FC2ブログ

記事一覧

炊きおこわ

本日2本目の記事です。


160115 (3)


今日は母の祥月命日だったので、好物だった赤飯を作りました。
蒸し器で蒸すのは大変なので、鍋で炊きました。
それも、なんと2種類(!)


自分の覚書として

◆ 小豆バージョン
  もち米 5カップ 
  小豆の煮汁 800ml (もち米の80%)
  (洗った後、水に浸けた場合は吸水分を引く)
  塩 小さじ1.5
  大納言小豆 100g

160115 (4)




◆ まさめ(ささげ)バージョン
  もち米 4カップ
  うるち米(白米) 1カップ
  まさめ(ささげ)の煮汁 800ml (米の80%)
  (洗った後、水に浸けた場合は吸水分を引く)
  塩 小さじ1.5
  まさめ(ささげ) 100g

160115 (5)



炊きおこわにする時に、いつも悩むのが水の分量です。
ご飯を炊く時は2割増しで炊きますが、炊きおこわの場合は
少なめにしないといけません。
2割少なめがベストだと思うのですが、洗ったもち米をザルにあげるか
そのまま浸すかによって違ってくると思うんです。

赤飯の場合、さらに厄介なのは小豆の煮汁を使うのでまた悩むんですよね。
(煮汁で炊くと色よく炊くことが出来ます)
私は米を洗ってザルに上げるというのは基本しないんです。
一定時間、米を水に浸けて吸水させたほうがふっくら炊けると思うからです。
でも水に浸けておくと吸水するので、その分煮汁の量を減らさないといけません。


160115 (2)


そこで今回はきちんと量ってみることにしました。
もち米5カップ、1000ml の2割減、800ml の水に浸けておきます。
1時間浸けたあと、もち米をザルに上げ残った水の量を計ってみました。
なんと600ml しかありません。
200ml の水がもち米に吸収されたってことですね。
なので、小豆の煮汁は600ml でいいことになります。

そんな面倒なことをせずに、最初から洗ったもち米を煮汁800ml につけておくと
いいのかもしれませんね。
何をするにも泥縄式の私のことですから、前もって小豆を煮ておくなんて事が
出来ないのであります (笑)
次回はちゃんと煮汁を作っておいて、それに浸けることにします。

何はともあれ、美味しく炊けたのでめでたし、めでたし。
もちろん2種類ともお供えしました^^

沢山作ったので、夫の実家と友人たちにも、おすそわけしました。

ゆで小豆もまさめも残ったので、混ぜてあんこにしました。
これであんパンを作るつもりです。

160115 (1)

まさめ 400g
大納言小豆 100g
黄粗目 500g
塩 小さじ1弱

出来上がり 1.4kg

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -