2015.08.31 パンナコッタ
150831.jpg


超簡単に出来るパンナコッタ作りました。
先日作った巨峰ジャムのソースをかけてみました。
葡萄の甘酸っぱいソースが、実によく合うんですよねえ。
息子と3時のおやつにいただきました。

「美味しいねえ、幸せだねえ」

パンナコッタは抹茶味にしても美味しいですよね。
明日は抹茶味で作ってみます。

今日は車の6カ月点検の日だったのですが
タイヤが減っているというので4本とも新しいものと交換しました。
来年早々に車検なので、どうせ換えないといけないし、
車検代も高いので出費がかさむし、一度に払うのはキツイので
ここは分散しようと思って。

あ~、出るはため息ばかりなり。

毎週日曜 午前8時55分~9時
NHKのEテレで、ヨーコさんの“言葉”という番組があるのをご存知ですか。
私は今日、初めて知りました。

ヨーコさんとは、今は亡き絵本作家の佐野洋子さんのことです。
絵本もさることながら、エッセイも面白く読んでいました。
「神も仏もありませぬ」「役に立たない日々」etc.

今朝の放送は「口紅」でした。 ↓




今までの放送分はこちらのサイトで見ることが出来ます。 ⇒ 動画


旅行から帰って疲れが出たのと、台風被害もあったりで、なんか活力がでません。
ブログの更新もしんどいので、毎日は出来ないかもしれません。
まあ、そのうち元気になるとは思いますが。
2015.08.29 巨峰ジャム
150829.jpg


毎年、決まって今の時期にぶどう狩りのお土産を頂くので
今年もジャムにしてみました。
作り方は 昨年 と同じです。

夏用に簡単にできる、ひんやりスイーツの材料を
しこたま買い込んでいたのに
忙しさにかまけて、まったく作っておりませぬ。
もうじき夏が終わろうとしているのに ^^;

まずは今夜、パンナコッタでも作ろうかな。
それにこのジャムをかけて食べると美味しいかも。
とにかく、せっせと在庫をはかさないと。

京都4日目の記事を追加更新しています。 ⇒ こちら


今日の午後、屋根の応急処置をしてもらいました。
屋根瓦の下には下地に防水シートが敷いてあるので、そのままにしておいても
短期間だったら雨漏りの心配はないそうです。
ですが今回の台風では被害件数が多くて、ハウスメーカーもすぐには補修工事に
かかれないため、シートで養生をして頂きました。


150828 (3)

西側の屋根。


150828 (2)

南側の屋根。
あと東側も一列、ダーっと剥がれて飛んでいます。
位置的に写真が撮れないので画像はありません。


150828 (1)

アップにするとこんな感じです。
明日から数日、雨の予報が出ているので、これでちょっと一安心です。


付記
昨日は肉体的にも精神的にもくたびれていたので、晩ごはんを作る気力がなく
外に食べに行きました。
私は外食すると、てきめんにお腹の具合が悪くなるのです。
同じものを食べてる家族は大丈夫なので、たぶん腸が弱いのだろうと思います。
なので、ほとんど外食はしないのですが、昨日は致し方なく。

で、昨日も帰りの車の中で具合が悪くなり。
なのに、ウチの男どもときたら家に帰った途端、声を揃えて、

「今日の夜のおやつはな~に」 幼児か!

実はクレームブリュレを作る予定だったのです。
でも、この状態では絶対無理、作れないと言うとブーイングの嵐。

「そんなに、食べたいのなら自分たちで作れば!」

と、材料とレシピだけ用意し、この通りに作れば誰でも出来るから
と知らんぷりしてました。

息子が、卵をかき混ぜてもいつまでたっても白くもったりとならないと言うので

「あ~、うるさい、貸して! こうやるの!」

と結局、ほとんど私が作ったのでした。

息子から、このレシピ通りに作っても絶対出来ないと思う、
もっと、やり方やコツだとかを盛り込まないとわからないよ、と言われてしまった。
はい、はい、ご指摘ありがとうございます。

焼き上がったあと、バットに氷を山ほど入れて一気に冷やしたので
短時間で出来ました。
あと、焼きつけは夫の方が上手なので任せることに。
怒り狂ったせいか、お腹の調子もよくなったので、わたしもちゃんと食べました。
もちろん美味しかったです。

昨日の外ごはんもブログに載せるつもりで写真を撮っていたのに、
更新する気力がなくて。
京都4日目の記事も書きかけで、遅々として進まず。
ごめんなさい、明日はアップ出来るよう頑張ります。

台風が夏を一緒に連れ去ったのか、今朝はひんやりとして
一足飛びに秋の気配を感じます。
って、抒情的な気分にひたっている場合ではない!

この台風(15号)で我が家は被害を受けました。
屋根瓦が何枚か(たぶん20枚くらい)飛びました。

いやあ、今回はホント怖かったです。
夫は夜中にベッドに入るも、こう吹き荒れてはオチオチ寝てられん!と言って
真夜中の1時過ぎに職場へ車で行きました。
仮眠室があるのでそこで寝ると言うのです。

その時間帯はまだ暴風域に入っていなかったので、あとあと考えると
それがよかったと思います。
出勤予定の朝6時は家から外に出られる状態ではありませんでしたからね。
2時過ぎに無事着いたというメールを貰ってから私も床に就いたのですが
二階は揺れるんですよ。
そんなに安普請の家ではないのに、倒壊するんじゃないかと思いました。
隣の部屋を覗くと息子は熟睡しています。
あとで、あんなに吹き荒れてよく眠れたねと訊くと、
いや、揺れるので途中で何度も目が覚めて、
てっきり私が揺さぶって起こしに来たのかと思ったそうです。
息子が帰省中で安心だったのですが、これが一人だったら気がおかしくなっていたと
思います。
階下に降りると、玄関のドアが激しく揺れてすごい音を立てています。
今にもバーンと開いて、ドアごと持って行かれそうな感じです。
怖くなって息子を叩き起こし、補強のために内側から紐で靴箱の取っ手に渡して
固定しました。
息子に言わせると、こんなことをしなくてもそんなに簡単に
ドアを持って行かれたりはしないとのこと。
夜遅く帰ってきた夫に写真を見せると笑って取りあってくれませんでした。
いやいや、こうしていたからドアが開かずにすんだんですっ!


150826 (1)


家が揺れたと言っても信じてもらえず、もし夫が在宅中であれば一番先に
ぎゃあ、ぎゃあ言って騒ぎ立てるのは目に見えています。

台風が直撃して吹き荒れているなか、隣の奥さんから電話があり、
おたくの屋根瓦がいっぱい飛んでいるけど大丈夫と言われ
二階に上がって窓から外を見ると、道路に割れた瓦が散乱しているではありませんか!


150826 (7)


その状況を目にしても、家の中でじっと耐え忍ぶしかすべはありません。
隣近所に電話をかけまくり、二階の窓から我が家の屋根の状態を観察して貰いました。
結果、どの方向の屋根もすべて何枚か飛んでいるもよう。
家の窓から見ると、どの家の瓦も飛んでいないのに、なんで家だけ攻撃されるのか。
風が少し弱まったので、台所の窓を開けて外を見ると、
ああ~っ、フェンスに固定している物置がふっ飛んで倒れてる!


150826 (21)

150826 (20)


いつも車を止めている場所です、もし車がそこにあったらスクラップと化していたでしょう。
それだけでも難を逃れて幸いでした。
フェンスもぐにゃりとなり基礎のブロックごと倒れかけています。


150826 (22)

150826 (12)


そんなこんなで終始気が休まらず、ドキドキしっぱなしでした。
血圧計で測定すると、血圧も高く(低血圧気味なので普段は上は100前後、下は60前後)
心拍数も上がっています。


150826 (2)


一睡もしていないのを気遣って、息子が少し寝た方がいいよと言うので
ソファに横になってみるのですが、ドキドキが止まらずなかなか寝付かれません。
それでも2時間くらい寝ました。
ホントに息子がいなかったら、死んでいたかも。

夕方になって、風もおさまってきたので息子と一緒に外に出て、散乱している瓦を
片付けました。

被害状況の写真をまとめています。↓

散乱した陶器瓦
150826 (9) 150826 (10)
150826 (11) 150826 (8)

屋根の状況
150826 (19)

150826 (18) 150826 (17)
150826 (16) 150826 (15)
150826 (14) 150826 (13)


今回の台風で、自然災害が一番怖いと実感しました。
30年くらい前、台風で当時住んでいた家屋の屋根が吹き飛んだことがあります。
母から勤め先に電話があり

「TVを見ていて、やけに天井が明るくなったなあと思ったら屋根がないんよ、
今から帰って来られるかねえ」

と、非常事態にもかかわらず、仕事中をおもんばかっての申しわけなさそうな声を
昨日の事のように覚えています。

借家住まいだったので、大家さんがすべて修復してくれましたが
雨に打たれて、家具類もほとんどだめになってしまいました。
何日かブルーシートで覆われた屋根で過ごしましたが、ずっと不安な夜を
過ごしました。
災害は実際にあってみないと分かりませんね。

庭の草木も倒れたりで無残な姿をしています。
でも、これくらいはかわいいものです。

昨日はブログの更新どころではありませんでした。
カレンダーに一日分欠番が出来てしまいました。 →
皆勤賞をねらってラジオ体操をがんばっていた頃を思い出し、ちょっと残念です。
でも、一晩寝たら元気も出たので京都旅行3日目の記事をアップします。
よかったら口直しにどうぞ ⇒ こちら

追記
ハウスメーカーから被害調査に来てもらいました。
その見積と写真をもとに保険会社に書類を提出するつもりです。
台風災害なので、たぶん保険が下りると思います。
ハウスメーカーの担当者の話によると、担当地域だけで200軒近く
被害連絡があったとのこと、こんなのは初めてですよって言ってました。

今日は月例の義母の通院の日だったので病院の帰りに
義母がタクシーで様子を見に来てくれました。
これくらいですんでよかったと言って帰って行きました。
幸い夫の実家は何事もなかったようなので安心しました。

そうそう、夫からの依頼で今回も気圧計の写真を撮っていたのでした。
本当はそれどころではなかったのですが。
写真を撮るのを忘れていたので、ほぼ接近してからの分しかありません。

150826 (3) 150826 (4)

細い針が置き針で指針になります。1002ヘクトパスカル(hPa)。平常はこれくらいです。

6:23  977 hPa  怖いくらい吹き荒れています。
7:01  972 hPa  最接近、猛烈な風が吹き荒れています。


150826 (5) 150826 (6)

9:02   977 hPa  猛烈に吹き荒れていますが、通り過ぎて行ったことが実感出来ます。
14:04  984 hPa  ほんの少し収まった感じですが、まだまだ吹き荒れています。

今日は義母の買物に付き合って午前中がつぶれました。
帰りにスイカを貰って帰りました。
これでスイカも終わりです。


150824 (3)

黒皮スイカ、形は不格好ですが美味しいんですよ。


150824 (1)

切ってみると、真っ赤です。


150824 (2)

う~ん、甘くて美味しい^^

台風15号来てますね。
嫌ですねえ、今回は強い勢力で、しかも当地は直撃しそうなコースです。
明日はJRもバスも運休で交通手段がないので、夫は車で出勤です。
通勤時間1時間、しかも出勤時間帯に通過しそうなので心配でたまりません。
無事を祈るしかありません。

なかなか時間が取れないので、京都3日目の記事は書きかけです。
何事もなければ明日は多分アップ出来ると思います。

本日2本目の記事です。
旅行用に作った、スクエアネックのブラウスです。
照明の加減で色合いが少し違いますが、
実際の色は一番下にある本と同じブルーです。


150823 (6)

型紙 : 伊藤みちよ著 「大人のふだん着」 スクエアネックのブラウス
生地 : C&S コットンパピエギンガムチェック ブルー


150823 (4)

スッキリとしたラインです。


150823 (5)

スクエアネック、大好きです。


150823 (3)

この本の仕様では脇にV字のスリットが入っているので、
裾は見返しになっていますが、スリットは省略しました。
折り返して、三つ折りにしています。


150301 (5)

150823 (7)


このモデルさんが着るとすごく素敵なのですが
わたくしが着ると・・・
思い通りにはいかないようです (笑)

明日更新予定のの旅行記事で着画を特別公開いたしましょう ^^

150823 (1)

今日は朝から上天気でしたね。
洗濯日和だったので、息子のところから送り返したシーツ類の洗濯に励みました。
シーツ3枚、掛け布団カバー2枚、汚れたまま放置していたのですっかり黄ばんでおり、
黄ばみを取るのに苦労しました。


150823 (2)


黄ばみを取るのに過炭酸ナトリウムが最強だというので試してみました。
大量のシーツなので、浸け置きする容器がありません。
酸素系なので洗濯槽を傷めないだろうと、洗濯機の中でつけおきすることに。

衣料用の液体洗剤と、この過炭酸ナトリウムを300g入れ、ぬるま湯を張り
シーツを入れて、3時間放置したあと洗濯機を回しました。

洗い上がった洗濯物を見てビックリ!
黄ばみも取れ、真っ白な仕上がりになっています。

が~ん!

ところが洗濯槽の汚れも一緒に取れて、剥がれ落ちた茶色の粒々が
シーツ全体を覆うようにびっしり、へばりついているではありませんか!

調べて見ると、この過炭酸ナトリウムと言うのは洗濯槽のクリーナーとして
最適とのこと、そんなの知らないし。

洗濯槽クリーナーと一緒にシーツを洗ったことになります。
梅雨明けと同時に洗濯槽は掃除したのに、汚れが取れてなかったってことです。

う~ん、過炭酸ナトリウム、侮れませんね、最強です。

で、汚れがへばりついたシーツ、浴室でシャワーをかけながら洗い流しました。
これがもう大変な労力で、すべて洗い終わった時にはもうヘトヘト。

今日の体力は使い果たしました。
というわけで、京都の記事の更新はありません。

代わりに別記事で、京都旅行用に作ったブラウスの記事をアップします。

今日は夫の両親と5人で食事に出かけました。
孫の帰省が嬉しいらしく、息子のリクエストで焼肉です。
どうも、ごちそうさまでした^^

京都2日目の記事を追加更新しています。 ⇒ こちら

150822.jpg

性懲りもなく、手づくり市でスタンプを買いました。

京都1日目の記事を追加更新しています。 ⇒ こちら

ごめんなさい、旅行疲れで身体が思うように動かず
今日は写真を取り込んだだけで終わりました。
京都の記事はまた明日にでもアップします。

今日は終日雨が降ったりやんだりで、梅雨時のように
ジメジメしたすっきりしない天気でした。
息子のところから大物の洗濯物を送り返したのに
この先、ずっと雨の予報が出ているので洗濯出来ずに困ります。

昼ごはんも晩ごはんも、買物に出かける元気がなかったので
家にあるもので適当に作ったのですが、久しぶりの家ごはん
これが、美味しいの、なんのって。
さすがに5日間も外食が続くと、げんなりして家で作ったものなら
なんでも美味しく感じます。

デザートは冷凍していた、ウイークエンドケーキとレアチーズケーキ。
どちらも冷凍したのは初めてでしたが、解凍しても食感は変わらず
これまた、非常に美味でした。

息子と二人で、美味しいねえ、幸せだねえと言いながら
まったりとくつろぎました。

旅行中に録りだめたTVも見ないといけないし、ああ忙しい (笑)
今日も写真がなく彩りに欠けててごめんなさい。

2015.08.19 京都 5日目
先ほど、午後11時前に帰宅しました。
いやあ、もうくたびれ果てました、歳は取りたくないですねえ。
駅から自宅まで歩いて10分足らずなのですが、無事に家まで辿りつけるか
心配でした。
息子も一緒に帰って来たので家までおんぶして帰ってと頼むと、即座に

