2016.01.31 パルミエ
160131 (3)


昨日の夜遅く、焼いたパイです。
ハート形の渦巻きが茶色になっているのは
シナモンシュガーをたっぷり折り込んで焼いたからです。
表面にもたっぷりまぶしたので、風味がよくてジャリっとして美味しい^^
参考にしたのは ⇒ こちら


160131 (2)


このハート型のパイはパルミエと言います。
palmier(パルミエ)とはフランス語で 『ヤシ』 という意味。
フランスの伝統菓子でシュロ(ヤシ科の植物)の葉に形が似ているので
この名前が付けられたそうです。

因みに棕櫚(シュロ)の葉はこんなのです ↓
(画像はお借りしました)

棕櫚の葉

う~ん、似てるかなあ ^^;


160131 (1)


シナモンが苦手な夫には、いつもの切れ端パイ (笑)
今回は切れ端が出なかったので、ひとくちサイズに型で抜きました。
無駄が出ないように、効率よく長方形のクッキー型で^^

今日の3時のおやつにいただきましたが、夫がパルミエを目にした瞬間

「これって、源氏パイだよね」
(言うと思った 笑)

そうそう、パルミエなんて洒落た呼び方するから、ややこしくなるんです。
要は源氏パイなんですよねえ (笑)

「でも、なんで源氏パイって言うんだろう」

調べてみました、以下wiki より

源氏パイは1965年に三立製菓株式会社によって発売された。
商品名には和風の名前を付けたいと考えていたところ、
発売翌年のNHK大河ドラマが「源義経」に決まったことを知り、
そこから「源氏パイ」と名付けられたという。

ふ~ん、知らなかった。

手づくり源氏パイ、最高に美味しかったで~す^^
母がシナモンの入ったお菓子に目がなかったので、いっぱいお供えしました。

本日3本目の記事です。


160130 (2)


贔屓にしているブロガーさんが、煮豚と煮玉子の記事を上げていたので
美味しそうだなあと思い、我が家も早速、真似っこしてみました^^


160130 (1)


ウー・ウェンさんのレシピで作ったのですが、八角が入るので、
どうかなあと思いましたが、案の定、夫がひとくち食べて

「すごく美味しいんだけど、なんか化粧の味がする」

「 ・・・ 」

そう言うと思った (苦笑)
化粧の味って、化粧品を食べたことあんのかよ。

ショウガもたっぷり入れたんだけどなあ。
それを打ち消すくらいの八角の押しの強さには、さすがのショウガも
太刀打ち出来なかったみたいです (笑)
でも、美味しかったですよ^^

次回はホロホロになるくらいに煮込んだ、東坡肉(トンポウロウ)が
食べたいんだそうです、化粧抜きのね (笑)
はい、はい、それはまた今度ね^^

覚書
今日は久しぶりに美容院に行って、カットしてもらいました。
約3カ月ぶりだったので、スッキリしました。

本日2本目の記事です。


160130 (3)


長年愛用してきた料理用はかり(ソルター社製)の目盛りが
ゼロ表示にしたにもかかわらず、物を載せようとすると、いきなり
1,2,3,4,5gと、不穏な動きをするようになったので
これはもう寿命だと諦め、新調することにしました。


160130 (4)


タニタ製で、0.1g単位で計ることが出来ます。
パンを作る時にイーストを0.5g単位で計ることがあるので
ずっと欲しかったんです。
今まで使ってきたソルター製のはかりは1g単位で計ることが出来たのですが
同じ5gでも限りなく6gに近いこともあるので、ちょっと不安だったのです。

でも15年以上前は1g単位で計れるなんて、画期的なことだったんですよ。
それが今や、0.1g単位なんですからねえ、驚きです。

タニタって、力を入れてるの、食堂だけじゃなかったんですねえ (笑)

料理用刷毛が3本で2000円、料理用はかりが2000円
合わせて4000円、洋服や装飾品に比べれば安いもんです (笑)
旦那様(あさの口調を真似て)、素敵なプレゼントを、ほんま、おおきに^^

息子に送った自家製冷凍食品の覚書を。
今日は写真を撮っていません。

クリスピーピザ 8枚
クリームシチュー 4食分
シフォンサンド 2個
ミニアップルパイ 2個

冷凍庫が満杯で一度に冷凍出来ないので今回はこれだけ。
ピザの生地はもちろん手づくりです。
いつもと同じ、トマトソース(ミートソース)にベーコン、ツナ。
クリームシチューは牛乳ではなく生クリームを使用。
鶏肉、玉ねぎ、人参が入っています。
シフォンサンドは昨日の誕生ケーキ。
ミニアップルパイは紅玉で作って冷凍しておいたものです。

夕方、発送したので明日の朝には届きます。
次回はスパゲッティとバターロールを送る予定です。
余力があれば、なにかお菓子も。

本日2本目の記事です。
今日はわたくしの誕生日でございました^^
幼い子ならいざ知らず、もうこの歳になると、誕生日もへたくれもございません (笑)
でも、こうやって何事もなく、またひとつ歳をとるっていうのは有難いことでありまする。
そこで、ささやかながら、お祝をば致しました。


160129 (2)

自分で焼いたピザ。
しかし、これはわたくしのために焼いたものではございません。
息子に送るために焼いた残りを頂戴いたしました。


160129 (1)

定番のクリスピーピザ。
自分で言うのもなんですが、大変美味しゅうございました。


誕生日といえばケーキが付き物ですね。
これも、わたくしめが焼かせていただきました。
これまた、定番のシフォンケーキ。
今日は冷凍まつりで忙しく、デコレーションをする余力が残っておりませなんだ。
しかし、今日は誕生日、焼きっぱなしでは、あまりにもそっけなかろうと
今流行りのデコサンドにしてみました。


160129 (6)


苺の王者、あまおうも、さりげなく飾っております。
だって、誕生日なんですもの^^


160129 (4)

ふわっ、ふわで、これも美味しゅうございました。


そうそう、プレゼントもちゃんと用意してございます (笑)
宝石や装飾品の類ではありませんが、わたくしが常日頃、欲しいと思っていた
代物です。

160129 (3)

製菓用の料理刷毛。
上から、シロップを打つ時用、バターを塗る時用、卵塗り用。

今までは1本の刷毛を使い回していたので、大変不便だったのです。
3本あれば、それぞれ専用に使うことが出来ます。
わたくしにとっては、この上ない贅沢なことであります。

さて、これで明日からも頑張ることが出来まする (笑)

2016.01.29 今週のお弁当
今週は大寒波の影響でお弁当は3日分です。

■ 1月26日(火)
弁当160126

  卵焼き
  鶏つくね
  ひじきの煮物(自家製冷凍)
  金時豆(自家製冷凍)



■ 1月28日(木)
弁当160128

  卵焼き
  ホイコーロー(晩ごはんの残り)
  ごぼう天の甘辛煮
  黒豆(自家製冷凍)
  うさぎリンゴ



■ 1月29日(金)
弁当160129

  オムレツ
  ジャーマンポテト
  ホタテのバター焼き
  菊花かぶと千枚漬け



鶏のつくねはネギ、ショウガをたっぷり入れています。
金時豆はこれで冷凍の在庫がなくなりました、また作らねば (笑)

ホイコーローはいたって簡単。
豚ばら肉の薄切りをゴマ油でさっと炒め、薄切りエリンギと角切りキャベツを炒め
甜麺醤と醤油を混ぜ合わせたものを入れ絡ませ、
ダシで溶いた片栗粉を入れとろみがつけば出来上がり。
冷めても美味しいので、お弁当にピッタリ。
ごぼう天はおでん用に沢山買っていたので、醤油と砂糖で甘辛く煮ました。
こういったものも、たまに食べると美味しいですよね。
ちくわとか、かまぼことかも。

オムレツは牛乳を少し入れ、塩コショウをし、バターを入れたフライパンに流して
一呼吸おいたら箸で一度大きくかき混ぜ、ふんわりと焼きます。
ジャーマンポテトは薄切りにしたじゃがいもを皿に並べ、ラップをかけてレンジで3分加熱。
フライパンで細切りベーコンを油が出るまで焼き、じゃがいもを入れ、
塩と味の素をちょっぴりふって、バターで焦げ目がつくまで焼きます。
仕上げにブラックペッパーを挽いてかけます。

ホタテのバター焼きは解凍したホタテをバターで焼いて、
塩コショウで味付けするだけなので超簡単。
焼き過ぎないのがコツです。

〆は(笑)、昨日漬けた菊花かぶ。
洋風のバタ臭い料理に意外と合うんですよ。
口の中がさっぱりします。

今日は夫を送り出した後、ベッドで昼まで寝ていました。
目覚めると、スッキリ^^
これから息子に送る冷凍食品作りに取りかかります。

ではまた^^

160128.jpg


持て余し気味の聖護院大根で甘酢漬けを作りました。
私流のやり方を記しますね。


160128 (1)

聖護院大根、重さが1.8kgあります。
皮を厚めにむいたので、正味1.5kgになりました。
これで半分は千枚漬け風、もう半分は菊花かぶにします。


160128 (3) 160128 (2)

千枚漬けは丸のままだと切り難いので、4つ切りにしてイチョウ切りにしました。
菊花かぶは割り箸を渡して、底を切り離さないように、碁盤の目のように切ります。


160128 (4) 160128 (5)

2種類をボウルに入れます。
聖護院大根の3%の塩(45g)を用意し、上からまんべんなく振りかけます。
さっと上下を返して塩が全体にいきわたるようにします。


160128 (6) 160128 (7)

ラップで表面を覆い、その上に入れ子になるようにボウルを重ね、重しをします。
適当な重しがないので、ペットボトル2本で重しをしました。
このまま20分~30分おいておきます。


160128 (8) 160128 (9)

20分経ったので、重しを外しました。
短時間の間に、こんなに水が出ています。(左写真)
漬けものなので、本当は一晩このままにした方がいいのかもしれませんが
そんなに待てない、ま・点子ちゃんの私は水が上がった状態でよしとしています^^
このまま絞っただけでは塩辛すぎるし、減塩のためにも水で洗い流します。


160128 (10) 160128 (11)

水を変えて塩分を抜き、ぎゅっと絞ります。


160128 (12)

しぼったものを、ポリ容器に入れて均します。


160128 (13)


その上に鷹の爪を刻んだものと、細く切った昆布を散らします。
上からひたひたになるくらい甘酢をかけて出来上がりです。

一晩漬けた方がもちろん美味しいのですが、30分もすれば食べられます。
冷蔵庫で5日間くらいは大丈夫だと思います。

覚書として甘酢の配合を記します。

聖護院大根 皮を剥いて 1.5kg
<甘酢>
米酢 200ml
砂糖(上白) 200g
みりん 大さじ 2
塩 小さじ 2

鷹の爪 1本 種を抜いて小口切り
昆布 10cm 細く切っておく


聖護院大根でなくてもカブでも大丈夫です。


いつも分量は適当で正確に計ったことがないのですが、今回はここに載せるので
きちんと計ってみました、まあ、こんなもんかなぁ。
計りやすいように酢を1カップにして、それを基準にほかの分量を決めましたが
甘酢はこんなに量がなくてもいいと思います。

あくまでも自己流なので、真似などなさいませんように (笑)
この通りに作ってみて、ちっとも美味しくないって言われても困るので ^^;
こういうのって自分が美味しければ、いいんですよ ^^
って、きちんと量ると調子狂うなあ、いつもの味とちょっと違うような・・・

ちなみに、夫はこういうものは一切食べません。
ぬか漬け、白菜漬けは喜んで食べますが。
なので感想が訊けないので、万人向けかどうかもわかりません。

160127 (1)

夜遅く、なんか甘いものが食べたいね、ということで
夫のリクエストに応えてマフィンを焼きました。


160127 (4)

短時間で焼けるようにミニマフィン型で焼きました。
これだったら、通常のマフィンの半分の時間(15分)で焼けます。
なので思い立って40分くらいで食べられます。


160127 (2)

「えっ、もう出来たん?」

超早技に夫もびっくり!

ちっちゃいので4個くらいペロッと食べられます。
焼きたては表面がカリッとして美味しい^^
翌日はボソッとなるので、レンジで温めます。

付記
今日も計画断水がある予定でしたが、復旧の目処が立ったそうで
断水の心配はなくなりました。
これで一安心です。

2016.01.26 バターロール
本日2本目の記事です。

160126 (2)


雪のため買物に行けないので、仕方なくパンを焼きました。
最近は面倒なので、市販の食パンを買っていたんです。

我が家は朝食はきまってパンなので、パンを切らすと困るんです。
久しぶりに焼いたパン、やっぱり焼きたては美味しいですね。

そうそう、今日の晩ごはんは何だったかわかりますか。
おでん、でした (笑)
昨日は夫のリクエストでふわとろオムライスだったのですが
今夜は夫が残業でいないので、これ幸いと残りのおでんを片付けました。
実はまだ残っていたんですよ、そう言えば昨日は弁当がなかったので
昨日のお昼もおでんを食べたのでした ^^;
なので今日は連続で5日目だったわけです。
さすがに5日目ともなると、原型をとどめておりません (笑)
でも、やっとこれで片付いたので解放されます^^

2016.01.26 大寒波騒動
160126.jpg


のっけから、こんな写真でいったい何事かと思うでしょう。
別に鍋を自慢しようっていうんじゃないんです (笑)
実はこの中には水が入っています。

当地方は大寒波の影響で、市内の水道管破損のため漏水が多発し
その修理のために、今夜10時から明日の朝5時まで断水するからです。
私が住んでいる地区は断水区域外なんだけど、なにがあるかわかりませんからね。
念のために汲みおきしておこうと思って、鍋を総動員 (笑)

今日は夫の帰宅が仕事の都合で深夜になるというので、お風呂も満杯にしておきました。
こちらも断水になったら入れませんからね。
て言うか、帰ってこられるのか?

そうそう、水道管が破損して水漏れしていないか、チェックしてみました。
床下や壁の中で水が漏れてたら大変ですもんね。
すべての水道の蛇口を閉めて、メーターボックスを開けメーターを見てみました。
数字は固まったままで微動だにしません。
よかった、漏水個所はないようです。

終日断水しているところもあるので、それに比べればありがたいなと思います。
一日も早く復旧するのを、ただただ願うばかりです。

こんなふうになって、やっと水の有難さに気がつくんですよね。
蛇口をひねるだけで水が出てくるって、よく考えると、すごいことですよね。

九州地方は日頃は温暖なので、少しでも雪が降ると脆弱さが露わになります。
雪の多い地方の方々には、そんなことで大騒ぎしてって思われるかもしれませんね。
でも、こんなことは初めての経験だったので、とんだ大寒波騒動です。
ああ、早く収まって欲しい。

追記
夫は深夜12時過ぎにタクシーで帰宅しました。
無事帰宅出来てよかった^^
本日2本目の記事です。


160125.jpg


デコレーションケーキのトッピング用にと、買っておいた”あまおう”。
作ろう作ろうと思いながら、ずるずると今日まで来ました。
傷んではないんだけど、鮮度が落ちてトッピング用は無理だと諦め
ジャムにしました。
ああ、なんてもったいないことを、って自分でも嫌になります。

2パックで1000円、ほんのちょっぴりしか出来なかったので
すごくお高いジャムになりました ^^;

覚書として
あまおう 450g
グラニュー糖 135g(苺の30%)
出来上がり 260g

糖度を計算すると65%、中糖度のジャムが出来ました。
※ 糖度計算方法は ⇒ こちら

低糖度にするつもりだったのに、ちょっと煮詰め過ぎたかな。
結構甘めです。


付記
夫が先ほど9時半に帰ってきました、帰りは2時間かかったようです。
給湯器は午後からお湯が出るようになりました。
これで一安心だと思っていたら、水道管破損の家庭が多く断水になるかもと
しれないと、水道局からのマイク放送がありました。
なんか、一難去って、また一難って感じです。

2016.01.25 雪景色
いやぁ、よく降りました。
って、今もまだちらほら雪が舞っていますが。
記録として写真を何枚か撮りました。


160125 (6)

槇の木、左右におじぎしております (笑)


160125 (7)

枝にもこんなに積もるんですねえ。
クリスマスだとよかったのに^^


160125 (5)

ハナミズキも負けていません。


160125 (3)

玄関のドアを開けると・・・
ひょえ~、ここも雪がたっぷり。
早朝に出かけた夫の足跡も、かき消すかのように降りしきる雪。


160125 (2)

新聞を取ろうとしたら、郵便受けにもどっさり。


160125 (4)

うわっ、車にもドカッと。


160125 (1)

シマトネリコも、どうだ、まいったか!と言わんばかり (笑)
私は雪解けまで、しばらく冬眠します。
雪かきなんてしませんよっ!

夫から9時20分過ぎに職場に到着したというメールがありました。
家を出たのが6時30分なので約3時間、通常の2倍以上かかったということですね。
JRの徐行運転でもこんなに時間がかかるのだから、バスだと昼近くになったでしょうね。
行ったはいいけど、帰りは大丈夫かなあ。
路面は凍結してツルツルだったそうなので心配です。

本日3本目の記事です。
おでん最終日は魚介バージョンです (笑)


160124.jpg

ホタテとイワシのつみれ。
イワシのすり身にショウガとネギの刻んだものをいっぱい混ぜ込んで
つなぎに片栗粉を入れています。
イワシの嫌いな夫は、1個食べるのが精いっぱいでした。
美味しいのにねえ。


160124 (11)

練りものはウインナ巻きとギョウザ巻き。


さすがに3日目ともなると、飽きてきますね。
おでんは、もう堪能し尽くしました (笑)
もう見るのもウンザリ、明日はほかの献立にします^^

2016.01.24 大寒波襲来
本日2本目の記事です。
数十年ぶりに大寒波がやってくるとメディアでは大騒ぎでしたが
たいしたことなかろうと、多寡をくくっていました。


160124 (3)

ところが、朝起きてカーテンを開けてびっくりぽん!
ベランダの手すりにも、こんなに雪が積もっているではありませんか。


160124 (2)

大急ぎで階下に降りて、リビングから窓の外を見ると
お隣のカーポートの屋根にも、雪がこんなに積もっていました。
20cmくらいありそうです。


160124 (4)

お昼過ぎの庭の様子です。↑
朝から粉雪がずっと降り続いています。
時折り、強風にあおられ屋根の雪がパウダー状に舞い上がります。


160124 (5)

これは夕方4時過ぎの様子。↑
2階のミシン部屋の窓越しに撮ったものです。
吹雪ている景色は一見すると、まるで雪国のようです。


160124 (1)

2階の息子の部屋の温度計は6℃を示しています。
暖房を入れてない室内の日中の最高気温です。
夜は4℃まで下がりました。

朝起きて顔を洗おうとした夫が

「うわ~、ボイラーが凍ってる、お湯が出ない!」

と大騒ぎ。

水は出るけど、お湯が出ないようです。

私はどんなに寒くても、手がかじかんでも、給湯器のお湯は
使わないんです。
お湯を使うと手荒れがひどくなるので、それだったら冷たいのを
我慢したほうが、よっぽどマシと思うからです。
だから顔を洗うのも水なので気がつきませんでした。

給湯器の配管が凍っているということは、もしかしてお風呂も?
が~ん、風呂場はお湯どころか水も出ません。

幸いなことに、台所も洗面所も水だけは出ます。
トイレの水も流せます。

洗いものをするのに、お湯は使わないので給湯器がダメでも
別段支障はないのですが、お風呂に入れないのは困ります。
1日くらいならいいけど、長引いたら嫌ですよね。

夕方になって、昨夜の残り湯で追い炊き出来るか試してみました。
なんと、風呂釜は機能しているようです。
チャンス到来、残り湯をすべて抜いて、お湯はり自動運転のスイッチをオン。
ところがウンともスンとも言いません。

ぎゃ~、どうするんだよう、せっかくの風呂のお湯を抜いてしまって
この先、水が出なくなったらトイレの水も流せないんだよう。

水が出るうちにと大急ぎで台所と洗面所で水を汲み、
二人で浴槽へと運びながら水を溜めていったのでした。
追い炊きは機能しているので、水の状態からだから時間はかかるけど
お湯にはなります。
これでお風呂に入れます、やれやれ、どっと疲れが ^^;

あとは今生きている水道管が凍らないことを祈るしかありません。
明日の朝起きて、蛇口を開いたら水も出なかったら大変です。
水道管に養生をして凍結するのを防ぎましょうと、マイクで放送していますが
我が家の水道の配管は床下ですからねえ、潜るわけにもいかないし。
床下が凍ればアウトです。

唯一、むき出しになっているメーターボックス内には緩衝材(プチプチ)を
詰めて、さらにフタの上もプチプチで覆いました。

水が零度になれば凍結の可能性が大なので、水の温度を計ってみました。

160124 (8)

台所の水をメジャーカップに入れて


160124 (9)

料理用温度計で計ってみると、なんと5℃。
まだまだ、大丈夫そうです。

氷点下になるのも明日くらいまでなので、それまで持ちこたえてくれれば。
どうか凍結しませんように。


水道もですが、交通機関も今日は終日ストップしていたので
夫の出勤のほうが気がかりです。
本人はJRがダメならバスで何時間かかっても行くしかないと
意気込んでいますが、バスも動くのかなあ。
とにかく弁当だけは用意しておいてね、と言われたので作ります。
やっぱ、作らなくていいよ、だそうです^^ ↑

みなさんの所はどうでしょうか、何事もありませんように。


追記

160124 (12)

寝室の温度計、な、なんと!室温2℃を切っております!!
昨夜もヒーターを入れて寝ましたが、今夜ももちろん入れて寝ます。

2016.01.24 お昼はお蕎麦
今日の昼ごはんはお蕎麦でした。
夫の大好物のごぼ天入りです。


160124 (6)

青森りんごを取寄せた時におまけに付いてきた、わんこそばで作りました。
蕎麦つゆは甘めにしています。
かえしの作り置きを切らしていたので、急場しのぎで作りましたが
寝かさなくても十分、美味しかったです。


160124 (7)

ごぼ天(ごぼう天のことを当地方では詰めて発音します)は
冷凍しておいたものをレンジで1分くらい加熱して
オーブントースターで焼いています。
こうすると、揚げたてのようにかりっとなります。

作り過ぎて次の日に冷めた天ぷらを食べる時も、オーブントースターで
焦げない程度に焼いています。

本日3本目の記事です。


160123 (8)


おでん、二日目は野菜中心で。
にんじん、エリンギ、じゃがいも(赤じゃが)、餅入り巾着、ロールキャベツ。

巾着は油抜きした後、一辺を切って袋状にし、中に餅を入れます。
つまようじで、ぐし縫いをして、その下をかんぴょうで結びます。
こうするとギャザーが寄るので、かんぴょうが結びやすくなります。
つまようじは抜いてもいいのですが、補強のためにそのままにしています。
かんぴょうは前もって塩で揉んで、さっと茹でておきます。

ロールキャベツの中には何も入れていません。
キャベツを2層にして折りたたんで巻いてかんぴょうで結んでいるだけです。


160123 (7)

昨日の残りに、追加して30分くらいコトコトと炊いて
じゃがいもやにんじんが柔らかくなれば出来上がりです。


160123 (9)


にんじんは甘くて、じゃがいもはホクホクして、巾着は餅がとろっとして美味でありました。
残念だったのはエリンギとロールキャベツ。
エリンギは繊維に沿って縦に噛めばいいのですが、普通どおりに食べると
噛みきれませんでした。
ロールキャベツはやっぱり中身が入ってないと美味しくない (笑)
キャベツが溶けて、いまいちでした。
卵、こんにゃく、厚揚げは二日目なので、味が浸みこんで美味しかった。
聖護院大根はもう絶品!

明日もおでん、続きます (笑)


現在、午後9時を回ったところですが、今のところ外は静かです。
日中は雪が時々舞っていましたが、今は雪も降っていません。
ただ、非常に寒いのは確かです。
暖房が入っていない部屋は4度しかありません。
室内では零度を切ることはないとは思うのですが、寝室はまるで冷蔵庫のようです。

水道メーターが凍らないように養生したけど、大丈夫かなあ。
雪国と違って普段雪が降らない地方は、こういう時にオロオロするしか
すべがないんですよね。
寒波よ、来るならさっさと来て、さっさと立ち去ってくれい。

本日2本目の記事です。


160123 (3)

ポリ袋で簡単に出来る白菜漬のレシピを知ってから
ずっと切らさずに、白菜を漬けています。


160123 (1)

これはジャンボ白菜1株分ですが、こんなに小さくなるんですよ。
仮漬けで水が上がってきたので、今日から本漬けです。
あと2~3日もすれば食べられます。


160123 (2)

漬けもののトレーの上に同じ大きさのトレーを重ねて重しにしています。
重しは通販カタログ雑誌の上に重量のある料理本を載せ、
さらにダメ押しで1kgのパワーアンクルを2個載せています。
合計すると6kgあります。

暮しの手帖の料理本は35年くらい前に買ったものなので、
相当年季が入っています。
私の料理のバイブルなので、これを重しにすると美味しく漬かるんです (笑)

パワーアンクルは膝の手術後、リハビリで使っていたものです。
最近はこれがあることさえ忘れていました。
1個1kgなので、お誂え向きです。

当初は1kg入りの砂糖を重しにしていましたが、日々消費するものなので
こちらに変えました。

簡単なのに、ホント最高に美味しいんですよ。
我が家の今季最大のヒット作です^^

160123 (6)

贔屓にしているブロガーさんから新刊本が届きました。
HPで予約していたもので、本日発売です。



160123 (5)

こうやって型紙を起こして作ってるんですねえ。
独創的な作品はこんなふうにして生まれるんですね^^



160123 (4)

ブログでいつも拝見している、町家での暮らしぶりも。

まだ、ざっと目を通しただけですが、明日は雪で一日中家に籠りっきりになるので
明日ゆっくり読もうと思っています。

2016.01.22 今夜はおでん
本日2本目の記事です。


160122.jpg


ここ北部九州は明日夜から月曜日にかけて、約40年ぶりの大寒波襲来とのことで
ネットニュースでも3日分の食料の確保をなどという文字が躍っています。
備えあれば憂いなし、ということで私も買い出しに行って来ました。

我が家の暖房はエアコンとコタツなんですが、降雪で停電したときのことを考えて
倉庫にしまいこんでいるストーブの用意もしておこうと、灯油も買いました。

昼間は長蛇の列が出来ていたようなので、残業した夫を駅まで迎えに行った帰りに
ガソリンスタンドに寄りました。
ところが夜遅いというのに、まだまだ並んでいるではありませんか。
並ぶのが嫌いな夫は即座に帰ろうとしましたが、制しました。
だって売り切れてしまうかもしれないじゃありませんか。
私って、こう見えて群衆心理に弱いんですよ。

水道凍結の恐れもあるので、水も確保しておかないと。
トイレの水も流せなくなりますからね。

日本列島、ほんとにヘンですよね。
冬なのに夏日があったかと思えば大寒波が襲来したり。
一体どうなっちゃったんでしょう。

前置きが長くなりましたが、本題に入ります。
今日の晩ごはんは、おでんでした、写真は私の分です。
今日からしばらく、おでんが続きます。
一日目は練り物ばかりですが、明日は野菜をたっぷり入れるつもりです。
部屋中、おでんの匂いが漂っています。

ああ、雪がひどく降らなければいいのですが。

2016.01.22 今週のお弁当
今週も2日分です。
昨日は大寒だったんですよ~、おお寒っ!!
起きられなくて、当然ですっ、と ここで自己弁護 ^^;



■ 1月20日(水)
弁当160120

  卵焼き
  ブリの照り焼き
  茹でブロッコリー
  うぐいす豆の甘煮(自家製冷凍)


■ 1月22日(金)
弁当160122

  かに玉(甘酢あん)
  牛肉のオイスター炒め(青椒肉絲)
  キャベツとかにかまのマヨネーズ和え



ブリの照り焼きは夫に不評でした。
焼き過ぎで、ちょっとぱさついたのが原因。
もう弁当には入れないでくれって、はい、もう二度と作りませんっ!

ブロッコリーも不評、茹でたては美味しいんだけどねえ。
マヨネーズでごまかしましたが、ダメでした。

うぐいす豆の甘煮(色が白いですが)は私の分だけ入れています。
夫はその分、ブリとブロッコリーが多め。
だから尚更、逆切れ (笑)

その点、かに玉は冷めても美味しい。
甘酢あんが更に美味しさをアップさせてくれます。

青椒肉絲は牛肉、ピーマン、人参、エリンギが入ってます。
味付けはオイスターソースだけなのに簡単で美味しい。
牛肉は細切りではないので、肉絲とは言えないんですけどね。
昨夜の晩ごはんの残りなので、これもまた一家言、あるんだろうなあ。

隙間を埋めるために、かに玉の残りのかにかまで、もう一品。
キャベツと、かにかまをオリーブオイルで炒めてマヨネーズで和えただけ。
これも超簡単。

冬の間は夫の弁当は保温弁当なので、ご飯はホカホカで温かいんです。
それに慣れると、職場で買う冷たい弁当は喉を通らないんだそうです。

「今日も冷たかったんだよね~」

と、恨みがましく言われるとねえ、作らない訳にはいかないのですが
ところが、どっこい、歳をとると身体が言うことを聞いてくれない。
作りたくても(?)作れない (笑)
ま、肝に銘じておきます^^

2016.01.21 よっしゃ~!
今日は寒かったですねえ。
朝、車のドアを開けようとしたら凍てついて開きませんでした。
もちろん、フロントガラスもバリバリに凍っていて、
エンジンが暖まるのにしばらく時間がかかりました。
そう言えば今日は大寒だったんですね。
週末から寒波が押し寄せ、さらに寒くなりそうです。
早く春にならないかなあ。

今日は提出しないといけない書類が何件かあったので
朝から、それにかかりっきりでした。
勤めを辞めてからこっち、字を書くってことが、ほとんどなくなりました。
簡単な書類を揃えるだけなのに、やたら時間がかかり、
正直、自分でも驚いています。 ああ、歳をとるっていやですねえ (笑)

そんなこんなで、今日は書く記事もないんですよね。
なので、練習用に作ったGIF画像でもどうぞ。

お正月特番の芸能人格付けチェックのGACTの「よっしゃ~!」 (笑)


1453387339GSLy7bXG5EMKKp41453387327.gif


よかったら、こちらも、どうぞ ^^ ↓

晩ごはん、作りたくなかったので、夫と二人でちゃんぽんを食べに行きました。
今の時期だったら、冬季限定で牡蠣の入ったちゃんぽんが食べられるだろうと
勇んで行ったのに、残念!ありませんでした。
その代わりに、こんな冬季限定ちゃんぽんが ↓


    160120 (3)


牡蠣ではなくて蟹。
ないものは仕方がない、当初の目的とは違くけど、これを注文しました。


160120 (1)


スモールちゃんぽんとギョウザのセットです。


160120 (2)


なんとスープが豆乳クリームスープなんですよ。
一瞬、たじろぎましたが、ひとくち飲んでびっくり。
これが意に反して美味しいんですよ。

ズワイガニはいまいちでした。
あ~、これに牡蠣が乗っかっていれば言うことなかったのに。
でも、外ごはんは、何もしなくていいから楽ちん^^
帰りにコンビニによってハーゲンダッツのアイスを買って帰りました。
冬季限定のラムレーズン、これがまた美味しい!

英気を養って、明日からまた頑張りま~す^^

本日2本目の記事です。


160119 (12)


沖縄のお土産に、パイナップルワインケーキなるものを頂きました。


160119 (11)


早速、ティータイムにいただいてみました。
パイナップルのワインが浸みこませてあるのか、ひとくち食べると
ほんのりワインの風味がして、
刻んだパイナップルの食感も楽しくて、美味しゅうございました♪

パトリシアさん、いつもお土産ありがとうね^^

今日は朝から雪がちらついて寒い一日となりました。
こんなに寒いと早起きなんて出来ようはずもなく、夫の弁当は作れませんでした。
が、しかし、わたくしめはしっかり昼ごはんを作っていただきました (笑)


160119 (3)

田舎の昼ごはん風にしてみました^^


160119 (4)

ご飯にはとろろ汁をかけています。
ご飯茶わんは美濃焼。


160119 (5)

一見するとポテトサラダに見えますが、これは義母が炊いたおからの煮物です。
これがねえ、もう絶品!
同じばあさんでも、もっと年季の入ったばあさんには敵いませんわ (笑)
盛り付けている皿は小鹿田焼。


160119 (9)

黒豆はお正月に作った残りを冷凍しておいたもの。
箸休めにちょうどいいですよね^^
小石原焼の豆皿。

160119 (8)

熱々の焙じ茶と一緒に。
小石原焼の湯のみ。


160119 (2)

今日のとろろ汁は大和芋(手芋)で作りました。
ストックしている芋類を貯蔵しているキャスター付きの箱に入ってます。



160119 (1)

グローブのような手の形をしているでしょう。
当地方では手芋と呼ばれています。


160119 (7)

セラミックのおろし器でおろすと簡単に、きれいに
すりおろすことが出来ます。


160119 (6)

だし汁と合わせた醤油を混ぜて完成!
とろろ汁を入れている片口は波佐見焼、光春窯のもの。


自分だけ食べて旦那さんがかわいそう、なんて言わないでくださいね。
今日のメニューはどれもこれも、夫の大嫌いなもののオンパレードなんですから。
悔しがるどころか、夫は見向きもしません (笑)
 
私は毎日、こういうばあさん料理でも構わないんだけどなあ。
そう言えばここしばらく、煮魚、酢のもの、白和え、食べてないんだった。
こんなことでは、私がもっとも得意とする、ばあさん料理の腕が廃(すた)ってしまう~
さりとて、夫とは別に2種類の献立をつくるのも面倒だしねえ。

今日の昼ごはんは、そんな日頃の恨みつらみを晴らしてくれましたとさ (笑)
明日は罪滅ぼしに(?)ちゃんとお弁当作りますよ^^

160118 (4)


今夜は冷え込みますね、雪もちらほら舞ってます。
こんな寒い夜は、あつあつのグラタンが食べたくなります。
というわけで、今夜の晩ごはんはポテトグラタンにしました。


160118 (2)


これ作り方は簡単なのに、すごく美味しんです。
じゃがいもを5ミリくらいにスライスして、大皿の上に並べ
ラップをして5~6分加熱します。

耐熱皿に柔らかくなったじゃがいもを隙間なく並べ、軽く塩コショウをし
生クリームを上からかけ、その上にピザ用チーズをまんべんなく散らします。
これで1段目が出来ました。
同じように、2段、3段と重ねていって、220℃のオーブンで10分くらい焼きます。
表面に焼き色が付けばOKです。
オーブントースターでも構いません。

チーズに塩けがあるので、塩はぱらっと、こしょうはブラクペッパーを挽いて
入れると風味が増します。

じゃがいもは生のまま焼いてもいいのですが、それだと50分近くかかるので
私はあらかじめレンジで加熱して火を通しています。


160118 (1)


生クリームだけですが、小麦粉とバターと牛乳で作るホワイトソースよりも
美味しいくらいです。
何より、簡単なのが嬉しいですね。

夫の実家で収穫した秋じゃがで作っています。
ホクホクしてめっちゃ美味しい!


