2016.12.31 大みそか
大晦日、大つごもり、今年最後の日の振り返り。


161231 (12)

立派な天気だったので、洗濯、布団干し。


161231 (15)

161231 (14) 161231 (13)

昼ごはんは昨日焼いた丸パンで卵サンドとシーチキンサンド。
シーチキンはさらし玉ねぎ入り、マヨネーズ和え。


161231 (17)

失敗しかけた黒豆、無事復活。


161231 (16)

鉄なすを処分したので今年は鉄分なし。
真っ黒にならなかったけど、美味しく炊けた。


夕方、息子の友達のKちゃんが、ふらりとやって来る。

「おばちゃんの作ったパスタが食べたいよう、作って」

ああ、余分な仕事が増えた。
冷凍しているトマトソース(ミートソース)でミートソーススパゲティを作る。

「三つ星!」 との評価を得る (笑)


161231 (11)

そして年越しそばは、にしんそば。
鰊の甘煮は息子が京都駅で買って来てくれたもの。
そばつゆのかえしは一週間前に作っておいたので、味がなじんでまろやか。

あと10分足らずで今年も終わり、どうか皆さん、よいお年を。
そして、来年も当ブログに遊びに来てね~^^

いやあ、くたびれてこたつで寝てしまった。
日付けが変わったけど、昨日の日付で一挙に3本アップします。

本日3本目の記事です。
今日は年末のこの慌ただしい時に、おうちディナーでした。
息子のために冷凍しておいたイチボステーキ、それを焼くと言ったら夫が

「イチボステーキは一枚しかないよね、じゃあ僕たちは何を食べるん?」

と悲しそうに言うので私たちもステーキを奮発することにしました。
すると調子づいた夫は

「サーロインじゃなくて、ヒレがいいな」 だと ^^;

そして

「晩ごはんの写真もNGだからね」 とのダメ押し。

いやね、前回のステーキ撮影の時、夫のブーイングがすごかったんです。
なので、生肉の写真だけ (笑)


161231 (6)


息子はイチボステーキ、夫と私はヒレステーキ。
あと、ホタテと大根とチシャのサラダ、かぼちゃのポタージュスープ、丸パン。
デザートは昨日焼いたロールケーキ。

ヒレ肉、美味しかったですよ。
でも家庭で焼くには技術を要するので、サーロインの方が無難かな。
大根おろしのたっぷり入った、手作り かぼすポン酢で頂きました。
夫も息子も大満足のようす、めでたし、めでたし。

今年はおせちを作らないので、その浮いた分が今夜のディナーとなりました。
あと、ローストビーフくらいは焼こうかなと思い、こちらも奮発。


161231 (5)


きょうの料理でやっていた、城戸崎愛さんのフライパンで焼く方法で
焼いてみようと思っています。

2016.12.30 丸パン
本日2本目の記事です。

バターロールの生地で丸パンを焼きました。


161231 (2)


時短にするため、ロール成形なし、卵液も塗っていません。
食事用のパンなので、これで十分美味しい。

2016.12.30 餅つき
毎年恒例の夫の実家での餅つき。

161231 (8)


161231 (1)


もち米はガスではなくて、竈で蒸しています。
竈 (かまどではなく、くど と呼んでいます)


毎年、夫の両親、夫、息子、私の五人ですったもんだしながらの餅つきです。
全員、それぞれの役割分担があるので、写真を撮っている余裕なんてありません。
なので、餅つき風景の写真は今年もナシです。

成果品だけ (笑)

161231 (7)

あん餅が美味しかった。



161231 (3)


昼ごはんは三人でモスバーガーへ。

本日2本目の記事です。

161229.jpg


息子が夜遅く帰省したので、それからおやつタイムになりました。
帰って来ても食べるお菓子がないなあと、大急ぎで焼いた、きび砂糖ロールです。

小嶋ルミさんのレシピは、ほんとにどれも美味しい。
夫が淹れてくれたコーヒーとこのロールケーキで、おしゃべりは尽きないのでした^^

明日は朝早くから餅つきなので、早く寝ないといけないのに起きれるかなあ。
あん餅を作るので、あんこも炊きました。
何もしないと決めても、年末は何かと忙しいですね。

今日の夕方、掃除機をかけている最中、掃除機がウンともスンとも言わなくなった。
大掃除、致しません、なんて明言したから掃除機がストを起こしたのかも ^^;

大掃除はしなくても、掃除機くらいはかけるので、こりゃ困った。
修理に出すとしても、直って戻って来るのは年明けだろうし。
この掃除機には、ずいぶんと頑張ってもらったのでこれを機に買い換えることにするか。

という訳で、夫と近くの電気屋に走る。
サイクロン方式は高いし、掃除や手入れが大変そうなので、今までと同じ紙パック式に。
値札よりも更に値引きしてもらって、ホクホク顔で帰宅。
通販で買うと、いくらくらいかなとネットで最安値を検索。

が~ん!

は、は、八千円も安い、もちろん送料無料。
こりゃ、誰も電気店で買わないはずだ。

しかし、年末のこの時期は掃除機なしでは乗り切れぬ。
背に腹は代えられぬ、とは言え、どうせ壊れるのならネットで買えるくらいの余裕をもって
壊れてほしかったなあ (泣)


掃除機の写真は明日掲載します。

2016.12.28 致しません
年末の大掃除、致しません。
カーテン洗い、致しません。
ガラス拭き、網戸洗い、致しません。
換気扇の掃除、致しません。

ああ、これだけすべてやらくてすむと、なんと楽なことか。

もうひとつ、
おせち作り、致しません。

それでも今日は布団カバー類一式、すべて洗濯しました。
今年はそれだけで十分です。
年賀状も書き終えてポストに入れたし。

あとは、ぼちぼちやって年末を過ごします。
明日の夜には息子も帰ってくることだし^^

今日は外来受診日でした。
前回の受診時に膝と肘の痛みがあると告げると、じゃあ次回はレントゲンを
撮りましょうということだったので、左肘と両膝のレントゲン写真を撮りました。

左肘の骨は異常なしとのこと。
最近は肘の痛みも、ほとんどないので、あまり気にしていなかったけど
それを聞いてほっとしました。
で、膝なんですが、レントゲン写真を見ると踵骨骨折した左足の膝関節の
隙間があまりないんです。
先生の説明によると、膝のクッションとなる軟骨が、だいぶすり減っているそうです。

右膝の方は左に比べると、まだまだ隙間がありましたが、こちらの方は
膝蓋骨(皿)が少しずれているそうです。

膝の痛みの原因はそんなところから来ているとのことでした。
手術するほどではないので、これ以上悪くならないようにするしかありません。

今日は担当の先生が風邪で休みだったので、別の先生に診てもらいました。
年明が明けて、担当の先生に再度、診てもらうようにとのことでした。

加齢が原因とはいえ、歳を取ると不具合がいっぱい出てきて嫌ですねえ。
周りにも膝の悪い友達がいっぱいいるし、困ったもんです。

踵骨骨折から4カ月が過ぎました。
足の腫れも引いたので、やっと靴が履けるようになりました。
家の中を歩き回る分には、まったく支障がなく普段通りの生活が出来ています。
でも、一旦外に出て歩くとなると、まだまだ歩き方がぎこちなく足が疲れます。
長時間歩けるようになるのは、まだまだ先のようです。

年末ではあるし、今日は自分の覚書として踵骨骨折した日のことを記したいと思います。

8月11日の夕方、6時過ぎのことです。
盆前に芝刈りを済ませておこうと夫と一緒に庭に出て、夫が芝刈りをしている間
私は花壇に水やりをしようと思ってホースがある場所へ移動。


161227 (2)

夏は毎日、水やりをするのでホース巻き取らずに出しっぱなしにしてたのです。
そのホースを後ろ向きに手繰り寄せながらバックしていて、段差に気づかず
踏み外したのです。
履いていた、つっかけ(サンダル)が脱げ、バランスを崩した私は
左踵を思いっきりコンクリートの角で打ちつけたのでした。
あとで、踵だけですんでよかった、腰や頭を打たなくてよかったと思いましたね。


161227 (1)