「無理!」

「そんなあ、戯れに母を背負いて そのあまり 軽きに泣きて 三歩あゆまず
って、石川啄木も言ってるよ。こういう時に親孝行はしておいた方がいいよ」

すると夫が横から

「それは違うね、無理やりに 母をしょわされ そのあまり重きに泣きて
三歩あゆめず と言う方が正しい」

そんなことを言いながら駅を出ると、隣のお嬢さんにばったり。
有難いことに、駅まで迎えに来ていた隣の奥さんの車に同乗させて貰いました。
すごくラッキーでした。

今日は朝から荷造り、掃除、洗濯、買物とずっと働きづめだったので
家に帰り着いた途端、電池が切れたように動けなくなってしまいました。
今夜はゆっくり寝て、明日からぼちぼち京都での記事を追記で更新していくつもりです。
よかったら、覗いてみてくださいね。

2015.08.18 京都 4日目
今日は昨日と打って変わって朝から晴れて夏空が戻ってきました。
そんな暑い中、上桂にある松尾大社に行ってきました。
この神社には重森三玲の庭があり、一度訪れてみたかったのです。

曲水の庭、上古の庭、蓬莱の庭、どれもモダンな作りになっています。
特に上古の庭は哲学的ですらあります。

その前にお腹がすいたので桂離宮のすぐそばにある「中村軒」で昼ごはん。
そうめんセット、麺のゆで加減が絶妙で、めんつゆも美味でした。
デザートにこの店の看板である麦代餅もいただきました。

桂駅まで歩く自信がなかったので、ここは贅沢にタクシーで松尾大社へ。
庭園を堪能した後、阪急電車で嵐山へ。
紅葉の季節でもないのに渡月橋は人でごった返していました。
太陽が照りつけ日影がないので逃げ場がなく倒れそうでした。
渡月橋を渡ったあと食べた、かき氷の美味しかったこと。
やっと生き返りました。

帰りは嵐電に乗り、最前列にかぶりついて窓の外を流れる風景を
楽しみました。
部屋に帰り着くと、もうぐったり。

晩ごはんは近くの定食屋ですませました。
明日はもう帰る日です。
荷造りと部屋の掃除、洗濯、日用品の買い物等で終わりそうです。

■ 京都4日目 追記( 8/29 更新 ) ■

今朝は所用があったので少し早めに起きて出かけました。
用事をすますと、もうお昼近くになっていたので桂離宮の近くにある「中村軒」へ。


150818-1.jpg

創業は明治16年だそうで茶店の雰囲気が今も残っています。
店内では軽い食事も出来るということなので、ここで昼ごはんをいただきます。


150818-2.jpg

食事は一階だけでなく二階でも出来るようになっており、私たちが案内されたのは
二階のテーブル席でした。
暑いので迷わず、そうめんセットにしました。
しそごはんがついています。


150818-3.jpg

この茶店の名物、麦代餅(むぎてもち)もいただきました。
素朴な味で美味しかったですよ。

食事のあとは、今回の旅行で是非訪れてみたかった松尾大社に向かいます。
桂駅まで歩く元気がなかったのでここはタクシーで。

150818-4.jpg 150818-5.jpg
150818-6.jpg

この神社はお酒の神様で有名だそうですが、私の目的はそれではなく
ここには作庭家、重森三玲の手がけた庭があるので、
それを見たいがために訪れた次第です。

今年の春に、NHK「日曜美術館」で、「永遠の”モダン” 京の春、重森三玲の庭」
と題された番組が放送されたのですが、
その時、ここの庭を訪れた作家の高橋源一郎さんが熱く語ってらしたので
ミーハーで重森ファンの私としては、絶対に見ておかなくては、と思ったわけです (笑)

ここには重森三玲の庭が三庭あり、まずは「曲水の庭」から。

150818-7-1.jpg

あら~、どことなくガウディみたい。
そうか、グエル公園のモザイクタイルに似てるんだ!


150818-7.jpg

150818-9.jpg 150818-10.jpg

150818-39.jpg

150818-40.jpg

高橋源一郎さんも番組内で、この庭はすごくかわいいって。
「曲水の庭、いいっすね!」と、言ってます^^

さて、お次は「上古の庭」。

150818-12.jpg

う~ん、これはまた「曲水の庭」と打って変わって、えらく荒涼としてますね。


150818-11.jpg


150818-43.jpg

この庭は重森三玲が78歳の時に作庭した、三玲の到達点である最後の作品だそうで、
「作庭は石に始まり、石に終わる」という、三玲の言葉を体現した庭だと思います。


150818-13.jpg

150818-15.jpg 150818-16.jpg

熊笹が生い茂った中にごろんと巨岩が並んでいるだけ。
う~ん、見れば見るほど、よくわからん (笑)
哲学的な庭ですなあ。

ここは、是非とも源一郎先生にご考察を。

150818-41.jpg

150818-42.jpg

芸術家は誰しも皆、人知を超えたものを作りたいと思っている。
この庭こそ、まさしく三玲が目指した到達点なのではないか。
・・・と言うようなことを、熱く語ってらっしゃいました。

上古の庭を下りていくと、霊亀の滝が現れます。

150818-17.jpg

滝の近くに「亀の井」という霊泉があり、酒造家はこの水を酒の元水として
造り水に混和して用いているのだそうです。
こういうところが酒造の神様と呼ばれる所以でしょうか。
また、この霊泉は蘇りの水としても有名だそうです。
ちょっとしたパワースポットですね。

三庭、最後は「蓬莱の庭」。

150818-18.jpg

150818-19.jpg

150818-20.jpg 150818-21.jpg


それぞれ趣の違った三庭をあとにして、これから阪急電鉄で嵐山へ。

目指すは言わずと知れた、渡月橋。

150818-22.jpg

150818-23.jpg

150818-24.jpg

150818-24-1.jpg

本日のいでたちは、ユニクロのTシャツに、昨年作ったコンフォートシガレットパンツ。
ストレッチが効いているので、すごく穿きやすい。


150818-25.jpg

渡月橋を渡って、ちょっと一息。
もう、喉がカラッカラ!
こういう時は、かき氷が一番。


帰りは嵐電です。
終点の四条大宮までのプチ旅行です。

150818-26.jpg

車窓の風景を満喫すべく、一番前に陣取りました^^
線路がずっと続きます。
写真が切れてますが、踏切では買い物袋を提げた母親が
子供の手を引いて電車が通り過ぎるのを待っています。
その後ろには、自転車に乗ったお兄さん、学生さんかな。
のどかな風景です。


150818-27.jpg

路面電車になりました。
この横断歩道も親子連れ、楽しそうです。



150818-28.jpg

そうそう、驚いたことに、この嵐電には駅のホームの中に住居があるんですよ。
NHKのBS番組「新日本風土記 京都 洛西 嵐電慕情」で紹介されていました。

150818-29.jpg

この踊りのお師匠さんは、こうやって毎日、電車を拝んでいるんだそうです。
電車を見ると気分が落ち着くので、神様代わりに365日朝晩拝んでいらっしゃるのだとか。

今日は私も「嵐電慕情」を頼りに、同じような目線で楽しんでみようと思います。

150818-30.jpg

ここは「山之内」という駅のホーム。
道路が狭いので、ホームもなんと幅が62cmしかありません。
人がやっと立っていられるくらいの幅です。
電車が入って来た時は、さぞかし怖いでしょうね。
夫はこのホームを実際に目にするのを楽しみにしていました。


150818-31.jpg

が、人が立っていなかったので残念そうでした。
「おばちゃんが、立ってないと絵にならん!」 と言って (笑)
実際にこうやって見ても狭いなあと思います。
下の写真と比べると、いかに狭いかわかります。