160118 (3)


いつものサラダです。
サニーレタス、大根、人参、ホタテの刺身が入っています。
人参は先日冷凍したもの、便利です。
オクトパス・葱ドレッシングをかけていただきます。

パンは市販のガーリック風味のバゲット。
スープはマギーのブイヨンキューブをお湯で煮立たせて溶かし
薄くスライスしたた玉ねぎを入れて煮るだけの簡単なもの。

調理時間30分とかかりません。
手抜き料理でも、要は美味しければいいんですよ (笑)

今日は所用で何年かぶりに市役所の市民課に行ったのですが、
田舎の役所なのに、番号札の発券システムが導入されていて
ちょっと戸惑いました。
人口が少なく窓口を訪れる人もそんなに多くないので
あまり意味をなさないような気もするのですが。
ちょっと、びっくりぽんでした^^

紅玉、残り6個を使ってジャムを作りました。
これで紅玉、すべて使い切りました。


160117 (5)

ほんのりピンク色になっているのは、皮を一緒に煮たからです。
色がついたら、皮は取り除きます。


160117 (1)

長期保存したかったので、瓶詰にしました。


160117 (6)

2個だけ瓶詰にし煮沸します。
残り1個は冷蔵庫に入れ、トーストに塗ってちびちび食べます (笑)


160117 (4)

こうやっておけば1年くらい常温で保存出来ます。
でも、多分すぐになくなると思いますが ^^;

自分の覚書として
りんご(皮を剥いた正味)1200g
グラニュー糖240g(りんごの20%)
紅玉は酸味が強いのでレモン汁は入れていません。


160117 (3)

今回も皮と芯でジュレを作りました。
早速ヨーグルトにかけて食べましたが、甘酸っぱくって美味しい^^

晩白柚も沢山あるので、そのうちジャムにしようと思っています。
今日は聖護院大根で千枚漬を作ろうと思っていたのに、雑用に追われて
出来ませんでした、明日は作れるかな。

2016.01.16 あんぱん!
160116 (6)


昨日炊いたあんこであんぱんを焼きました。


160116 (2)


あんこを余しても仕方がないので、今日はいつもよりたっぷり入れました。


160116 (1)


いつもは1個当たり35gのあんこを入れるのですが、今日は40gでちょっと多めです。


160116 (5)

つやつや、ピカピカのパンが焼き上がりました。
けしの実と餡って相性がいいんですよね、このプチプチがあるのとないのとでは大違い。


160116 (4)


早速、焼きたてのパンを仏壇にお供えして
残りは夫の実家と冷凍たけのこを頂いたお礼に、親戚へと持って行きました。
箱詰めすると一気に高級感が増して、まるで市販のお菓子みたいでしょ^^

けんかしないように、それぞれ1箱ずつ (笑)

箱を開けると同時に、例のごとく義父の手が伸び、パクっと1個平らげてしまいました。

「お義父さん、今日のあんこは小豆とまさめを合わせて炊いたけど、味はどう?」

「う~ん、もう最高やね、上等、上等!」

めったに頂戴することのない、お褒めの言葉を頂きました (笑)
でもね、これは私の炊いたあんこに対する賛辞ではなくて、義父が作った豆への
評価なんだと思うんです。
どうだ、俺の作った豆は美味しかろうが、と言いたいんだと思います^^

なにはともあれ喜んでもらえて、こんな嬉しいことはありません。
ああ、なんて出来た嫁なんでしょう (笑)

2016.01.15 炊きおこわ
本日2本目の記事です。


160115 (3)


今日は母の祥月命日だったので、好物だった赤飯を作りました。
蒸し器で蒸すのは大変なので、鍋で炊きました。
それも、なんと2種類(!)


自分の覚書として

◆ 小豆バージョン
  もち米 5カップ 
  小豆の煮汁 800ml (もち米の80%)
  (洗った後、水に浸けた場合は吸水分を引く)
  塩 小さじ1.5
  大納言小豆 100g

160115 (4)




◆ まさめ(ささげ)バージョン
  もち米 4カップ
  うるち米(白米) 1カップ
  まさめ(ささげ)の煮汁 800ml (米の80%)
  (洗った後、水に浸けた場合は吸水分を引く)
  塩 小さじ1.5
  まさめ(ささげ) 100g

160115 (5)



炊きおこわにする時に、いつも悩むのが水の分量です。
ご飯を炊く時は2割増しで炊きますが、炊きおこわの場合は
少なめにしないといけません。
2割少なめがベストだと思うのですが、洗ったもち米をザルにあげるか
そのまま浸すかによって違ってくると思うんです。

赤飯の場合、さらに厄介なのは小豆の煮汁を使うのでまた悩むんですよね。
(煮汁で炊くと色よく炊くことが出来ます)
私は米を洗ってザルに上げるというのは基本しないんです。
一定時間、米を水に浸けて吸水させたほうがふっくら炊けると思うからです。
でも水に浸けておくと吸水するので、その分煮汁の量を減らさないといけません。


160115 (2)


そこで今回はきちんと量ってみることにしました。
もち米5カップ、1000ml の2割減、800ml の水に浸けておきます。
1時間浸けたあと、もち米をザルに上げ残った水の量を計ってみました。
なんと600ml しかありません。
200ml の水がもち米に吸収されたってことですね。
なので、小豆の煮汁は600ml でいいことになります。

そんな面倒なことをせずに、最初から洗ったもち米を煮汁800ml につけておくと
いいのかもしれませんね。
何をするにも泥縄式の私のことですから、前もって小豆を煮ておくなんて事が
出来ないのであります (笑)
次回はちゃんと煮汁を作っておいて、それに浸けることにします。

何はともあれ、美味しく炊けたのでめでたし、めでたし。
もちろん2種類ともお供えしました^^

沢山作ったので、夫の実家と友人たちにも、おすそわけしました。

ゆで小豆もまさめも残ったので、混ぜてあんこにしました。
これであんパンを作るつもりです。

160115 (1)

まさめ 400g
大納言小豆 100g
黄粗目 500g
塩 小さじ1弱

出来上がり 1.4kg

2016.01.15 今週のお弁当
今週は2日分です。


■ 1月14日(木)
弁当160114

   ゆで卵
   塩シャケ
   ほうれん草の胡麻和え
   にんじんのグラッセ
   冷凍たけのこのきんぴら風


■ 1月15日(金)
弁当160115

   卵焼き
   ボイルウインナー
   にんじんのグラッセ
   ほうれん草のおひたし
   ポテトサラダ


にんじんのグラッセはバターがたっぷり入っているので、
寒い時期はバターが固まってしまいますが、箸休めにちょうどいいんですよね。

160113 (2)



たけのこを冷凍すると、繊維の組織が破壊されてスポンジ状になります。
でも、この食感が不思議と美味しいんですよ。
ごま油を使って炒めているので、風味もいいので私のお気に入り料理です。

160115.jpg


長年愛用しているリーガル社のブレッドメーカーのパーツが
劣化してきたので、取寄せました。


160114 (2)

パンケースと羽根(予備用に2枚)


160114 (1)


こんなふうにセットして使うのですが、もう17年使うので、
長年の摩擦によって、羽根が接している部分のパッキンと羽根自体も
摩耗して錆が浮いてきて、パン生地が所どころ黒くなってきたんです。
なので、ケースと羽根だけ新しいものと取り替えました。
これでまた何年か大丈夫。
(何年か前にも一度、ケースと羽根は取り替えました)

本体はもう販売していないのですが
部品もメーカーの在庫が残っているだけしかないので
この際ケースももう1個買っておこうかと思ったのですが、やめました。
だって17年も使うので、本体が壊れてしまうかもしれないし。

このブレッドメーカー、購入した当初は、ずい分高いなあと思っていたけど
もう十分モトを取りました (笑)
でもこれが壊れたらどうしよう。
この製品を超えるブレッドメーカーなんてないような気もします。
もう少し、頑張って貰わねば^^



今日は寒いですねえ。
暮れからお正月にかけて、ずっと暖かかったので、こう急に冷えこむと
身体にこたえますねえ。
え~っ暖冬じゃなかったの、約束が違うって言いたい。
でも、これが当たり前なんでしょうけどね。

うだうだ言っても始まりません。
さて、こたつから這い出て買物にでも行くとしますか。
夫の実家で収穫したにんじんが山のようにあり、一度に食べきれないので
にんじんのグラッセを作りました。
それでも、まだまだ歯が立たないくらいの量があるので、用途に応じた切り方をして
冷凍することにしました。


160113 (3)

これで、どうだ! (笑)



160113 (2)


このグラッセは砂糖とバターのほかに固形スープの素(マギーブイヨン)を入れて
煮詰めているのでコクがあって美味しいんですよ。
グラッセは冷凍すると食感が悪くなりそうなので、どうしようかなあ。


160113 (5)

短冊切り、野菜炒めや八宝菜など。


160113 (7)

千切り、きんぴらなど。


160113 (8)

細い千切り、生のままサラダに。


160113 (4)

いちょう切り、ポテトサラダや汁ものなど。


160113 (6)

みじん切り、ピラフやドライカレーなど。


160113 (1)

それぞれジップロックに入れて冷凍保存。
これでしばらくは、にんじんで悩まずにすみそう (笑)

こんなに使っても、まだにんじんが残っているんですよ ^^;
仕方がない、明日キャロットケーキでもつくるかな~


付記
今日は夫が代休を取ったので、義母の月例の通院の送り迎えは夫に頼みました。
病院のあと、夫の両親と4人で買物に出かけので半日潰れました。

2016.01.12 鏡開き
昨日は鏡開きでした。
一日遅れで今日アップします。


160112 (5)


これは私の今日の昼ごはんです。
ぜんざいは昨日作っておいたものです。

大納言小豆は北海道産で夫の実家で収穫したものではありません。
しかも平成26年度産(年が明けたので一昨年)です。

いつも言っていますが、豆の在庫を切らすと不安に駆られるんです。
豆のことが頭から離れないので、前世は豆問屋でも営んでいたのかも (笑)
毎年、小豆は実家で作っているので市販のものを買う必要はないのですが
ひょっとして今年は不作で出来ないんじゃなかろうかと、一抹の不安が胸をよぎるので
収穫出来なかった時の保険として、市販品に手を染めるのです ^^;

でも、意に反して毎年ちゃんと出来るんですよね、これが (笑)
昨年なんて豊作で、どうしようって言うくらい収穫出来たんです。
なのに、なのに、学習しない私は、やっぱり昨年も買ってしまったんですねえ。
小豆だけじゃありません、色々な種類の豆類が眠ってます。
ともあれ、これでほんの少しでも消費に貢献できたので、めでたし、めでたし^^

豆類って長期保存ができる、すぐれモノです。
3年くらいは大丈夫ですからね。
もちろん、このぜんざいも美味しく出来ました。

自分の覚書として

大納言小豆(北海道産) 500g
黄粗目 400g (小豆の80%)
岩塩(アルペンザイツ) 小さじ1杯強

作り方は 昨年の鏡開き と同じです。

松飾りも外したし、これでお正月は終わりです。
あっ、14日に歌会始がありますね、それが終わってからですね。

160111 (1)


先日作ったアップルパイ用のフィリング、煮崩れてしまったので
小さなアップルパイにしました。


160111 (2) 160111 (3)

紅玉を八つ切りにして、キャラメリゼして煮たのですが
みるみるうちに崩れてしまい、あとかたもなくなってしまいました。
大きいホール1台のアップルパイを作るつもりが、あえなく断念。
小さなアップルパイを作ることにしました。


160111 (4) 160111 (5)

直径9cmの菊型で抜きます。
ベラミーズのパイ生地は一辺が18cmなので、4個とれます。


160111 (6) 160111 (7)

丸く抜くと、どうしても生地が残ります。
この切れ端が、また美味しいんですよね^^
丸く抜いた型をめん棒で楕円に延ばし、煮りんごを載せます。


160111 (8) 160111 (9)

周囲に卵液を塗って半分に折り、指で押さえつけて閉じます。
表面に卵液をぬり、ナイフで木の葉脈を書きます。
200℃のオーブンで25分焼きます。


160111 (10)

上のツヤがある方は15分焼いて、焼き色がついたら一度取り出して粉糖をふり
再度オーブンに入れて10分焼きました。
こうすることで粉糖が熱で溶け、表面にこんがりとした照りが出ます。
下の1列は卵液を塗っただけなので、あまりツヤがありません。


160111 (11)

今回は表面に水をつけたので、グラニュー糖が糖化してしまいました。
でも、こちらの方も美味しいんですよ。

この切れ端、どういうわけか人気があるんです。
夫はアップルパイ本体はまったく食べようとしませんが、
この切れ端には、目がないんです。


160111 (12)

早速、この大きいのを狙ってるようです (笑)
夫以外にも、この切れ端が大好きな友達がいるのですが、彼女から
「手の込んだのを作らずに、切れ端ばかり作ればいいのに、こっちの方が断然美味しい!」
と言われました ^^;

せっかくなので、彼女にも分けてあげようと思っていると、

「ダメダメ、これだけは、やらんばい!(あげないよ)」

と、夫に死守されました ^^;

一番可愛そうなのは、アップルパイ。
こっちがメインなんだから!

アップルパイ、紅玉で作ると甘酸っぱくて美味しい!
沢山焼いたので冷凍しておいて、息子と一緒に食べます。

今日は鏡開きだったので、ぜんざいを作りました。
これから夜食に食べます。
その記事は明日にでもアップします。
今日はもうくたびれて、電池切れ (笑)

本日2本目の記事です。
例のごとく、コタツに入ってテレビ(録画していた番組ー超常現象)
を観ていたら居眠りしてしまい、記事を書くのが遅くなってしまいました。
息子に送った自家製冷凍食品 (冷凍まつりと呼んでいる) の記録を
自分の覚書として今年も記します。


160110 (17)

今回は、ご飯ものはありません。
トマトソース(ミートソース)を作って、そのバリエーションで勝負です。


160110 (15)

定番のミートソーススパゲティ、8食分。


160110 (16)

これも定番のクリスピーピザ、ベーコン、ツナ入り、8枚。


今回は以上です。
少なめですが春休みには帰省するし、こうやって少ししか送らないと
食糧が尽きて帰って来ざるを得ないという、そういう魂胆もあります (笑)
今日の夕方送ったので明日には届きます。

冷凍庫が満杯で、こんなのを作るのも四苦八苦しています。
パズルのように食品を寄せていっては空きをつくり、少しずつ冷凍しないと
いけないので、もう大変。

そんな中、親戚から冷凍たけのこを貰いました。
息子に送って、せっかく空きが出来たというのに、どうどうめぐりです ^^;
う~ん、これも近いうちに消費せねば。

明日は鏡開きなので、ぜんざいを作ろうと思っているのですが
はて、どうなる事やら (笑)


今日は義母の要望で、宗像市にある道の駅まで夫と3人で買物に出かけました。
10時過ぎに自宅を出て到着したのが11時半。
道の駅で買物をしたあと、津屋崎まで出て昼ごはんを食べました。


160110 (9)

このお店が目当てだったので、予約して訪れました。
ここは、あるアイドルの実家なんですよ。
さて、一体誰なんでしょう。


160110 (10)

ヒント、その1 
入口のドアを開けるとAKB48のメンバーのサイン入り色紙がディスプレイされています。
真ん中の写真入りサインはあっちゃん(前田敦子)です。
さしこ(指原莉乃)のサインもありますね。
ヒント、その2
我が家で応援しているAKB48のメンバーの一人であるアイドルの実家です。

じゃ~ん、答えは、しいちゃん(大家志津香)でした^^

しいちゃんのこと、良く知らなかったので調べてみると、道の駅から10分くらいの場所に
実家があって、しかも料理屋さん。
おおっ、なんとタイムリー、お昼ごはんはもうここしかないっしょ (笑)


160110 (8)

こんなにいっぱいのご馳走、食べきれるかな。


160110 (1)

値段もリーズナブルで、この御膳は、なんと2000円なんですよ。


160110 (2) 160110 (3)

アラカブの空揚げ、カリッと揚がって、骨までばりばり食べられました。
玄界灘で獲れた活きのいい魚のお造り、新鮮です。


160110 (4) 160110 (5)

定番の茶わん蒸し。
カレイの煮つけ、牛肉のたたき、どちらも美味しかった。


160110 (6) 160110 (7)

切り干し大根の煮物、漬物。
この切り干し大根がもう美味しくて。
普段はこんなの絶対に食べない夫が食べたくらいですから。
もずくの酢のものもさっぱりしていたし、お吸い物が、これまた美味しかった。
全部平らげて、おなかいっぱいになって、店をあとにしたのでした。

夫はしいちゃんのこと、よく調べていて、帰る途中、近くにある高校の前を通った時

「この高校に通っていたらしいよ」

と、いろいろと詳しい (笑)

海の幸もいっぱい買って帰ったし、今日は思いがけずに楽しい一日でした^^
どうも、ごちそうさま^^

道の駅での戦利品は、こちら ↓

160110 (11)

レンコダイの塩干し。


160110 (12)

アジの一夜干し。


160110 (14)

スルメイカの一夜干し。


160110 (13)

生塩わかめ。


晩ごはんは、しばらく海のものが続きそうです。


本日4本目の記事です。


160109.jpg


抹茶のシフォンケーキが食べたくなって作りました。
今夜のデザートです。
中に黒豆を混ぜ込んで焼こうとしたら、夫から止められました。
食感が違うものを入れたらダメ!
・・・なんだそうです。

ならば、生クリームをはさんでその中に入れるのは?
もっとダメ!!

和風テイストで美味しいと思うんだけどなあ。
黒豆や小豆が嫌いな人には何を言っても無駄なんですよね。
あ~これだけじゃ物足りない、あんこ系と一緒に食べたいよう。

夫はひとくち食べて

「ほら、何も入れないほうが正解、しっとりして美味しいよ」

次回は小豆を入れて、こっそり焼こうっと (笑)

2016.01.09 今年も~^^
本日3本目の記事です。


160109 (4)

我が家では毎年暮れに北海道から毛蟹を取寄せています。
今月は私の誕生月でもあるので、その祝いを兼ねて^^
年に一度の贅沢です。
今年は夫と二人なので、ひとり1尾ずつ。
食べ応えがありそうです。


160109 (8)

見てください、立派な毛蟹!


160109 (7)

旨味が逃げないように甲羅を下にして解凍します。


160109 (6)

室内の暖かいところに置いておくと半日くらいで解凍出来ます。
匂いが部屋中に籠るので、ラップをかけます。


160109 (5)

旨味のある汁が出てますね。
これで解凍出来ました。


160109 (9)

蟹をさばくのは夫の仕事です。
何年もやっているので上手です。


160109 (10)

う~、痛いっ!


160109 (11)

カパッ!
甲羅が取れました。


160109 (12)

真中から半分に割ります。


160109 (13)

キッチンバサミで食べやすいように殻をカットします。


160109 (14)

どうです、身が詰まって美味しそうでしょう。
あ~、美味しかった、満足、満足^^
今年もこれで我が家のお正月が終わりました。
また、来年~ ← も、あるよね ^^;

2016.01.09 キリ番
本日2本目の記事です。


60000キリ番 


キリ番、60000 です!
20時45分でした。

今日も20時過ぎからパソコンの前に張りついていました。
これで落ち着いて毛蟹が食べられます (笑)

いつも見てくださってありがとうございます!

