おやすみマスク作りました。

161130 (2)


マスクの紐がひと巻きで24本取れたので、余しても仕方がないと思い
12枚作りました (笑)
午後から一気に縫いましたが、家内制手工業といった趣で
たいそう楽しゅうございました^^

わたくし、大量生産に弱いんです。
今まで就いた職業が手作業で大量にモノを作るような仕事が多かったので
こういうのは血が騒ぐというのか、燃えるんです (笑)
だから、ごっこ遊びが好きなのかなあ、お菓子屋さんごっことか。

紐がもっとあれば、あるだけ作ったと思います。
奥にある濡れマスク用ガーゼも縫いました、これは20枚。
でも、これくらいで驚いてはいけません。
ソーイングブロガーさんの中には何十枚と縫って、積み上げてマスクタワーにする
というツワモノがいらっしゃいます。
わたくしなんて、とても足元には及びませんわ (笑)


161130.jpg


夜は画像が暗くていけません。
明日、すべて並べて撮り直します。
タワーにはならないので机いっぱいに並べるくらいしか対抗出来ませんもの (笑)

今日はマスクに酔ったので(笑)、詳細はまた明日。
こんなふうに使います。

■ 表側
161201 (2)

■ 裏側
161201 (3)

2016.11.29 落ち葉拾い
本日2本目の記事です。
ずっと庭に出ていなかったので、スゴイことになっています。


161129 (11)

芝生の上にハナミズキの落ち葉がいっぱい。


161129 (6)

こんなに放置していたのは初めてです。


161129 (7)

側溝にもこんなに。


161129 (10)

サマンサが鼻をピクピクさせると、ほら、瞬時にきれいになりました 。
んな、訳ないか (笑)
でも、見違えるようにきれいになったでしょう。


161129 (5)

どういう訳か芝生の横に里芋を干しています (笑)


161129 (9)

こちらは玄関先、シマトネリコの種と枯れ葉で悲惨なことに。


161129 (8)

こちらは、どこからか小人さんが 現れて・・・(笑)


161129 (4)


落ち葉、こんなにありました。
やっと、スッキリなりました。

庭掃除は嫌いじゃないので、ちゃんと二本の足で立って箒で掃いたり
しゃがんで落ち葉を拾ったりできるようになって有難いなあと、
しみじみ思います。

で、膝と腰を思いっきり酷使したので、今日はこれにてすべて終了。
夫の表現を借りるなら”売り切れ”
足が売り切れるって、どんなよ (笑)

今から晩ごはんを作らないといけないので、もちろんマスクも無理。
今夜は里芋と白菜たっぷりの豚汁です。

161129 (3)

夫の実家で収穫した白菜、なんて瑞々しいんでしょう。


161129 (2)

もったいないけど干して白菜漬けにします。
だって毎回白菜ばかり、食べきれませんからね。


161129 (1)

今年もこの干し網が大活躍しそうです^^

今日は天気もいいので布団も干しました。
私用のそば枕も買い換えたので、天日干しです。

さて、今からマスクの紐を買いに行くとしますか。
今日はスーパーのお鮨の特売日なので、私の昼ごはん用に
買ってこようっと (笑)

では、行って来ま~す。


追記
お鮨買ってきました^^

161129.jpg

スーパーの魚屋さんのお鮨なのでネタが新鮮。
これで540円(税込)はお買い得。

ああ、満足、満足^^

午後からの部、頑張ります。
庭の落ち葉が降り積もって、スゴイことになっているので
まずはそれから片付けます。

マスク、出来るかな (笑)

161128 (3)


風邪がはやっているようですね。
私は喉が弱いので、室内の空気が冷たくなるとマスクをして寝ています。
11月から4月いっぱい、約半年間、夜寝る時は欠かせません。
マスクをして寝るようになって、風邪をひかなくなりました。
ここ5年間くらい風邪知らずです。

ずっと使い捨てマスクを使っていましたがマスク代もバカになりません。
そこで今年は洗えるマスクを作ろうと思い、今日は裁断だけしました。
こたつに入って、まったり録画している番組を見ながら至福の時間です。
縫い縫いがあまり好きではない私にはこういったご褒美がないと (笑)

さっさとミシンをかければいいのですがミシン部屋は寒いし、
マスク用のゴムの手持ちもないので、縫う気が失せて (笑)


161128 (2)


濡れマスクにするためにガーゼも用意しています。
今まではこのガーゼを適当な幅に切って、折りたたんで使っていましたが
今年はちゃんと縫うことにしました。


161128 (1)


ひと巻きで20本出来ました、これだけあればこの冬は大丈夫。
洗うのが面倒な時は使い捨てにしていたので、ガーゼ代も結構かかっていました。
でも風邪で病院にかかると思えば安いものだと、自分に都合よく言い聞かせていたんです。
ガーゼが縫い上がってから、使い方を説明しますね。

あと首にガーゼのタオルも巻いて寝ています。
これも今年はタオルではなくて、ちゃんとしたものを作ろうと思っています。
それはまた後日。

赤ちゃんグッズはちょっとひと休み、でも今週中には作り上げたいと思っています。
えっ、今月中って言ってなかった? (笑)

こたつが諸悪の根源なんですよねえ、この魔力にとりつかれると、どうもね^^
因みに今日見たドラマは「クイーンメアリー」「三つ星の給食」「プリンセスメゾン」

クイーンメアリーが面白くなってきました。
NHKの海外ドラマは好きでよく見てます、そうそう来月からダウントンアビーの
新シリーズが始まりますね、楽しみ~
年明け早々、刑事フォイルの新シリーズも、嬉しいなあ^^

明日はこたつから抜け出してミシン部屋で頑張ります。

本日4本目の記事です。


161127 (17)

今日は松阪牛のイチボステーキをメインディッシュにしての、おうちディナーです。
私の快気祝いも兼ねています^^


161127 (22)

一枚130gの松坂牛のイチボステーキ。
肉の片面に塩、ブラックペッパーを粗引きにしてかけ、
鉄のフライパンで強火でバターで焼いただけです。
大根おろしのたっぷり入ったカボスのポン酢しょうゆでいただきます。
付け合わせはエリンギのバター炒めと、ゆでブロッコリー。
ブロッコリーは少量の水とオリーブオイルと塩で蒸し煮しました。


161127 (21)

スライスした玉ねぎが入ったコンソメスープ。
浮き実はドライパセリ。


161127 (20)

グリーンサラダにはイタリアンドレッシングをかけて。


161127 (19)

焼きたてバターロール。


161127 (18)

夫は焼きっぱなしでもすごく美味しいと、そのまま何もつけずに食べています。
むしろ何も付けない方が、肉本来の旨味が味わえていいのだそうです。


161127 (23)

夫の希望でミディアムレアに。
私の分はもうちょっと焼いてミディアムに。


いや~、実に美味しかった。
夫と二人で、こんなに美味しいのは初めて食べたね、味わい深いお肉って
こういうのを言うんだねと。
松阪牛って、はったりじゃなく本当に美味しい!