コンクリートの段差は15cmくらいしかないのですが、弾みというのは怖いですね。
すごい悲鳴を上げたので芝刈りをしていた夫がすっ飛んできました。
立ち上がることが出来なかったので、もうこれは完全に骨が折れているなと思いました。
夫が脇をかかえて引きずるように家の中に入れてくれました。

そのまま浴室に連れていってもらい、シャワーを浴び、洗髪まですませました。
だって汗びっしょりだったし、入院になると確信してたので。

消防署に電話して救急外来の病院を教えてもらい、おんぶして車に乗せてもらって
病院へと向かったのですが、どう考えても隣町の病院は遠いので夫が通ってくるのは
不便だと判断し、半月板損傷手術をした近くの病院に電話したのです。
もうこの時点で、手術、長期入院になるだろうと確信してましたからね。

ラッキーなことに、整形外科の担当医が在院していたので受け入れてくれました。
そしてレントゲンの結果、骨折していたので即入院となりました。

いやはや、今年の後半は骨折騒動で大変でした、もう入院は懲り懲りです。
二度とけがをしないよう、日々気をつけています。

2016.12.26 冷凍ホタテ 
161226 (3)

毎年、年末に北海道から取寄せているホタテと毛蟹です。
20年来の付き合いのある漁師さんから取寄せているので
市価よりもずい分と安い値段で買うことが出来ます。

今年は大雪のため飛行機の欠航が相次ぎ、やっと今朝になって届きました。
もちろん、すべてが我が家で食べるのではありません、実家の分も入っています。
これらの保存場所確保のため、冷凍庫を空にするのが一苦労でした。


161226 (9)

ホタテは冬場の料理に大活躍するので、毎年3kg取寄せています。
でも家庭用の冷凍庫では長期間の保存には耐えないんですね。
春先まで持たせたいけど、霜が付いたり、冷凍やけを起こしたりします。


161226 (8)

そこで面倒ですが、こんなふうに1個ずつラップで包んで
霜がつかないようにしています。
ぴっちり包んでも真空にはならないので、多少霜はつきますが
それでも袋に入ったままの状態よりはマシです。

ラップよりも、密着性の高いプレスシールなるものがあるとの情報を得たので、
今年はそれに包んでみることにしました。


161226 (6)

表面に糊状のものがついているので、ラップ同士がピッタリくっついて
シールになります。
でも、凍った表面にはくっつかないので完全に密着はしません。
個包装ではなく、数個まとめて包みたかったのですが、隙間ができて
上手くいきませんでした。


161226 (5)

なので1個ずつ包みましたが、すごく時間がかかるわ、隙間は出来るわ
カッターは切れないわで ^^;


161226 (7)

結局半分は、いつものラップに包みました。
暖房を入れていなくても、もたもたしていたら溶けてしまうので大変でした。


161226 (4)

包んだものを、さらにジッパー付きの袋に入れます。
こうやっておくと、使いたい分だけ取り出せて便利だし、
袋を開けても空気に触れないので、霜や冷凍やけを防ぐことが出来ます。

このプレスシールはコストコで売ってるそうですが、コストコは遠いし、
コストコの会員でもないので割高ですがアマゾンで購入しました。

あと餅や肉類を冷凍する時に使うつもりでいますが、糊状のものが
食品につくのがイヤなのか、夫はいい顔をしません。
食品用の糊なので安全と謳ってはいても、どうも信用出来ないらしくて。

でも、もうホタテ包んじゃったもんね (笑)


付記
サンタベアの記事に追記しました。 ⇒ こちら

本日3本目の記事です。


161225 (1)

今日の晩ごはんは、長崎ひとくち餃子。


161225 (2)

冷凍餃子だけど、すごく美味しい。
ひとくちで食べられるサイズなので、何個でも食べられます。

今日は早くも年賀状に取りかかりました。
夫の実家の分は、ほぼ印刷が終わり、自分の分も写真を取り込んだので
後は住所を印刷すれば終わりです。

ひとことを書き添えるのが結構時間がかかるので、早めに取りかかって
終わらせてしまおうという魂胆です。
なにしろ年末は、やることいっぱいあるしね。

本日2本目の記事です。
息子に送る冷凍食品を作りました。


161225 (10)

いつもの、クリスピーピザ、4枚。


161223 (2)

ミートソーススパゲティ、10パック。(5食分)


161211 (4)

マカロニグラタン、2皿。
これは先日多めに作って冷凍しておいたもの。
次々と食べたので、2皿しか残らなかった ^^;


161225 (12)

この、やる気のない梱包 (笑)
今回は冷凍庫が満杯だったので、これだけしか作れませんでした。
でも、もうすぐ帰省するしね。

やれやれ、これで今年の宿題がだいたい終わりました。
あとは年賀状と大掃除と、おせち作り。
とりあえず、年賀状かな。

161225 (3)

スーパーの産直コーナーで特売のカボスを目にしたので買って帰りました。
カボスはほとんど鍋物に使うので、毎年使うたびに、その都度絞って作っていました。
でも大量のカボスが野菜室を占領するのも困るので、絞ってポン酢を作ることにしました。
カボスもレモンと同じように野菜室で長期間保存出来ます。


161225 (4) 161225 (5)

半分に切って絞ります。


161225 (6) 161225 (7)

絞り汁を漉すと540mlありました。
その中に調味料(醤油350ml、鰹節20g、昆布10g、煮切りみりん60ml)を入れ冷蔵庫で寝かせます。
今回は2日間、寝かせました。


161225 (8) 161225 (9)

煮沸消毒した瓶に、茶こしで漉しながら移して完成。
300mlの瓶、2本出来ました。
これだけあれば、この冬はこれで乗り切れます^^

一般的には酢と醤油の割合は1:1のようですが、私は酸っぱいのが好きなのと
カボスの風味を生かしたいので、3:2と、カボスの割合を多めにしました。
それに、なるべく塩分は控えたいしね。

青いカボスと違って、黄色いカボスは酸味が和らいでまろやかな気がします。
日にちが経てば経つほど美味しくなりますが、作りたてでも市販のものに
比べると断然美味しいです。

ついでに、蕎麦の返しも作っておこうと思いながら、まだ作ってません。
それはまた後日にでも。
本日3本目の記事です。
クリスマスイブなので、ピザを焼きました。


161224 (10)

いつものミックスピザ、クリスピー生地です。
深夜に「クリスマスの約束」を見ながら、生地を軽く焼いておいたので
トッピングするだけで簡単に出来ました。

玉ねぎとピーマンの量が多くて、しかもどちらよく焼けていなかったので
夫はピーマンだけ外して食べていました。
まったく、子供じゃあるまいし ^^;


161224 (11)

フライドチキンは頂き物です。
オーブントースターで軽く焼いたので余分な油も取れ、皮もパリッとなって
美味しゅうございました、どうもご馳走さま^^


161224 (13)

そしてクリスマスケーキ。
今日はトップスのアイスケーキです。これも頂き物^^
トップスのチョコレートケーキが大好きなのでアイスはどんなだろうと
ワクワクしながらいただきました。
う~ん、美味しいんだけど、トップスのチョコレートケーキとは別物と
思った方がよさそうです。
アイスと生チョコのケーキとは、やっぱり違うんですね。


161224 (12)

ま点子ちゃんの私は柔らかくなるまで待てなかったので
固いアイスを夫に力任せに切ってもらいました (笑)

Sちゃん、どうもありがとう、幸せなクリスマスイブでした^^

本日2本目の記事です。
クリスマスなので、ラッピングしてみました。


161224 (9)

わたくし、何が好きって、ラッピングほど好きなものはありません。
ラッピングのためのグッズ、小箪笥いっぱい持っています (笑)
大好きなのに、ほとんどラッピングすることがなくて・・・
日頃、いかに気持ちに余裕がないってことですね。

でも今日は年末で慌ただしい中、ラッピングに励んでみました。
だってクリスマスプレゼントなんですもの^^


161224 (8)

いつもの100均の紙袋が、こんなにオシャレに変身!
って、どこかのまわし者みたい (笑)

ノーマンロックウェルの古いカレンダーをコピーして貼りました。
ノーマンロックウェルの絵って大好きなんですよ。


161224 (7)

反対側、こちらも同じくカレンダーのコピー。
火がついたように泣きわめく赤ちゃんを抱いて、ベビーシッターの
ハウツー本を片手に孤軍奮闘するシッターさん^^
新米ママの今の状況にピッタリだと思って (笑)