150818-32-1.jpg

こちらは通常のホームですが、上と比べると幅が倍近くあります。


150818-33.jpg

路面電車って、なんか昭和な感じがしていいですねえ。


150818-34.jpg

この逆さま文字の看板は嵐電の沿線名物だそうです。
実際にこの目で見ましたが、写真は間に合いませんでした。
なので、TV画像で。


150818-35.jpg

路面から線路へ変わりました。
もうじき終点です。


150818-36.jpg

終点の四条大宮駅です。
あっという間でしたが、実に楽しいひとときでした。
嵐電は何度か乗ったことがありますが、こんなふうな目線で見るのは
初めてだったので新鮮でした。


150818-37.jpg

晩ごはんは近くにある食堂で。
私は酢豚定食を注文、いい加減飽きてきた。
はやく家で炊いたごはんが食べたい。


150818-38.jpg

夜のおやつはセカンドハウスのケーキ。
明日は帰る日なので観光はありません。

2015.08.17 京都 3日目
今日のお昼は貴船まで川床料理を食べに行きました。
朝起きると雨は上がっていましたが、なんとなくすっきりしない天気で
せっかくの川床料理なのにテンションが下がります。

でも予約しておいたお店に入るや否や、そんな気持ちも払拭されるほどの
素晴らしい眺め、うわぁ来てよかったなあって思いました。
料理はさほど期待していなかったのに、これがまた素晴らしく美味しくて。
夫はたいそう気に入ったようで、いつかまた、かんかん照りの日に来ようね
って、そんなお金ありませんって ^^;

食事の途中で通り雨がありましたが、最後まで川床で食べることができたので
本当によかったです。

帰りの叡山電車で息子だけ途中で降りて部屋に戻りましたが
夫と私は終点の出町柳で降りて、そこからバスで四条河原まで行きました。
と言うのも、息子のパソコンチェアが壊れかけているので探しに出かけたのです。
こうやって打っていても、腰がいたくなってまともに座れないくらいです。

街中で、いきなり探しても無理だとあきらめ、歩き疲れたので一休みすることに。
六角通にある甘味処”大極殿 栖園”でかき氷を食べました。
5年前に一度訪れたことがあるのですが、夫がその時に食べたかき氷の
味が忘れられないというので。

ここは琥珀流しが人気のお店でいつも行列ができています。
前回は1時間以上待ちましたが、今日は30分くらいでした。
夫は練乳のかかったミルクしぐれ、私はレモンみぞれを注文。
ひゃあ~、さっぱりして美味しかった~

店を出ると雨が降っており、あわててアーケードのある寺町商店街まで。
とにかく以前のように歩けないので、そのままバスで戻りました。

夜はコンビニで買った、おにぎり、からあげ、カップ春雨スープで
簡単にすませました。

食事のあとはごろんと横になり、テレビ鑑賞。

明日は桂方面に出かける予定です。
では、また明日。


■ 京都3日目 追記( 8/26 更新 ) ■

今日も遅く起きました。
お昼は3人で貴船に川床料理を食べに行きます。


150817 (1)

朝ご飯は進々堂のチーズフランスとベーグルにコーヒー。
洗濯物を干して出発です。
叡山電鉄、宝が池駅までバスで行きます。


150817 (2)

150817 (3) 150817 (4)

宝が池駅から叡山電車で20分、貴船口駅で下車。


150817 (5)

駅の階段を下りて、送迎車を待っていると宝が池方面の電車が到着しました。
なかなか趣きがあります。
この辺りの食事処は前もって予約しておくと、店まで車で送迎してくれます。
私たちがこれから行く店は天山之湯という川床料理のお店です。
ここは温泉もあるようですが、私たちは食事だけです。


150817 (44)

店に入り案内された場所は、思わず息を呑むような素晴らしい景観で
一瞬言葉が出ませんでした。


150817 (26) 150817 (27)
150817 (29) 150817 (30)
150817 (28) 150817 (25)

目の前に滝があり、涼感満点!
前もって下調べをして、この店を予約したのですが
想像を超えて素晴らしい景色でした。

因みに貴船の川床は鴨川と違い、「かわゆか」ではなく、「かわどこと」読みます。
鴨川のような川に張りだした床ではなくて、床の下に川が流れているのです。
貴船の読み方も「きぶね」と読むようですね。
貴船神社だけは「きふね」と濁点がつかないようです。


150817 (43)

ここで、この旅行用に大急ぎで間に合わせたブラウスの着画を
特別公開しましょう (笑)


150817 (32)

川床のお店の大半は、床に座るようになっていますが
このお店は昨年リニューアルされてテーブル席になっています。
膝の悪い私にとっては願ったり叶ったりです。


150817 (31)

最前列の席を希望したのですが、予約の順番だそうで
特等席ではありませんが、私たちの席も眺めのいい場所でした。


150817 (42)

さあ、待ちに待った川床料理が運ばれて来ました。


150817 (41)

まずは一献。


150817 (6)

鮎の塩焼きコースのほかに鱧コースもありますが、鱧より鮎が好みの夫に準じて
鮎コースにしました。


150817 (7)

八寸はお重に詰めて運ばれて来ました。
ピンクの刺身は鮭に見えますが、琵琶湖で獲れた鱒だそうです。
これが、臭みがまったくなくて美味しかった~


150817 (8) 150817 (9)

見てください、こんな細いそうめんは初めて食べました。
ダシも上品な味でした。


150817 (39)

そしてメインの鮎の塩焼き。
これがまた美味しいのなんのって。


150817 (40) 150817 (10)

鱧の吸い物と賀茂茄子の田楽。
ここで雨が降り出しましたが、通り雨だったので室内には入らず
川床のテーブルで食事続行。


150817 (37) 150817 (36)

ご飯と香の物と赤だし。
デザートは豆乳プリン。


150817 (35) 150817 (34)

景色がご馳走なので、食事はまったく期待していなかったのですが
意に反してすべて美味しかったので、夫なんぞはまた来年も来ようねって。
そんなの無理ですから (笑)


150817 (24)

もちろん帰りも車で駅まで送ってくれます。
貴船神社にも行ってみたかったのですが、神社には階段がつきもの。
膝が悪くなければ行けたのに残念。


150817 (23) 150817 (22)

帰りも叡山電車です。
ホームは階段を上った所にあります。


150817 (21)

車窓の景色がよく見えるように運転席横へ。
部屋に戻る息子は分岐点の宝が池で降りましたが、私たちは終点の出町柳まで。
出町柳からバスで四条で下車。
そこから歩いて六角通りにある甘味処”大極殿 栖園”へ。


150817 (20)

町家の店舗です。


150817 (19)

この店の暖簾は季節ごとに掛け替えるそうで、今日は朝顔がかかっています。
今の時期は雷雨があったりするので、その時は雷鳴が聞こえるとイナズマ模様の暖簾に
かけかえるのだそうですよ、なんて粋な演出なんでしょう。


150817 (11)

私はレモンみぞれを注文しました。
てっぺんにレース羹を細かく切ったものがかかっています。
甘みが足りない時は添えてあるレモンシロップをかけていただきます。
もうねえ、最高に美味しかった。
このかき氷のはかなげなこと、どうすればこんなにふんわり削ることが出来るんでしょう。
舌に載せた瞬間溶けて、まるで雪を食べているようです。
夫は5年前にこの店のかき氷を食べてからというもの、夏になるときまって

「あ~、あの雪のようなかき氷がもう一度食べた~い」

と、ずっと言い続けて来たのでミルクしぐれをひとくち、口にするやいなや

「う~ん、これ、この舌触り、もう最高~」

と実に嬉しそうでした。


150817 (12)

レモンシロップ、甘すぎず、レモンの風味が効いていて
それは、それは美味しゅうございました。
この溶けかかった氷がまた美味しいんですよねえ、
口をつけて飲み干しました (笑)

夏季限定の”レースかん”買って帰りました。 ↓


150817 (15)

150817 (14)

150817 (13)


息子と一緒に食べようと思って買って帰ったのに
息子は寒天の硬い食感が嫌いだそうで、ふ~ん、知らなかった。
へえ、こんなところだけ父親に似ているんだなあと。

夜は友人がずい分前に録画してくれていた 「ぶらタモリ 京都編」 を三人で観ました。
京都で観たいなと思って持って来ていたのです。
京都で京都の旅番組、いやぁ、知らないことも多くて興味深かったです。
Fさん、ありがとう、またお願いね^^

2015.08.16 京都 2日目
今日のお昼は近くのお蕎麦屋さんで食事をしたあと、糺の森で
開催されている古本市に行ってきました。

別に古本を求めて出かけた訳ではなくて、うっそうと茂る木立の中を
散策したら、さぞかし涼しかろうと思って夫と二人でそぞろ歩きのつもりで
ふらっと出かけたのでした。
それに古本市の雰囲気を味わってもみたかったのです。

森の中なのに、いやあ暑かった。
雨もぱらついていたので余計に蒸し暑くて、涼を得るどころではありませんでした。
早々に切り上げて、バスで岡崎にある京都市美術館へ。
途中で夫は下車し部屋に戻ったので、ひとりで思う存分「マグリット展」を満喫しました。

向かいにある京都国立近代美術館では「魯山人の美展」も開催されていたので
それも観てきました。
なかなか文化的な一日でした。

歩き疲れて足が棒のようになって帰宅するなり、息子が

「で、海底二万マイルは見つかった?」

といきなり声をかけてきました。

「いやいや、そういうジョークに乗れないくらい疲れてるから」

と応じるのがやっとでした (笑)

なんでここで『海底二万マイル』が出てくるかというと
森見富美彦著 『夜は短し歩けよ乙女』の中で大学生の主人公が
古本市でジュール・ヴェルヌの『海底二万マイル』を買ったというくだりがあるからです。

そして、待ちに待った送り火。
が、足が棒になった私は出町柳までは到底歩いて行けそうにありません。
そこで二手に分かれて夫だけ出町柳まで行き、私は息子と二人で部屋から
歩いてすぐの場所で「大文字」を拝観しました。

やっぱり壮観ですね。
一度でいいから送り火を見たいという念願が叶って嬉しい限りです。
夜景なので苦戦しましが、ちゃんと「大」文字の写真も撮りました。
夫も場所取りにずいぶん苦戦したようですが、ちゃんと「法」の写真を
撮って帰ってきました。

夜遅くから雨になり、これを打っている窓の外では雨音が聞こえるくらい
激しく降っています。
明日は貴船に川床料理を食べに行く予定なので心配です。
せっかくの川床料理が室内になってしまうかも。

くたびれて、ごろんと一眠りするので更新が夜中過ぎになってしまいますが
明日も頑張って更新しますね。


■ 京都2日目 追記( 8/22 更新 ) ■

朝起きたのが遅かったので洗濯や雑用をこなしているうちに気がつくと、もうお昼。
息子がピザが食べたいと言うので近くにあるセカンドハウスへ。
ところが本日貸切の張り紙があり、店内は中国人らしき客で埋め尽くされています。
仕方がないので近くの店を物色、お蕎麦屋さんに入りました。


150816 (2) 150816 (1)

何も考えずにふらっと入ったのですが、メニューを見ると戸隠そばとなっています。
京都で信州そばとはねえ、私はざるそば、夫と息子は鴨そばを注文。
二人とも声を揃えて美味しい~と、そりゃそうでしょうよ、ざるそばに比べると
はるかにお高いですんですもの (笑)
値段のことなどまったく考えず、メニューを見るなり「鴨そば」と
なんの抵抗もなく言葉が出てくるのが羨ましい、って言うか少しは懐具合も考えてよね。

店の前で息子と別れ、糺の森で開催されている古本市へ。
ひとりで行くつもりだったのに、夫も行きたいと言うので一緒に行くことになりました。
バスで出町柳で下車、そこから歩いて行く途中、雨がぱらついてきました。
大丈夫かなあ。


150816 (3) 150816 (23)

糺の森は下鴨神社の境内にあるのですが、古本市の幟(のぼり)が何本もはためいて
ちょっとわくわくします。


150816 (28)

うわ~、森の中はこんなふうになってるんだ!


150816 (4)

150816 (31)

みなさん、真剣なまなざしで、お目当ての本を探しています。


150816 (30) 150816 (29)

テントの中は本棚がしつらえてあり、ぎゅうぎゅう詰めに本が詰め込まれています。


150816 (27) 150816 (26)

こちらも、本の山。
よくもまあこんなに、といくらい森の中が本で埋め尽くされています。


150816 (25) 150816 (24)

そうそう、今日は先日作ったフレアーキャミを着てきたのでした。
特別に着画をお見せしましょう (笑)
見よ、このたるんだ二の腕、年齢はごまかせません ^^;

とにかく今日は蒸し暑く、どこが納涼やねんと突っ込みたくなりました。
このフレアーキャミを着てきて正解でした。
ふわっとしているので、風が抜けて涼しいんです。
最近はほとんどブラもつけないので尚さら涼しく感じます。

夫と別れ、私はバスで平安神宮のそばにある京都市美術館へ。
喉がカラカラだったので館内でお茶でもと思っていたら、残念なことに
この美術館には喫茶コーナーがありませんでした。
お向かいにある近代美術館には喫茶店があるそうなので
先にそちらに行くことにしました。


150816 (18)

その名のとおり、近代的な建物です。

150816 (19)

なんと、魯山人展が開催されているではありませんか。
よし、これも観ることにしよう。


150816 (17)

アールグレイのアイスティ、美味しかった~^^
喉を潤したあと、魯山人展をゆっくり観覧。
今までも魯山人展は何度か観たことがあったのですが、今回は作品数も多く
これですっかり魯山人通になりました (笑)

さ、お次は本命の「マグリット展」


150816 (20)

こちらは近代美術館と打って変わって、年代物。


150816 (22)

美術館だけど、どこか荘厳な感じがします。


150816 (21)

マグリット、すごい!
圧倒されてしまいました。
展示されている部屋に入った途端、異空間に迷い込んだような錯覚に陥りました。
シュールレアリスムというより、これはもう哲学!

絵はがきとグッズを少し買いました。

150816 (35) 150816 (36)

「レディメイドの花束」と題されたこの作品には、ボッティチェリの「春」に描かれている
花の女神フローラが引用されています。
この作品は初めて目にしたので、感動でした。
右側のだまし絵的な「白紙委任状」は好きな作品のひとつです。


150816 (38) 150816 (37)

海原を鳥が羽ばたいている「大家族」、この絵はよく目にしますね。
マグリットの作品に欠かせないのが、この山高帽の男。
この絵はがきを買った、ミュージアムショップのスタッフが全員、山高帽をかぶって黒ずくめ。
おしゃれな演出です。


150816 (42) 150816 (34)
150816 (33) 150816 (32)

山高帽の消しゴムつき鉛筆と、山高帽の男のシルエットの栞。
クリアーファイルを何枚か買いました。
美術展に行くと必ず買ってしまうので、我が家はクリアーファイルだらけ (笑)

マグリット展、十分堪能したので、残すは送り火。
いったんバスで戻ります。

送り火の前に、腹ごしらえ。
昼間、ふられたので再度挑戦、セカンドハウスへ。


150816 (16) 150816 (15)

多種類のチーズピザとマルゲリータ。


150816 (14) 150816 (13) 150816 (12)

トマトとツナ、ミートソース、ナポリタン。
3人とも違う種類のパスタを注文。
どれも美味しくて、大満足^^


昨日、せっかく出町柳まで場所の下見に行ったのに、今日はもう歩き過ぎて
もうこれ以上そんなに遠くまで歩けそうにありません。
バスで行けるといいけど渋滞するので到着した頃には送り火も燃え尽きてしまってるかも。
なので私は息子とふたりで神楽岡通りから見ることにしました。
夫だけ出町柳まで歩いて行きました。
                            