なんか今日は充実した、いい一日でした。
これで、明日からまた頑張れます^^

2016.11.27 バターロール
本日3本目の記事です。


161127 (16)


久しぶりにバターロールを焼きました。
最近ずっとパンを焼いてなくて、朝食はもっぱら市販の食パンです。
今日はディナー用に焼きました。


161127 (15)


やっぱり焼きたての自家製パンが一番おいしい^^

パン作り再開しないと・・・ ^^;

本日2本目の記事です。
ずい分前に商品カタログを頂いたのですが、この夏は入院騒ぎで
そのままになっていました。

で、ようやく落ち着いたので、カタログの中から松阪牛ステーキをチョイス。
だって滅多に食べられないんですもの (笑)


161127 (10)

で、クール便で届いたのがこれ ↑


161127 (11)

なんと、証明書付き!
放射性物質検査済書までも。


161127 (14) 161127 (13)

イチボステーキって食べるの初めてです。
竹の皮に包まれたものを、おそるおそる開けてみると・・・


161127 (12)

うわぉ~!!
サシがいっぱい入ってる~

イチボってどんな肉なのか調べてみました。
イチボは牛のお尻の先の肉で、ランプと呼ばれるおしり上部の肉のうち、
下側のやわらかい部分を特に切り出した肉だそうです。
運動を重ねていることから脂肪分はすくないけど、やわらかい赤身の肉なんだそうです。
希少部位だそうですよ。

で、イチボと呼ばれる由来は
牛の臀骨がH型なのでH-bone(エイチボーン)と呼び、そこから訛ってイチボと
呼ばれるようになったそうです。

今夜は早速このイチボステーキを焼きます。
おうちディナーです。
その記事はまた今夜にでも。

3枚あるので一枚は息子用に冷凍しました。
息子がお正月に帰省した時に焼くつもりです。

161127 (2)


今日は久しぶりに図書館に行きました。
この写真は図書館に隣接している美術館です。
図書館の駐車場がいっぱいだったので美術館の前に車を止めて
振り返るとこの景色!
カメラ、カメラと大急ぎでシャッターを押しました。
って、別にあわてなくてもこの景色は逃げないんですけどね(笑)


161127 (5)

ああ、もうちょっと早く来ればよかったなあ。
イチョウも散った後でした。


161127 (3)

でも落ち葉もいい雰囲気です。
つげの木の上に降り積もるイチョウの葉っぱ、なかなかステキ!


161127 (6)

図書館の窓の下にも、ほら!


ほんのいっときですが、紅葉を満喫出来ていい気分。
今年の秋は骨折のため京都にいけなかったので、こんな小さなことでもすごく嬉しい^^

そして今日借りた本はというと

161127 (9)

ぬいぐるみとベビー服、どちらも赤ちゃん関連^^


161127 (8)

こちらは大人用のソーイング本。

私にしては珍しく、縫い縫いのモチベーションが上がっているので
この高揚を持続させるべく、ソーイング本をいろいろと借りてみました。

で、作るかどうかは、神のみぞ知る、です (笑)

本日2本目の記事です。

161126 (6)

これ何だかわかりますか。
れっきとした豆腐なんですよ。
先日、ためしてガッテンでコクうま豆腐を作っていたので、
ミーハーな私は早速作ってみました。


161126 (5)

沸騰させた豆乳に塩をひとつまみ入れ、フードプロセッサでクリーム状に
攪拌したクリーム豆腐を入れて弱火で3分間かき混ぜながら煮ます。
ふつふつとなったらフタをして7分待って出来上がりです。
超簡単なのに極ウマなんだそう、うわ~楽しみ!


161126 (7)

豆腐の水切りをよくしていなかったので、ちょっと水分が出ていますが。


161126 (8)


出来たてを、ひとくちすくって食べてみました。

「・・・」

夫にもどうかと尋ねると

「・・・?」

「番組ではね、みんなこぞって美味しいって言ってたんだけど。
出演者全員が絶賛してし、豆腐選手権の優勝者の豆腐屋さんも
何、これ、こんなの作られちゃあ、たまったもんじゃない」

って。

まあ私の使った豆腐がよくなかったのか、私たちの味覚がおかしいのか。
残念なことに大絶賛には至りませんでした。
味覚は個人差がありますからねえ。

で、どうするんだよう、この大量の豆腐。
お願いだからもう少し食べてよ~

161126 (3)


寒くなってきたので、こたつを出しました。
ソファーを片付けた途端にリビングが広くなりました。
夫は早速こたつに入って寛いでいます。
この場所が夫の定位置で、ここから動くことはまずありません。
とにかく一日中パソコンをいじっています。たぶんオンラインゲーム。
私は完全なるネトゲ未亡人なので、相手にして貰えないのは慣れっこになりましたが、
一時期そのことで、ケンカになったりもしました。
テレビも目の前にあるので時々は一緒に観たりもしますが、見たくないドラマなんかは
ヘッドフォンで耳をふさいでいますね。

そうそうチューリップの球根を植えたいのだけど、ゲームが忙しいのか
なかなか耕してはくれません、まあいいです、どうぞお好きなように。


161126 (1)

我が家のこたつ敷き、厚みが半端じゃないのでごろんとなると
気持がよくて知らぬ間に寝てしまうんですよ。
ひとたび入ると出られなくなるので、今日は一度も入っていません。


161126 (2)

厚さを計ってみました。
6cm、敷布団並みなのでホントによく眠れます (笑)

マザーズバッグ完成しました。


161125.jpg

型紙 : パターンレーベル スマートトート Mサイズ
生地 : 表地 リバティ カペル(キルト地) 別布 【ラミネート】リネンキャンバス ナチュラル
     裏地 11号帆布 紺色


実は今日はいろいろと失敗したんです。
見返しのビニールコーティング地にステッチをかけていて、
なんかえらく前に進まないなと思いながらミシンを踏んでいたんですね。
20cmくらいかけてから、テフロン押さえに換えていないからだと気が付きました。
やっぱり滑りが悪い生地は金属の押さえ金ではダメなんですねえ、途中で針が
止まってしまいました。


161125 (1)

上の矢印がテフロン押さえで下の矢印が金属の押さえ金を使用したものです。
写真だと分かり難いのですが、金属押さえは前に進まない分、
針が小刻みになるのでステッチの幅が狭くなっているし、針目も不揃いです。

もうひとつの失敗は底布に芯を貼っていなかったことです。


161125 (4)

ラミネートなので接着芯は無理だろうなと思い貼らなかったのですが
やはり、貼らないとペナペナするんですね。
底板で補強しても、何となく底が浮いたような感じになるんです。
そこで、組み立て終わって形が出来上がっている底布に無理やり
芯を貼るという暴挙に出ました (笑)

低温で時間をかけて貼りましたが、平面ではないので、これが貼りにくいのなんの。
おまけにアイロン皺は寄るし、ああ、いらんこと、しなければよかった。
途中で何度投げ出そうと思ったことか。
でもまあ、なんとか貼り終えて、やれやれ、おかげでシャンとなりました^^
底になる部分は床や地面に置いて汚れてもいいようにビニール地にしたんです。
特に白っぽいと汚れが目立つので、拭けるようにと。


161125 (5)

表布と裏布を合体させて縫う時、持ち手を一緒に縫い込まないように
こうやってマスキングテープで仮止めしておきます。
マステ、大量にあるので、こういう時にどんどん使わないと (笑)


161125 (6)

この裏布と表布を縫い合わせたあと、裏布のあけ口から表布を引っ張り出し
どんでん返しでひっくり返します。
私はこのどんでん返しが大の苦手!
裏布の帆布とビニコが皺くちゃになるのが嫌なんです。
せっかくここまできれいに仕上げてきたのに、最後にシワをつけるなんて。
でも今日は思い切ってやりましたよ、どんでん返し。

最後に見返しをステッチで押さえて完成。

ここで私のこだわりを。
一般的な縫い方は、縫い始めと縫い終わりを少しダブらせて、
糸の端をギリギリにカットしておしまいということが多いですよね。
でもそれだと見た目がきれいではないのであまり好きではないんです。

なのでステッチに限らず、見える部分の糸の始末はいつもこのやり方でやっています。 ↓
裾や袖口なんかも。


161125 (7)

縫い始めは糸を長く引き出しておいて、縫い終わっても自動糸きりで
糸を切らずに長めに引き出してカットします。
縫い始めと縫い終わりの糸はつながったように見えるようにするので
重ねて縫いません。
表のミシン糸を裏糸を引っ張って、裏側に抜き出します。
4本の糸を一本ずつ、縫い針に通して裏から表に刺します。
目立たないように脇の縫い目に刺します。


161125 (8)

引き抜いた針を


161125 (9)

針穴からほんの少しずれた箇所(0.5ミリくらい)を返し針ですくって、
2cmくらい離れた箇所に出します。
このとき糸が裏に出ないように中をすくいます。


161125 (10)

出てきた糸をカットします。
糸端が出ているようであれば、表布を少し持ち上げると中に隠れます。
残りの3本も同じように始末します。


161125 (19)

ほら、糸がまったくわかりません。


161125 (20)

裏も結び目がないのでスッキリしています。


161125 (18)

このバッグは天口が付いているので中の物が外に落ちたり
中身が見えないのでいいですね。


161125 (11)

ファスナーエンドも共布で作りました。


161125 (12)

ファスナーを開けると中はこのようになっています。
背胴には大きなポケット、両サイドに携帯用ポケット、ペットボトルホルダー。


161125 (17)

三角マチの縫製も苦手なので中に折り込んでいます。
デザイン的にもこっちのほうが好きなので。


161125 (16)

左に付いているサイドループは反射テープがついているので夜道でも安心。
ここにショールや上着をかけることが出来ます。
赤ちゃんの掛けられる小物やおもちゃなんかにも便利ですよね。


161125 (14)

夕方に撮ったので、画像がきれいではありませんが。

やっとマザーズバッグが出来たので次はいよいよベビーグッズです。
今月中にはなんとか作り上げたいんだけど・・・
頑張ります^^

今日は夫の風邪も良くなり出勤したので一日フル稼働出来ると思っていたのに
用事が出来て、ミシンはあまり踏めませんでした。


161124 (5)

それでも何とか裏だけは形になりました。


161124 (4)


裏には大きなポケットがついています。
iPadが入るくらいの大きさです。


161124 (3)

カギがかけられるキーリングも付いています。


161124 (2)

ペットボトルフォルダーですが、哺乳瓶もいいかも。


161124 (1)

携帯用のサイドポケット。
スマートフォンが入るか心配でしたが、何とかいけそうです。


秋の日はつるべ落としで日が暮れるのが早いですね。
夜はなるべく目を使いたくないので、今日の作業はこれまで。
明日は完成させるつもりです。

本日2本目の記事です。


161123 (8)

酢豚、これ二人分です。


161123.jpg

ポテトサラダ、これはさすがに二人では食べきれないので二日分です。

食事中の写真はご法度なので、配膳する前に撮りました (笑)
たっぷり食べて栄養をつけて、風邪を追い払ってね。

今日は祝日で夫が家にいるため、ミシンにかかりっきりになれず
作業が少ししか進みませんでした。
でも表だけですが、どうにか形になりました。


161123 (6)

持ち手のベルトは布用両面接着テープで仮止めしておきます。


161123 (5)

剥がれないように、指でしっかり押さえつけて密着させます。


161123 (3)

そして、昨日と同じようにマスキングテープを貼り


161123 (4)

そのキワを縫います。


161123 (2)

マスキングテープを剥がすと、きれいにステッチがかかりました。


161123 (1)

表だけ完成、後は裏地と天口を縫って合体させるだけ。
明日完成するよう頑張ります。
今日はこれにて終了~^^


付記
夫の風邪はだいぶ良くなりましたが、また別の案件が発生 ^^;
右手の親指と人差し指の付け根が赤くただれて、周辺の皮がむけています。
皮膚科で診てもらったところ、菌はいないので何かにかぶれたのだろうと
いうことでした。

かぶれと聞いて思い当たることがあります。
先日買った、漆の箸、たぶんそれが原因です。
夫のお気に入りの極細の箸です。
きっと漆が乾ききってなかったんですね。

私は漆にかぶれないけど、あんな細い箸はよう使わん!
ああ、高かったのになあ。
漆が乾燥すれば大丈夫だと思うので、しばらく放置しておきます。

弱り目に祟り目とはこのことですね、早くよくなるといいんだけど。

今日からマザーズバッグの縫製に取りかかりました。
まずはベルト(持ち手)作りから。

161122 (8)

持ち手に使うのはラミネート加工の布地なので厚みがないし、
手に持った時に、くしゃっとシワが寄るのも嫌なので、間に芯を入れる
ことにしました。
インサイドベルトを入れようと思ったのですが、固くてごわつくので
薄手のナイロン製のものに変えました、その名も、ナイロンインベル (笑)
これね、片面がアイロン接着できるようになっているんです。
ビニールコーティング地(ビニコ)なので、低い温度で時間をかけて
裏側から当て布をして接着しました。


161122 (10)

ビニコはマチ針が打てないので、両面接着テープを貼って
仮止めしました。


161122 (9)

このテープはクモの巣状になっており、ごく薄なので表面にアタリが出ません。
こうやっておくと、あとの作業がやり易くなります。
クリップを止めるより安定感があるし一気に縫うことが出来ます。
クリップを外しながら縫うのって結構面倒ですよね、ズレたりもするし。
これも当て布をして低温で時間をかけて接着しました。


161122 (7)

接着芯やビニコを縫うと、どうしても針の通りが悪くなり目飛びや
上糸が切れたりしますよね。
そこで非粘着性のミシン針を使うことにしました。
DB×1LP 工業用本縫いミシン針 化繊スーパー針
番手は厚地なので14番です。


161122 (6)

押さえ金も滑りを良くするためにテフロンに付替えて。
コバステッチをかけるライン上にはマスキングテープを貼っています。


161122 (4)

マスキングテープのキワを縫っていけばいいので、まっすぐきれいに縫えます。


161122 (5)

角はこんなふうに。


161122 (3)

ステッチをかけ終えたら、マスキングテープを外します。


161122 (2)

ほら、きれいにステッチがかかりました。


161122 (1)


今日は朝から縫う気満々でいたのですが、夫が風邪で休んだので
ミシンに集中することが出来ず、ベルト(持ち手)2本作っただけで
終了となりました。

明日はもっと縫えるかな。

2016.11.21 揚げもの 3種
161121 (7)


先日北海道フェアで買ったキタアカリでコロッケを作りました。
と言うのも、そろそろ夫の実家でも秋じゃがの収穫が始まったようなので
こちらの方を早く使い切らないといけないと思って。
大量に消費出来るのはコロッケが一番ですからね。

揚げものついでに、ゴボウの天ぷらとちくわの磯辺揚げも。



161121 (3)

キタアカリは男爵いもの改良版なのでホクホクしてます。
肉じゃがもいいけど、コロッケにピッタリでした。
コロッケは夫の大好物なので、いっぱい作りました。
10個作ったのですが、揚げている最中に兄がやってきたので
3個持って帰らせました。


161121 (2)

ちくわの磯辺揚げは私の大好物。
小学校の給食の中では断トツに好きなメニューでした。
(3年間小学校に勤めていたことがあるんです。)
子供たちにも人気のメニューでした。
今日は青のりをいっぱい入れたので、すごく美味しい^^


161121 (1)

ごぼうの天ぷら、これも夫の好物です。
土の香りがして美味しいんですよ。


161121.jpg

夫の実家で作っている巨大ごぼう、大きさが半端じゃないので
1本でもこんなに量があります。

これも沢山揚げたので、小分けして冷凍しました。
ごぼ天うどん用に重宝します。


今日は夫が風邪気味で、午後から早退して帰って来ました。
日頃は病院など滅多に行かないのに、今日は自発的に行ったので
相当キツイんだろうな。
でも、コロッケもごぼうの天ぷらもきれいに平らげたのでよかった。
食欲があれば回復が早いもんね。

本日2本目の記事です。
懐かしいお菓子のレシピで盛り上がった時に、別の友達が

「そう言えば家にも懐かしい年賀状があるよ、今度持ってくるね」

と言って、早速届けてくれました。
懐かしいシリーズ、第2弾は年賀状編です (笑)


161120 (8)

「まだ他にも取っていたはずなんやけど、これくらしか見当たらなくて。
寅年に貰った白虎の年賀状が一番好きやったけど、どこを探してもなかった」

と言って手渡してくれたのがこの三枚。
当時はコピー機などなかったので、一枚一枚手描きです。
毎年同じ絵柄を30枚くらい描いていました。


■ 1976年 昭和51年
161120 (1)

うわ~、こまわり君!
これは何となく覚えてる、こまわり君が履いているのは
この年に買った、私のハーフブーツ (笑)
このパロディが友人間に大ウケだったのを覚えています。


■ 1978年 昭和53年
161120 (3)

うわっ、恥ずかしい!
この年、左目が突然見えなくなって目医者に1年間通っていました。
見えるようになって安堵したのを覚えています。
ていうか、ミネセンセって、誰 (笑)



■ 1988年 昭和63年
161120 (5)

この年賀状は勤め先のおじさま方に好評でした。
一枚一枚、墨を流しマーブリングしたので、すべて模様が違います。
年末で寒い中、頑張って作ったのを思い出しました。
量産しないといけないので、とにかく大変でした。


最近の年賀状はパソコンで、写真のデータを加工してちゃちゃっと作るので
手間がかかりませんが、こんなの見ると手抜きだなあって思いますね。
と、言いつつ来年の年賀状も変わらず簡易印刷になりますが^^;
まあ、あの頃は独身だったし、時間だけはたっぷりありましたからね。

カノンさん、ありがとう!
白虎の年賀状、私も見たかったよぅ。

あけましておめでとう や、謹賀新年ではなくて、たしか
九十、百の若きもの、鶴は千年、亀は万年
だったよね、白虎は張り子の虎を描いた記憶がある。
これも年配の人たちに大好評だった。

そのうち、どこからか湧いて出てくるといいね^^

161120 (6)

連日パスタが続きますが、今日の昼ごはんはナポリタンでした。


161120 (7)


夫がケチャップが嫌いなので、家でほとんど作ることはないのですが
時々無性に食べたくなります。
今日は夫の意向を無視して作りました (笑)

夫、曰く

「小さい頃に食べた、ひなびたレストランのスパゲティの味がする」

おっ、いいじゃありませんか、そんな懐かしいを目指していたのです。
負け惜しみじゃありませんよ (笑)

本日3本目の記事です。
地元のケーキ屋さんで買った抹茶ロールが私が作っているものより美味しいと
夫が言うので、ならば私も焼いてやろうじゃないのと (笑)


161119 (18)

抹茶ロールケーキ焼きました。
今日はいつもと違って、スフレタイプにしてみました。
小嶋ルミさんのレシピです。


161119 (15) 161119 (14)

焼く前はこんなに色鮮やかなのに、焼くとどうしても色が茶色になってしまいます。
でも、この表面は内側に巻き込むので大丈夫。


161119 (20) 161119 (19)

左が自家製、右が市販品。
色は自家製の方が断然きれいですね。


161119 (16) 161119 (17)

大きさが明らかに違いますね、市販品の方がひと回り大きい。


161119 (22)

スポンジのキメの細かさはどうでしょう。
自家製はキメが細かくしっとりしています。


161119 (21)

市販品はキメが粗く、パサついた感じです。

早速、夫に食べ比べして貰いました。

「ま点子ちゃんの作った方が美味しいかな、キメが細かい分、しっとりしてるし
いつも食べ慣れているせいもあるけどね。
ケーキ屋さんの生クリームは泡立て過ぎなのかベターっとした感じがする」

ああ、よかった ^^
ケーキ屋さんのほうが美味しいと言われたら、もう二度と作らないつもりだった。
なあんてね (笑)

私も食べてみました。
生クリームの甘さはほぼ同じですが、ケーキ屋さんの方がスポンジがちょっと甘いかなあ。

さてイベントも終わったことだし、これでやっと明日から、日常に戻れます。
ベビーグッズ、そろそろ取りかからないとね^^

本日2本目の記事です。
先日の女子会(しつこい^^)の時に友達の一人がこんなものを持って来てくれました。


161119 (5)

40年前に私の手書きのレシピをファイルに入れて、今でも持っているんだそう。
もうね、びっくりしました、こんなの書いていたこと自体すっかり忘れていたので。

うわ~懐かしい、40年前の私の字だ~


161119 (10) 161119 (11) 161119 (9)

まだワープロもパソコンもなかった時代の貴重な遺物 (笑)
チーズケーキの作り方だって、へえ~イラスト入りなんだ。


161119 (7) 161119 (8) 161119 (12)

こちらはシュークリームのレシピ。
当時は作り方をいちいち写真に撮ってという発想がなかったし、
第一、フィルム代が高かったし、現像、焼き増しなんてとても とても。
アナログ色満載ですが思えば、のんびりした、いい時代だったんですね。


161119 (13)

このイラストにあるのは当時使っていた、ガスコンロの上にのせて使う
上乗せタイプのオーブン。
オーブンなんてしゃれた呼び方もしなかった、天火って言ってましたね。
ああ、懐かしや濃いピンクのピース天火。
私の持っていたのは旧式だったので、温度計も付いていなかったんですよ。
ガスの火を強めたり、弱めたりして温度調節しながら勘で焼いていました。
それでもちゃんと立派なお菓子が焼けていたのが、今思うと不思議なくらい。

思わず笑ったのはオーブン庫内の蒸気を逃がすために扉を少し開けて
扉がパタンと閉まらないように箸を入れて固定しているんですねえ (笑)
今、この天火で焼いてみろと言われても、たぶん上手に焼けないでしょうね。
ああ、なんていい時代になったんだ。
隔世の感があるって、まさしくこのことですね。


161119 (2) 161119 (1)

恥ずかしいことに、こんなイラストもファイルの中に入っていました。
これは彼女の誕生日に赤毛のアンのケーキを焼いた時のものです。
上半身はクッキーなので平面ですが、スカートのスポンジ部分は
小さなドーム型のボウルで焼いたので、立体的になっています。
探せば写真も出てくると思います。

しかし、よくこんなモノまで取ってたなあ ^^;

そして、一番感動したのはこのイラストを描いている紙。
裏返してみると、当時勤めていた会社で使っていたメモ紙。
焼き損じた青焼き(当時は青写真って言ってた)をカットして使っていたもの。
コピーと言えば、青焼き、しかもアンモニアを使う乾式ではなくて
現像液の中をくぐらせる湿式だった。

それでも青焼きは進化した方で、通常はまだまだガリ版を切っていた時代でした。
わたくし、鉄筆でガリ版を切るのが得意でした^^
すごく上手かったんですよ、ああ当時の作品をお見せしたいくらい (笑)

いつもの4人組の中に一人、一緒に机を並べて働いていた友達がいるのですが
彼女とは、いいコンビでした。
二人で息を合わせて輪転機を回して真っ黒になりながら印刷していました。
ああ、昭和だなあ~ (笑)

そんなことを思い出し、懐かしいひとときを過ごしたのでした。
ノンちゃんありがとうね^^
161119 (3)


今日の昼ごはんはきのこたっぷりバター醤油味のパスタ。


161119 (4)


エリンギ、しめじ、青ジソとベーコン。
きのこの食感が、たまりません (笑)

昨日は晩ごはんのあと、くたびれてソファーに横になってテレビを見ているうちに
寝てしまいました。
なので、抹茶ロールは今から作ります。
出来たらアップしますが、たぶん夜になると思います。

昨日の女子会、ほぼ一日中立ちっぱなしだったので足がパンパンに
腫れあがり、どっと疲れが押し寄せ今朝は9時過ぎまで寝ていました。
今日は夫が年休を取ったので朝寝ができてよかった~
おかげで回復しました。

昼過ぎに病院から抜釘手術の入院保険金の証明証が出来たという
連絡があったので、それを受け取りに行くついでに
松葉杖も返却しました。

松葉杖は使わなくなって1カ月以上経っていたのになかなか返しに行けずに、
ずるずると今日まで来ました。
先日の受診の際に返却しようと車の中に積んでいたのですが
お菓子を配るだけで精一杯で、とても車と病院の2往復は無理でした。

松葉杖はデポジット(預かり金)だったので、返却の際に
6千円戻って来ました。
戻って来たのは自分のお金なのに、なんかトクをしたような気分になり
帰りにケーキ屋さんに寄ってケーキを買うという、トホホなオチつき (笑)

前回このケーキ屋さんで買った抹茶のロールケーキを夫がえらく褒めて

「ま点子ちゃんの作ったものより美味しいかも」

と言うので、私の中にめらめらと闘争心が沸き起こったのです。

よぉし、ならば私も同じものを作って食べ比べしてやろうじゃないの。
って、プロと張り合ってどうする (笑)

晩ごはんのあとに作るつもりです。
結果は明日にでも、乞うご期待!

今日は我が家で半年ぶりの女子会(笑)でした。
友達の一人が70歳になったので、遅ればせながら古希のお祝いをしました。
はい、前回と同じく食事の用意が出来ておりません (笑)
私がお弁当を作っている間、他の3人にはワークショップをご用意いたしました。
前回は封筒作りと箱のコラージュでしたが今回はちくちく編です。


161117 (21) 161117 (22)
161117 (20) 161117 (23)

巾着袋とスタイを作ります。
私も料理の合間を縫って、指導、アイロンかけの手伝い。


161117 (1)

161117 (2) 161117 (3)

みんなででちくちく縫いながら、

「なんか、こうやっていると”べっぴんさん”みたいやねえ」

「ちょうど4人やし、四葉のクローバーやね」

「えらく歳をとったクローバーやけどね」

「老眼鏡を忘れてきたので、よう見えん」

「私の貸そうか、私はコンタクトをはずせば見えるから」

って、やっぱりどうみても女子会じゃないよね、老人会って言わないと (笑)


161117 (4)

12時を大幅に過ぎましたが、やっと食事の用意が出来ました。


161117 (5)

お祝いなので、賑々しくお重に詰めました。


161117 (6)

左上から金時豆の甘煮、れんこんのきんぴら、ゴボウのきんぴら、じゃばらキュウリ
赤飯、豚肉のシソ巻き、ネギ入り卵焼き。
はんぺんと三つ葉のお吸い物。
赤飯、煮豆、きんぴらは沢山作っておいたので、それぞれお持ち帰りになりました。


161117 (18)

お祝いなので抹茶のシフォンケーキもデコレーションしました。
レースペーパーを載せて上から粉糖をふりました。
模様がずっと消えないように泣かない粉糖を使っています。
シンプルなのにゴージャスなバースデーケーキになりました。


161117 (17) 161117 (25)

161117 (8) 161117 (24)

ろうそくは70本も立てなくて済むように(笑)数字のろうそくにしました。
童心に返ってふき消してもらいました。
切り分けて、コーヒーと一緒に頂きました。

食事のあとはちくちく後半戦。
早く仕上げないと日が暮れてしまうと、みんな必死。
で、なんとか日暮れまでに縫い上がりました。

では、それぞれの作品をお披露目しましよう^^

■ カノンさん作
161117.jpg

パターンはパターンレーベルの無料型紙 ラウンドビブ 要はよだれかけ(笑)
生地はリバティの新柄 Fluttering (フラッターリング) 17A (レッド・グリーン系)

おまけで付いてきたタグがいい仕事してます^^
もうじき生まれてくるベビーちゃんのために、せっせと縫っていました。
もちろんお孫さんですよ (笑)
裏地はニットパイルなので、すごく縫いにくそうでしたが
こんなにオシャレで可愛いものが出来ました。


161117 (11)

箱に詰めると、まるでデパートで買ってきたみたい。
小躍りして帰って行きました (笑)


■ ノンちゃん作
161117 (14)

パターンは用意していなかったのでA4のコピー用紙を適当に切って
型紙を作りました。
マチをつけたら、途端に狭くなりちょっとイメージと違って
背高のっぽになりましたが ^^;


161117 (9)

生地はリバティのエイミー。
底布はベージュのリネン、裏地は濃いピンクのシーチングです。
久しぶりに針を持ったとかで、苦戦しておりました^^


■ ふーこさん作
161117 (15)

生地はリバティ Betsy (ベッツィ)
裏地、底布共に上↑に同じ。

こちらも↑と同じ型紙。
マチは少なめなので↑よりは少し長さが短い。
ごめんね~、次回はその場しのぎでない、ちゃんとした型紙を
用意するからね~


161117 (10)

紐もこうやって共布で作ると可愛いよね。
紐は間に合いそうにもなかったので、どちらも私がミシンをかけて手伝いました。

あっという間に時間が過ぎて、みんな一心不乱に手を動かしていたので
今日はあまりおしゃべり出来ませんでしたが、楽しい一日でした。

次はいつ集まれるかな~
忘年会、出来るといいんだけど。

2016.11.16 名残の月
161116 (4)

朝早く夫を駅まで送って家にたどり着くと
なんとまあ、真正面に有明の月が残っているではありませんか。
西の空に浮かんだお月さまの綺麗なこと、思わず見入ってしまいました。


161116 (2)

十六夜の残月です。
スーパームーンではありませんが、これだって通常の月のお月さまに
比べればひと回り大きいはず。


161116 (1)


これは11月12日午後9時55分に撮影したもの。
十三夜です。
スーパームーン当日を楽しみに、こうやって前々日から試し撮りをしていたのに
14日当日は雲がかかって見ることが出来ませんでした。
もう少し頑張って、ねばっていれば雲の隙間から顔をのぞかせたお月さまを
拝むことが出来たかも知れませんが、この足では長時間立つのは無理なので
泣く泣く諦めました。
それにお菓子作りやラッピングで忙しくて、お月さまどころではなかった (笑)

でも古(いにしえ)の人々は完全無欠な十五夜よりも
すこし欠けた十三夜や十六夜に趣きを感じていたようなので
これはこれで美しい・・・
いやいや、私は風流人ではないので、やっぱり真ん丸いお月さまのほうが
いいけどなあ (笑)
完璧主義のところがあるので、少しでも欠けているとなんとなく違和感を覚え
とても美しいとは思ないんですよね、如何せん風流には程遠いようです ^^;

今日は外来受診日でした。
左踵骨骨折してから3カ月、抜釘手術から約1カ月経ったので
最終確認のレントゲンを撮りました。


161115 (3) 161115 (2)

ボルトを抜いた後の空洞もほぼなくなりました。
うっすらボルトのあとが見えるのがわかりますか。


161115 (1)

拡大画面で見てみると、斜めに走った筋(ボルトの跡)があるのがわかりますね。
骨折した部分も完全にくっついているので、どこが折れていたのかさえ分かりません。
心配していた骨萎縮もないとのことなので安心しました。

ただ足の腫れはなかなか引きません。
今まで履いていた靴がどれも入らないので、外出する時もサンダル履きです。
長時間、立ったり歩いたりすると両膝と膝の裏が痛くなるので
年末に両膝のレントゲンを撮ることになりました。
左の肘が一年前から痛むので、左肘のレントゲンも撮ってもらうことになりました。
とにかく、けがをすると関係のない部分まで調子が悪くなるのでいけません。
いろいろ考えると気が滅入るので、痛くても知らんぷりしてます。
そのうち気がついたら痛みがなくなっていた、ということになればいいなと。

とにかく、これでひと段落ついたので、やっと次に進むことが出来ます。
区切りをつけるために、先生を始めお世話になった病棟の方々に感謝の気持ちを込めて
お菓子を焼いて届けました。
っていうか、退院する時にお菓子焼いてくるからね~、待っててねえと
例のごとく安請け合いしていたのでした (笑)
これでやっと帳面が消えました^^


161115 (7)

ちょうどいいサイズの箱がなかったのでお菓子の箱の再利用ですが。


161115 (8) 161115 (5)
161115 (4) 161115 (6)


それぞれに荷札を付けて、3箱+1袋。
レモンケーキ20袋、抹茶シフォンケーキ20袋、ブラウニー15袋
超特大の紙袋に入れて2提げかかえ、えっちら、おっちら病棟まで運びました。
歩きはヨタヨタですが、もうこんなに回復したということです。
喜ばしいことです^^

今日は母の月命日だったので仏壇にもいっぱいお供えしました。

さて心機一転、明日からまた頑張っていきまっしょい!

161114 (8)

朝から、せっせとお菓子を焼きました。


161114 (9)

抹茶のシフォンケーキ。


161114 (7)

今日は高級な抹茶を使用。
夫曰く、
「これはすごく美味しい、前回の安い抹茶に比べると断然こっちの方が美味しい。、
ふ~ん、作り手の腕じゃなくて 材料をがものを言うのか」
ですって。


161114 (6)

ブラウニーは安価な製菓用チョコを使用。
こちらの感想は
「チョコは高級なものより、安物の方が美味しい」 んだそうです。
そうかなあ、私はヴァローナの高級チョコのほうが断然美味しいと思うけど
まあ、好みの問題ですね。


161114 (5) 161114 (4)

ヒートシーラーで封をします。


161114 (2) 161114 (3)

夜遅く夫に手伝ってもらってラッピング。


161114 (1)


せっかくのお菓子屋さんごっこなのに、照明の加減で写真が暗い。
明日、取り直します。

明日は整形外科外来の日なので、このお菓子を持って行きます。
ああ、これでやっと帳面が消える~ (笑)

洗濯槽の洗浄も終わり、きれいになったので赤ちゃん用に買っておいた
布地の水通しをしました。
洗剤を薄めにして洗濯し、洗剤分が残らないように、すすぎをこれでもか
というくらい何度も行いました (笑)


161113 (2)

naniIROのダブルガーゼ。
colorful Pocho ベリーフィールドとトイ。


161113 (1)

colorful Pocho オーチャードとシンカーパイルニット地

このパイル、ニット地なので縫い難そう ^^;

副資材も届いたので、これでやっとベビーグッズに取りかかることが出来ます。
・・・が、その前にまだまだ、しなければいけないことが山積みなので
縫い始めるのはもうちょっと先かな^^

大丈夫、出産予定日まであと1カ月あるもんね、楽勝~(笑)

今まで長年使ってきた包丁の歯こぼれが激しくなったので新調しました。


161112 (2)

この包丁は暮しの手帖と大阪リーガロイヤルホテルのシェフと木屋が協力して作った
万能包丁です。


161112 (3)

これは25年前、所帯を持った時に買った包丁。
当時、暮しの手帖に心酔してたのでこれ以外の選択肢はありませんでした。
固いかぼちゃなんかを切る時にナタ替わりに振りおろしたりして使ったので
こんなに歯こぼれしてしまいました。


161112 (4)

やっぱり、新品は綺麗!


161112 (1)


新しい包丁と比べてみました、うわ~、年季が入ってるなあ (笑)
研いでは使い 研いでは使い 酷使してきたので、ひと回り小さくなってしまいました。
この包丁、ステンレスなのに、すごく切れ味がいいんです。
さすが木屋の包丁だけあります。
あと何年、台所に立って包丁を握るかわからないけど、今からだとたぶん死ぬまで
使えるだろうし、ということで思い切って新調しました。

古参の包丁はプロの研ぎ屋さんに出して、歯こぼれを直してもらうつもりです。
またひと回り小さくなるけど、切れ味は元に戻ると思うので。

まだ届いたばかりで使っていませんが、これを使いたいばかりに
台所に立つモチベーションが上がりそうなので、なによりです (笑)

2016.11.11 洗濯槽洗浄
本日2本目の記事です。
今日はずっと気になっていた洗濯槽の洗浄を行いました。
最後に洗浄したのは昨年の暮れだったので約一年ぶりです。
赤ちゃん用グッズの布地を水通しする前に
きれいにしておきたかったのでやっと重い腰を上げました。


161111 (12)

洗浄に使用したのは過酸炭ナトリウム、今回はシャボン玉の
商品を買ってみました、赤ちゃんによさそうだし (笑)


161111 (11)

洗濯槽にぬるま湯を張り、過酸炭ナトリウムを投入したあと


161111 (9)

洗濯機に付いている洗濯槽洗浄コースをスタートさせます。


161111 (8)

一時間後にどんな様子かフタを開けて覗いてみました。
うお~、取れてる、取れてる。


161111 (7) 161111 (6)

このまま排水出来ないので、ネットですくいます。


161111 (5)

ぎゃ~、こんなに汚れが!!

まだ一時間しか経ってないのに、今からこんなに汚れていては
終わるまでにどれくらいの汚れが取れるんだろう。

この槽洗浄コースは回転スピードがが半端じゃないんです。
洗濯機が飛んで行きそうなくらい、激しく回転します。
だから裏側のこびり付いた汚れも取れるんですねえ。
前回、一般的に売られている洗濯槽クリーナーで掃除した時は
ここまで汚れが取れなかったので、これは過酸炭ナトリウムの威力でしょう。

恐るべし、過酸炭ナトリウム!

水を溜めて放置、回転を繰り返しながら、完了するまで11時間かかります。
夜中になるので、結果はまた明日。

それにしても、今までこんなに汚れた洗濯機で洗濯していたとは・・・
見たくなかったし、見せたくもなかった ^^;

昨日、近くのデパートで北海道フェアで売れ残ったじゃがいもの
特売をやっていたので買い込みました。

「奥さん、奥さん、この袋いっぱい詰めるだけ詰めて千円、たったの千円!」

なんて呼びとめられると、ついつい吸い寄せられて (笑)

主婦って、なんでこうも特売が好きなんだろう、バーゲンセールともなると、
アドレナリンの放出量が半端じゃないんですよね。

もちろん、詰め込めるだけ詰め込みましたとも (笑)


161111 (1)


家に帰って量ってみました、なんと5㎏近くありました。

夫の実家でじゃがいもを作っているので普段なら買うことはないのですが
今年の秋じゃがは、あまり出来がよくないと耳にしたので思い切って買いました。

しかし、不作と言いながらも来週あたりじゃがいもが、ど~んと来そうな
イヤな予感もするなあ。
ま、農家ってそんなもんだから (笑)


161111 (2)

161111 (3) 161111 (4)


台所は置く場所がないので、段ボールに入れて物置で保存することにします。
こうやって光を遮って、室温の低い所に置いておけば、しばらくは大丈夫。
農家だと収穫した後、納屋の涼しいところでムシロをかぶせて、春先までもたせますからね。

しかし、この大量のじゃがいもどうしよう。
さしあたり、今夜はポテトサラダでも作ることにしますか ^^;

そうそう、同じように北海道産の玉ねぎもしこたま買い占めたのでした。
今年は玉ねぎの出来が悪くて、在庫がゼロだったんです。
これで玉ねぎもしばらく買わずにすみそう^^

161110.jpg


夫がマフィンが食べたいというので夜遅く作りました。
寝る前に食べるのはよくないとわかっていても、ついつい ^^;

レシピは こちら と同じですが、今回は卵1個で作りました。

◆ 材料 (マフィン型 4個分) 
  無塩バター 70g
  白砂糖 65g
  卵 Lサイズ 1個 
  薄力粉 100g
  ベーキングパウダー 小さじ 1
  牛乳 85g
  バニラオイル 3滴

ケンカしないように一人2個ずつ、二日分で4個にしましたが
ちょっと溢れそうになったので5個にするのがベストだと思います。

冷めるともそもそして美味しくないので、明日はレンジで温めて食べます。
焼きたては表面がカリッとして、中がふわふわですが、レンジで温めると
表面のカリッとした食感はなくなります。

夫曰く

「このひび割れて、カリッとしたところが美味しいんだよね~
やっぱり、マフィンもシフォンケーキもプレーンなのが一番だね」

わかっているけど、いろいろな味を試してみたいんですよね。
バナナとかチョコとか^^

息子に送る冷凍食品作り、名付けて”冷凍まつり”
お祭りだと思わなきゃ、やっとられんわと思ってつけたネーミングです。
前回作ったのは5月なので半年ぶりです。
ピザとスパゲティだけでいいというリクエストに応えて。


