FC2ブログ

記事一覧

大寒波襲来

本日2本目の記事です。
数十年ぶりに大寒波がやってくるとメディアでは大騒ぎでしたが
たいしたことなかろうと、多寡をくくっていました。


160124 (3)

ところが、朝起きてカーテンを開けてびっくりぽん!
ベランダの手すりにも、こんなに雪が積もっているではありませんか。


160124 (2)

大急ぎで階下に降りて、リビングから窓の外を見ると
お隣のカーポートの屋根にも、雪がこんなに積もっていました。
20cmくらいありそうです。


160124 (4)

お昼過ぎの庭の様子です。↑
朝から粉雪がずっと降り続いています。
時折り、強風にあおられ屋根の雪がパウダー状に舞い上がります。


160124 (5)

これは夕方4時過ぎの様子。↑
2階のミシン部屋の窓越しに撮ったものです。
吹雪ている景色は一見すると、まるで雪国のようです。


160124 (1)

2階の息子の部屋の温度計は6℃を示しています。
暖房を入れてない室内の日中の最高気温です。
夜は4℃まで下がりました。

朝起きて顔を洗おうとした夫が

「うわ~、ボイラーが凍ってる、お湯が出ない!」

と大騒ぎ。

水は出るけど、お湯が出ないようです。

私はどんなに寒くても、手がかじかんでも、給湯器のお湯は
使わないんです。
お湯を使うと手荒れがひどくなるので、それだったら冷たいのを
我慢したほうが、よっぽどマシと思うからです。
だから顔を洗うのも水なので気がつきませんでした。

給湯器の配管が凍っているということは、もしかしてお風呂も?
が~ん、風呂場はお湯どころか水も出ません。

幸いなことに、台所も洗面所も水だけは出ます。
トイレの水も流せます。

洗いものをするのに、お湯は使わないので給湯器がダメでも
別段支障はないのですが、お風呂に入れないのは困ります。
1日くらいならいいけど、長引いたら嫌ですよね。

夕方になって、昨夜の残り湯で追い炊き出来るか試してみました。
なんと、風呂釜は機能しているようです。
チャンス到来、残り湯をすべて抜いて、お湯はり自動運転のスイッチをオン。
ところがウンともスンとも言いません。

ぎゃ~、どうするんだよう、せっかくの風呂のお湯を抜いてしまって
この先、水が出なくなったらトイレの水も流せないんだよう。

水が出るうちにと大急ぎで台所と洗面所で水を汲み、
二人で浴槽へと運びながら水を溜めていったのでした。
追い炊きは機能しているので、水の状態からだから時間はかかるけど
お湯にはなります。
これでお風呂に入れます、やれやれ、どっと疲れが ^^;

あとは今生きている水道管が凍らないことを祈るしかありません。
明日の朝起きて、蛇口を開いたら水も出なかったら大変です。
水道管に養生をして凍結するのを防ぎましょうと、マイクで放送していますが
我が家の水道の配管は床下ですからねえ、潜るわけにもいかないし。
床下が凍ればアウトです。

唯一、むき出しになっているメーターボックス内には緩衝材(プチプチ)を
詰めて、さらにフタの上もプチプチで覆いました。

水が零度になれば凍結の可能性が大なので、水の温度を計ってみました。

160124 (8)

台所の水をメジャーカップに入れて


160124 (9)

料理用温度計で計ってみると、なんと5℃。
まだまだ、大丈夫そうです。

氷点下になるのも明日くらいまでなので、それまで持ちこたえてくれれば。
どうか凍結しませんように。


水道もですが、交通機関も今日は終日ストップしていたので
夫の出勤のほうが気がかりです。
本人はJRがダメならバスで何時間かかっても行くしかないと
意気込んでいますが、バスも動くのかなあ。
とにかく弁当だけは用意しておいてね、と言われたので作ります。
やっぱ、作らなくていいよ、だそうです^^ ↑

みなさんの所はどうでしょうか、何事もありませんように。


追記

160124 (12)

寝室の温度計、な、なんと!室温2℃を切っております!!
昨夜もヒーターを入れて寝ましたが、今夜ももちろん入れて寝ます。

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -