2017.04.12 今夜は牛丼
なんと本日4本目の記事です(笑)


170412 (8)


今日の晩ごはんは牛丼でした。

レシピは松浦弥太郎さんのくらしのきほんの「ジャンピングどんぶり」 ⇒ こちら


ちょっと甘めなので七味家の七味唐辛子をかけて頂きました。
夫に好評で、また作ってねと言われました^^
玉ねぎがもっとあってもいいかも。


付記
久しぶりに晴れたので、京都から送り返した洗濯物を洗い
竿がたわむくらい、いっぱい干しました。
明日は第二弾、晴れますように。


170412 (7)

チューリップ、昼間は花が開き過ぎて、おどろおどろしいので(笑)
夕方になって少し陽が陰ってから撮影しました。


170412 (6) 170412 (5)

咲いた、咲いた、チューリップの花が
並んだ、並んだ、赤、白、黄色


170412 (4) 170412 (3)

どの花見てもきれいだな~♪

ピンクはおまけ(笑)


170412 (2)

シャクヤクと見紛うばかりの八重咲きのチューリップ。


170412 (1)

こちらはフリンジ咲き、なんて可愛んでしょう。


どれも訳ありで、1球10円くらいでした。
とても、そんな値段には見えませんよね^^

2017.04.12 ブラウニー
170411 (13)

このブラウニーは昨日の夜遅く焼いたものです。
夜のおやつがなかったので大急ぎで焼いたのですが間に合いませんでした。


170411 (14)

ブラウニーは材料を次から次へと入れて混ぜるだけなので
簡単に出来ます。
卵も泡立てなくていいのですが、ふわっとさせるために
今回は少し泡立ててみました。
ひび割れたので、やっぱり泡立てない方がいいのかな。

切り分けるのが面倒なので、最近はずっとシリコン型で焼いています。
私の3時のおやつになりました^^

桜あんぱんを作ろうと思って、あんこがないのに気が付き
昨日の夜、あわてて作りました。

野菜室に眠っている、まさめ(ささげ)を消費すべく、これを使います。
まさめだけでは餡になり難いので小豆も入れました。

北海道産の大納言小豆350g、まさめ(ささげ)650g、合わせて1kg
黄粗目1kg、塩小さじ1.5

小豆はほかの豆と違って、一晩水に浸けずにいきなり炊きます。
小豆とまさめは柔らかくなる時間が違うので別々に炊きます。
どちらもアクを取るために沸騰したらゆでこぼします。
沸騰後10分中火で煮てゆでこぼすのを3回繰り返します。
合計30分、これで渋が切れます。
このあと豆が隠れるくらい水を足して、豆が柔らかくなるまで煮ます。


170411 (10) 170411 (9)

豆が柔らかくなったら煮汁を切り、砂糖を入れ強火にかけます。
砂糖が溶け、すぐに水分が出てくるので強火でも焦げたりしません。
豆を合体させたので豆の濃淡がありますね。


170411 (8) 170411 (7)

ほら、こんなに水分が出てきました。
木べらで底から、かき混ぜながら練っていきます。
火は強火のままです、ここで塩を入れ水分がなくなるまで煉ります。


170411 (6)

水分がなくなり、粒あん状になりました。
あまり水分を飛ばし過ぎると、冷めた時に硬くなってしまいます。
この兼ね合いが難しいのです。
ジャムと一緒で、まだ緩いかなというくらいでやめます。
写真はちょっとオーバーしました、もう少し緩めがベストです。


170411 (11)

粒が残っているのは、まさめです。
まさめは皮が硬いのであんこになり難いのです。
でも噛んだ時にプチプチ感が残るので、これはこれで美味しいと思います。
味も小豆に比べるとあっさりしています。


170411 (12)

1kgの豆から2.8kgのあんこが出来ました。
明日、桜あんパンを作るので700g取り、残りは小分けして冷凍しました。

ああ、また冷凍庫が満杯になる~
専用の冷凍庫が欲しいよう。