今年のおせち料理は筑前煮と黒豆だけの簡素なものです。
これにあと、かまぼこやサラダくらい。
そうそう、ローストビーフも作ろうと思って牛肉は買ったのですが、時間切れなので
お正月早々作ります。


151231 (3)

筑前煮、美味しく出来ました。


151231 (2)

黒豆も艶よく、柔らかく炊けました。


151231 (1)

年越しは、にしんそばで。
にしんの棒煮は息子に京都駅で新幹線に乗る前に買ってきて貰いました。
単調なお蕎麦も鰊が入るとご馳走になりますね。

あと2時間足らずで年が明けます。
みなさん、どうぞよいお年をお迎えください。

本日2本目の記事です。


151230.jpg


年末の慌ただしい時期にも、自家製冷凍食品のおかげで
手間ひまかけて作ったような晩ごはんが出来るので有難いなと思います。

オムライスの中身のバターライスは
合挽ミンチと玉ねぎのみじん切りを炒めたものが入っています。
具材は沢山作って冷凍しておいたものです。
ビーフシチューは、これまたクリスマスディナーの残りを冷凍しておいたもの。
ご飯だけ炊けばいいので簡単に出来ます。

玉子は一人2個分、牛乳を少し入れてのばして、塩こしょうして
バターでふんわり、とろとろに焼きます。
とろとろの状態で、型で抜いたバターライスの上に滑らせるようにして覆います。
解凍して温めたビーフシチューをかけて出来上がり。

ホタテと大根とサニーレタスは今お気に入りのオクトパス・葱ドレッシングで。
ぱっと見、手の込んだように見えても、20分もあれば出来てしまいます。
デザートは金の蜜子と晩白柚。

さて、残すはあと一日。
片付いていない台所を目にして、もうなるようになれ!と言った
やけっぱちの気持です (笑)

2015.12.30 餅つき
今日は朝早くから、餅つきでした。
餅切り器の作動している写真を撮りたかったのに、そんな余裕がありませんでした。


151230 (4)

これは毎年、地元の神社に奉納している鏡餅です。
ここ、何年もわたくしの担当です。
この鏡餅はもち米2升分なので結構難しいんですよ。
見てください、この艶と張り、自画自賛ですが (笑)


151230 (1)

今日搗いたのは、全部で4臼、もち米8升分です。
義父、義母、夫、私、息子の5人で頑張りました。


151230 (2)

餅って、すぐ硬くなるのでこれだけ人数がいても丸めるのが間に合いません。
丸めるのは私と息子が得意なので、すべて二人でやりたいのですが
そうもいきません。
形が歪なのはご愛嬌ということで (笑)


151230 (3)

イマイチだと思った、まさめ、あん餅にすると美味しく食べられました。
焼きたてを食べると、美味しいんですよねえ^^


今日は餅つきのあと、買物に行ったりで何もしていません。
おせち料理は黒豆と筑前煮を作るくらいです。
手間ひまかけて作っても、あまり食べてくれないしね。

ふたりとも雑煮もいらないんだって、パンでいいんだそうです (笑)

睡眠不足で頭が回らず、テキパキとこなせていません。
何も用意しないままお正月を迎えそうです。
それでも、いいかなと思っています。


今日の晩ごはんは息子のリクエストで、
ふわとろオムライスビーフシチューソースです。
サニーレタスと大根とホタテのサラダ付き^^

今から頑張って作ります。
ふぁ~、眠い。

本日3本目の記事です。
年末の忙しい時期に、この怒涛のような更新 (笑)


151229 (12)

息子の帰省に合わせて、青森からりんごを取寄せました。
このりんごは息子の好物なんです。
今年は奮発して「金の蜜子」です。


151229 (13)

蜜入りサンふじ「蜜子」より、もっとたっぷり蜜が入っています。


151229 (14)

おまけに福袋が入っていました^^


息子が最終列車でもうじき帰ってきます。
早速三人で、この「金の蜜子」をいただくことにしましょう。

と、こうやって打ってる間に、帰って来たようです。

「お帰り~」 ^^

2015.12.29 正月野菜
本日2本目の記事です。
明日は餅つきなので、もち米を研ぎに駆り出されました。
そのあと、畑に行って正月用の野菜を採ってきました。


151229 (7)

こんなにありますが、我が家の分だけではなくて
頼まれた分も入っています。


151229 (8)

人参、聖護院大根(写真なし)は泥付きのままなので
洗うのが一苦労です。


151229 (9)

ほうれん草と春菊。


151229 (10)

ネギも泥つきなので、この状態に持ってくるのが大変です。


151229 (16)

そして、おなじみツチノコごぼう (笑)


151229 (11)

ごぼ天用と筑前煮用に切り分けました。
これもすごく手間がかかります。

と、いうわけで、今日は大掃除の続きは出来ませんでした。
明日は餅つきなので、やっぱり無理かな。

毎年、餅つきで餅を切る時、熱くて手がやけどしそうになるので
思い切って餅切り器を買いました。


151229 (1) 151229 (2)

3升分の餅が一度に入ります。


151229 (3) 151229 (4)

ハンドルを回すと反対側の穴から、丸まった餅がムニュっと出てきます。
それをカッターを押し切る仕組みになっています。


151229 (6) 151229 (5)

底には吸盤が付いているので、水をつけてレバーを下にやれば、固定できます。


151229 (15)


明日のためにあんこを炊きました。
小豆ではなくて、まさめです。
昨年、まさめで作ったあん餅が好評だったので、今年も炊きましたが
大急ぎで炊いたので、出来がイマイチです。
作りなおそうかとも思ったのですが、もう時間がない!
これでガマンしてもらおう。

あ~早く作ればいいものを ^^;

本日2本目の記事です。
どうしても書きとめておきたかったのでアップします。

大掃除の合間をぬって、今日もTV鑑賞。
昨日の朝、放送された「題名のない音楽会」を録画していたのを観ました。
実は昨日もリアルタイムで観たんですが、もう一度観たくなって。
音楽番組は掃除をしながらでも楽しめるからいいですよね。


151228 (11)


五嶋龍の大ファンなので、彼が司会をするようになってから、毎回楽しみに観ています。
今回のゲストは15年前、ショパンコンクールで史上最年少で優勝して世間を驚かせた
あのユンディ・リです。
クラシックに詳しくない私でさえも、ニュースで話題になったのでよく覚えています。


151228 (9)


これは5年前の映像です。↓

151228 (8)

この時はまだ面影が残っていますが・・・

あの粗野な青年が、こうも変わろうとは。↓

151228 (10)

151228 (6)

髪が短くなったから?
いやいや、髪型が変わったせいだけではないような気がします。

ユンディ・リのソロ演奏も、もちろん素晴らしかったのですが、
最後に演奏した五嶋龍のバイオリンとのコラボが、もう圧巻でした!

151228 (5)

ショパンのノクターンと言えば、映画「愛情物語」のテーマ曲になった、第2番が
よく知られていますが、私はこの憂いを秘めた物悲しい曲調の第20番の方が好きです。


151228 (3)

龍くんの演奏している時の顔が、えらく官能的なんです。
あんなにちっちゃかった龍くんが・・・って、なんか感慨深いです^^

先日、高校のクラス会で、嵐の追っかけをやっているというクラスメイトがいて
へえ~、この歳でと、ちょっと呆れましたが(笑)
私も龍くんの追っかけなら、やってもいいかなと思ったりしてます^^

韓流の波には乗れませんでしたが (笑)

それにしても今年を締めくくる、素晴らしいコンサートでした。
たぶん、このノクターンは何回も再生して観ると思います^^


余談ですが、英雄ポロネーズと言えば、かつてTVドラマ”赤いシリーズ”で
水谷豊が弾いていたピアノを思い出します。

ピアノコンクールの最初の課題が確か、英雄ポロネーズだったと思います。
で、勝ち進んでいって、

「次は、ラ・カンパネラだ!」

と、新しい課題を必死に練習していたシーンを思い出します。

なんで覚えているのかと言うと、その時初めて英雄ポロネーズと
ラ・カンパネラという曲名を知ったからです。
どちらも新鮮な響きがして、なんかカッコいいなと思ったんです。

母と一緒にドラマを観ていて、ふたりともその語感にしびれて(笑)
(次はラ・カンパネラだ!と言ったのは、たしか宇津井健だったと思う)

何の脈絡もないのに、「英雄ポロネーズ!」だとか
「ラ・ランパネラ!」だとか、宇津井健の口調を真似て、
会話の端々にその言葉を折り込んでは面白がっていたのでした (笑)
例えていうなら、「がきデカ」のこまわり君が何の脈絡もなく、唐突に
「あふりか象が好き!」と、発するギャグに似た感じです。

ひょうきんな母が亡くなってからはそういう遊びもなくなりました。

夫にその話をすると、驚いたことに”赤いシリーズ”は観ていたそうで
て言うか、家族が観ていたので仕方なくだそうですが。
観ていて疑問に思ったのは、水谷豊が牢獄かどこかで紙の鍵盤で練習している
シーンがあって、あんなもので上達するのかと真剣に思ったんだそうです (笑)

しょうもない話でスミマセン ^^;

今日も大掃除頑張りました。
1階の室内側の窓と網戸を拭いて、レースのカーテンも洗いました。


151228 (2)


1年間分の汚れが付着して、薄汚れたレースのカーテン。
フックを付けたままだと洗濯機を傷めるので外しますが、これが結構面倒。
背が低いので、カーテンを外す時に踏み台がないと仕事になりません。

カーテンは軽く糊付けしますが、いつも糊の分量で悩みます。
オーガンジーなので、ふんわりさせたいし、少し張りも持たせたいので
兼ね合いが難しいんですよね。
今日は上手くいきました^^


151228 (1)


17年間、頑張ってきたカーテン。
こうやって洗えば、まだまだいけそうです。
20年目には買い替えたいなと思っているので、それまでガンバレ!

今日は、和室の掃除も頑張りました。
壁全体に小さなシミが出来ているので、雑巾を固く絞ってゴシゴシ拭きました。
これがね、肩にくるんですよ。
明日、肩が上がらないかも ^^;
でも、きれいになったので満足、満足^^

明日は台所と浴室とトイレ掃除です。
換気扇、何年も掃除していないので、スゴイことになっていそうな嫌な予感 ^^;
それに大掃除、ちょっと飽きてきたしなあ (笑)

こういう時に限って、縫い縫いやお菓子作をりしたくなるんですよね。
日頃は敵視してるのに、そちらの方が掃除に比べると楽に思えてきて
要は集中力がないだけのことなんですけどね^^

ま、明日も頑張ります^^

2015.12.27 今夜は水炊き
本日2本目の記事です。
大掃除で忙しい時は鍋物が手っ取り早くていいですよね。
というわけで、今夜はお鍋、鶏の水炊きです。


151227 (2)


手羽先を水から入れてアクを取りながら30分間煮た後、鶏もも肉を入れて弱火で30分。
そのあと、そのまま30分放置。
たったこれだけで、鶏肉がほろほろになります。
調味料はおかべやの粉末鰹ダシを入れています。
うちは夫も私も手羽先がダメなので食べません、この時点で外します。
もったいないとは思いますが、ダシとコラーゲン抽出用と割り切っています。

テーブルの卓上コンロに移して、再度沸騰させ、鶏団子と野菜を入れてポン酢で頂きます。

レシピはガッテン流博多風水炊きを参考にしています。


151227 (1)


鶏団子はつなぎにパン粉も卵も玉ねぎも入れていません。
お酒と醤油で下味をつけて、しょうがのみじん切りと片栗粉を入れて丸めるだけですが
胸肉ではなくて、もも肉を使えば、それで十分美味しい!

ポン酢も簡単です。
器に直接カボスを絞り、醤油を適量入れ、鍋の汁をお玉で少しすくって入れて薄めて
出来上がりです。
超簡単なのに市販の瓶入りものと比べようがないくらい美味しい。

ポイントは白菜よりもキャベツです。
夫の実家で作っているキャベツは柔らかくて、甘くて美味しいんです。
今日は春菊も貰って帰ったので入れました。

ダシ汁と鶏団子が残ったので、明日の晩ごはんは、これに豆腐を足して湯豆腐にします。
年末は簡単なのが一番!
翌日は煮こごりが出来て、ゼリーのようにぷるんぷるんに固まります。
手羽先からコラーゲンたっぷり出ているという証拠ですね。

みなさんも、一度お試しあれ~^^

毎年、年末になると北海道から毛ガニとホタテを取寄せています。
以前勤めていた職場仲間の縁で取寄せるようになったので、かれこれ25年くらいになります。
なので、このふたつが揃わないと我が家にはお正月が来ません (笑)
今朝、宅配便で届いたのですが友人たちと、まとめ買いしているので、その仕分けで忙しく
大掃除は午後からになりました。

今日は2階の窓拭きと、網戸を洗いました。
ベランダ側は先日終わったので、それ以外の窓です。


151227 (3)


カーテン本体は洗いませんが、レースのカーテンは毎年洗っています。
我が家は窓が多いので、レースのカーテンも枚数が半端じゃないんです。
なので今日は2階の分だけで、1階は明日洗います。

一年に1回しか洗わないので煤けたようになっていますが、洗うと、
驚くほど汚れが落ちて、見違えるように白くなるので気持ちいいですね。

大掃除、すべて私一人でやるので大変なんですよね。
うちの夫は家にいても何にも手伝ってくれませんからねえ。
今日は網戸を外すのとカーテンのフックを掛けるのを頼みましたが
たったそれだけのことが、夫にとっては重労働のようです (笑)

今年も今日を入れて、あと4日しかありません。
みなさん、ギリギリまで頑張りましょう^^

付記
書きかけの記事↓、完成させました。

2015.12.26 忙中閑あり
本日2本目の記事です。
年末のこの慌ただしい時期だというのに、今日は録りだめTV番組なんぞを観て
日がな過ごしました。

題して「忙中閑あり」 (笑)

まずは、毎年クリスマスイブに放送されている、小田和正による
恒例のクリスマスライブ、「クリスマスの約束」
早いもので今年はもう15年目だそうです。


151226 (7)

今年のソロカバー曲は「なごり雪」でした。
声の衰えがまったく感じられません。


そして今年のメインゲストは和田唱くん。← って、40歳だそうですが。
和田誠さん、平野レミさんの御子息なんだそうです。
マイケル・ジャクソンとサイモン&ガーファンクルのカバー曲を二人で熱唱。


151226 (8)

AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」も披露。
これが、めちゃくちゃ楽しい^^


151226 (9)

あなたにちゃんと、告りたい~♪
なんて、はにかみながら歌う小田さん。


151226 (10)

甘いマスクと、甘い歌声、ちょっとファンになったかも^^
どことなく和田誠さんに似てるかな。


151226 (11)

いつものメンバー、委員会バンド。
今年もビートルズメドレー。
いつもながら絶妙のハーモニー。
何年か前に披露した「ミスターポストマン」にはしびれました。


151226 (12)

最後は全員でビージーズの「愛はきらめきの中に」を熱唱。

エンドロールは小田さんのソロで、チューリップの「夕陽を追いかけて」
これが財津さんと違った意味でいいんですよ。
いやあ、楽しめました^^

やらなければいけないことが山積みの時に罪悪感に苛まれながら観るから
余計に良く思えるのかもしれませんね^^
別に小田さんのファンでもなんでもないんですけどね。
毎年楽しみにしているのは、この慌ただしい時期にいっときでも現実から
逃避出来るからかもしれません。

もうひとつの番組は
「世界で一番美しい瞬間(とき)~クリスマス・スペシャル 天使が舞い降りるとき」

ドイツ・ロマンチック街道にあるアウクスブルク。
ここはドイツで最も美しいクリスマスマーケットが開かれる街なんだそうです。

ごめんなさいっ!
今夜も電池切れ、とりあえず画像だけアップします、書きかけでスミマセン!!



書き入れました。

151226 (13)

市庁舎前広場にずらりと並ぶ屋台。
クリスマスマーケットはアドベント(クリスマス前の4週間)の期間に開催されます。


151226 (14)

首藤アナウンサーが手に持っているのはグリューワイン。
温めたワインに砂糖やシナモンなどの香辛料が入っています。
凍てつくような戸外では温まりそうですね。


151226 (15)

11月24日から12月23日までの間、毎晩7時から10分間、エンゲルシュピールといって、
市庁舎のバルコニーに天使たちが現れ、音楽を奏でたり、音楽に合わせて
パフォーマンスが繰り広げられます。


151226 (16)

市庁舎の窓をアドベントカレンダーに見立て、天使たちが一人ずつ姿を現します。
そのさまは、さながら天使が舞い降りたかのようです。


151226 (17)

その天使のひとり、ビクトリアは街の高校に通う17歳。
天使は応募した街の子供たちが演じています。


151226 (18)

小さな天使もいます。


151226 (19)

こちらはミアちゃん、5歳です。


151226 (20)

郊外にある教会に住み、建物の管理をしている両親と暮らしています。


151226 (21)

すっかり天使になりきっている、ミアちゃん、可愛い!


151226 (22)

そしてビクトリア、ああ、なんて綺麗なんでしょう。


151226 (23)

12月23日、最終日です。


151226 (24)

今日もビクトリアの登場、神々しいまでの美しさです。


151226 (25)

そして最終日には、子供の姿をしたキリスト、クリストキントが現れます。
エンゲルシュピール、最大の見せ場です。


151226 (26)

これで今年のエンゲルシュピールも幕を閉じます。


観終わって、これは私も見てみたいなと思いました。
そして、夫に絶対に行こうねと、誓ったのでした^^

151226 (3)

今日の昼ごはんはバターロールサンドでした。
先日焼いたバターロールはそのままだと硬いので、表面に霧を吹いて
オーブントースターで2分ほど焼きます。
焦げそうな時はアルミホイルをかぶせます。
こうすることで、フワフワの焼きたてパンに復活します。
真ん中に切れ目を入れ、具材をはさみます。
ああ、家で焼いたパンって、どうしてこんなに美味しいんでしょう^^


151226 (5)

ポテトサラダとサニーレタス。



151226 (6)

玉子サンド。


151226 (4)

ヨーグルトに手づくり りんごジャム。


151226 (1)

タイムリーなことにお歳暮のスターバックスコーヒーが届いたので
早速エスプレッソでカフェオレを作りました。
このエスプレッソで作るカフェオレはすごく美味しいんです。
そのままだと、濃くて私はちょっと飲めないんだけど
牛乳と合わせることで飲みやすくなります。


151226 (2)

年末と言うだけで、気ぜわしい毎日。
おかげで、とてもリッチな素敵なランチになりました^^
どうもごちそうさまでした^^

本日2本目の記事です。
今日は天気がよかったので、午後から2階のベランダの窓拭きをしました。


151225 (4)

2階にある水道の蛇口にホースをつないで
窓、網戸、一面にシャワーをかけて濡らします。


151225 (2)

スポンジに洗剤をつけ、窓と網戸を軽く拭きながら汚れを落とします。


151225 (3)

勢いよくシャワーの水で洗い流します。
少し乾いたところで、タオルで水気を拭き取ります。


151225 (1)

ベランダの床も同じように、洗剤をつけたスポンジでこすって汚れを落とし
シャワーで洗い流します。

これでスッキリなりました。
大掃除は、まだまだ序盤、明日も頑張ります。

今日は24日の記事と合わせて、3本も更新したのでくたびれました。

2015.12.25 今週のお弁当
夫の冬のボーナスで、またまた曲げわっぱ弁当、買っちゃいました^^
この弁当箱に詰めてみたいがために、作りたくない弁当でも作ろうという意欲がわくので
これで夫も弁当に難民にならなくてすむというものです (笑)
だから、いいんじゃないでしょうか^^


弁当151222 (2) 弁当151222 (1)


今回、買ったのは一段の弁当箱です。
スタイリッシュな細身のデザインと赤いラインがポイントです。
早速詰めてみました。


弁当151222 (3)

う~ん、なかなかオシャレでしょ^^
でも、1段じゃご飯が足りな~い~ (笑)
てな訳で、2日目からはおかずだけ詰めました。
これは私のお弁当なので、ご飯は茶わんでレンジでチンしています。
夫は保温弁当箱です。


■ 12月22日(火)
弁当151222 (4)

  卵焼き
  キュウリとカニカマのマヨネーズ和え
  牛肉のしぐれ煮
  おたふく豆(自家製冷凍)


■ 12月24日(木)
弁当151224

  卵焼き
  鶏のつくねハンバーグ
  大豆と昆布の煮もの(自家製冷凍)
  ポテトサラダ


■ 12月25日(金)
弁当151225

  ゆで卵
  ひじきの煮もの(自家製冷凍)
  ほうれん草のおひたし(自家製冷凍)
  きんぴらごぼう(自家製冷凍)
  ポテトサラダ
  金時豆の甘煮(自家製冷凍)


最終日は冷凍庫の保存食品で、名付けて「在庫一掃弁当」(笑)
実は今朝は夫の弁当が間に合わなくて、これは私の分だけです。
なので、定石の卵焼きではなくて、ゆで卵なんです。

今年のお弁当はこれで終わりです、また来年から頑張って早起きして作ります。
では、また来年~^^

おうちでクリスマスディナーの続きです。(日付けは24日のままです)
午後から半日、フル稼働で頑張って作りました。
おかげでぐったりになりましたが。


151224 (1) 151224 (2)
151224 (3) 151224 (4)

メインディッシュは夫のリクエストでビーフシチューです。
黒毛和牛のすね肉、今日は奮発して3ブロック買いました。
じゃがいも、人参は気取ってシャトー切り。
だってクリスマスですもの (笑)
玉ねぎも、どっさり入ります、ほとんど溶けて形状がなくなりますが。


151224 (11)

残念なことに牛すね肉がハズレでした。
3ブロックの内、1ブロックが煮込むとパサついて美味しくなかった。
他の2ブロックは美味しかっただけに悔しい。
取り分けた私の皿の肉片は当たりでしたが、夫はハズレを引いたようで
がっかりしていましたね。
まあ、こういうこともありますよね。
じゃがいもと人参はどちらも美味しかったですよ。
なんたって実家で丹精込めて作っている野菜ですから。
人参も甘くて美味しい、そうだ、今度グラッセを作ってみようかな。
沢山作ったので、残りは冷凍しました。


151224 (6)


シチューと同時進行でバターロールも焼きました。


151224 (7)

いつもは焼いてすぐに食べるのでパンかごに入れるのですが、
今日は焼いてから時間が経つので、パサつかないようにポリ袋に入れて
テーブルの上に置いておいたんです。
見た目が市販のパンに見えたのか、夫が勘違いして

「こんな田舎に売ってるパンでも、美味しいロールパンがあるんだね」

って、もうっ! うちで焼いたんですっ!


151224.jpg

サラダはこれまた、実家のサニーレタスと聖護院大根。
クリスマスなのでリッチにスモークサーモンも入ってます。
市販のオクトパス葱ドレッシングをかけて頂きます。
このドレッシング、もう最高に美味しくて、いまハマっています。
カルパッチョとすごく相性がいいドレッシングです。

クリスマスケーキは夫のリクエストでシフォンケーキ。


151224 (8)

プレーンじゃないと食べないので。
でも、このまま焼きっぱなしでは、ちと、淋しい (笑)
なんたって、クリスマスケーキなんですから。


151224 (9)

そこで、生クリームでお化粧しました。
いちごなんか飾ると、それっぽくなっていいのはわかってますが
クリスマスのこの時期、いちごは高い!
「あまおう」なんて尋常な値段では売ってませんからね。
それだけでケーキが買えそうなくらい。
何かないかと物色したら、アラザンが出てきました。
これで、どうだ! (笑)


151224 (10)

シンプルでいいと思ったのに、夫には不評でした。
なにもデコレーションしてない、素地のままがいいんだって。
寂しかったら、”Noel”のプレートだけは付けてもいいよと (笑)

今夜も残業で、帰宅したのが遅かったので深夜近くのディナーとなりました。

夫によると、小倉の街はサンタさんとトナカイで溢れかえって
クリスマスモード全開だったそうです。
夜遅いので駅まで迎えに行ったのですが、車に乗り込んで夫が開口一番に、

「ひやぁ~、サンタさんが車両に乗りこんで来てね、怖かった~」

街中で見るサンタさんと違って、ローカル線の車両の中では
異質な感じがして、ちょっと怖かったんだそうです (笑)

「サンタさんのコスプレで家を出て、これからまたあの格好で家まで帰るんだろうね」

ホントにどんな気持ちなんだろう、勇気があるよね^^

今日はクリスマスイブですね。
一歩も外へ出てないので、巷のうかれ加減がわかりませんが
我が家も世間並みに、ご馳走を作りました。


151224.jpg


すみません、ここまで↑書いて、
身体の電池が切れてコタツの中でちょっと、うたた寝のつもりが爆睡 ^^;
気が付くと3時を回っていました。
これからお風呂に入って寝ます、続きは明日(今日ですね)アップします。

2015.12.23 晩白柚
151121 (12)


夫の実家の庭に生っている晩白柚、1個貰って帰りました。


151223 (3)

これは、もいでから2週間ほど追熟させたものです。
大きさがわかるように、みかんと並べてみました。


151223 (2)

皮をむくとひと回り小さくなりますが、それでもまだこんなに大きい (笑)


151223 (1)


実だけにして比べてみました。
一房がみかんの5~6倍あるので食べ応えがあります。
味は八朔とグレープフルーツを足したような感じです。
果実がしっかりしているのにジューシーでとっても美味しい。
どうも、ごちそうさま^^


付記
昨日は夜遅くまで年賀状の印刷をしたので、昼近くまで寝ていました。
午後からは買物に出かけたりで半日潰れてしまい、何も出来ないまま。
でも年賀状が終わったので、ほっとしています。
明日はクリスマスイブですね。
夫とふたりだけなので、簡単なおうちディナーにしようと思っています。
外ごはんは高くつくので、節約、節約 (笑)

本日2本目の記事です。


151222 (2)


昼ごはんを食べた後、すぐに窓拭きに取りかかるつもりが
ダラダラと録り溜めたビデオを観てしまい、結局始めたのが午後2時過ぎ。
ま、いつものことですが (笑)
で、何を観たかと言うと、「大地の子」の最終回です。
今、再放送やってるんですよね。
いやあ、面白かったです。

さて、日が陰りだしたので早いとこ窓拭きしないと ^^;
一階の窓と網戸すべて掃除終わりました。
と言っても、窓の外側とサッシの桟をシャワーで流して拭きあげただけですが。
我が家は窓ガラスが壁面を兼ねているので、結構な枚数あるんです。
窓の内側は雨が降っても作業出来るので、また後日。

予定では2階の窓までやるつもりだったのですが、なかなか (笑)
その代り、外周りをきれいに掃除しました。
シマトネリコも枯れ葉が落ちるので、枯れた枝葉を伐採しました。
辺りが暗くなってきたので本日の作業は終了。

晩ごはんのあとは年賀状を印刷するつもりです。
こうやって、ひとつずつ地道にこなしていくしかありません^^

151222 (1)


昨日買物に出かけた時に冬物インナーを買いました。
その名も「ババシャツ」と「ズボン下」 (笑)

素材は綿100%です。
乾燥肌なのでナイロン系の肌着はダメなんです。
ヒートテックなんて到底無理。
血だらけになってしまう (笑)

それでも暖かさという点においてナイロン系に勝るものはないんですよね。
綿100%は分が悪いんですね、暖かくない。
苦肉の策として、表がナイロンで裏側が綿100%というワコールの肌着を
まとめ買いしてずっと愛用してきました。
が、それも仇(かたき)のように、何年も着るので擦り切れてダメになり
買い替えようと思ったわけです。

ところが肌着売り場で色々と物色したのですが、もう売ってないんですね。
で、やっと見つけたのがこの上下。

スパッツもいっぱい持っているのですが、綿混でもナイロンが何%か
入っているだけで、痒くてたまらないんです。
ホントに難儀な体です ^^;

さて、着心地はどうでしょうか。
これで寒ければ、この上からナイロン系の肌着を重ね着すればいいし。
この肌着、肌に優しいだけじゃなく、懐にも優しいんです。
1枚、なんと500円!
3枚買っても、ブランド肌着の1枚分もしません (笑)
黒のシャツも欲しかったけど、なかった~残念!

スパッツ、レギンスではなくて、「ズボン下」というタグがついていました。
これに勝るネーミングなんてありませんよね。
何より、わかりやすくてよろしい (笑)

今日はそんなに寒くないし天気も良いので、午後から窓拭き頑張ります。

来年のカレンダーを取寄せました。


151221 (2)


我が家の定番、安座上(あざかみ)真紀子さんの
ペーパートーイカレンダーです。
数年前までは福岡(天神)に出かけた時に買って帰っていたのですが
ここ数年は店舗販売もしてなので、伊東屋で購入して送ってもらっています。


151221 (3)


シンプルなのでインテリアの邪魔になりません。
リビングの壁に掛けます。


もうひとつは贔屓にしているネット販売の生地屋さん、CHECK&STRIPEの
カレンダーです。↓


151221 (1)


このカレンダーは生地を買うとおまけに付いてきます。
ってことは、生地を買ったということですね ^^;

別にカレンダーが欲しかったわけではなのですが
どうしても欲しい生地があったので、布買いの封印を解きました (笑)
こちらは私のミシン部屋の壁に掛けます。


今日は午後から久しぶりに買物に出かけたのですが
それだけで一日が終わってしまいました。
でも、年賀状のデザインが決まったので(我が家と夫の実家の分)
あとは印刷するだけなので一安心。
明日一気に印刷して完成させます。

もういくつ寝ると~♪ お正月~♪

あと10日です、ちょっと焦っています (笑)

もうすぐクリスマスですね。
この慌ただしい年末にリースなんぞを作ってみました。


151220 (1)

材料にしたのは夫の実家で収穫した唐辛子と、
これまた夫の実家の庭に植えている、柊南天。


151220 (4)

そして我が家の庭から切ってきた蔓性のスタージャスミンです。


151220 (6)

蔓性なのでリースを作るのに、お誂え向き。
葉っぱをすべて取り除いて数本束ねて、輪っかにします。


151220 (3)

柊南天の葉もカットしておきます。
この柊南天は夫の実家に窓拭きの手伝いに行った時
庭に植えてあるのを見つけてリースにピッタリだと思って目を付けていたんです。
私はヒイラギだとばかりに思っていたら、夫が絶対違うと言い張るので
ネットで調べてみると、柊南天という種類でした。
ヒイラギの仲間ではなくて、南天の仲間だそうです。
良く見ると、葉の付き方が南天そのものですね。


151220 (7)

唐辛子と葉っぱをバランスを考えながら、輪っかに止めていきます。


151220 (8)

リボンでおめかしして完成!
なんかちょっと、ショボイ ^^;


151220 (9)

壁にかけるとこんな感じです。



もうひとつ、束ねただけのリース(?)も作ってみました。

151220 (2)

赤唐辛子を束ねて


151220 (10)

柊南天と一緒にリボンで結んで完成!


151220 (11)

壁に掛けてみました。



う~ん、こんなことやっている場合じゃないんですよねえ。
昨日、今日と天気が良かったというのに、窓拭きくらいすればいいものを。
いったい、何をやってるんだかって感じです ^^;

今年も余すところ10日しかありません。
わっ、どうしよう!
計画性がまったくないので、毎年同じようなこと言ってますが (笑)

年賀状も書かないといけませんねえ。
ま、明日から本気出します (笑)

紅玉を使っての第3弾はジュレ。


151219 (5)


きょうの料理で放送された「紅玉のジュレ」が、美味しそうだったので
作ってみることにしました。
ジュレというよりも、果てしなくジャムに近い感じがしました。
このジュレは紅玉の皮と芯を使うので、りんご1個まるごと食べつくす感があり
満足度がアップします。

私が使ったのはりんご12個分の皮と芯なので、このレシピの4倍の量があるんです。
なので水と砂糖の量を単純に4倍して作ったのですが、トロっとならないんです。
しばらく煮詰めてもシャブシャブしたままで、一向にゼリー状になる気配がありません。
仕方がないのでそのまま食べられるゼリーにすることにしました。
半端ない量の砂糖が入っており、このままだと甘過ぎるので、水を足して
粉ゼラチンを加えて、ゆるめに固めました。
保存容器に流し入れて、固まったあと崩しながらスプーンですくって
シャンパングラスに入れてみました。


151219 (4)


ああ、なんてきれいな色なんでしょう。
紅玉の皮を煮るとこんなきれいな赤い色になるんですよ。
着色料ではこんな自然な色は出せませんからね。
先日、友人たちにも食べてもらいましたが、美味しいと好評でした^^

紅玉があと2個残っているので、明日にでも何か作ります。
第4弾をお楽しみに~^^

本日3本目の記事です。
タルトタタン用に煮たりんごのうち、ズブズブに煮崩れたものを使って
ミニアップルパイを作りました。
ベラミーズのパイシートを使ったので簡単に出来たのですが
すっかりやる気が失せていたので、形が不格好になりました。


151218 (4)


151218 (3)


あと紅玉の皮と芯を煮出して作った、ジュレもあるのですが
それはまた明日にでもアップします。

151219 (1)


紅玉でタルトタタンを作りました。


151219 (4)


ぱっと見はきれいなんですが半分くらい煮崩れたので、形のきれいなものだけを表面に並べて
中身は崩れたものを詰めてごまかしました。


151219 (3)

ほら、艶々して美味しそうでしょう。

151219 (2)


グレーテルのかまどによると、干し柿のような食感をめざせ!
なんだそうです。


151218 (8)


さて、お味の方は・・・
早速カットして食べてみました。

う~ん、甘酸っぱくって美味しいんだけど、私は紅玉よりもふじのほうが好みかな。
紅玉はちょっと酸っぱ過ぎるので。
それにまだまだ水分が残っていて干し柿の食感とは程遠く、グジュっとしてるし。

今回はグレーテルのかまどのレシピで作ってみました。
パイ生地は作るのが面倒だったので、ベラミーズのパイシートを使いました。
案の定、今回もひと回り縮んでしまいました。

次回からはふじで作ります。
って、もうこの冬は作る気になれませんけど ^^;

151218 (5)


冷凍庫が満杯で、新たに冷凍食品を入れようと思っても入る余地がありません。
そこで一番邪魔になっているあんこを使って、あんぱんを焼くことにしました。
フランスパン用小麦粉の在庫を抱えているので、今日は皮をフランスパン生地にしてみました。


151218 (7)


菓子パン生地と違って、甘みが少くて、ひきがあるので噛みしめると味わい深い。
時折、歯にあたる黒ゴマとの相性もよくて美味しい。

天板を上に載せて焼く平焼きにしました。


151218 (6)


今日作った覚書として簡単なレシピを。

◆ 材料 (12個分)
    フランスパン粉 400g  100%  リスドォル
    砂糖      16g  4%        
    塩        8g  2%
    ドライイースト   3.2g  0.8%   サフ(赤)使用 
    スキムミルク     8g   2%

    卵黄(1個分) 22g
    水       230g   
    水分合計  252g 63%

    無塩バター  16g  4%

    黒ごま    適宜
    粒あん    600g  1個当たり50gに丸めておく
  ※ 粒あんは先日おはぎを作った時の残りを冷凍しておいたもの。

◆ 作り方は よもぎぱん と同じです。

もう一回分、冷凍あんこが残ってるので近日中に菓子パン生地のあんぱんを焼く予定です。
2015.12.17 原木椎茸
本日2本目の記事です。


151217 (3)

この椎茸、肉厚できれいでしょう。
義父が丹精込めて栽培した原木椎茸です。


151217 (4)

産毛が生えているのが分かりますか。
う~ん、安物のカメラでは分からないかなあ。


151217 (5)

傘の裏側のひだも、こんなにきれいなんですよ。


原木椎茸の難点は風雨にさらされるので、室内で育てる菌床椎茸と違って
見た目はきれいでも、結構汚れたりしていると思うんですよね。
でも、キノコ類は洗うと水気を含んで一気にまずくなりますからねえ。
キッチンペーパーで拭いたくらいでは、どうってこともないような気がします。
スーパーなどで売っている椎茸はほとんどが室内で栽培している菌床なので
私は洗いません。

では、この椎茸は洗うのかって?
洗うと返って表面の汚れが浸みこんでいくような気がするので
やっぱりこれも洗いません。

ただ自分の気持ちに嘘をついて食べないといけないので
精神的に良くないことは確かです。

見ん(ぬ)こと清し、って言うじゃありませんか。
要は見なかった、知らなかったと思えばいいんですよ。
だから何食わぬ顔で洗わずに調理して食べています (笑)

ただねえ、最近は大気汚染なんかもありますからねえ。
でも大量に食べるわけではないし、死にはしないでしょう。

干すと格段に旨味が増すので、今日は天気もいいので天日干しています。

因みに今日の雑煮↓に入っていた椎茸は市販のものです。
椎茸を買ったすぐあとに義父から貰ったんです。
貰えるとわかっていたら買わなかったのに・・・トホホ



151217 (2)

昨日の夜は鍋物だったので、その残りで雑煮を作りました。

151217 (1)


お餅は先月の法事の際に貰って帰ったものを冷凍しておいたものです。
雑炊にするつもりが、ご飯がなかったので雑煮になりました。

今週はずっと夫の弁当を作ってないので(明日も出張で要らないんだそう)
私の昼ごはんは毎日、こんなあり合わせのものばかりでした。

でも今日のこの雑煮はダシが浸みて、極上の美味しさでした。
あ~、夫にも食べさせてやりたい (笑)
我が家では、いつも八宝菜の翌日は中華丼、トンカツの翌日はカツカレーと
大体メニューが決まっています。

さて、お腹もくちくなったことだし、これからタルトタタンの続きをやります。
実はりんごが柔らかくて煮るとズブズブになったので、作る気が失せていたのです。
だから、紅玉って嫌い!

紅玉は果実が硬いのでタルトタタン向きって、ほとんどのお菓子の本には書いてあるけど
私は絶対にそんなことないと思う。
でも、いつも今回は大丈夫よねと思いながら買ってしまう、この悲しい性(さが) (笑)

多分、焼き始めるとまだまだ水分が上がってきて形がなくなるんだろうなあ。
あ~作りたくないなあ。
と、ここで嘆いてみても始まらないので、作りますよ。

一晩冷蔵庫で寝かさないと型から外せないので結果は明日ね。
乞うご期待 ・・・ なんて言いませんよっ! (笑)

2015.12.16 秋色紫陽花
151216 (3)


昨日の忘年会の折りに、友人から紫陽花を頂きました。
えっ、秋なのに紫陽花って思われるかもしれませんね。
実は私も紫陽花は梅雨時期に咲いて終わるものだと、ずっと思っていました。
ところが秋まで色を変えながら辛抱強く咲き続ける、根性のある品種があるんだそうです。
西安(シーアン)という品種で、これを秋色アジサイというらしいです。
贔屓にしているブロガーさんの記事で知りました。

紫陽花を植えたことがないので、なんとも言えないのですが
友人が庭から摘んできてくれた、この紫陽花が多分その西安じゃないかと
思うのですが、どうなんでしょう。
友人に訊いてみると、品種はよくわからないとのことでした。
ただ、ほかはすべて枯れてしまったのに、この1本だけは色が変化して
ここまで赤くなったのだそうです。
今年は気候がおかしくて、いつまでも暖かかったので、冬のこの時期でも
枯れずにいたのでしょうね。


151216 (5)

それにしても、このアンティークな感じ、素敵ですよねえ。

151216 (7)

全体像、正面です。
葉っぱが黄変しているのを見ると、なるほど秋色アジサイなんだなあと思いますね。


151216 (4)

これは側面です。
まったく趣きが異なりますね。
私はこの赤と緑のグラデーションが好き。
まさしくアンティーク紫陽花ですね^^

Fさん、貴重なお花をどうもありがとう。
昨日は頂いたあと、そのまま花瓶に生けただけで、みんなおしゃべりに夢中で
ろくすっぽ見ようともしませんでした。
みんなが帰ったあと、しげしげと眺めて、見れば見るほど惹きつけられて
ああ、もっとみんなで鑑賞すればよかったなあって。

本当に、ごめんね~

ブログ掲載で、日の目を見ることが出来るかなあ ^^;


追記
今日の午前中は義母の用事で運転手でした。
午後からも雑用に追われて気が付くともう夜です。
夫は今日は残業しないそうなので、晩ごはんの仕度をしないといけません。
タルトタタン、りんごだけ炊いて冷蔵庫に入れたままなので
早く続きをやりたいんだけど、今日も無理かなあ。

2015.12.15 忘年会
今日は半年ぶりに仲の良い友人4人で忘年会でした。
近所にある居酒屋さんでランチです。


151215 (2)

私が注文したのはトマトとバジルのパスタセット。

151215 (1)

前菜が付きます。
もう一人の友人は同じく和風じゃこのパスタセット。
すでに食べはじめていたので写真はありません。



151215 (3)

カレーセット。
何やら難しい名前が付いていたけど忘れました (笑)



151215 (4)

牛すじ肉の煮込み(シチュー?)セット。



     単品で生春巻き。

     151215 (5)

     トマトとモッツアレラチーズ。


     151215 (6)

     生ハムとアボカド。


     151215 (7)

      そして、それぞれのセットにデザートとスープが付きます。



151215 (8)


ランチのあとは我が家に寄って二次会。
タルトタタンが間に合わなかったので、冷凍していたバナナブレッドと昨日焼いたクッキー。
久しぶりなので、みんな好き勝手に機関銃のようにしゃべる、しゃべる (笑)
ピックアップした録画済TV番組を観たり、ポリ袋で作る白菜漬の講習会など盛りだくさん^^
白菜は2個分天日干ししておいたものを分けてお持ち帰り。
クッキーと紅玉のジュレもね。

とにかくしゃべって、笑って、楽しい一日でした。

と、ここまで打っている最中、夫からのメール。

「これから帰ります、今日は晩ごはんは家で食べたい」

ええ~っ!

今から作れっていうの~

只今の時刻、午後10時をちょい回ったところ。

今から、大急ぎで仕度して、迎えに行ってきます。
続きはまた明日。

2015.12.14 紅玉
本日2本目の記事です。


151214 (2)


野菜室に1カ月近く眠っているりんご、紅玉です。
紅玉には罪はないんだけど、場所を取るので邪魔になって仕方がないんです。
ポリ袋に入れて保存しておいたので、1個切ってみましたが鮮度は保たれているようです。
タルトタタンを作ろうと思って、買ったものの今日まで放置してしまって・・・^^;

どうしようかなあ、今からタルトタタン作ろうかなあ。
今日も夫が残業で帰りが遅いので鬼の居ぬ間に、なあんてね (笑)
でももう10時半を過ぎているので、今からだと真夜中になってしまうしなあ。

う~ん、どうしようかなあ。


151214 (1)


それにしてもこのりんご、紅玉の名に違わず深紅で可愛いですよねえ。
近所のスーパーで買ったのですが、昔は安価なりんごの代名詞だったのに
作る農家が少ないためか、高級品になってしまいました。

こんなことをしているうちに刻々と時間が過ぎていきます。
やっぱり作ろうっと!
流石に焼くのは無理なので、りんごを炊くだけね^^

明日は母の月命日なので、お供え用にクッキーを焼きました。
いつものチョコチップクッキーと全粒粉黒ごまクッキーの2種類です。
変わり映えしないので、もっと他のものを作りたかったのですが
それはまた来月にでも。


151214 (4)

151214 (3)


本日2本目の記事です。
先日、夫の実家から貰って帰った巨大ごぼうを使って、おかずを2品作りました。


151213 (25)

とにかくこの巨大ごぼうは形が不格好で、でこぼこしているので下ごしらえが大変 ^^;


151213 (24)

あまりにも太いので、中に鬆(す)が入って空洞が出来ています。
食べられるところだけ切り取って、細切りにしました。
捨てる部分が多いにもかかわらず、すごい量できました。
これはきんぴらにします。


151213 (23)

周囲のでこぼこした部分は、形が均一ではないので削ぎ切りにします。
こちらは天ぷら(かき揚げ)にします。


151213 (22)

鍋いっぱいあった大量のごぼうもきんぴらにすると、嵩が減ります。
それでもこんなにいっぱい出来ました。
今晩のおかずにした残りは小分けして冷凍保存します。
こうしておくと、お弁当のおかずに重宝します。


151213 (21)

唐辛子を少し効かせているので、ぴりっと甘辛くてごはんがすすみます。


151213 (20)

これは昨日の晩ごはんのおかずの天ぷら。
手前がごぼうで、奥は玉ねぎのかき揚げです。
このごぼうの天ぷらは土の香りがしてホントに美味しいんですよ。
夫の大好物なのでいっぱい作りました。
これも残りはごぼう天うどん用に小分けして冷凍しました。
玉ねぎも甘くて美味しかった~^^


付記
今日の昼ごはんのうどんに、さっそく入れてみました。
ごぼ天うどん、もう美味しくて、美味しくて。
(当地方ではごぼう天ではなくて、ごぼてんと詰めて呼びます)
夫は大絶賛でした、めでたし、めでたし^^

昨日に引き続いて春花壇の準備、三日目です。
なんと今日は朝から雨。
天気予報では雨が降るなんて言ってなかったのに、約束が違う、プンプン。
と、いう訳で今日も夕方近くになって作業を始めました。


151213 (19)

こちらは玄関側の花壇ですが、スタージャスミンの根が張り過ぎており
耕すのが一苦労でした。
スタージャスミンは少々なことではへこたれない屈強者なので
絡みついた根をブチブチとぶった切ってやりました (笑)
あ~膝が痛い、腰が痛い、おまけに腕や肩も痛い。

頑張って耕して、植付け完了。


151213 (18)

白妙菊 6株。


151213 (17)

赤いデージー 8株。


151213 (16)

ノースポール 7株。
これは唯一こぼれ種で発芽したもの。
今年は天候がおかしかったので、ノースポールも夏前に大量に発芽し
夏の暑さに耐えきれずに枯れてしまったのでした。
秋になって発芽したのはたったこれだけでした、だから貴重 (笑)


151213 (15)

こちらはチューリップを植えている花壇。
こぼれ種で発芽した忘れな草だけでは寂しいので、この春採取した種を蒔きました。
忘れな草の種は嫌光性なので、種を蒔いた上から真砂土をかけました。
ま、かけなくてもいいんでしょうけど、一応ね。
種を残しておいても仕方ないので、ここはダメ元で蒔いてみました。
今までこんなに寒くなってから種を蒔いたことはないので
ハッキリしたことはわからないのですが、発芽は春になってからかなあ。

これで春花壇の植付けがすべて終わりました。
やっと終わってほっとしています。
あれもこれもと植えたわけではないけど、とにかくやるだけのことはやった (笑)
あとは結果を待つのみ、はて、どんな感じの庭になるのやら。
来春が楽しみです^^

今日は春花壇の準備作業、2日目です。
午後から玄関先にある花壇を耕して花苗を植えました。


151213 (2)

玄関先に植える花苗です。


151213 (6) 151213 (5)

ムルチコーレとノースポール。
黄色と白の組み合わせって明るくて好きなんです。
ムルチコーレって初めて耳にする名前です。
覚えにくい名前なので忘れないように、レシートの裏に名前を書いてもらいました。
ノースポールの黄色バージョンみたいだなと思ってメリハリを付けるために
一緒に植えることにしました。


151213 (4) 151213 (3)

毎年植えている白妙菊と今年初めて植える赤いデージー。
白妙菊は、ぱあっと目を引くし、一緒に植えた花を引き立ててくれるので好きです。
この赤いデージーとの相性もいいし、その隣にはノースポールを植えるので
赤と白のコントラストが効いていいかなと思って。

今年は予算がないので、特売の花苗ばかりを買ってきました。
一苗当たり50円程度だったので、全部(40個)で2000円くらいでした。

今日はいつも、どんなふうに耕しているか特別公開しましょう (笑)

151213 (7) 151213 (8)

雑草などを引き抜き、古い根も取り除いて、深さ30cmくらいまで耕します。
耕したら腐葉土を撒きます。
腐葉土を入れることで土がフカフカになるし、養分も補えます。


151213 (9) 151213 (10)

次にバーミキュライトと苦土石灰を撒きます。
バーミキュライトは保水性にすぐれているので根の成長に一役かってくれます。
苦土石灰はアルカリ性なので酸性に傾いた土壌を中和してくれます。
苦土石灰は撒いて1週間程度おいてから、植え付けたほうがいいそうですが
私は撒いてすぐ植えこみできるという種類のものを使用しています。


151213 (11) 151213 (12)

最後に元肥としてマグアンプ(中粒)をパラパラっと撒きます。
肥料はなるべく根に触れない方がいいので、土の奥深くに撒いた方がいいのでしょうが
私はそんな面倒なことはしたことがありません。
腐葉土、バーミキュライト、苦土石灰、マグアンプをすべて一緒にして耕しています。
耕し終わったら、表面を均します。


151213 (13) 151213 (14)

苗をいきなり植えるのではなく、ポットの状態で株間20cm、バランスよく配置します。
移植ごてで穴を掘り、植え付けます。
玄関先の花壇は左右対になっているので、2面分植付け完了。

シーズンごとに土壌改良をしているので我が家の花壇の土はフカフカです。
なので耕すのもそんなに力は要らないのですが、なにせ膝を曲げないと耕せませんからね。
膝に負担がかかるので一度に長時間作業出来ません。
というわけで、もう一つの花壇はまた明日。

付記
今日は夫が車で出勤(休日出勤)したので、買物に行くことが出来ず非常に不便でした。
膝が悪くなければ歩いて買物に行けるのになあ、車がなければ生活出来ないんだなあと、
改めて実感しました。

151211 (4)


コンビニで期間限定販売のアイスを見つけました。
「華もち」シリーズの”きなこ黒みつ”と”みたらし胡桃”

これって、先日テレビで品薄って言っていたアイスだ!

ここは田舎なので、品薄どころかどっさりありました (笑)
今年の2月にも販売されたようですが、買いそこなったので
今日こそは逃すまいと思って買いました。


151211 (3) 151211 (1) 151211 (2)

和栗あずきっていうのも美味しそうだったので買ってみました。


151211.jpg 151211 (5)


早速、きなこ黒みつを食べてみました。
雪見だいふくに似ていますが、こちらのほうが餅が柔らかくて伸びがいいように思います。
和風の黒蜜がかかったきなこもちと、アイスクリームがよく合うんですよ。
いやあ、美味しかったです^^
普段はアイスクリームだけだと濃厚過ぎて半分くらい食べると、もういいやって思うんだけど、
餅がそれを打ち消してくれるんですね、もう1個食べたいなって思ったくらいです。

みたらし胡桃はまた明日、食べたいけど、お高いのでね (笑)

たぶん、きなこ黒みつの方が美味しいと思うけどなあ。
あ~明日が楽しみ~♪

因みに、夫は正統派のバニラしか食べません、あとは抹茶くらい。
しかし、手を変え品を変え、いろいろと商品開発して商魂逞しいですよね (笑)

2015.12.10 今週のお弁当
本日2本目の記事です。
明日は夫が出張で弁当がいらないので今日アップします。
今週はずっと残業続きだったので、昼、夜とも外食は酷だなあと思い頑張って作りました。
水曜日も出張だったので、今週は3日分です。


■ 12月7日(月)
弁当151207

  卵焼き
  塩じゃけ
  ほうれん草とベーコンときのこのソテー
  おたふく豆の甘煮(自家製冷凍)


■ 12月8日(火)
弁当151208

  卵焼き
  ひとくち餃子(冷凍市販品)
  金時豆の甘煮(自家製冷凍)
  茹でスナックえんどう(マヨネーズ)


■ 12月10日(木)
弁当151210

  卵焼き
  鶏の唐揚げ(南蛮風)
  ほうれん草とベーコンときのこのソテー
  金時豆の甘煮(自家製冷凍)
  

今週はほうれん草のソテーが続きましたが、作り方はいたって簡単なんです。
ベーコンをフライパンで炒めて、きのこ、ほうれん草の順にオリーブ油で炒めて
塩コショウで味付けするだけ。ほんのちょっぴり、味の素もかけています。
きのこは解凍しないで凍ったまま(解凍すると水気が出てまずくなります)
ほうれん草は解凍して水気を絞ってから炒めます。


151210 (8) 151210 (7)
151210 (6) 151210 (5)

ほうれん草はまとめて茹でて水にさらして軽く絞り、1回分ずつ小分けして
ラップで包んで冷凍しています。
自然解凍は時間がかかるので、レンジで2分くらい加熱しています。
どうせ炒めるので温まってもいいからです。


151210 (9)

しめじとエリンギもジッパー付きの袋に入れて冷凍しています。
しめじは石づきをカットしてほぐし、エリンギは半分に切って薄くスライスします。
どちらも洗いません。洗うと水っぽくなるからです。
室内での清浄栽培だと思うので、キノコ類はいつも洗っていません。
一食分くらい、洗わなくたって死にゃしませんって (笑)
冷凍すっるとバラバラにほぐれるので、いる分だけ取り出して使います。

我が家は市販の冷凍食品は買わないのですが、唯一この 長崎ひとくち餃子 だけは
買っています、ちょっとお高いのですが ^^;
でも何もない時に、常備しておくと困らないので重宝しています。
通販ではなくて、近所の店で買っています。

夫の弁当箱を保温弁当に替えてから、ごはんやおかずを覚まさなくていい分
起きるのが30分遅くてよくなりました。
ただ、我が家は結婚してからずっと鍋で炊いているので、炊飯器のようにタイマーで
朝起きた時には炊けているってことが出来ないんですね。
だから、どうしてもその分早起きしないといけないわけです。

炊飯器といえば息子がまだ幼い頃、実家で初めて炊飯器なるものを目にして
不思議そうな顔をしていたことを思い出します。
炊飯器のピピーっという炊き上がりの合図の音によほどビックリしたのか
後ずさりしていました (笑)
今では音楽で知らせたりする物もあるんでしょう、もうびっくりぽんですね^^

そうそう、あとポットもないので、押すだけでお湯が出てくるというのにも
衝撃を受けたようでした (笑)
今でも、我が家には縁のないものです^^

昨日、土を耕したせいか今朝から膝の具合が悪く、終日こたつむりになっていました。
小津安二郎作品「秋日和」を観たりして過ごしました。
寒いとどうも、良くないようです。

今日は朝から雨ですが、昨日は上天気でPM2.5の数値も低かったので
先日選別した大豆を干しました。

151210 (4)

151210 (3)

少しでもお日様に近くなるように(笑)、二階のベランダに干しました。


151210 (2)

500g入り3袋、ジッパー付きの袋に入れて常温保存します。
野菜室は満杯で、もう入れる余地がないんです。
これだけ干したから、常温でも大丈夫でしょう。


151210 (1)

黒豆は400g入り、2袋。
実は昨年収穫した分がまだ同じくらい残っているんです。
お正月は先にそちらを炊かないと・・・

とにかくいろんな豆がいっぱい、何だか豆大尽か分限者になったようで
満ち足りた気分になります^^
とは言っても、もうこれ以上は要りません (笑)


付記
昨日は夫の実家の庭にも同じように大豆を干していました。
ゴザを広げた上にビッシリ、隙間なく。
見ないふりをして通り過ぎようとした私に義母が

「あんたが炊いてくれた大豆の煮豆、美味しかった~
干し上がったら、またいっぱい持って帰りね~」

「・・・」

返す言葉がありませんでした ^^;

本日2本目の記事です。
膝を悪くしてからこっち、庭仕事が億劫になってきました。
加えて最近は首のコリも酷いので尚更やる気が起きませんでした。
でも、そうこう言っても、季節は待ってくれませんからねえ。
やっとこさ重い腰を上げました。

このところ気候が変ですよね、今年の冬はいつまで経っても暖かだったし
ニュースでは、もうつくしが生えただの、桜が咲いただのと賑わせています。
と、前振りをしておいて、
見てください、この春に掘り上げて保管しておいたチューリップの球根
なんと、すべて芽が出ています。 ↓
長年チューリップを植えていますが、こんなことは初めてです。
もう、ほんまにびっくりぽんやわ、です (笑)

151209 (7)

151209 (6)

こんなの植えて、ちゃんと育つのでしょうか。
今年はガーデニングにかける予算がないので、新たに球根は買えないんです。
ダメ元で植えるしかありません、花が咲いたら儲けものです。


151209 (5)

ホームセンター、園芸店で買物をして作業を始めたのが午後3時過ぎ。
早くしないと日が暮れてしまうと焦りました。


151209 (3)

膝を深く曲げることが出来ないので、土を耕すのも一苦労。
深さ50cmくらいまで耕します。
耕したあとは腐葉土、バーミキュライト、マグアンプ、苦土石灰を撒いて再度耕します。
肥料は根が直接当たらないように奥深く撒きましょうなんて悠長なこと言ってられません。
全部ごった混ぜです (笑)
石灰は植付けの1週間前に撒いておきましょうなんて、ま点子ちゃんの私には無理。
この苦土石灰は撒いてすぐに植付け可能の石灰です。
毎年こんな感じで植付けますが元気に育たなかったことはないので
適当でいいんじゃないでしょうか (笑)


151209 (2)

芽が出たチューリップ(バレリーナ)を目印をつけて並べ、
移植ごてで穴を掘り、10cmくらいの深さに埋め込んで植付けます。
全部で70球植えました。


151209 (4)

こぼれ種で育った忘れな草、これを根を傷めないように土ごと移植します。
実は今年は忘れな草のこぼれ種で夏前にすごい量が発芽したんです。
ひまわりや青じそを覆い尽くすくらいに、こんなに早くから発芽しても夏を越せないし
季節外れに花が咲いてもねえと思い双葉の状態の時にすべて引き抜きました。
それでもまだ種が残っていたのか、秋口になって何本か発芽しました。
それを移植したんです。

151209 (1)

あ~もう日が暮れる ^^;
写真は植えこむ前の仮置きの状態です。
秋の日はつるべ落としで、あっという間に暗くなって写真が撮れなくなりますからね。
これを植えただけで本日の作業は終了。

明日、明後日は雨なので、他の花壇は土日に耕します。
今日園芸店に行ったら、時期を外したのでめぼしい苗がありませんでした。
それでも激安の苗を少し買ってきたので、それを植えます。

今日は上天気で大気汚染もなかったので、布団も干しました。
大豆もベランダに干しました。
なんか、ひどく疲れた一日でした。

今日は月例の診察日だったので義母を送った帰りに
野菜を貰って帰りました。

151209 (8)


出ました!、巨大ごぼう (笑)
これを掃除して下ごしらえするのが、またひと仕事。
それにしても、どう見てもこれはごぼうには見えませんよねえ (笑)
でもね、器量は悪いけど、ごぼう本来の風味が生きてて美味しいんですよ。
市販のものだと、こうはいかないので面倒がってはいけませんね。