150816 (11) 150816 (10)

19:59  点火です。
20:00  ボッ、ボッと点き始めました。


150816 (9) 150816 (8)

20:01  おっ、形になってきました。
20:02  燃え盛っています。


150816 (6)

20:08  おおっ、見事な大文字!
間近で見ると迫力があります。

ぽつり、ぽつりと雨が落ちてきたので、燃え尽きる前に退散。
およそ20分くらい灯っているようです。
隣にいる息子ときれいだねえと言いながら、しばらく見入っていました。

そして、こちらは夫が苦戦して撮った写真。 ↓

150816 (5)

お~っ、ちゃんと、法の字が撮れています。
上出来、上出来! (笑)


150816 (7)

そして大文字も。

夫の話では賀茂大橋の上は立ち止り禁止だったそうで、
そこで見物していた人たちは強制的に河原に下ろされたそうです。
三角州のあたりだと、たぶん見えないだろうと思っていろいろと物色していると
穴場らしき場所を見つけたので、とりあえずその場所で見ることにしたとのこと。

近くにいるお兄さんに訊いてみると

「この位置からだと、たぶん大も見えますよ。
大の字のはらいが少し欠けるかもしれませんが」

その通りだったそうで、ばっちり写真も撮れて喜々として帰ってきました。

一度は見たかった送り火、これで念願が叶いました。


2015.08.16 キリ番
おはようございます in kyoto.



150816


朝遅く起きて、息子のパソコンを起動。
当ブログをチェックしてみると、な、なんと!

キリ番!

これもひとえに訪問してくださる皆さんのおかげです。
いつもありがとうございます。
これからも、どうかご贔屓に。

今日の天気予報は、9時頃から雨になっています。
せっかくの送り火なのに、悲しい ・・・

夜遅くにまた更新する予定です。
では今日も一日楽しんできま~す^^

2015.08.15 京都 1日目
家を6時半に出て、京都の息子の部屋に着いたのが11時半。
所要時間5時間、北九州~京都間なんて、あっという間ですね。

ピンポ~ンとチャイムを鳴らして、部屋を開けるなり

「え~っ、1時過ぎに来るって言ってなかったっけ」

と掃除の真っ最中 (笑)
ほこりをかぶって真っ白になった部屋に掃除機をかけておりました。

「掃除が終わるまで入らないで」

と言われたので、私は百万遍さんの「手作り市」へ
夫は近くのラーメン店へ出かけました。

いやあ、それにしても暑かった。
「手作り市」を堪能したあとは、出町柳まで出て、送り火の観覧場所確認。
出町柳商店街をぶらりとし一服したあと、ふたばで豆餅を買って帰りました。

息子の部屋で一休みしたあと、夜は堀川にある中華料理店「サカイ」に
日本一美味しいと評判の、冷麺を食べに行きました。

ああ、美味しかった~、たかが冷麺、されど冷麺って感じでしょうか。
夜のデザートはもちろん、ふたばの和菓子。
あ~しあわせ ♪

明日は今回のメインイベント、五山送り火です。
今日は久しぶりにいっぱい歩いたので、足がこわばったようになってます。
明日は回復するといいけど。

今回も取り急ぎ、あらすじを更新していきます。
本編は旅行から帰って落ち着いてからアップします。
では、また明日。


■ 京都1日目 追記( 8/21 更新 ) ■

今日から京都に住む息子の所に4泊5日で出かけます。
いつもは6月の衣更えの時期に訪れるのですが、今回は真夏です。
というのも、夏場にしか体験できないことをやってみたいと思ったので時期をずらしました。
今回楽しみにしているのは、百万遍さんの「手作り市」、糺の森の古本市、「マグリット展」、
五山送り火、川床料理などです。


150815 (33)

いつも京都行きは夕方出発なので、小倉で夫と合流して新幹線に乗り込むのですが
今日は早朝なので夫と一緒に家を出ました。
朝食は駅の構内にあるコンビニで買ったサンドイッチとコーヒーです。

京都駅に着くとすごい人出で、バス乗り場は行列が出来ています。
この分だと息子の部屋に着くまでに、何時間もかかりそうです。
夫がタクシーにしようと言うので、ここは大盤振る舞い。

部屋のドアを開けると息子は掃除の真っ最中。
掃除の邪魔だからと追い出されたので、これ幸いと百万遍さんの手づくり市へ。
毎月15日に百万遍にある知恩寺で手づくり市が開催されていて、一度行ってみたいと
思っていたんです。


150815 (10)

150815 (13) 150815 (14)

お寺の境内を埋め尽くすように、びっしりと出店が並んでいます。


150815 (11)

こんなに暑いのに、よく来るなあと自分のことは棚に上げ、感心しきり。
この人ごみで暑さが倍増、一瞬ふらっとなりました。


150815 (9) 150815 (1)

手づくり市と言うだけあって、多種雑多なもので溢れています。
スタンプのお店もあって、見ると欲しくなるので素通りしようと思いましたが無理でした(笑)
結局何個か買うはめに ^^;


150815 (5) 150815 (7)

かごもいっぱい。
ここは涙をのんで素通りしました。
ソーインガーさん達の洋服類も何軒か出店されていました。


150815 (4) 150815 (3)

バッグ類やバッジ、ブローチ。
色とりどりのがまぐちも。


150815 (2) 150815 (6)

夏色の少女が凝視しているのはガラス細工の小物類。
お目当てのものは買えたのかな。
こんなに可愛いミニチュアの皮製品も。

ひと通り、ひやかしてお堂の中で一休みしました。
伽藍の中は風が抜けて涼しく、ごろんとなって昼寝したくなりました。

手づくり市のあとはバスで出町柳まで。
明日の送り火を見る場所の位置確認です。


150815 (15)

150815 (16) 150815 (17)

鴨川デルタと呼ばれる出町柳三角州は家族連れやカップルでいっぱい。
ここは西から流れてくる賀茂川と東から流れてくる高野川が合流して、この先は鴨川になります。


150815 (20)

賀茂大橋の上に立って北の方角を望むと、遥か向こう正面に「法」の字が見えます。


150815 (21) 150815 (22)

ちょっと分かり難いですね、ズームしてみましょう。
「法」の字がハッキリわかりますね。


150815 (18) 150815 (19)

今度はこの場所から東の方角を向いてみましょう。
おおっ、「大文字」もハッキリ見えます。
明日の送り火は、この場所から見ることにしましょう。
って、考えることはみんな同じなので、無理かなあ。


150815 (23)

橋を渡って少し歩いて行くと出町柳商店街があります。
どこか懐かしい、昔ながらの庶民的な商店街です。


150815 (24)

お腹がすいたなあと思っていたら、朝食にサンドイッチを食べたきりで
そのあと何も食べていなかったのでした。
喉も乾いたし、ここいらで一休み。
商店街の中ほどに休憩できるテーブルとイスが置いてあったので
商店街の惣菜屋さんで買ったメンチカツと梅ジュースで、ほっと一息。
このメンチカツ、揚げて時間が経っていると思うけど、実に美味しかった。
買ったメンチカツで美味しいと思ったのはこれが初めて。
それくらい美味しかった。


150815 (32)

アーケード商店街を抜けると、豆餅で人気の「ふたば」が。
今日も行列が出来ています。
この状況を目にして素通りする勇気はありません、もちろん並びましたとも (笑)


150815 (31) 150815 (30)

暑さ対策なのか、送風機が設置されていました。

部屋に戻ると、もう疲労困憊、そのまま床の上にごろんとなりひと眠り。
夜になって夕食に出かけようにも、身体が言うことをききません。
でも食べない訳にはいかないので一度行ってみたかった中華のサカイへ。
歩いてバスを乗り継いでというのは到底無理なのでタクシーで。


150815 (12)

このなんの変哲もないお店に、日本一美味しいと評判の冷麺があります。


150815 (29)

さっそく注文。
で、出てきた実物を見て、えっ、何、これが日本一?
拍子抜けしました。
でもね、食べてみてびっくり仰天、これが実に美味しいんですよう。


150815 (28)

麺もタレも絶品!
ああ、大盛りにすればよかった。
ちなみに冷麺嫌いな夫と息子は唐揚げ定食を注文。
これも美味しかったとのこと、近ければ、毎日くるのになあ。

150815 (27)

デザートに杏仁豆腐もいただきました。
本場の味を期待していたのに、これはちょっと残念な味でした。
冷麺を食べて元気が出たので帰りはバスで帰りました。


150815 (25) 150815 (26)

夜のおやつに「ふたば」の豆餅と水羊羹、わらび餅をいただきました。
とりわけ水羊羹が一番美味しかった。

初日の記事から長くなりました。
こんなことでは先が思いやられます。
ここまで読んでくださって、どうもありがとうございます。
お疲れさまでした。


本日2本目の記事です。
すてきにハンドメイド8月号に掲載されている
月居良子さんのドレープボレロを作りました。


150814 (7)

布地 : C&S みずたま刺しゅうのダブルワッシャー ホワイト


150814 (8)


150814 (9)


お盆は何かと忙しくて、結局このボレロとスクエアネックのブラウスを
縫っただけで時間切れ。
スクエアネックのブラウスは写真を撮る余裕がありませんでした。
後日アップします。
はおりカーデガン、作りたかったなあ。
あとせめて3時間あれば・・・残念!

明日の朝イチで京都の息子のところに出かけます。
では、行って来ま~す ^^

150814 (2)


朝ドラ「まれ」の今週のお菓子はウイークエンドケーキでしたね。
別に触発されたわけではないのですが、在庫整理のために作りました。


150814 (1) 150814 (4)
150814 (5) 150814 (3)


レモンの風味がさわやかで夏にピッタリのケーキです。



150814 (6)


そしてお坊さんにお出ししたのはアイスコーヒーとレアチーズケーキ。
美味しいと言っていただけてよかったです^^

2015.08.13 縫ってます
本日3本目の記事です。
お盆なので何かと忙しく、縫い縫いの時間があまり取れませんでした。
ボレロ、1枚だけ何とか縫い終わりました。

ストライプのプルオーバーは縫ってる途中です。
実はもう一枚縫いたいものがあって、夕方6時になって水通しをするという
暴挙に出ました (笑)

次は赤のニットが控えているのですが、糸替えが面倒なので
同じ白糸を使う、このギンガムチェックのほうを先に縫おうかと・・・
まだ乾いてもないのに ^^;


150813 (1)

乾くまでの間、パウンドケーキを焼きます。
こちらも在庫処分のためです。
早くから、取りかかればいいものを、いつもギリギリ。

そう言えば、若い頃はギリギリになっても縫い終わらず、
夜行列車の中でワンピースの裾上げをしたりしてたなあ ^^;
何十年もかけて、培われてきたこの性格、今更変わりようがありません (笑)

今回はまだ、あと一日あるもんね (笑)

お盆なのでお坊さんにお出しするお菓子を作りました。
今年は杏仁豆腐ではなくてレアチーズケーキです。
四角い形なので、お豆腐に見えますが (笑) 
まだ固まってないので、切り分けていません。
写真は明日撮って、アップします。

レアチーズケーキに入れるレモンは、半年前から冷蔵庫の野菜室で
眠っているものを使いました。
一個ずつラップでぴっちり包んで、それをさらにビニール袋に入れて
野菜室の奥に保存しているものです。


150813 (3)

ラップを剥がしてみました。
なんら、遜色ありません。


150813 (2)

半分に切ってみました。
中も瑞々しい状態のままです。
10か月くらいは鮮度を保てるらしいのですが
残りがあと3個しかないので確かめようがありません。

半年は楽勝でクリアー出来ました^^
夏場は国産レモンが採れないので、春先にいっぱい買って
保存しておくのがいいようですね。

風船が枯れてきたので種を採ってみようと思います。
なんかわくわくします^^


150813 (4)

とりあえず、4個。
風船を振ると、かさこそと音がします。


150813.jpg

中の構造はどんなふうになっているのか
筋目に沿って、そお~っと開いてみました。
三つの部屋に分かれて、互いの顔をくっつけています。


150813 (5)

可愛いお猿さんが現れました^^

本日2本目の記事です。
今週末から出かける予定があるので、着ていく服を縫うべく重い腰を上げて
やっと作業に取りかかりました ^^;


150812 (3)

午後から裁断まで完了。


150812 (2)

ちら見せ (笑)
3着分です。
いたって簡単な作りなので、このあとはダーっとミシンをかけるだけ。
今夜はお盆の用意で忙しいので、明日一気に縫い上げます。

今日は朝早くからお盆用品の買物に出かけました。
と言うのも、毎年墓参り用の花を卸市場で買っているのですが
早く行かないと売り切れてしまうからです。

例年だと義母と一緒に出かけるのですが、今年はその元気もないようで
夏休みを取った夫と二人で行きました。
今朝は久しぶりの雨で、しかもどしゃぶりだったので、夫がいて助かりました。
買う花も半端な量ではないんです。
今年は15束買いました。

そのあと義母を迎えに行き、一緒にお盆の買い出しに。
それで午前中がつぶれてしまいました。

そうそう、こんなものを買いました。↓

150812 (1)


紫外線防止の腕カバーです。
私の場合は紫外線対策ではなくて冷房対策用です。
年々、冷房病がひどくなって、今年は就寝時にも腕が冷たく感じるので
これがないと寝られないんです。
私が冷たく感じるのは左腕だけなので、長袖だと右腕が暑いんです。
実に難儀な身体です。
別に寝る時にクーラーをつけて寝ているわけではないのにですよ。
窓を少し開けて寝ているので、夜風で腕が冷たくなるのです。
冷たいのは左腕だけで身体は汗をびっしょりかいています。

そんな私ですが、我が家もまったく冷房を入れないわけではないんですよ。
でも、それは私が家にいない時だけ、たとえば買物に出かけて留守のときに
日中に熱せられた部屋全体を冷やすためです。
夫が勤めから帰って来る1~2時間前に、低めの温度設定でガンガンかけます。
そして帰宅するとすぐに切ります。
人間のためと言うより、家のためですね。

夫も私ほどではありませんが冷房に弱い体質なのでエアコンなしでも
我慢してもらえるので助かっています。
ただ夫は扇風機の風がダメなので逃げ場がなくかわいそうです。

夏になるとエアコンがダメな妻と扇風機がダメな夫とで

「私たちって、ホント、割れ鍋に綴じ蓋だねえ」

と言い合ってます (笑)

冷房の効いた建物に入る時は左腕だけ腕カバーをして
その上から長袖を羽織っています。
それでも冷気が布地を突き抜けて痛く感じることがあります。

この腕カバー、特売セールだったので2組ずつ合わせて4組買いました。
千円でおつりがきました。
今日はいい買物をしたなと思っています ^^

本日2本目の記事です。
今日は台所の片付けで半日が終わりました。
引き出しの中や不要になったものの整理など。
いっぱい捨てました。
おかげでスッキリなりました。

換気扇の掃除もしたかったのですが、力尽きてしまいました。
冷蔵庫も気になっているのですが、こう暑くては内部を掃除しているうちに
冷蔵庫内の温度が急上昇すると困るのでやめておきました。

ごめんなさい、今日のこの記事、自分の覚書なので画像もないし
面白くもなんともなくて。

夜はほんの少しだけ縫い物をします。
あ~ん、間に合わないよう (涙)

2015.08.11 風船かずら
150811 (15)

風船かずら、風船をいっぱいつけてます。
おやっ?
あの茶色く変色した風船はもしかして・・・


150811 (1)

そうです、一番初めに実がついた長男です。
まあ可哀そうに、こんなにお爺さんになって (笑)
(実が生って、種ができるんだから男子じゃないよって、
つっこむのは野暮というものですよ^^)