160109 (3)


紅玉が半額セールになっていたので、性懲りもなく、また買いました ^^;
アップルパイを作ろうと思い果肉の方は煮たのですが、
これが案の定ずぶずぶに煮崩れてしまい、面白くなくて、くさくさしていました。

そこで残った皮と芯で、前回失敗したジュレでも作ってやろうじゃないのと
意気込んで作りました。
お~っほほ、今回は大成功!
これでちょっとばかし機嫌もよくなりました (笑)


160109 (2)


ほうら、ちゃんととろみがついているでしょう。
前回は固まらなかったので、ゼラチンを補って固めましたが
今回はりんごとレモンのペクチンだけで固まりました。
ジュレというより、皮と芯で作るジャムですね。
捨てるだけの食材で、こんなのが出来るなんて、
なんだか得をした気分です。


160109 (1)


甘酸っぱくて美味しいんですよ。
息子が春休みに帰省するまで冷蔵庫に入れて保存しておこうかな。
いや、いや、待てなくて全部食べてしまいそう (笑)
ヨーグルトやバタートーストにつけて食べようと思っています。

ずぶずぶに煮崩れた、りんご煮ですが、ちゃんとアップルパイにしますよ。
でも今日はやる気が失せたので、明日にでも^^

2016.01.08 今週のお弁当
年も新たに今年も、お弁当つくりスタートしました。
作りたくなかったり、起きられない日が多々あるかと思いますが
頑張って作っていきたいと思っていますので見てくださいね。

で、のっけから起きられなくて、今週は3日分です (笑)

■ 1月6日(水)
弁当160106

  卵焼き
  ひとくち餃子(市販冷凍)
  黒豆
  キャベツと人参のマヨネーズあえ


■ 1月7日(木)
弁当160107

  卵焼き
  鶏つくねハンバーグ(自家製冷凍)
  黒豆
  ほうれん草とエリンギのソテー(自家製冷凍)


■ 1月8日(金)
弁当160108
  
  卵焼き
  肉じゃが
  ゴボウのきんぴら(自家製冷凍)
  スナックえんどう(自家製冷凍)
  うさぎりんご(金の蜜子)


今年、最初のお弁当は長崎ひとくち餃子です。
夫の好物なので、これにしました。
て言うか、冷凍なので手っ取り早くていいし、冷めても美味しいんですよ。
キャベツと人参はオリーブオイルでくたっとなるまで炒めて塩コショウし
マヨネーズで和えています。
茹でると水っぽくなるので炒めますが、それでも水分が出るので
キッチンペーパーで吸い取っています。
コールスローサラダと違って水が出ないので、弁当にはこちらの方が適しています。
黒豆はおせちの残りですが、夫のお弁当には入れていません。

2日目も冷凍食品です。
鶏のハンバーグは晩ごはん用に沢山作って冷凍しておいたものです。
甘辛いたれをつくりその中に入れて、味が浸みこむまで絡めます。
最後はほんの少し、水とき片栗粉を入れるとよく絡みます。
ほうれん草は解凍して水気を絞り、エリンギは凍ったままオリーブオイルで炒めます。
味付けは塩コショウ、味の素を一振り。

肉じゃがは晩ごはんの残りです。
煮物は一晩寝かすと、味が浸みこんで美味しいですね。
きんぴらはレンジで1分加熱して煎りゴマをまぶしています。
これも沢山ストックがあります。
季節外れのスナックえんどう、暮れに貰ったものをさっと茹でて冷凍しました。


来週は月曜日が祝日でお休みなので、一日分作らなくて済みます。
そんな些細なことが嬉しい今日この頃です (笑)
では、また来週。

昨年の紅白、巷では色々と言われていますが私は結構面白かったです。
その中でも一番見応えがあったのが、何と言っても小林幸子の千本桜でした。


160104 (25)

捨てる神あれば拾う神ありで、紅白落選の小林幸子を拾い上げ、見事に復活させた
世のオタクたちにありがとうって言いたいくらいです (笑)


160104 (26)

このド派手な舞台装置、まさしく紅白に返り咲いたっていう感じがしますね。
”千本桜”、歌詞がすごくいいですよね。
まったく意味をなさない言葉の羅列に過ぎないのに、て言うか
それっぽい言葉を並べただけなのに言わんとすることが何となくわかる、すごいなあ。
ボーカロイドの初音ミクが歌うより、こちらの方が迫力があって断然聴きごたえがあります。
そりゃそうですよね、生身の人間が歌った方が心に響きますよね。


160104 (27)

光背をかたどったニコニコ動画のテロップ。
実際にニコ動と連動しているそうです。
何を書かれるか予測できないのに、NHK、勇気あるなあ (笑)


160104 (28)

顔が果てしなく塗り壁に近いですが、歌舞伎なんかと比べれば、まだまだ手ぬるい (笑)
わたくし、この方と同い年なんですよね、だからこういうの見ると元気が出ます。
郷ひろみも若かったけど、いやいや、さっちゃんも負けてませんよ~^^
反対にNOKKOの方がオバサン化が進行していましたね。
声も若い頃と違って、あんまし出てなかったし、ちょっと見たくなかったかも。
トリの松田聖子も、あの歳で赤いスイトピーは、ちとイタかった。


160104 (29)

ニコ動で頻繁に登場するコメントで、一見すると草が生えたような、wwwww は
笑う意味だというのは知っていましたが、88888888 の方の意味は知りませんでした。
ニコ動に詳しい夫に訊くと、パチパチで拍手の意味だそうです。
紅白と同じ時間帯にニコ動に入ろうとしたら、すごい込み具合で入れなかった人が
いっぱいいたようですね。

聴いていて、こういうのって、やっぱり歌唱力がものを言うんだなあと、つくづく思います。
演歌歌手としての小林幸子は好きじゃないけど(思い出酒なんて聴く気になれない)
これはすごくいい!
ホント、歌唱力が半端ないですよね。

そう言えば、八代亜紀がカバーしたアニメソングの ” 残酷な天使のテーゼ ” も
見事な歌いっぷりでした。
彼女が歌うジャズのナンバーも好きです、上手いなあって感心します。

見逃した方へ、さっちゃんの圧巻ステージを ↓




紅白って家族と観るより気の合った友人たちと、出演者を品定めしながら
わいわい、きゃーきゃー言いながら観た方が断然面白いよね。
それが、私のさややかな夢かな (笑)


もひとつ、おまけに ↓ 



2016.01.06 インターバル
今日はお弁当を作って夫を駅まで送ったあと、昼近くまで寝ていました。
ちょっと疲れが溜まってるみたいですね、でも寝るとスッキリなりました。

午後からは年末にやり残した片づけものや、たまっている新聞の整理で
ほぼ一日が終わってしまい、買物へも行けませんでした。
晩ごはんのあと、TVを観ながらコタツでごろんと横になって気が付くともう23時過ぎ。

そんなこんなで、今日書くつもりだった紅白歌合戦雑記の続きはまた明日。

「やまねこさん、早く続きが読みたいです」

って、自分で自分にツッコミをいれてどうする。

でも実際、私が一番続きが読みたい (笑)

今年は無理をしないで、のんびりやるつもりなので、また明日ね^^

本日2本目の記事です。
今日の朝刊を開いて絶句!


160105 (2)

ミレイの 『オフィーリア』 を模した、この広告爛。
いやぁ、新春そうそう度肝を抜かれました。


160105 (1)


広告主は宝島社、なんとまあ粋なことをしますねえ。

紅白歌合戦、毎年家族3人で観ています、と言うとちょっと語弊がありますね。
リアルタイムでは、なかなか観られないので、いつも録画して観るのですが、
私が再生して観ている時には、夫も息子も同じリビングにいるので
(大体いつもゲームに熱中している)
二人とも仕方なく観せられていると言った方が正しいかもしれません。

そんな紅白の中で、唯一3人で楽しめる場面があります。
我が家はAKB48のメンバーの一人である、大家のファンなので
彼女を探すのが楽しみのひとつになっているんです。

クイズ番組にレギュラー出演している彼女のキャラが好きなんです。
漢字バラバラクイズといって、部首をばらばらにしたものを組み立てて
熟語を完成させ答える、というのを得意としているのですが
悲しいかな、速攻ひらめいて熟語を完成させても、その読みが難しくて解らない
といったオソマツな面が憎めなくて、もうただただ可愛くて (笑)
司会者のくりぃむしちゅー上田晋也に、よくいじられています。

「AKBの総選挙で順位が上がるのと、漢字バラバラで上位を取るのは
どっちが嬉しい?」

「もちろん、漢字バラバラ! 私にはもうこれしか(生き残る道は)残されてないんですよ」

って、いじらしいじゃありませんか (笑)

そんな彼女は総選挙では圏外なので、大勢の中から見つけ出すのはなかなか困難。
それに出ていない可能性もあるので。

そうそう、今年のAKB48はサプライズがありましたね。

160104 (3)

一瞬、誰だかわからなくて・・・
キンタロウが登場したのかと思いました (笑)


160104 (4)

高橋みなみ、嬉しそうでしたねえ。
観ているこっちまでつられて嬉しくなりました^^


160104 (5)

恋するフォーチューンクッキー、この歌大好きです。
果たして、この中に大家はいるのでしょうか。
”大家を探せ”の始まり、始まり~ (笑)


160104 (6)

カメラは主要メンバーしか映さないので、目を皿のようにして端から端まで
食い入るように、画面を見つめて探します。


160104 (7)

この人誰だっけ、えっ、まゆゆ?


160104 (11)

大島優子、アップはいいから、カメラもっと引いて、引いて!


160104 (13)

イェイ、イェイ、イェイ!
大家、いないなあ~


160104 (14)

あっ、この人知ってる!
こじはる、小嶋陽菜、右の子は知らない。
ちょっと待って、真中にいるの大家じゃない?!


160104 (15)

え~っ!どこどこ?!


160104 (17)

はいはい、わかったから、大家はどこ!


160104 (18)

みんな可愛いの、わかったから、カメラ引いて~


160104 (19)

引き過ぎ~


160104 (20)

はい、はい (笑)


160104 (21)

大家、どこ行った!


160104 (22)

い、いたぁ~♪


160104 (23)

えっ、どこどこ?


160104 (24)

ほら、画面の左端に!
あ~、ホントだぁ~
圏外でも、立ち位置がいいんだねえ。


いやぁ、おかげで楽しめました^^
大家、大家と連呼しましたが、もちろん親しみを込めてです。
だって下の名前知らないし。
ごめんなさい、調べました、大家志津香さんだそうです。
しいちゃんと呼ばれているらしい。

しいちゃん、今年も楽しませて下さいね ^^

※ 年末年始番組雑記、続きはまた明日。

正月気分も抜け、今日から日常に戻りました。
仕事始めなので、日頃はカジュアルな服装で出勤している夫も
今日ばかりはスーツです。


160104 (1)


昨年、職場が異動になってからスーツを着る機会が多く
一張羅ばかり仇のように着るので、もうヨレヨレ。
思い切って新調しました。

ここ最近、黒系統のスーツが主流なので困ります。
いちおう長いこと勤め人なので、スーツも何着かは持ってはいるんです。
でも紺色やグレーばかりなので、まったく役に立ちません。

夫はファッションにはうるさくないのですが(素材にはうるさい)
やはり人と同じような格好じゃないと浮くので嫌なんだそうです。

「これくらいなら着てもそんなに浮いたりしないよ」

と、クローゼットに眠っているブルー系のスーツを差し出すと、

「黒じゃないと、ダメ、ダメ、周りはみんな黒の集団なんだから」

ふん、そんな毎日が葬式じゃあるまいし、と半信半疑でしたが、
スーツを買いに行ってビックリしました。
売り場には黒いスーツしか見当たらないんですよねえ。
この店には礼服コーナーしかないのかと思いました (笑)

同じ黒でも微妙に色合いが違って、礼服のように漆黒ではないのですが
それにしてもヘンな世の中になりましたねえ。
就活の学生ならいざ知らず、社会人が、それも年季の入ったオッサンたちが
お互いが浮かないようにと、画一化された服装で街を闊歩しているんですから。
これじゃあ学生服と同じだよね、ホント、意味わからん!

もうひとつ気に入らなかったのは、この襟のステッチ。↓

160104 (2)


私ね、これはてっきり、しつけ糸だとばかり思ってました。
息子の成人式のスーツを新調した時、やはりステッチがかかっていたので

「このしつけ糸は取らないんですか」

って訊いたくらいです (笑)

その時は今の若者の流行りなんだろうと思って、容認しましたが
いい歳をしたおじさま(笑)達には不釣り合いだと思うのですが。
それこそ浮きまくっていると思うのですが。

「ステッチのかかってないものはないんですか」

と尋ねると、それはオーダーになりますかねえ、だそうです。

樹木希林と三浦友和のCMが好きだったので、この洋服店で
買うようになったのですが、どこのお店も同じなんでしょね、きっと。

あと何年か経つと、こんなステッチのかかったものなんて
流行遅れで着られなくなるに決まってます。
みなさん、そんなに何年も着たりしないのでしょうか。
ステッチが流行らなくなったら、ほどいて取るのでしょうか。
そんなことをすると、あとが残りますよねえ ^^;

色物スーツの流行りが戻って来るのを願うのみです。
断捨離せずに温めて待ってます (笑)

2016.01.03 カツカレー
お正月早々、カレーです。
息子が京都に戻るのでリクエストに応えて、昼ごはんはカツカレー。


160103 (1)

カレーは沢山作って冷凍しておいたものを解凍し、鍋に入れマッシャーで潰して温めます。
じゃがいも、人参、玉ねぎ、牛肉、すべてペースト状になりますが、味が一体化して
美味しいんですよ。
見た目もレストランの高級カレーっぽく見えるしね (笑)
それを揚げたてのトンカツの上にかけます。

トンカツ用の豚肉はスジ切りして、冷凍しておいたものです。
解凍して塩、粗引き黒コショーをして、これも粗めのパン粉をつけてサクッと揚げます。
残りもののトンカツと違って、揚げたてはやっぱり美味しいですね。


160103 (2)

定番のホタテサラダと合わせると、さっぱりします。


昼ごはんを食べ終わると、息子は京都に戻って行きました。
毎度のことですが、寂寥感でいっぱい。

「いい加減、慣れてもいいのに、やっぱり寂しいね」

と、息子を駅まで送って家に戻るなり、夫がポツリとひとこと。

「でも、またすぐ春休みに帰って来るんだもんね」

と、自分に言い聞かせたのでした。

本日3本目の記事です。


160102 (10)


7時過ぎ、夫の実家から帰って、くつろいでTVを観ているところに
息子の友人のKちゃんが

「おめでとうございま~す!」

と、突然やってきたので、今夜のおやつは4人で。

昼間にスポンジ生地だけ焼いていたので
生クリームだけ泡立てて、苺を載せ巻き込むだけなので簡単。
苺は暮れに、友人から頂いたものです。

この苺が、甘くて美味しかった~♪

カノンさん、「あざ~す!」 ^^ ← Kちゃんの口調を真似て。

Kちゃんが、いちごロールを食べてひとこと、

「おばちゃん、やっぱ、お菓子屋さんが開けるよ」

「あざ~す!」 (笑)

2016.01.02 初詣
本日2本目の記事です。
夕方、夫の実家に年始に行く前に、村では”朝近さん”
と呼ばれて親しまれている神社に3人でお参りしました。

160102 (8)

160102 (7) 160102 (6)

狛犬の代わりに、狐の像、稲荷神社です。


160102 (9)


お供えの野菜は、近くに住むお百姓さんが丹精込めて育てたものです。
義父が育てた野菜も供えられています。

お参りした後、夫の実家でおせちをいただきました。
今年は鉢盛りは取らずに、うちで作った筑前煮、ローストビーフ、鶏ロールと
義母が作った、おせち料理とお刺身と豆腐汁でした。

鉢盛りを取っても食べないので(見た目はきれいでも、ほとんど食べるものがない)
簡素なものでも、やっぱり手づくりが一番です。

夫の実家は夕食が早いんです、5時には食べ始めますからね。
食事のあと少しおしゃべりして7時には帰りました。
義父も義母も高齢なのですが、元気でみんなでお正月が迎えられて
有難いなあと思います。

160102 (1)

暮れに作ろうと思いながら、年を越してしまったローストビーフ。
レシピは手っ取り早く簡単に出来るという、小林カツ代さんの 世にも簡単なお正月ビーフ
これね、オーブンもいらないし、フライパンと鍋があれば簡単に出来るんです。


160102 (3) 160102 (2)

フライパンで焼き色をつけたあと、鍋に移して調味料を入れて15~20分煮るだけです。
レシピでは500gのブロック肉で作っていますが、うちのは380gだったので
18分間、中火で加熱しました。
ミディアムにしたかったのに、火が通り過ぎてウエルダンになってしまい残念!
15分にすればよかった。

調味料を少し煮詰めて大根おろしを入れて作った和風ソースをかけました。
めっちゃ、美味しい!流石、カツ代さん!
黒毛和牛もも肉で作りましたが、アメリカ産でも十分美味しいかも。


160102 (5)

これも年末から持ち越しになった、ごぼうの天ぷら。
削ぎ切りにしたまま何日も経ちますが、ボウルの水を毎日替えていたので大丈夫でした。


160102 (4)

揚げた端から、山椒入り塩でいただきました。
天ぷらは、つまみ食いが一番美味しいですね (笑)
ごぼ天、大好き人間の夫は大喜びしていました。
もちろん、息子にも好評でした。

つまみ食いだけにして残りはいつものように冷凍保存。
ごぼ天うどん用です。

これで年越し食材が消費出来て、やれやれです^^

あけましておめでとうございます


160101 (5)

ここ何年も同じような正月のしつらえですが、気持が新たになります。



160101 (1)

今年も 日枝美穂さんの”山河春” の掛け軸でスタートです。



160101 (3) 160101 (4)
160101 (2)

そして、毎年変わらない正月の祝い膳です。


家族そろって、こうやって何事もなく健康にお正月を迎えられることが
最高の幸せだと、しみじみと感じております。

当ブログも3年目に入りました。
毎日更新を目標に頑張っていきたいと思います。
よかったら、これからも遊びに来てくださいね^^
今年もどうぞよろしくお願いいたします。