そして今年初物の聖護院大根。
大根と比べて苦みがなく、ほんのり甘くて美味しいですよね。
柔らかくなるのに、煮崩れしないし、ホントにおりこうさん (笑)
千枚漬けのようにしてもいいし、千切りにしてドレッシングで食べても。
優等生の大根です^^

午後から延ばし延ばしにしていた庭仕事、やっと重い腰をあげてやりました。
それはまた別記事で。

本日2本目の記事です。

151208 (9)


実家で収穫した大量の人参を消費すべく、人参がたっぷり入ったケーキを焼きました。
その名もズバリ、キャロットケーキ^^


151208 (10)

151208 (11)



自分の覚書として簡単なレシピを。
バナナブレッドの応用で、バナナを人参に置き換え少し改良を加えました。

◆ 材料 直径15cmの丸型2台分(パウンド型2個分)
  卵 2個 120g (粉の60%)
  きび砂糖 120g (60%)
  塩 ふたつまみ
  なたね油[キャノーラ) 120g (60%)
  人参 200g (正味) (粉と同量)
 (粉類)
  薄力粉 200g
  ベーキングパウダー 小さじ2
  重曹(タンサン) 小さじ 1/2
  シナモンパウダー 小さじ1
  クルミ 100g 
  レーズン 100g 
  ラム酒 適宜

  クリームチーズ 200g
  グラニュー糖 50g
  レモン汁 小さじ2

◆ 作り方

① 人参は皮を剥いておろし金でおろしておく。
② クルミは160℃のオーブンで10分ローストし粗く手で割っておく。
③ レーズンはお湯に浸けて柔らかくして絞り、ラム酒をふりかけておく。
④ 粉類は合わせてふるっておく。
⑤ ケーキ型にクッキングペーパーを底と側面に敷いておく。
⑥ ボウルに卵を入れ泡だて器でほぐし、砂糖、塩を入れ白っぽくなるまで混ぜる。
⑦ なたね油を入れ混ぜたあと、人参も入れてよく混ぜ合わせる。
⑧ ふるっておいた粉類を入れ、ゴムベラで底からすくって混ぜる。
⑨ クルミ、レーズンを加えて混ぜる。
⑩ 型に入れたあと、トントンと上から落として空気を抜く。
⑪ 170℃のオーブンで45分くらい焼く。(竹串で確認)
⑫ 型から出して網の上で冷やす。
⑬ クリームチーズは電子レンジにかけ柔らかくしておく。
⑭ ゴムベラで練り、グラニュー糖とレモン汁を加えてクリーム状にする。
⑮ ケーキが完全に冷めたらゴムベラで表面に塗る。



151208 (12)


カットして食べてみました。
クリームチーズとマッチして、すんごく美味しい!
レモンがちょっと効きすぎたかな、舌にレモンの酸味が残る感じがします。
ケーキ本体はこのままの配合でよさそうです。

このケーキの決め手はやっぱり人参だと思います。
甘くて水分の多い人参じゃないと美味しくならないと思う。
今の寒い時期に収穫した人参は甘いんですよね。
人参は一年中、出回っているけど、美味しいケーキは今の時期しか
焼けないってことですね^^

今日は久々にガーデニングの予定だったのですが
残業を頑張っている夫のために、思い立って
夜食用にと、このケーキを焼いたので結局、庭仕事は出来ずじまい。
明日は義母の月例の診察日なので、午前中は無理だし。
そんなこんなで、今年は大幅に時期を逸してしまいました。
ただ単にやる気がないだけの話なんですけどね (笑)

ま、なんとかなるでしょう^^

151208 (8)

夫の実家で収穫した大豆で煮しめを作りました。

簡単な作り方を。

151208 (7) 151208 (6)

一晩水に浸けてもどした大豆500gをザルにあげる。
大根1本は半月に切り、米ひとつかみを入れて透き通るまで煮てアクを取る。


151208 (4) 151208 (5)

ゴボウ2本は皮をきれいに洗い、皮のまま斜めにカットしてさっと茹でる。
野菜昆布はキッチンバサミで適当な大きさに切って洗っておく。


151208 (3) 151208 (2)

材量をすべて鍋の中に入れ、かぶるくらいの水を入れて沸騰させる。
アクが浮いてくるのですくう。


151208 (1)

大豆が茹でた枝豆くらいの硬さになったら、醤油、砂糖、酒、鰹だしを入れて
煮汁が半分くらいになるまで煮る。
昆布がとけるくらいになったら火を止めて冷まし、味を含ませる。

調味料の分量は例のごとくテキトーなんですよ。
醤油をドボドボ、砂糖をドバッ、酒もドバッ、おかべやの鰹だしスプーンでぱぱっと (笑)
途中で味をみて、足したり引いたりしながら作っています^^
味はね、まあこんなもん (笑)
いいんですよ、自分が美味しけりゃ^^
ただ、今回は野菜昆布が早煮用だったのか、溶け過ぎてとろろ昆布のようになりました。
でも、そこがまた美味しいんですけどね。

それにしても、こんなに大量の煮しめ、どうするのかって?
夫は食べないので、夫の実家に持って行こうと思っています。
持て余し気味の大豆なんだから、頑張って食べてもらわないと (笑)

残りは私が毎日食べるつもりです、なくなるまでね。
夫が今週いっぱい残業で外で食べて帰るので、私一人なんです。
だから晩ごはんはこの大豆と白菜漬けで。
あ、あと味噌汁くらいは作りましょうかね。
どっちにしろ今週は楽勝、楽勝^^

そうそう、イワシのぬかみそ炊きもあったのでした。 ← これも夫は食べない。
わ~、ひとりごはんなのにゴージャス! (笑)
2015.12.07 キリ番
本日2本目の記事です。


55555.jpg



「55555」、キリ番です!


いやぁ、あぶなかった。
実はすっかり忘れていたんですよ。
昨日までは覚えていて、今日あたりかなとは思っていたんです。
気がついた時は「55550」
もうドキドキしましたよ (笑)
で、今回は初めてカウンターをいじりました。
どうしても外したくなかったんです。

次からはいじったりしませんよ。
あ、でも 「77777」 はいじるかも (笑)

こうやって改めて眺めると、感慨深いですねえ。
地道に票を伸ばしている立候補者になったみたいな気分です (笑)

こんな拙いブログに訪問頂きましてありがとうございます。
毎日更新を自分に課しているので、それだけは続けようと思っていますので
どうかまた、いらしてくださいね^^

2015.12.07 大豆の選別
夫の実家から昨日貰って帰った大豆を選り分けました。


151207 (6)

選り分ける前は2.3kgありました。


151207 (5)

手ですくって、砕けたり、虫食いのある豆を選別していきます。


151207 (4) 151207 (3)

左がきれな豆、右がくず豆です。


151207 (2) 151207 (1)

形のきれいな豆 (左) 2kg
くず豆 (右) 300g

一割強のくず大豆が出ました。
大豆の量が少ないので手作業で選り分けましたが、
それでも結構時間がかかりました。

こういう作業は私、嫌いじゃないんですよ。
なんか真珠の選別を仕事にしている女性になったような、そんな気分 (笑)

クリスマスも近いので、クリスマスソングを聴きながら作業しました。
CD1枚分聴き終わるくらいの時間を要しました。
いつか、この先クリスマスソングを聴くたびに

ああ、このアルバムを聴きながら大豆を選り分けていたなあ、
あのころは、まだ若くて元気だったなあ、

なんて思い出すんでしょうね、きっと^^
ここは恋人同士の甘いクリスマスの思い出、といきたいところですが・・・

アハハ、ないない (笑)

貰って帰った大豆は収穫した大豆のほんの一部なので、実家の納屋には
まだすごい量の大豆が残っています。

かぼちゃと同じようにいつまでも隠し持っていて、
忘れたころに義母が差し出してくるんじゃなかろうかと気が気ではありません ^^;
もうそんなに、いらないんだけどなあ (笑)

早速、今晩水に浸けて戻し、明日炊きます。

2015.12.06 隠しかぼちゃ
本日2本目の記事です。
午後から夫の実家に野菜を貰いに行きました。


151206 (11)

ねぎ、ほうれん草、春菊、人参、大根、サニーレタス。
と、ここまではよかったのですが


151206 (10)


またまた大量のかぼちゃ (苦笑)

「お義母さん、かぼちゃ、まだあったん?!」

「うん、人に取られんごと隠しちょった」

って、一体だれが取るっていうのかなあ ^^;

トホホ、苦労してやっと、かぼちゃの在庫を捌(は)かしたばかりだと言うのに。
仕方がない、かぼちゃペーストにでもするかな。

この他に、黒豆、大豆、じゃがいも、ジャンボ白菜も貰って帰りました。
黒豆と大豆は選りわけてなので写真を撮っていません。
これで、また豆の在庫も増えました (笑)

今まで何年も使ってきた炒め鍋が、いい加減くたびれてきたので新調しました。


151206 (3)

T-fal フライパン 炒め鍋 ウォックパン 「IHホームシェフ」 28cm E45019
というのであります。


151206 (9) 151206 (8)
151206 (7) 151206 (6)

ティファール最高峰の6層コーティング金属へらの使用はもちろんOK!
スタイリッシュなステンレス製取っ手耐熱温度260℃と、オーブンでの使用も可能!
・・・なんだそうです^^


151206 (5) 151206 (4)

蓋は別売りです。
T-fal インジニオ ネオ バタフライガラスぶた 28cm L99367

やっぱり蓋があった方が便利なので、同じシリーズの蓋を買いました。
ところがこの蓋、取っ手が取り外しできるフライパンのために作られたモノのようで
取っ手を取りつける部分に隙間があります。
それともうひとつ、専用の蓋ではないせいか蓋が密閉出来ずビミョーに隙間ができます。
まあ炒め鍋として使うので問題はないのですが、煮炊きする時にはここから
蒸気が漏れるでしょうね。


151206 (1) 151206 (2)