161224 (6)

前回、渡しそびれたカードも忘れずに入れました。
もちろん、こちらもノーマンロックウェル、
どの絵もみんな古き良き時代のアメリカって感じでステキですよね。

161224 (5)

くまさんのサンタ服、やっと完成しました。
クリスマスイブに間に合ってよかった~^^

生地はリメイクで、ユニクロのフリース。
私が長年愛用してきたジャケットをほどいて使用。
白いボアは先日作った、おくるみに使ったシンカーパイル。
ベルトはグログランリボン。


161224 (2) 161224 (4)

ボタンは化繊綿を詰めています。
グログランリボンに小さなバックルをつけました。
後ろはスナップ止め。


161224 (1)


おすましサンタベアの完成!
ベビーちゃん、まだ分からないよね。
来年のクリスマスからはこれで遊んでね^^

そして、壊れたら、「こんとあき」みたいに、くまさんと一緒に訪ねてきてね。
おばちゃんが、ちゃんと治してあげるから (笑)


追記(12/26)

友達から、早速写真が届きました^^
いよいよ、ばばバカのスタートです (笑)
「林明子の絵本の世界」のはじまり、はじまり~

161226 (1)
ようこそ、しぃちゃん、これからボクとずっと一緒だよ。
いっぱい、いっぱいあそぼうね。


161226 (2)

テディ君、えらいなあ、帽子貸してあげたんだね。
これからも、ずっとそばにいて、見守ってあげてね。

本日2本目の記事です。
昨日、ピザ用トマトソースを作ったのでスパゲティ用に取り分け
ミートソースも作りました。

161223 (1)

早速、そのミートソースを使って、ミートソーススパゲティに。


161223 (2)

今回作ったミートソースは最高に美味しかったので(笑)
スパゲティも絶品になりましたとさ^^

2016.12.23 りんごジャム
161223.jpg


おはようございます。
思い立って、昨日の夜中にりんごを炊いてジャムを作りました。
冷蔵庫の野菜室に眠っていたりんご、美味しくないりんごだったので
ずっと、そのまま放置していました。
場所を取るので早くなんとかしないとと思いつつ、ズルズルと。

美味しくないりんごはジャムにしたところで、美味しくなるわけではないんですね。
レモン汁で誤魔化しましたが、りんごの甘酸っぱさとは全く違うし。

素材のよさって味の決め手ですよね、野菜にしても夫の実家で採れる野菜と
スーパーで買ってくる野菜とは味がぜんぜん違いますからね。

ヨーグルトにかけて食べると、それなりに美味しく食べられましたが。
見た目は美味しそうなんだけどなあ ^^;

今日から三連休、やらなければならないこと山積み。
ま、ぼちぼち、こなしていきます。

2016.12.22 だんご汁
本日2本目の記事です。

161222 (13)

今日の晩ごはんは、だんご汁でした。
おととい作った豚汁がいっぱい余っていたので、だんご汁に。


161222 (12)

里芋、にんじん、白菜、しめじ、油揚げ、ネギ、豚バラが入っているので栄養満点 (笑)


161222.jpg

このすいとん粉をこねて、だんごにして入れました。
この粉は弾力があって美味しいんです。


余談ですが、夫が昨日、職場の忘年会で終電に間に合わず
タクシーで帰って来たんです。
そのタクシー代がなんと、1万円!

日々家計をやりくりしている身には、つらい出費でした (泣)
なので我が家の食事は当分の間、買物はしないで
冷蔵庫の中にある食材で節約レシピです。

なにっ、すき焼きや鍋物が食べたいですって、そんなのもってのほか!

おまけに今日は浄水器のカートリッジを交換して
その料金が14000円。
交換時期は1年に一度なんだけど、毎年1年半は持たせてます。
来年はもう少し長めにするかな~ ^^;

早いもので、今年も余すところあと10日。
昨日は冬至だったんですねえ、毎日が慌ただしくて、今日になって気が付きました。
冬至といえば、かぼちゃ。
一日遅れですが、かぼちゃを炊きました。


161222 (1)

冬至に食べようと思って、夏に収穫したのを大事に取っておいたものです。
日本人ですもの、ハロウィーンのジャック・オ・ランタンより冬至かぼちゃですよね (笑)


161222 (2)

少し種の部分が痩せていますが、傷みもなくきれいです。


161222 (4)

半分はかぼちゃペーストにします。
皮をむいて500gあります。
これを少量の水を入れた、厚手鍋で柔らかくなるまで蒸し煮します。
鍋に残っている汁を捨て、バーミックスでガーっと攪拌してペーストにします。


161222 (5)

出来上がったペーストは400g
ちょっと味見してみました。
ほんのり甘くてこのままでも十分美味しい、ベビーフードにピッタリ。
そう言えば息子が最初に口にした野菜の離乳食が、かぼちゃのペーストでした。
その後もかぼちゃペーストはよく食べていて、空になった器を見せても納得せず
テーブルを叩いての、もっともっと攻撃がすごかったのを覚えています。
かぼちゃが好きなのはそのせいかなあ (笑)


161222 (6)

かぼちゃのポタージュスープ用に小分けして、冷凍します。


161222 (7)

もう半分、500gは鶏そぼろあんかけにします。


161222 (8)

かつおだし、砂糖、酒、みりん、醤油で、かぼちゃが柔らかくなるまで炊きます。


161222 (9)

かぼちゃが煮えたら煮汁だけ別の鍋に移し、おろししょうが加えます。
(冷凍のおろししょうがを凍ったまま入れています。)


161222 (10)

鍋の中へ鶏ミンチを入れ箸でほぐし中火で加熱します。


161222 (11)

鶏ミンチに火が通ったら味をみて足りなかったら、調味料を足します。
水溶き片栗粉を入れてとろみをつけます。


161222 (14)

器にかぼちゃを入れ、上からあんをかけて出来上がり。


161222 (15)

しょうがjを入れることで鶏肉の臭みが消え、ピリッとして美味しいんですよ。
冷蔵庫に入れておけば日持ちがするので、一品足りない時など重宝します。
私は冷たいほうが好きなので温め直しはしません。

本日2本目の記事です。
玄関先の花壇、やっと植え終わりました。

161221 (9)

161221 (10) 161221 (11)

デージーとノースポール。
安く買える苗って、これくらいしかないんです。
今年はとりあえず、花壇になにか植えておけばいいや、くらいの気持ちで。
なんか年々、ガーデニング熱も冷めていってますねえ (笑)
間隔を詰めて植えたので、最盛期はボリュームが出ていい感じになると思います。


161221 (2)

スタージャスミンの根元にもノースポール。
スタージャスミンの繁殖力がすごくて、花壇一面に根が張っています。
この足で耕すのは無理なので、穴だけ掘って植えましたが、
果たして大きく育ってくれるでしょうか。
頑張れ、ノースポール!
スタージャスミンなんかに負けるんじゃないぞ (笑)


161221 (4) 161221 (3)

根が花壇のブロックまで押し寄せて、つなぎ目が割れてきています。
こんなに勢力が強いんじゃ、そのうちブロックを倒してしまうかも ^^;


161221 (7)

こちらは、こちらで ^^;


161221 (8)

芝庭の芝生が犬走りの割れ目にまで押し寄せています。
ここだけではなくて、ありとあらゆる隙間を狙って這いまわっています。
ハナミズキのサークル内も凄いことに。
隙あらば、どこへでも、といった感じです。

膝や踵の骨折がなければ、毎日庭に出て目を光らせていたので
こんな悲惨なことにはならなかったんです。
ここまで来ると、もうどうでもいいや、どうぞ、お好きなように (笑)


161221 (5)

チューリップの球根を植えていない箇所にはノースポールを植えました。
こんなに 密植しなくてもよかったのですが、苗がこれだけ残ったので^^


161221 (6)

繁殖力旺盛なヤツがここにも ^^;
レモンバーム、冬なのに枯れずに、しかも古い茎はすべて切り詰めたのに
新たに新芽が芽吹いてきて。
お得といえば、お得なんですが (笑)

春花壇の準備、これでやっと終わりました。
やるだけのことはやった、やれやれ、これで宿題がひとつ終わった (笑)

今日はこの他にジャーマンアイリスの枯れ葉の整理、
槇の木を植えている花壇にはびこっている下草や雑草の草むしりで
くたびれました。
もうこれで春になるまで庭仕事はしないぞ~

161220 (2)
こうやって束ねていると、クリスマススワッグみたいですね^^
夫の実家の納屋にぶら下がっているのを、土曜日に貰って帰りました。


161220 (22)

我が家はぶら下げる場所もないので、こうやってバラして保存袋に入れ
冷蔵室で保存しています。
1年くらいは保存可能ですが白菜漬けに使うので、半年くらいでなくなります。


161221 (1)

ポリ袋で漬ける簡単な白菜漬け、上にのせる重しはペットボトルを使っていました。
そのことを話すと不憫に思ったのか、先日買物に行った時に義母が3.5kgの重しを
買ってくれました (笑)
ポリ袋の上に電話帳をのせ、その上にこの重しをのせています。
これで見た目が漬物らしくなりました^^


161220 (1)


今年の夏は猛暑が長く続き、雨も降らなかったので、豆の出来も悪く
これだけしか貰えませんでした。
でも、まだ昨年収穫した豆類が野菜室に眠っているもんね~
昨年の北海道産の大納言小豆も。

なのに今日、新たに北海道産の大納言小豆(新豆)を買ってきました。
北海道フェアの売れ残りがまだあったんですよ。
店内に並んでいる豆類を見ただけで、脳内からドーパミンがドバーっと溢れ出し、
買いたい衝動を抑えることが出来ませんでした (笑)

いいんですよ、あんこやぜんざいを作ればいいだけの話なんですから。
って、もちろん作りますとも (笑)

冬のパン祭り、今日は番外編で冷凍保存したパンの
美味しい食べ方なんぞを書いてみます。

パン屋さんで、美味しいパンを大量に買って冷凍保存した場合にも
役に立つと思います。

まずは基本の解凍方法から。
先日焼いた栗あんパンを例にとって説明しましょう。

161220 (17)

そうそう、冷凍する時は1個ずつラップで空気が入らないように、
ぴっちり包んで急速冷凍します。
解凍はラップをはずし皿の上にのせ、電子レンジで温めて解凍します。

自然解凍の方が失敗しなくていいのですが今の時期だと
3時間くらいかかるので、ま点子ちゃんのわたくしは、
今日は電子レンジでやってみます。

焼きたてを即、冷凍して美味しさをキープしているので、
解凍したらすぐに食べないと意味がありません。
前の晩から冷蔵庫で解凍するなんてのは、もってのほかです。
パンは冷蔵庫に入れると、まずくまるような気がします。
自然解凍の時は室温で。
そのまま食べるより、温めた方が美味しく食べられると思います。


161220 (14)
電子レンジ600Wで40秒~50秒、加熱します。


161220 (19)

パンの大きさやレンジの機種にもよるんでしょうが、
我が家のレンジでは1分だと加熱が進み過ぎて、
噛んだ時に生地が潰れて噛みきれません。
この兼ね合いが難しいです。


161220 (18)

レンジから出して、オーブントースターに移します。
オーブンではなくてオーブントースターです。
すぐに焼けないと美味しくないので、直焼きの出来る
オーブントースターの方がいいのです。

菓子パンは焦げやすいので、アルミホイルをかぶせて
焦げつかないようにします。

これも機種で焼き時間に違いがあると思います。
我が家はトースト1枚焼き、自動ボタンを押しています。
2分程度で焼けます。


161220 (16)

外側の皮がパリッとして、中のあんこが熱くなっていれば
美味しく食べられます。
まだ冷たければ、もう少し焼きます。


161220 (8)

クリームチーズ入りあんパンも同じように、レンジで40~50秒。
アルミホイルはレンジにかけられないので、外すのを忘れないように。


161220 (9)

オーブントースターで焼く時は外した型を上にかけて焼きます。


161220 (20)

こちらも、皮がパリッとして中のクリームチーズが溶けるくらいまで
焼きます。


次はソフトフランス。

161220 (5)

レンジ600Wで30~40秒加熱したあと、
霧吹きで表面が濡れるくらいたっぷり水をスプレーします。
もちろん自然解凍でもOKです。
霧を吹くのが面倒な時はそのまま水をかけて濡らしたりしてます(笑)


161220 (6)

菓子パンと違って、こちらは焦げ難いのでアルミホイルはかけずに
焼きます。かけない方がパリッと焼けます。


161220 (7)

外側がパリパリ、中のチーズが溶けて熱々が美味しい。


最後はバターロール。


161220 (3)

これは1分加熱したので、加熱し過ぎてふわふわになりすぎました。
アルミホイルをかけずに焼くと

161220 (4)

表面が少し焦げてしまいました。
案の定、食べると噛みきれませんでした。

ここで、再度挑戦!

161220 (10)

こちらは室温で解凍したパンです。
表面にたっぷり霧を吹いて焼いてみます。


161220 (11)

焦げそうになったら、アルミホイルをかけます。


161220 (13)

皮がパリッとして、中がふわふわ、食べるとモチモチして
焼き立てパンとそんなに違いがありませんでした。

ここでは1個ずつ焼きましたが、2~3個焼く場合は
加熱時間は違ってくると思います。
大事なのは電子レンジで加熱しすぎないことです。
自然解凍したままでも食べられますが、オーブントースターで温めた方が、
より美味しいと思います。

黒糖レーズン、抹茶パンは菓子パンなので、あんパンと
同じように焼きます。

この記事を書くために昼にパンばかり何個も食べたので
胸やけがしてきました (笑)

そんな時の口直しは、これ ↓

161220 (15)

大根の炊いたん (笑)

べっ甲色になるまで、何度も火を入れながら炊いたので
味がしみて美味しいっ!
いっぱい作って冷蔵庫に入れているので、冷たくて美味しい!
こんなに美味しいのに、炊いた大根の嫌いな夫は見向きもしない。

おなかいっぱいになって、こたつでごろんと横になって
テレビを観ていたら爆睡。
気がつくと、あたりが暗くなっていました、とさ (笑)

本日2本目の記事です。
161219 (8)

赤ちゃんに会ってきました^^
もう、なんて、可愛いんでしょう!

でもね、実は部屋に入った瞬間、唖然としてとして声が出なかったんです。
というのも、赤ちゃんが寝ているのはベビーベッドではなくて、
段ボールの中だったからです。


161219 (5)

ほら、わかりますか、奥さん、これ段ボールですよ、段ボール!
その昔、クーファンというシャレた名前で呼ばれている、手提げカゴに
赤ちゃんを入れるというのを知った時も驚きましたが、これはそんな甘もんじゃありません。
この光景を目にした瞬間、凍りついてしましました。
一瞬、ここんちってベビーベッドも買えないくらい貧乏だったのって思いました (笑)
度肝を抜かれるとは、まさしくこのことです。
ああ、段ボールがよくわかるように、もっと引いて撮ればよかったなあ。


「そうよ、これは段ボール、フィンランド製なんやけど、今流行りなんよ」

そんなことも知らんのとでも言いたげな、どことなく勝ち誇った表情で
滔々と説明する友達。

フィンランド製だろうが、何製だろうが、段ボールに赤ちゃんを入れるなんて
ああ、なんて不憫なの、おお、可哀そうに。

でね、この記事を書くに当たって、ネットで検索してみたんです。
そして、衝撃の事実がわかりました。
これベビーボックスっていうんだそうです。
ベビーボックスの詳しい説明は ⇒ こちら

なんか、驚くことばかり、今の若い人には到底ついていけませんわ。
と、言いつつ、流行りもの好きの私の事だもの、もし今の時代に出産していたら、
一番に飛びついていたのは目に見えています (笑)


161219 (7)

ママに抱かれて安心しきっているベビーちゃん。
トッポンチーノが大活躍しているようで、うれしいなあ^^


最後に、懐かしのシリーズ行きま~す (笑)

161219 (6)

この、なんとも言いようのない可愛いポーズで決めている、おしゃまな女の子は
何を隠そう、ベビーちゃんのママなのであります (笑)

そして、この子の着ているワンピースは、その昔わたくしが作ったものなんです。
友達が古いアルバムから抜き出してきてくれたのですが、こんなのを作ったことさえ
すっかり忘れていました。
濃紺の別珍で、親戚の結婚式に着るというので、レースでゴージャス感を出しました。

この生地は私が自分のワンピースを作った余り布で作ったものです。
懐かしのシリーズということで、わたくしの着画なんかも披露出来ればいいのですが
当時はまだまだミニスカートが主流だったので、太ももが露わな写真なんて
とても恥ずかしくて、お見せできませんわ (笑)

今より10kg以上、太っていたので、それはそれは見事でございました。
商店街を歩いている時、前方から足元のおぼつかない幼児が突進してきて
私の太ももにぶつかり、跳ね返されてすっ飛んだということもありました (笑)

その子の母親がすっ飛んできて、悲鳴をあげてかかえあげ、
そしてそれに呼応するかのように泣き叫ぶ男の子、それって、私が悪くないのに
商店街を行き来する人たちの咎めるような視線を浴びて、逃げ帰ったのでした。

相撲取りのように太っていた、あの頃、とんだ懐かしいシリーズでした (笑)

冬のパン祭り、昨日終了宣言したはずなのに。、性懲りもなく朝早くから
またまた焼きました。
でも、ほんとに今日でパン祭りはおしまいです (笑)


161219 (2)

十文字にキッチンハサミで切り込みを入れた部分にバターをのせます。
で、強力粉をふるのですが、これって意味がないと思うんです。
でも粉がかかっている方が、なんとなくフランスパンぽく見えるので
あえて、ふりかけていますが、こざかしい演出に過ぎません (笑)


161219 (1)

今日も十文字がぱっくり開かなかったなあ (泣)


161219 (4)

こんなふうに、開いた口からチーズがとろけ出すのが好きなのに。
思うようにはいきませんねえ。


161219 (3)

パンを焼いたあとはマフィンも焼きました。
プレーンマフィンの上にそぼろをかけています。

パンとマフィンを持って、いつもの友達と一緒に赤ちゃんに会いに行きました。
それは、また別記事で。

本日2本目の記事です。
冬のパン祭り、いよいよ佳境に入ってまいりました (笑)
調子づいて午後から、もう一種類パンを焼きました。
161218 (3)
栗あんパンです。
まずは中に入れるあんこ作りから。

161218 (7)

夫の実家で収穫した大納言小豆、新豆300g
今年の夏は猛暑が長く続いたので、豆も出来がよくなかったそうです。
虫食いや割れが一割近くあったので、このきれいな状態にするまでに
時間がかかりました。


161218 (6)

新豆なので早く煮え、あんこになるまで1時間足らずで出来ました。
大納言小豆 300g、黄粗目 300g、塩小さじ 1/2
出来上がったのを計ってみると、900gありました。


161218 (5)

この秋に作った、栗の甘露煮を混ぜ込んで栗入りあんこにします。
と、さらっと書きましたが、この瓶のフタが、もう固くて、固くて (涙)
夫に頼んで頑張って開けてもらいました。
力ずくで開けても無理だったので、お湯をかけて瓶を温め、中の蒸気を
膨らませて、やっと開けることが出来ました。
市販のジャムでも、ここまできつく閉まって開かないことはないのに。
家庭で作った瓶詰でも限りなく、真空状態に出来るんですねえ。
何本も冷蔵庫に保存しているので、場所をふさいで仕方なかったんです。
これなら常温でも大丈夫、早速室外に出しました。


161218 (4)

あんパン1個当たり、栗入りあん 43g
栗もあんこも市販のものと比べるうと、甘みが少ないので素材の味が
生きています。
新豆、やっぱり美味しいです。
スーパーで売っている北海道産の小豆なんて、目じゃありません。


161218 (1)

今日は栗の形にしませんでしたが、けしの実はいっぱい、つけています。
あんパンには、けしの実が定番ですよね、あんこと相性がいいし。


161218 (2)

加水率を増やしたので、ふわふわで美味しいパンになりました。


今日で一応、冬のパン祭りは終了です。
わ~い、終わった、終わった~ (笑)

うう~っ、でもこのあとくまさんのサンタ服作りが待ってるのだった ^^;

161218 (9)

今日も朝から忙しく、立ち働きました。
朝食用のパンがなくなったので。まずはバターロール。


161218 (8)

すごくいい生地が出来て喜んでいたのに、成形するとき
生地を引っ張り過ぎて表面が少し荒れたのと、巻きがきれいではありません。

でも今日は発酵加減はバッチリだったので、オーブンから出した焼きたてを
食べた夫が、美味しい、美味しいを連発してうるさいくらいでした。
それは、ようございました (笑)

本日3本目の記事です。
今日は一日中動きまわって、忙しい一日でした。
午前中は洗濯をすませたあと、夫と義母と三人で買物。
夫の実家の炊飯器が壊れたのと、餅つき機も新調するというので
電気屋さんへ。
私は炊飯器は使ったことがないので、同行してもなんの役にも
立たないんですけどね ^^;
でも、お昼ごはんはお鮨をご馳走になりました^^

家に戻って来て、パンを仕込んで発酵する間に庭仕事。


161217 (6)

玄関先の花壇、夫が耕してくれたあと、腐葉土と有機石灰と
マグアンプを鋤き込むのは私の仕事。

足や膝に負担がかからないように、レンガの縁に腰かけて
作業しています。
鍬を持つことが出来ないので、シャベルと手を使ってほぐしながら
鋤き込んでいきます。


161217 (5)

ほら、きれいになりました。

ここで一旦、家の中に戻ります。
1次発酵を終えたパン生地の成形に入ります。
2次発酵をしている間、また戻って作業再開。


161217 (4)

ノースポールと赤いデージーをボーダーに植えました。
対になっているもう一つの花壇はデージーの本数が
足りなかったので、明日に持ち越しになりました。

明日、足りない分を買って来て植えます。

161217 (1)

これは何だかわかりますか、実はシマトネリコの根なんです。
夫がシマトネリコ側の花壇を耕していて、大騒ぎしておりました。

「うわ~、スゲー、こんなところまで根が張ってる!」

年々、浸食が広がっているので、来年は思いっきり枝を
落とそうと思っています。
毎年こんなに根をブチブチ切っても、ちっともへこたれない。
ターミネーターのようなヤツです (笑)

本日2本目の記事です。

161217 (2)

今日はあんぱんです。
おはぎを作った時に冷凍しておいた粒あんを解凍して使いました。
渦巻きの中にはクリームチーズが入っています。
甘いあんこと塩気のあるチーズとは相性がよくて美味しいんですよ。
うっかりしてクルミをローストするのを忘れたので、今日は入れていません。
クルミの食感も美味しさに一役買っているので、残念ですが仕方ありません。
パン生地は、まずまずの出来でした。


161217 (3)

渦巻きの中にある白いのがクリームチーズです。
焼きたてはクリームチーズもとろっと溶けています。

冷凍あんこを使って焼いたものを、再度冷凍させると、どうなるんだろう。
やっぱり美味しさが半減するのかなあ。

今日、夫の実家でこの秋に収穫した大納言小豆をもらったので
明日は新豆であんこを炊きます。
その粒あんで、また明日もあんぱんを焼くつもりです。
あんの中には自家製の栗の甘露煮をいっぱい入れようと思っています。
なので栗あんパン^^

朝食用にロールパンも焼こうかな、だってパン祭りなんですもの (笑)

161217.jpg


もうじきクリスマスなので、先日作ったテディベアにサンタさんの服を
作ります。
これを着せて、クリスマス気分を盛り上げてもらいましょう^^

裁断まで終わったので、後はミシンをかけるだけ。
でも、今日はパン祭り、庭仕事と、やるべきことが目白押し。

12月はただでさえ忙しいのに、なんで今頃になって
こんなことをやろうとするかなあ (笑)
ヒマな時はやらないくせに・・・ね ^^;

ま、今日も一日頑張ります^^

161216 (2)

今日は気分を変えて、フランスパンを焼きました。
ソフトフランスなので、柔らかめで食べやすいと思います。
中にはダイスに切ったチーズが入っています。


161216 (3)

先日のバターロールは2次発酵が足りてなかったのですが、
今日は1次発酵が過発酵気味だったので、ボリュームが出なくて
残念なパンになってしまいました。
買物が長引いて、帰宅すると発酵オーバーになってた (泣)

明日はチーズつながりで、クリームチーズの入った渦巻きあんパンを焼くつもりです。
冷凍の粒あんがあるので、それを使って。
あとクルミも入ります。

なんか、ちょっとパン作りも飽きてきたけど、土日で頑張って作って
早くパン祭りも終了させたい (笑)

本日2本目の記事です。


161215 (1)

今朝作ったうぐいすあんで、あんパンを焼きました。


161215 (4) 161215 (3)

見た目はまったく変わらないけど、左がうぐいすパン、右が抹茶パンです。


161215 (2)

私はこの上にかかっている、そぼろが好き。

食べてみると、やはりどちらも、あんこがイマイチ。
外側のパン生地は美味しいんですけどね。
うぐいすパンは甘いだけで、豆の味がしないし、抹茶の方もなんかちょっと・・・
これはこれで、ありなんだろうけど、私にはちょっと罰ゲームっぽかった ^^;
やっぱり、うぐいすパンは生のえんどう豆で作らないとダメですね。
ということは、春まで待たないとダメってことです、トホホ。

甘いパンが続いたので、明日はソフトチーズフランスでも焼こうかな。

乾燥えんどう豆で、うぐいすあんを作りました。
で、出来たのがこれ↓

161415 (2)

とても、うぐいす色には見えません (泣)
でもね、実際のウグイスの色ってこれに近いんですよ。
よく目にする「梅にうぐいす」の絵に描かれているのはメジロなんだそうです。

うぐいすパンを作るつもりなのに、これではちょっとねえ ^^;

私が作りたかったのは、これ↓

141018 (1)

これは2年前にうぐいすパン用に炊いた、うぐいすあんです。
夫の実家で収穫したえんどう豆を、さっと茹でて冷凍保存したものを解凍して
あんこに仕立てたものです。

生えんどう豆なので青臭さが残っていましたが、柔らかくてほんと美味しかった。
やっぱり生で作った方が美味しいみたいですね、色もきれいだし。

と、愚痴っても仕方がないので、これを使いますよ。
そこで、うぐいす色にすべく、抹茶を混ぜ込んでみました。


161415 (1)

色はうぐいす色になりましたが、味がもろ、抹茶です (笑)
これはもう、うぐいすあんとは呼べませんね、抹茶あんです。

一般的な抹茶あんは、白あん(白いんげん豆)に抹茶を混ぜて作るのですが、
これはその変形バージョンです、抹茶風味のうぐいすあんと言ったところでしょうか。

今日はこれから、この抹茶あんを使って、抹茶風味のうぐいすあんパンを作ります。
さて、お味はどんなでしょうか。
それはまた、夜にでも。


付記
この乾燥えんどう豆は夫の実家で収穫したものではなくて、
ネットで取寄せた北海道産のえんどう豆です。
しかも新物ではなくて、平成27年度産なので柔らかくなるまで時間がかかりました。
砂糖を入れると実が締まって固くなったので、バーミックスでガーっと潰しました。
あんこ作りにあるまじき行為です (笑)

自分の覚書として

乾燥えんどう豆 500g
砂糖 500g
塩 小さじ 1/2

出来上がった うぐいすあん、800gを取り分け
大さじ1(8g)の抹茶を混ぜました。

本日2本目の記事です。
明日は母の月命日なので、お供え用のお菓子を焼きました。

161214 (2)

定番のレモンケーキと


161214 (4)

これまた定番のブラウニー。


161214 (3)

ちゃんとラッピングしてお供えします。

そして当然、今夜のおやつもこれです。
夫はレモンケーキが嫌いなので、ブラウニーだけ。
私は両方とも (笑)

コーヒーと一緒に、いただきま~す^^

161214 (7)

冬のパン祭り、二日目はバターロール。


161214 (6)

巻きが割れているのがわかりますか。
これは2次発酵が不足しているからなんです。
冬は発酵に時間がかかるのに、急いで焼こうとするからこうなるんです。
お使い物にしようと思っていたけど、こんなの他人様にあげられないわ (笑)


161214 (1)


でもね、こうやって誤魔化してサンドにして食べると分かりません。
焼きたてはモチモチしているので、どんなパンでも美味しいんですよ (笑)


161214 (5)

乾燥えんどう豆、水に一晩浸けました。
うぐいすあんパン用に、うぐいす餡を作ります。
今日はくたびれたので、明日炊きます。

本日2本目の記事です。


161213 (10)

録りだめしていたTV番組、BSプレミアム「京都人の密かな愉しみ 月夜の告白」を
観ていて、料理コーナーで料理家の大原千鶴さんが作った 、親子丼が美味しそうで
無性に食べたくなりました。
なので今夜は親子丼にしました。


161213 (9)

これは大原さんの作った京風の親子丼ではなくて、一般的なものです。
久しぶりに食べたので、美味しかったなあ。
私がこうやって自分の分の写真を撮っているうちに、夫はさっさと食べ終えてしまいました。

「こんなのは出来たてじゃないと、美味しくないのに」

と、すごく不機嫌です。

でも、少し冷めても十分美味しかったから、いいんです (笑)


161213 (7) 161213 (8)
161213 (5) 161213 (6)

冷奴、白菜漬け、ポテトサラダ、鯛のすり身のお吸い物。

白菜漬け、ほんとに美味しい、絶品です!

161213 (3)

秋のパン祭り、いつの間にか消滅してしまいましたが
今年は気合を入れ直して、冬のパン祭りも開催することにしました。
今日から毎日、焼きます。← と、ここで宣言 (笑)
初日の今日は シュガートップ黒糖レーズンパン、レーズンの賞味期限が近いので。

柳のトレイに並べると、パン屋さんになったみたいでウキウキします^^


161213 (2)


こちらは小さめのトレイ、どちらもフランスのカゴ作り職人フランソワさんの手によるものです。
なので、親しみを込めてこのトレイのことをフランソワさんと呼んでいます。
職人が作っただけあって、作りが非常に綺麗で芸術的です。
これに並べると、素人が作ったパンでもすごく美味しそうに見えるから不思議です。


161213 (4)


一度に食べきれないので冷凍します。
焼きたては美味しいんだけど、解凍するとどうかなあ。

明日はバターロールを焼きます、冷凍しておいた分がなくなったのでね。

うぐいすパン用に乾燥えんどう豆も水に浸けて戻さないといけないし
トッピング用のスクランブル(そぼろ)も作っておかないと。

ま、ぼちぼち、やって行きます^^
冬は長いしね (笑)

久しぶりの庭仕事、今日は延び延びになっていたチューリップの球根を
植えました。
毎年、チューリップの球根は植えていますが、こんなに遅く植えるのは
たぶん初めてだと思います。
でも、大丈夫、遅くても春にはきれいな花を咲かせてくれます。


161212 (6)


今年は骨折騒動でチューリップの球根を植えるつもりはなかったのですが
夫の義母が実家の庭に植えたいと言うので、ネットで取寄せた分を
半分分けてもらいました、60球あります。
この球根はワケありで、すごく安かったんです。
その代り、内容がまちまちで咲いてみるまで色形がまったくわかりません。
たぶん咲き始める時期も違うので、咲いてからのお楽しみと言ったところです。
我が家は毎年単色植えなので、
あか、しろ、きいろ、どの花見てもきれいだな~♪
は、初めての試みです。
まあ、そういう年があってもいいかもね^^


161212 (5)

夫が一週間前に耕してくれていたので、今日は腐葉土と石灰を
すき込むだけですんだので楽でした。
石灰はすぐ植付けが可能な有機石灰ですが、今回は粒状のものを
買ってみました。
これだと粉状のものと違って、風が強くても舞い上がらずにすみます。


161212 (3)

混ぜ込んだあと、表面をきれいに均して


161212 (2)

等間隔に球根を置いていきます。
置いた箇所に深さ6cm程度の穴を開け球根を埋め込んで土を戻します。
植えている最中に小雨がパラついてきたので、大急ぎで植えました。
なので今回は向きも植え方も適当です。
こんなに寒くなって、忘れな草の種を蒔いても発芽しないだろうから
今年はなにもナシです。
写真には写ってませんが手前に少し空きがあるので、そこにノースポールを
植えるつもり、でも今日は時間切れ。


161212 (1)

玄関先の花壇には赤いデージーとノースポールを混植します。
こちらの花壇はまだ耕してもいないので、また後日。
明日は終日雨マークが出ているので、植え付けは明後日以降かな。

ああ、早く終わらせてしまいたいんだけどなあ。

本日2本目の記事です。

161211 (2)


生クリームの賞味期限が切れそうなので、生クリームたっぷりのグラタンを作りました。
中に入っているのはマカロニ、鶏肉、ベーコン、玉ねぎ、黒いのはしめじです。
今日は頑張って本格的にベシャメルソースから作ったので、
手間をかけた分美味しく出来ました。


161211 (1)

ピザ用のとろけるチーズとパルメザンチーズをかけて焼いています。


161211 (3)

いっぱい作ったので、アルミの簡易皿に入れて冷凍しました。
そのうち息子に送るつもりです。


ポリ袋で作る白菜漬けが美味しく漬かっています。
こってりした、グラタンを食べた後なんかは不思議と白菜漬けが合うんですよ~
今シースンはもう2回漬けましたが、すぐになくなるので明日また白菜を干します。
冬じゅう切らさないようにしようと思ってます。

161211.jpg


今年も夫の実家の庭に植えている晩白柚が、たわわに実りました。
2個、もらって帰りました。

晩白柚は追熟が必要なので、これから2~3週間このまま放置しておきます。
青々としたヘタが枯れてきて、いい香りがしだすと食べごろのサインです。
息子の大好物なので、帰省した時にちょうど食べごろになっていいかな。

今年は里芋は順調で沢山収穫出来るのですが、じゃがいもがサッパリのようです。
収穫量もですが、見た目も割れて良くありません。
まだ食べてないのでわかりませんが、味はどうなんだろう。
大量に買ったキタアカリ、やっと消費したので次はこの秋じゃがの出番です。
美味しいといいんだけど。

本日2本目の記事です。

161210 (11)


お祝いを一式、引っ提げて赤ちゃんに会いに行きました。
もうね、すっごく可愛い赤ちゃんなんですよ。
ママとパパに写真を公開してよいとの了承を得たので、特別に大公開~^^
夫に言わせると、実物の方がもっと可愛かったよね、写真ではあの可愛さが伝わらないね、
だそうです。
赤ちゃんって、ちっともじっとしていないから写真撮るの難しくって。


161210 (12)


早速、トッポンチーノとおくるみにくるんで、ママにだっこして貰って嬉しそう。
やっぱり、ママのことはわかるのかなあ~



161210 (9)


う~ん、可愛い、可愛い♪
やっぱりくまさんとは可愛さが全然違いますね。



161210 (10)

見て、見て!
この可愛い、あんよ、なんか意地らしいなあ ^^

これからも、おばちゃんがいっぱい洋服作ってあげるからね~
すくすく育ってね~

テディベア、やっと出来ました。
可愛いので、いっぱい写真撮りました (笑)


161210 (1) 161210 (3)
161210 (2) 161210 (4)

目玉はひと回り小さい黒にしました。
目玉のまわりにフェルトがついていた分です。
夫がひと目見て、怖いよ~と言ったので却下。
黒目のまわりに白目(茶目)がつくと、怖いんだそうです。
なのでガラス製の目玉も却下。

ちょっと情けない表情が気に入ってます ^^

表布はシンカーパイル ニット地で、色はモカベージュです。
おくるみに使ったパイル地の色違いです。
赤ちゃんにはモヘアやボアよりも適しているかなと思って。


161210 (6)

イメージをつかむために、トッポンチーノに寝かせてみました。


161210 (5)

王冠まくらもいい感じ^^


161210 (7)

お次は、おくるみでくるんでみました。


161210 (8)

うん、可愛い^^
そうそう、たまごマットおくるみってあるんですね。
トッポンチーノとおくるみが一体化したものですが、こうするとたまごマットおくるみになりますね。
でもこのように分かれている方が、断然使い勝手がいいと思うなあ。


161210 (13)

赤ちゃんグッズ、マザーズバッグに始まり、約一カ月近くかけて、やっと完成。
どうにか間に合ってよかった~ (笑)

期限に無頓着な私にとって、こうやって期限内に収まるというのは
まず、ないことなので自分でも驚いています。

なんだ、やれば出来るじゃん (笑)

これらをすべて、引っ提げてお祝いに行きました。
それはまた別記事で。

仕切り直し↓の記事の続きです。

行ってきました、案の定トーカイには置いていませんでした。
でも店員さんから耳より情報を仕入れました。
ワッシャーで裏からカシメるタイプの目玉は別にワッシャーを付けなくても
目打ちで穴を開けボンドを流し込んで目玉を差し込み、後付けできるそうです。

でもどうしてもボタンタイプが捨てきれない私は(笑)
もう一軒、昔からある商店街の外れの個人がやっている人形作り手芸店にも
行ってみました。
そこにはボタンタイプの目玉があったのですが、
悲しいかなひと回り大きいサイズしか置いてなくて。
しかし、ここでも裏技を伝授されました。
ひと回り小さな先のとがった目玉を茶色のフェルトに差し込み、周囲をカットして
白目部分を強制的に作るんだそうです。
小さなフェルトまで付けてもらって要りませんじゃ、申し訳ないので買いました (笑)
2個で60円くらいだった。
こんな感じの商売で、やっていけるのかなあ。
電気代も出ないだろうに。

そして助言通りに作ってみたのがのがこれ ↓

161209.jpg

で、これを使うかどうかは謎 (笑)

夜は縫い縫い、やらないので続きはまた明日。

161209 (1)

気を取り直して胴体と足を作り直し、やっとここまで来ました。
同じ轍を踏まないように、細心の注意を払いました。


161209 (6)

頭も作りました。
ぬいぐるみで、なにが難しいって、この頭に尽きます。
人形作家が頭(かしら)作りが一番苦労するって言いますが実感です。
この形になるまで、すごい時間を費やしました。
綿を詰めたあと、修正しながら綿を足して固く詰めていきます。


161209 (7)

首が回るように、ここにもジョイントが入ります。
最終的に、このぐし縫いした糸を調整しながら縫い縮めて完成です。


161209 (5)

横からも確認、いいようです。


161209 (4)

目を仮置きして、刺してみます。
う~ん、黒だと何か色が強過ぎるなあ。
こんなんじゃ、赤ちゃんが怖がって泣き出しちゃうよぅ。


161209 (3)

実はこちらの目玉を用意していたのです。
縫い止めるボタン式と違って、これは綿を詰める前に差し込んで作るので、
後で目の位置の修正が利かないんですね。
でもやっぱり、こんなふうに白目(茶目)の部分がないと黒一色では強過ぎるよね。

仕方ない、目玉、今から買いに行きます。
でも、ト-カイに売ってるかなあ、なければ隣町のサンカクヤまで行かないと。
ああ、運転嫌いなのに。


161209 (2)

今、仮置きしているのはこのタイプ、あるかなあ。

では、行って来ま~す  ^^;

本日3本目の記事です。

テディベア作り、ずっと順調に進んできたのに、ここにきて大失敗!
ぬいぐるみの手足が動くように、ジョイントを入れるのですが
気が急ぐせいか、ワッシャーを入れ忘れてストッパーで固定してしまいました。
私、失敗したので・・・ です ^^;

あまりにも悲しくて、やる気が失せてしまいました。
なので、ずっとそのまま放置しています。
今日は夫が飲み会なので、夜は目いっぱい時間が取れたというのに。

ストッパーで固定してしまうと、切り離すしか手立てがないんです。
しかも切り離す時に布地まで切ってしまう恐れがあるので
作りなおした方が早いんです。

ああ、本当なら今頃は出来上がっていたのになあ。
一晩寝たら気分も良くなるだろうし、明日気を取り直して、作り直します。

被害が胴体と足だけでよかった。


161208 (8)

ここまでは順調にいってたのになあ。
この膨大な量の綿がすべて中に入ります。


161208 (7)

左のワッシャーを入れ忘れたんです。
右が胴体と足を止めているジョイント部分で突起の下に見えるのがストッパー。
一度押さえてカシメると二度とは外れない仕組みになっています。


161208 (10)

ああ、せっかくここまで作ったのに残念!

本日2本目の記事です。

161208 (5)


くまさん、パーツが完成しました。
あとは綿を詰めて、ジョイントで固定して、顔を作れば完成です。


先ほど、友達から午後1時過ぎに無事、女児出産との知らせがありました。
昨日からハラハラ、ドキドキしていたので母子ともに健康と聞いて安心しました。

もうね、嬉しくてね、涙が次から次にあふれてきて顔中、涙でぐちゃぐちゃに
なりながら縫ってました。

Sちゃん、出産おめでとう!
よく頑張ったね^^

よかった~、赤ちゃんグッズ、なんとか間に合って^^
週末にはみんなかかえて、持って行くからね~

さあ、続き、続き (笑)

今日はこれからテディベアを作ります。


161208 (1)


材料も揃ったので後はタッタカ縫って、綿を詰め組み立てるだけ。
って、簡単に言うけど、夕方までに出来るかな。


161208 (3)

作るのはこのテディベア、20年前の本です。


そうそう、王冠まくら、昨日は夜遅く電灯の下で撮影したので
写りがイマイチでした。
今朝、自然光で撮り直しました。 ↓


161208 (4)

う~ん、やっぱり可愛いなあ^^


161208 (2)

くまさんが出来上がったら、この上に寝せて写しますね。
さあ、頑張って作ろうっと!

トッポンチーノの洗い替え用のカバーを作りました。


161207 (13)

う~ん、写真の色がイマイチですね。
こちらの方がより近い色です。 ↓

161207.jpg

naniIRO colorful Pocho ベリーフィールド
灰色のドットにはパールが入っています。


161207 (14)

フリルにしたかったのですが生地が足りずに断念。
つなぎ合わせれば出来ないことはないけど、貧乏臭くてイヤだったので
くまさんの耳にしました。


トッポンチーノに使ったオーガニックわたが余っているので
王冠まくらを作ることにしました。

型紙がないのでネットでいろいろ検索しました。
NAOMI ITOブランドの王冠まくらが、めちゃ可愛いので真似っこさせて
もらうことにしました。


161207 (1)

これがお手本です。


161207 (2)

拡大画面にして写し取りました。
これを元に図面を起こします。


161207 (3)

見本のまくらの実寸が25cm×25cmなので
縮尺を変えて、まずは製図から。


161207 (4)

ここで役に立つのが三角スケールです。
以前勤めていた職場で使っていたもので、使うのは20年ぶりです。
略して三助(サンスケ)と呼んでました (笑)
懐かしいなあ。


161207 (5)

そして出来上がったのが、この型紙。
お手本は首があたる部分には綿が入ってないようですが
私はドーナツ状にくりぬくだけにしました。


161207 (6)

オーガニックわたを入れようと思ったのですが、カバーをつけないので
洗えるように化繊わたを入れることにしました。
おくるみに使ったキルトわたもいっぱい残っているので、
これを重ねて使うことにしました。


161207 (7)

5枚重ねで真ん中の一枚だけは、穴をくり抜かないでおきました。


161207 (8)

出来上がりの大きさにカットして、ずれないように周囲をシツケ糸で
かがります。


161207 (9)

表布の中にこのキルトわたを詰めていきます。
形が出来上がっているので、化繊わたをそのまま詰めていくより簡単です。
詰め終わったら、詰め口をまつります。
最後にドーナツの部分にシツケをかけ、ミシンで縫います。


161207 (10)

王冠の先につけるボンボンは、直径6cmの布のぐるりをぐし縫いして
わたを詰めて、ギューっと閉めて作ります。
最後に先っぽに縫いつけて完成です。


161207 (11)

ほら、トッポンチーノとお揃いで可愛いでしょ^^

夫にお披露目すると

「おっ、ボンボンが信号の色だね」

あっ、ホントだ、別に意図したわけではないんですけどね (笑)


赤ちゃんに枕って必要なのかなあ。
でもいいんです、王冠まくらっていうのを一度作ってみたかったんです。
だって、可愛いじゃありませんか。


やっぱり、使用感がわかる写真がないとね。
てな訳で、テディベアのぬいぐるみ作ることにしました。


161207 (12)


裁断だけ終わったので、明日一気に縫って仕上げます。

本日2本目の記事です。


161206 (8)

夫の大好物のコロッケ、今夜は約束通り揚げました。
小判型はいつものシンプルな味、俵型はカレー味にしてみました。
中に入れる挽肉は、玉ねぎのみじん切りと一緒に炒めて冷凍したものを
使ったので時短になります。
カレー味は解凍した挽肉にドライカレー用の味付けカレー粉を混ぜています。
パン粉は生パン粉を使っています。
サクッとした食感が好きなので、我が家のフライはいつも生パン粉です。
今日のコロッケ、夫も大満足のようで、めでたし、めでたし (笑)


161206 (7)

いつもの ごぼ天、揚げものついでに揚げました。
もちろん冷凍して、ごぼ天うどん用です。


161206 (6)

ごぼ天しか揚げなかったので天ぷら粉が余りました。
これで天かすを作りました、これも冷凍して うどんに入れます。


161206.jpg

今日買物に出かけた時に食べた焼きそば、わたしの昼ごはんです。
スーパーのうどんコーナーで食べたのですが、ちゃんとした鉄板焼きそばで
まだジュウジュウと音を立て、削り鰹がひらひら躍っていて美味しかった~
これで540円は安いなあ。

今日は久しぶりに買物に出かけたので縫い縫いは、ほとんど出来ませんでした。
買物から帰ってトッポンチーノの替えカバーだけは縫いましたが
夕方は写真が暗くて色が出ないので、明日アップします。

息子が生まれる前にベビーグッズを何点か作ったことがあります。
トッポンチーノを作っているのを見て、夫がその時のことを思い出したのか

「おむつ替え用のふとん、昔作ったよね、バッグになるやつ、あれ好きだったなあ。
当時あんなの持ってる人なんていなかったよね、あれはすごく便利だった」

と、懐かしそうに言います。

「そう、あれと同じものを作ってあげようかなと探したけど、本が見つからなくて」

ところが昨夜、なにげなくパラパラとめくったページに、幻の(笑)ふとんが
載っているではありませんか。
私、勘違いしていて、てっきり松浦香苗さんのベビー関連の本だとばかり
思ってたので、見つからないはずです。

もう今となってはその現物も残ってないし、写真も撮ってないので
作りようがなかったんです。

ああ、もう少し早く見つかれば・・・

幻のおむつ替えふとんというのは、これです。↓


161206 (5)

私もこれと同じように作りました。
コードパイピングをはさみこんで縫うのが、すごく面倒だったなあ。


161206 (4)

外側になる部分はパッチワークの布で作ったので、手が込んでいました。
男の子なので、ブルー系でアーリーアメリカンっぽく作りました。
ああ、写真に撮っておくべきだった。


161206 (3)

厚手のキルト綿(化繊わた)を何枚か重ねて作ったので、汚れたら
洗濯機で洗えるので便利でした。
オーガニック、という響きに踊らされてトッポンチーノはオーガニックわたで
作りましたが、化繊わたのほうが洗濯が出来る分、清潔でよかったかなあ。


161206 (2)

赤ちゃんをカゴに入れて運ぶなんて、荷物じゃないのにと思っていたので、
我が家にはクーファンはありませんでしたが、敷布団にもなるんですね。


161206 (1)

この「手づくりママ」、秋冬編も持っています。
当時の私のバイブルでした (笑)


あっ、夫が帰ってきたので、これからコロッケを揚げます。
やることやっておかないと、縫い縫いできないのでね^^

2016.12.05 チョコパイ
本日2本目の記事です。


161205.jpg


今晩のおやつはチョコパイ。
ベラミーズの冷凍パイシートを解凍して、12分割し焼いただけ。
グラニュー糖を付けずに焼いたので、コーティングチョコをかけました。

ずっと買物に行ってないので、どこを探してもお菓子類がないんです。
夫がおやつ~と、うるさいので焼きました。
今日はコロッケ揚げなかったしね。

焼きっぱなしだとすぐ食べられるのですが、チョコは冷えないと
固まらないので冷蔵庫で強制的に冷やしました。

なので思い立って30分で食べられました、やれやれ (笑)

「美味しい、しあわせ~」

だそうです^^