161109 (1) 161109 (2)

まずはトマトソース作りから。
ピザ用に少し取り分けた残りは合い挽ミンチをたっぷり入れてミートソースに。
ピザは薄焼きのクリスピー生地。
トッピングはベーコン、ツナ、玉ねぎ、ピーマン、モッツアレラ入りミックスチーズ。


161109 (3) 161109 (4)

ミートスパゲティは出来上がったあとパルミジャーノ・レジャーノをかけています。


161109 (5) 161109 (6)

ナポリタンは玉ねぎをバターで甘みが出るまでじっくり炒めています。
ベーコン、ウインナ、ピーマン、エリンギもたっぷり入っています。
ケチャップだけでは甘過ぎるのでトマトペーストを半分くらい入れています。
仕上げは醤油を少し垂らして混ぜ込みバターで風味をつけ黒胡椒を粗引きして出来上がり。
小分けして(計って)冷凍します。


161109 (7) 161109 (8)

こうやってラップで包んで。


161109 (9) 161109 (10)

レンジで温めやすいように少なめです。
これが2個で一食分です。
中身がわかるようにシールを貼って。


161109 (11) 161109 (12)

冷凍室のアルミトレーに載せて一気冷凍します。


161109 (13) 161109 (14)

一度に大量に一気冷凍出来ないので三日がかりで作りました。

ピザ7枚、ミートスパゲティ3食分、ナポリタン3食分、アップルパイ2切れ

息子の冷凍室に入るギリギリの量です。
やれやれ、これでやっと一息つけます^^

161108 (2)


しょうがの砂糖漬が大好きなので、またまた作りました。
夫の実家で採れたしょうがではなくて、スーパーで買った新しょうがを使いました。
しょうがを買ってでも作りたかったのです、それくらい大好き^^


161108 (1)


下に敷いているキッチンペーパーに余分な水分を吸収させ、乾燥させます。
ペーパーが湿ってくるので、取り替えました。
目につくテーブルの上に置いて乾燥させているので、ついつい手が伸びて
ずい分目減りしてしまいました (笑)

今日はマザーズバッグの裏布の裁断をしただけで終わりました。
牛歩ですが着々と進んでいます。

早いもので左踵骨を骨折して3カ月になります。
日に日に回復して杖なしでも歩けるようになって喜んでいたのですが
それもつかの間、ここ2、3日、骨折していない方の右足がひどく痛むんです。
左足をかばって歩くのが原因なんだろうけど、特に右膝の裏側が痛くて、痛くて。
だからあまり歩きたくない。

今日は所用があったのと買物で出かけましたが、途中で歩きたくなくて
買物もそこそこに帰って来ました。

今まで腰が痛かったことなんてないのに、ここにきて腰痛も出てきたので
なんか毎日が面白くない。
自分で出来る範囲のリハビリはやってはいるけど、歯が立たない感じ。

ああ、いつになったらよくなるのか。

あんな時代もあったねと、きっと笑って話せるが来るのでしょうか。
だから今日はくよくよしないで今日の風に吹かれたほうがいいのかな。

一年後に読み返して大変だったんだねと、今日の私をねぎらうために
こうやって記すことにします。

2016.11.06 里芋
本日2本目の記事です。


161106.jpg


今日は夫の両親と4人で昼ごはんを食べに、隣町のお蕎麦屋さんまで出かけました。
4人で食事をするのは骨折して初めてです。
新そばが美味しかった~
どうも、ご馳走さまでした。

帰りに里芋を貰って帰りました。
この里芋、もちもちして美味しいんですよ。
煮物や汁もの料理ばかりで食べ飽きたので、この里芋でお餅を作ってみようかな。

2016.11.06 久々の庭仕事
161106 (4)

伸び放題のスタージャスミンの蔓。


161106 (3)

暴れまわっております (笑)


161106 (2)

絡み合った蔓を一本一本ほどいてフェンスにからませました。


161106 (1)

結構長く伸びています。
絡ませることのできない蔓は短くカットしました。
これでやっとスッキリなりました。

今日はこのほかにも色々やりました。

フェンスに絡みついたカラスウリの枯れ枝の撤去。
風船かずらの種採りと撤去。
メランポジウムの撤去。
モミジアオイは茎を根元を少し残してカット。
青ジソの撤去。
ジャーマンアイリスの枯れた葉の整理。
レモンバームの剪定。

荒れ放題だった花壇がやっとスッキリなりました。

久しぶりに庭に出て作業をすると、これが結構楽しかったりするんですよね。
私って庭仕事って嫌いじゃなかったんだと、ちょっとびっくり。
お菓子作りや洋裁よりも断然好きかも^^
きれいになるっていうのが達成感があるし、自分に合っているんだと思う。
草むしりなんかも嫌いじゃないしね、外に出て何かするのが性に合っているのかも。

春花壇の準備もしないといけないけど、今年はどうするかなあ。
耕すのはまだ無理だしなあと、夫を見やると、そっぽを向かれてしまいました^^;

本日2本目の記事です。

161105 (2)


久しぶりにピザを作りました。
最後に作ったのは5月なので、もう半年近く作ってなかったんですね。
この夏は骨折騒動でピザどころではありませんでしたからね。
このところずっと、晩ごはんは煮物や煮魚といった醤油味が続いたので
無性にトマトソース味が食べたかったんです。
いやぁ、久しぶりに食べたせいか、すごく美味しかった。

ミートソースもいっぱい作ったので、明日はミートソーススパゲティ。
息子に送る冷凍食品つくりの一環です。
冷凍まつりは、また明日。

2016.11.05 洗濯日和
161105.jpg


見てください、この抜けるような青空。
洗濯物だけではもったいないので布団も干しました^^
夫婦二人だけにしては掛け布団の枚数が多いと思うでしょう。
薄い羽毛布団と厚い羽毛布団で一組なんです、だから4枚で2組。

今日はフカフカなので、厚手の布団一枚でも十分温かいんじゃないかな。
因みに我が家は毛布は掛けません。
真冬になってかける時は毛布が直接肌に触れないように、布団の上にかけます。
乾燥肌なので直接だと身体の脂が抜けて痒くなるからです。
まったく難儀な身体です ^^;

付記
布団を干すのはまだ無理なので、夫に干してもらいました。
少し曲がっているのが気に入りません、気になって仕方がない。
いいんです、いつも友達からはビョーキと言われています (笑)

161104 (1)


お菓子作りも堪能したことだし、久々に縫い物なんぞと思い今日はマザーズバッグの
裁断だけ終えました。

それも表布だけで裏布は手つかずです。
どんな裏地にしようか迷ってなかなか決められず、気がつくと夕方になっておりました。
私の場合、よくあることです (笑)

ベージュの共布はラミネート生地なので持ち手にするには強度が足りないかなと思い
芯で補強することにしたのですが、ビニールコーティングした生地はアイロン接着が
出来ないんですね。
そこでインサイドベルトを巻き込むことにしました。

最近はベルト付きのスカートを作ることがほとんどなくなったので買い置きもないんです。
仕方がないので近所のトーカイに買いに行きました。

店内をくまなく探しても見つけることが出来なかったのでレジにいる店員さんに

「インサイドベルト、どのあたりに置いてますか」

と尋ねたんです。

すると、ひどく怪訝そうな面持ちで、インサイドベルト、インサイドベルトと
まるで呪文のように唱えた挙句、

「インサイドベルトってなんですか、うちには置いてませんけど」

え~、洋裁用品の専門店が置いてないはずはないのに。

「ほら、スカートのベルトの中に入れる芯なんですけど」

「ああ、インベルですね、それだったらあちらの通路の奥にありますよ」

けっ、インベルだとぉ、カッコつけて略すな!

と心の中で悪態をつきながら、指示された場所に行って探して見ると
1.5メートルにカットされたインサイドベルトがフックにぶら下がっているではありませんか。
てっきり切り売りだとばかり思っていたので、大きな巻きを探していたんですが
どうりで分からなかったはずです。

で、ひと目見るなり絶句しました。


161104 (2)


な、な、なんと、インベルと表記がされているではありませんか。
いつから公式(?)に略して呼ぶようになったのか。
少なくとも30年くらい前までは省略していなかったはず。

ま、仕方ありませんけどね、パソコンをパーソナルコンピュータと呼ぶ人は
いないし、スマートフォンもスマホですもんね。

でも、いきなりインベルと言われても、わからんものはわからん (笑)

そう言えばラミネート生地もビニコ(ビニールコーティングの略)って言いますもんね。
ソーイングブログなどで頻繁に目にする”ビニコ”という言葉も、最初目にした時には
何のことを言っているのかさっぱりわかりませんでした。
ビニコのポーチって、なんじゃやらほいって感じでした (笑)

でも旧弊な私はやっぱり”インベル”や”ビニコ”は使えそうにもありません。

ビニコは接着芯が使えないのでインベルを入れて強度を出しました・・・
って、無理、無理、絶対無理!

昔から業界用語を一般の人が使うことには、すごく抵抗があるんです。
例えば、お勘定のことを、”おあいそ”、お水のことを、”おひや”と言ったりするでしょ。
私は口が裂けても言えませんね。

家に帰り着いてもインベルという言葉が頭の中を渦巻いて離れなかったので
洋裁学校で共に学んだ友達に電話で訊いてみました。

「ねえ、インベルって知ってる?」

「なんね、それはお菓子作りの道具か何か?」

よかった~、やっぱり持つべきものは友、ですね (笑)

2016.11.03 しめじごはん
本日2本目の記事です。


161103 (3)


味覚の秋なので、今夜は炊き込みごはん。
松茸はお高くてとても手が出ないので、しめじごはんにしました。
ほら「匂い松茸、味しめじ」 と言うではありませんか (笑)

でもこのしめじは残念なことにお安いブナシメジ。
味しめじと言われているのはホンシメジなんですね。
でもいいんです、鶏肉、ゴボウ、人参、油揚げが頑張ってくれたおかげで
大変美味しい、しめじご飯になりましたとさ^^

採れたての里芋、ゴボウ、白菜がたっぷり入った豚汁と一緒に頂きました。
秋はこういうごはんが一番美味しいですね。

どうもごちそうさま。

11月に入ったというのに芝生はまだ青々しています。
枯れる前に今シーズン最後の芝刈りをしました。


■ 芝刈り前
161103 (2)

■ 芝刈り後
161103 (1)

刈り高 30ミリ

9月の終わりに肥料をやりたかったのですが、骨折騒ぎで
それも出来ませんでした。
来シーズンは本腰を入れて管理をしたいと思っています。

本日2本目の記事です。
やっと待望のお菓子屋さんごっこが出来るようになりました^^


161102 (3)

見てください、4日かかりで作った焼き菓子の数々。
この写真が撮りたいがために頑張りました。
今日の発送に間に合うようにと最後はもう修羅場でした。
お菓子作りは苦行でしかないけど、ラッピングは大好き (笑)


161102 (8)

コウモリは全粒粉クッキーなのでアイシングなし、HALLOWEENのスタンプのみ。
アイシングしたハロウィーンクッキーには湿気ないようにシート状の
乾燥材を入れています。


161102 (9)

抹茶のシフォンケーキは脱酸素剤。
リーフパイもチョコチップクッキーもシリカゲル入り。


161102 (10)

レモンケーキは専用の袋に入れました。
これだけでグレードがアップしますね。脱酸素剤入り。
切れ端のチョコパイにはシリカゲル。

すべてガス袋に入れて、シーラーで密封しているので
たぶん2週間は日持ちすると思います。

配達を手伝ってくれるように友達に頼んでいたのに、彼女がやって来た時には
まだラッピングが終わってなかったので、手伝ってもらいました。
シーラーで密封した後、折り返してマスキングテープで止めるのですが
それも手伝ってもらいました。

結局梱包まで出来上がったのは日が暮れてからでした。
秋の日はつるべ落としとはよく言ったもので、外に出るともう薄暗くなっていました。


161102 (1)

こんな感じで、自宅用も含めて8箱作りました。
これぞ、お菓子屋さんごっこの醍醐味 (笑)


161102 (2)

この箱は100均で買ったものです。
とても100円には見えませんね。

息子と姪たち、合わせて3箇所に地方発送。
配達する時間がなかったので、他は自宅に取りに来てもらいました。

わ~い、これで無事終わった~

しばらく、お菓子は作らんぞ~ (笑)

カノンさん、手伝ってくれてありがとね^^

161102 (4)

これ何だかわかりますか、レモンケーキなんですよ。


161102 (12)

レモンチョコをコーティングするとレモンケーキらしくなりますね。


161102 (5)

市販のレモンケーキより粉の量を減らして、バターをたっぷり入れているので
ふわっふわです。
国産レモンがなかったので、瓶入りの国産レモンの搾り汁を使いました。
レモンの皮の代わりにレモンピールを刻んで入れました。
もっと入れてもよかったかな。


161102 (11)

このコーティングチョコ、レモンの風味が効いていて美味しい。


161102 (6)

抹茶の賞味期限が迫っていたのでプレーンではなく抹茶を入れました。
こちらはいっぱい入れたので、抹茶、抹茶しています (笑)
しっとりふわっふわで美味しい。


161102 (7)

小さくカットしてガス袋に入れ、脱酸素剤を入れました。
これで常温でも日持ちがします。

レモンケーキにも脱酸素剤を入れました。

今日は朝からシフォンケーキ2台と、レモンケーキ24個を焼いたので
大忙しでした。

これで品数も揃ったし、やっとお菓子屋さんごっこが出来ます (笑)
それは別記事で。

本日2本目の記事です。
まるで何かに取り憑かれたように、立て続けにお菓子を焼いています ^^;


161101 (4)

今日はリーフパイ。


161101 (10)

ベラミーズのパイ生地を菊型で抜いて


161101 (9) 161101 (8) 161101 (7)

台の上にグラニュー糖を敷き詰め、その上にパイ生地を載せ、めん棒で楕円に延ばします。


161101 (5)

天板に並べ、ナイフで葉脈を入れて、190℃~200℃のオーブンで
15分くらい焼けば出来上がり。


161101 (6)

夫の大好物のパイの切れ端、、いっぱい出来ました^^


161101 (3)

焼き上がったリープパイ、美味しそう。


161101 (1)

こうやってお菓子屋さんみたいに並べるのが好き (笑)


161101 (2)

四角い切れ端はチョコレートでコーティング。
ちょっとリッチな味になります。

お菓子屋さんごっこには、まだまだ品数が足りないので、あと何種類か作ります。
それにしても疲れた~

今日はこれにて終了、続きはまた明日。

今日は半年ごとの眼科検診の日でした。
眼底検査で瞳孔を開くので自分で運転が出来ません。
そこで夫に休みを取ってもらい、病院まで送り迎えして貰いました。

骨折入院のため予約を取り直したので、3週間遅れです。
診断の結果は異常なしでした。
6年前に白内障の手術をしてから、視力がぐんとよくなりました。
今日の検査で矯正視力、左1.2、右1.0 でした。
次回の検査はまた半年後です。

病院へは杖をついてでサンダル履きで行きました。
足が腫れて太くなっているので、どの靴も入らないんです。
ゆっくりですがだいぶ歩けるようになりました。

病院の帰りにスーパーに寄って買物をしたのですが
夫に付き添ってもらわなくても、カートを押しながらひとりで大丈夫でした。

そうそう、昨日レンタルしていた車椅子を返しました。
レンタル代は一カ月4000円、2カ月半借りていたので1万円でした。
買物の時にしか使ってないので、回数にすると一回当たりの単価が
すごく高いんですよね。
でも車椅子のおかげで買物出来たし、車椅子を買うことを思えば
安いものです。

2時過ぎには開いていた瞳孔も元に戻ったので、お菓子を作りました。
それはまた別記事で。