バタフライのネーミング通り、つまみが開閉します。
収納する時はつまみがペタンと平面になるので場所を取りません。

実はこの他にも、このシリーズのフライパンと蓋を持っていて使っているので
使い勝手がいいのは実証済みなんです。

炒め鍋は鉄製の北京鍋が始まりで、ずっと愛用していましたが手入れが大変なんですね。
その後セラミックに替えてから手入れが楽になりましたが、それも経年変化でくたびれてきて
焦げ付くようになりました。

冬のボーナスを当て込んで、思い切って新調することにした次第です。
ちなみに、ネットで本体+蓋で一万円でした。
たかがフライパンごときに、高い買物ではありますが ^^;

本日2本目の記事です。

151205.jpg


今日は高校の時のクラス会でした。
どう言う訳か、うちのクラスはクラス会好きが揃っているようで
毎年クラス会を開いているもよう。
社会性に欠ける私は(笑)毎年お誘いがきても、いつも無視して
ここ何年も参加していませんでした。
今年はクラスで一番の仲良しだった友人が出席すると言うので
8年ぶりに出席したのですが、
いやあ、みんなすっかり爺さん、婆さんになっておりました (笑)
外見は年齢通りだけど、内面は高校時代とちっとも変ってなくて。

それにしてもこの集まり具合、総勢18名、出席率40%ですよ、すごいなあ^^
今日のこのクラス会のために関西や関東方面から帰省した人もいて
その情熱に打たれました。

2次会はカラオケだと言うので、早々に逃げ出して帰ってきました。
30年ぶりに再会した友人と心おきなく、おしゃべり出来たので
楽しいひとときでした^^

次回は、う~ん、どうするかなあ ^^;

今日の昼ごはんに卵焼きを焼きました。
昨日のお弁当記事に載せた卵焼きの分量で作ってみました。
結果は・・・
ちっとも美味しくなかった (笑)
やっぱりいつも目分量で作っているので、数字に表すと難しいですね。
塩が少し足りなかったのと、だしが効きすぎていました。
塩はふたつまみくらいで、鰹だしは小さじ1/3くらいなのかなあ。
どちらも、ちょびっとです。
しゃかしゃかやるのも、4、5回じゃなくてもっとかき混ぜていました ^^;
でも、かき混ぜ過ぎると卵のコシがなくなって美味しくないんですよね。

卵焼きに限らず、料理はいつも目分量で作っています。
煮物をする時は調味料なんて計ったことありませんからねえ。
主婦ってだいたいそんなもんですよね。
日頃の勘で作っていても、不思議と毎回同じ味になりますからねえ。
お菓子やパンはさすがに計量しますけど。

煮炊きする時はおおざっぱに調味料を入れ、味見をしながら調整してます。
醤油にしろ砂糖にしろ、適当に勘で入れています。
醤油なんてペットボトルのままドボドボと注いでます。
みなさんも、そうでしょう、えっ、違う?!
修行が足りませんねえ (笑)

家庭の味って、そうやって決まっていくものだと思います。
長年、主婦をやっていればおのずと身についてくるものだと思います。
私は自分が作ったおかずの味が食べ慣れているので飽きないし、
一番美味しいと自負しています (笑)
家庭料理って、そうですよね。
うちのおふくろの味が一番なんてよく耳にするけれど、たぶん余所の人が食べると、
本人が絶賛するほどの味ではないと思います。
でも、その母親の味で育った家族は舌がその味に慣らされているので
うちの母親の料理が一番美味しいって、なるんだと思います。
で、その味はいちいち大さじ1杯なんて計っていたら出来っこない。

やっぱり、行きつくところ味のよしあしは、その人の持つ舌の感覚なんでしょうね。
私は塩辛いのがダメなので、我が家の味付けはいたってシンプルで薄味です。
それに慣らされて育った息子は大学に入って一人暮らしをするようになって
外で食べる味付けの濃い料理に辟易しているようです。

長々と説教じみたことを書き連ねましたが、分量通りに作った卵焼きが
あまりに美味しくなかったので、自分に対する言い訳です (笑)
読み流してくださいね。

2015.12.04 今週のお弁当
月日が経つのって早いですね、今年も余すところ1カ月となりました。
年末になると加速度がついて、日にちも倍速で飛んでいくような気がします。
お弁当の記事も、ほんの2、3日前に書いたように思えるのですが。
さて、今週も起きられなくて3日分です。
写真は私の分の弁当なので通常の弁当箱ですが、夫の分は今週から保温弁当に
切り変えました。


■ 12月2日(水)
弁当151202

   卵焼き
   マカロニサラダ
   ほうれん草の胡麻和え
   酢豚



■ 12月3日(木)
弁当151203

   卵焼き
   ほうれん草とベーコン、しめじのソテー
   金時豆の甘煮
   かぼちゃの鶏そぼろあんかけ


■ 12月4日(金)
弁当151204

   卵焼き
   野菜炒め(玉ねぎ、人参、豚バラ)
   蛇腹きゅうりの即席漬け
   里芋の煮っころがし



酢豚とマカロニサラダは、前日の晩ごはんの残り。
揚げたてと違い翌日はどうしても豚肉が硬くなってしまいますね、でも美味しかったですよ。
北海道物産展で買った玉ねぎが甘くてシャキシャキで、いい仕事してます (笑)
シイタケの代わりにエリンギを入れていますが、これも一役かっています。

かぼちゃは単体で炊いたものは夫に不評なので、鶏そぼろあんをかけています。
かぼちゃも煮豆も前日の残り、簡単でよろしい (笑)

甘みのある北海道産の玉ねぎは炒めただけでも十分美味しい。
これまた、炒めると甘みを増す人参(実家の露地もの)と豚バラ肉との相性も抜群。
中華風にしたくて、鶏ガラスープの粉末だしと塩こしょうで味付けしています。

蛇腹キュウリは塩もみせずに、水、粉末鰹だし、醤油にゴマ油を垂らして
10分くらい漬けたものです。
塩もみしない方がシャキシャキとした食感が残ります。
ピリッとさせるために、豆板醤をほんのちょっぴり入れてます。

里芋の煮っころがしは醤油、酒、砂糖、鰹だしで炊いただけですが
一晩寝かせると味が浸みて、これだけでご馳走になります。
ちなみに私は10年以上前から、復刻版おかべやのだし を使っています。

煮物の時はこの粉末鰹だしを入れるだけで美味しいダシがとれます。
うどんや吸い物の時は昆布でダシを取って、この粉末だしを加えて、薄口醤油、酒で
味を調えています。
インスタントと思えないくらい格調高いお吸い物や、うどんつゆが出来ます。
今の時期、大根も美味しいですよね。

茅乃舎だしも美味しいのですが、個包装のためどうしても割高になるし
それに、粗野な我が家にはちょっと上品過ぎます (笑)
家庭料理には料亭の味よりも、少し粗野なほうがしっくりくると思います。

我が家の定番の卵焼きにもこの粉末だしを入れています。
分量はいつも目分量なのですが、数字にするとこんなかなあ↓
卵、3個、水、大さじ3、塩ひとつまみ、粉末鰹だし、小さじ0.5、醤油、小さじ0.5
を合わせて、箸でシャカシャカと4、5回溶き、鉄製の卵焼き器で焼いています。

我が家は砂糖を入れません。
夫も息子もこの卵焼き以外は食べようとしません。

おかべやの鰹だしを切らして、市販のかつおだしの素を使ったことがありますが
味が別物でした。どうしても化学調味料の味がするんですね。
市販のものと比べると値段が高いのですが、一からダシを取る手間を考えると
安いものだと思います。
力説し過ぎて、なんか、おかべやのまわし者みたいですね (笑)

では、また来週。

151203.jpg


ここ2週間くらい前から、首の後ろが凝っていてなかなか治らないので
市販の薬に頼っています。

今まで四十肩、五十肩などの痛みには無縁だったので、肩コリなどは
私には縁がないものと思っていました。
ところが、ここにきて首の後ろが凝っているのか痛くて何もする気になれず
家事の大半が、おざなりになっています。
でも、一時期に比べると少し痛みが和らいできたような、
そんな気がしないでもありません。
今日は寒かったので、ほとんどコタツに入りっぱなしでウトウトしたり
録画したTV番組を観て一日が終わりました。

今日からしばらく夫が残業で帰りが遅くなり、食事は外ですませて帰るので
晩ごはんの用意をしなくてすむのでラッキーです。
自分だけだったら、あるものですませればいいので楽ちんです。
ちなみに、今日の晩ごはんは昨日炊いた煮豆と、かぼちゃと白菜漬。
もうそれだけで立派なご馳走です (笑)
そう言えば昼のお弁当も内容が一緒だったような ^^;

写真の奥に写っているケラチナミン乳状液は乾燥肌対策です。
風呂上りに背中や腕、足などに塗っています。
こうなると薬代もバカになりません、健康が一番ですね。

夜遅くは安全のために運転をしないのですが、残業で帰りが遅い夫のために
今から駅まで迎えに行って来ます。 (22時30分)
日頃は送るだけで迎えには行ってないのですが、夜遅いと心配なので。
って、夫にすれば私の運転の方が、よっぽど心配だって言われそうですが (笑)

2015.12.02 金時豆の甘煮
151202 (3)


豆の在庫を何とかしないとと、思い立って金時豆を甘煮にしました。


151202 (2)


自分の覚書として分量を。

  大正金時豆(北海道産) 500g
  黄粗目 250g
  上白糖 50g
  塩 小さじ1.5


アクをとるために茹で汁を茹でこぼしたので、赤い色がとんでしまいました。
あっさりした甘さに仕上がっています。


在庫消費でもうひとつ、かぼちゃ編 (笑) ↓


151202 (1)


巨大かぼちゃも場所を取って邪魔になるので、1個丸ごと炊きました。


150710.jpg


生姜をたっぷり入れた鶏そぼろあんをかけています。
冷やしても美味しいので冷蔵庫に入れておいて、毎日なくなるまで食べます (笑)
もちろんお弁当にも^^