからと言っても、これだけの量があれば
この先、一生買わずにすみそうです(笑)

新しい鋏の切れ味を試したくて、今日は3着分、裁断しました。
明日から爆縫いに入ります(笑)

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -