一気縫いで、昨日、今日と一度に3枚縫いました。
私にだって、やる気があればこれくらい出来るんです (笑)
後々、検索しやすいように記事を3つに分けました。
フレアスカート、サルエルパンツはこの下↓に2本載せています。


まずはタイトスカート。
タイトスカート作ってはみたものの着る機会がないので、大学生の姪に送ります。

170404 (7)

型紙 : ポルカドロップス タイトスカート Mサイズ
生地 : ブロックチェック キャンバス地 (どこで買ったか失念)

水通しの際、脱水をかけ過ぎてアイロンをかけても皺が取れない (泣)


170404 (8)

ウエストは前スカートの脇から後ろにかけてゴムが入っているので
スッキリ見えます。
トップスをインしてもダサくなりません。


170404 (9)

後ろはこんな感じ。


170404 (10)

裏地つきです。
裏地の裾が離れてなくて、表地と一体になっているので
どんでん返しで返します。


170404 (11)

スリットはセンターバックではなくて、両サイドスリットになっています。
縫いどまりは細かい針目で3往復させて、ミシンかんぬき止めで補強します。


170404 (12)


今日はカシュクールコートを縫うつもりでしたが結局縫えず終いでした。
明日は義母の通院の運転手なので縫えそうもありません。
明後日からお出かけするので、作りたてを着て行くつもりだったのに残念!


170404 (2)

型紙 : パターンレーベル フレアスカート Mサイズ
生地 : オカダヤ コットンツイル マスタード

姪に頼まれてフレアスカートを作りました。
マスタードというよりオレンジがかった黄色です。
ちょっと、ど派手な黄色、ツィルは少し光沢があるので、まるで黄金のよう (笑)

仕様書は4枚接ぎなんですが、少しでも工程を減らしたかったので
横地を使って2枚接ぎで作りました。
ほぼサーキュラーなので2枚でも、こんなにきれいなフレアが出ます。
裏地もつけていません。
スカートは裏地が付いていると洗濯した時にアイロンがけが大変なので、
裏地で作ったペチコートを穿くようにしています。
脇ポケットも省略。


170404 (3)

裾もアイロンでのいせ込みが面倒だったので、1cmの三つ折りに。
先生の言いつけを守らない、パタレ学校の劣等生ですみません (笑)
それにしても円周の長いこと、縫えども縫えども先が見えず、ほとほと嫌になりました。
縫ってはいるけど基本的に洋裁好きじゃないんで。


170404 (1)

こんなに工程を端折ったのに、ゴム通しにすごく時間がかかった。
油断してたら、あと一歩のところでゴムが外れた。
なのでクリップで挟んだ、これで、どうだ!

穿いてみると意外と似合う。
色を変えて自分用に作ろうかなあ。

これは自分用。


170404 (4)

型紙 : 大橋利枝子著 「FLW のソーイングとスタイリング」 サルエルパンツ Mサイズ
生地 : 鎌倉スワニー 倉敷デニム ominaeshi

この生地は何年か前にセールで買ったもの。
薄くてデニムというよりダンガリーに近い。


170404 (5)

サルエル感(?)がわかるようにピンで止めてみた。
う~ん、あんまりサルエルっぽくないなあ。


170404 (6)

裾をロールアップすると可愛いって本に書いてあったので丸めてみる。
ちょっと、もんぺに見えなくもない (笑)

でも穿いてみると、すごくはきごこちがいい。
生地や色を変えて、また作ってみようかな^^