150811 (2)

こちらは血気盛んな若者たち (笑)
こうやって見上げると、風船というより提灯みたい。
赤いと、ほおずきに見えますね。


150811 (4)

フェンスの内側に回ってみましょう。
こちらも勢力旺盛。


150811 (5)

こうやって内側、外側と両面に実がつくと見応えがありますね。


150811 (3)

こりらも負けていませんよ。
こちらは今が盛りの乙女たちかしら ^^


150811 (6)

悲しいかな、仲の良い姉妹たちも容色が衰えるとこうなっちゃうんですよね。
でも、ちゃんと子孫を残してくれますからね^^


150811 (14)

一心不乱に写真を撮っているとアシナガバチがやってきました。


150811 (13)

こうやって蜜を吸うお礼に、ちゃんと受粉のお手伝いをしてくれているんですよね。
こっちはいいから、実の少ないあっちの方に行って~ (笑)


150811 (8)

風船かずらの手前に植えている青ジソ、こんなに大きく育ったのに
今ではバッタ専用の御用菜園になってます ^^;
さて、どこにバッタがいるかわかるかな、”バッタ君を探せ”です。








150811 (9)

保護色でわかりませんね。
こんなところにいました。


150811 (10)

ん、もうっ、こんなに食べ散らかして!


150811 (11)

青ジソはもう十分堪能したのか、今度はスイートバジルに移動。
デザートのつもりなのかな (笑)


150811 (12)

こちらはあまり美味しくないとみえて、食害が少ないようです。


150811 (7)


そうそう、カラスウリ。
葉っぱばかり旺盛に茂るものの、一向に蕾がつく気配がありません。
ま点子ちゃんの私は、一刻も早くレース状の花が見たいばかりに
安価な種ではなく、高価な根塊を買ったというのに。

種だと植えてから3年経たないと花が咲かないそうなので。
と言うことは、この根塊は2年目の根塊だったのかも。
ガックリです _| ̄|○

本日3本目の記事です。
暑いのに頑張り過ぎっ!って自分にツッコミを (笑)


150810 (8)


チョコレートの在庫処分のため、この暑いのにブラウニーを焼きました。
クーベルチュールチョコは冷蔵庫に入れていたのですが、量はそんなに多くはなくても
邪魔になって仕方がなかったんです。
手っ取り早く焼けるように、紙の型で焼きました。
使い捨てなので型も洗わなくて済むしね。
ただ、紙なので熱伝導率が悪く、いつも通りに焼いたら焼きが甘かったようで
中がちょっとべちょっとしています。生焼けではないのですが。


150810 (7)


表面はブラウニーらしくパリッとなっています。

いやあ、ハッキリ言って真夏はチョコレート菓子は暑苦しくて、くどい!
夏はガリガリ君なんかの方が断然美味しい。
と言う訳で、一切れ食べた後にガリガリ君で口直し (笑)

あ~もったいないなあ、冬だと美味しいんだけどなあ。


追記
夜のおやつに冷蔵庫で冷たくして、コーヒーと一緒にいただきました。
冷たくすると、すごく美味しくなりました。
夫がこのブラウニーのどこが気に入らないのかわからん、と言いながら
美味しそうに食べてくれました。
口に入れると、ほろっと崩れて、クルミの食感もよくて。
ガリガリ君の口直しは必要ありませんでした (笑)

本日2本目の記事です。


150810 (6)


昼ごはんを兼ねて、おにぎりをいっぱい作りました。
さすがにこんなに食べきれないので、冷凍します。
実はおにぎりって今まで冷凍したことないんです。
握ってすぐに食べたり、お弁当に入れたりするから美味しいけど
果たして冷凍したものをレンジでチンして美味しいのかどうか。
美味しければ、息子に送るつもりです。


150810 (1)

夏定番のゆかりごはんのおにぎり。


150810 (5)

青ジソと梅干と白ゴマ入り。


150810 (4)

これは瓶詰の鮭フレークと白ゴマを混ぜ込んだもの。


昼ごはんに、このまま食べるとどれも美味しかった。
おにぎりのお伴は昨日作った、ナスの鍋しぎ。
もう、最高に美味しかった~♪

青ジソ入りは温めたあとで醤油を塗って、表面だけ焼き色を付けると
美味しいかも。
このままだと生の青ジソが刺さる感じがするので。
明日にでも試してみます。

お暑うございます。
むかーし、私がまだ幼かったころは夏も大掃除をやっていました。
お盆前には夏休みということもあって、どこの家庭でも子供たちは有無を言わさず
手伝わされたものです。
畳中心の生活だったので、畳を上げて床板に敷いてある新聞紙を新しいものと
取り替え、白い粉末の殺虫剤(たぶんDDT)を散布していました。
子供ながらに古新聞の記事に引っかっては作業が進まなかったことを
覚えています。
思えばのどかな時代でした。

さて、そんな昭和の記憶がよみがえったわけではないのですが
今年は夏にも大掃除をしようかなと意気込んでおります (笑)
だって、じっとしていたって暑いんだから、どうせなら身体を動かしていた方が
気がまぎれるじゃありませんか。

てなわけで、今日は手始めに風呂掃除です。


150810 (3)


排水口のパーツをすべて外して、ハイターに浸けました。
台所用のゴミ箱を使ったのでゴミ箱の臭いも取れるし、一石二鳥です。


150810 (2)


ほら、きれいになりました。
風呂場の天井の換気扇も掃除しました。

風呂から上がったあと、翌朝まで換気扇をつけっぱなしにしているので、
壁にカビは生えていませんが床の縁やコーキングした部分が
少しカビが生えていたのできれいに取り除きました。
鏡もウロコ状になっていたので、研磨剤で取り除きました。
これでさっぱりしました。

今日は風呂場だけでしたが、今週は午前中だけでも
少しずつ掃除をしていこうと思っています。
たぶんそのうち飽きるのは目に見えていますが (笑)


本日3本目の記事です。
芝刈りをしました。
左が芝刈り前、右が芝刈り後です。
だいぶ目地が消えて、見栄えがよくなりました。


150809 (1) 150809 (2)


刈り高 30ミリ


当地は梅雨明けからずっと雨が降っていません。
なんと12日間もですよ。

花壇の水やりは毎日していますが、芝生は1週間に2回ほどです。
今日は芝刈りのあとで、たっぷり水を撒きました。
雨が降ってくれないと、水道代もバカになりません。
雨ごいでもするかな~

また大量の青ジソを頂いたので、性懲りもなくジャポネーゼソースを作りました。


150809 (5) 150809 (6)

水を何度も変えて、きれいに洗います。
かごいっぱいありました、重さにして150gです。


150809 (7) 150809 (9)

量が多いので、今日はバーミックスを使いました。
写真用に夫に特別出演をお願いしました (笑)
あくまでも格好だけです、もちろん私が作りました。
バーミックスだけでは粗くてなめらかさが出ませんでした。


150809 (10) 150809 (11)

仕方がないので、ミルサーに小分けして再度攪拌しました。
手タレは夫です (笑)
今度はなめらかに仕上がりました。

2瓶出来たので、1瓶は青ジソのお返しにしました。
すごく喜んで頂けたので、暑い中汗を流しながら作った甲斐がありました。
これでまたガーリックトーストが食べられるので嬉しい ^^

2015.08.09 ナスの鍋しぎ
150809 (3)


夫の実家で採れたナスとピーマン。


150809 (4)


ナスをゴマ油で炒めて、砂糖と味噌を加えてさらに炒めて
夏の定番、鍋しぎを作りました。
味噌を少し控えめにしたので、こってり感がありませんが
すごく美味しく出来ました。

ナスの鍋しぎは私の大好きな料理です。
冷たくしてもおいしいですよね、夏はこれがあればおかずは何も
要らないくらいです。
夫は見向きもしませんが (笑)

ピーマンは何にするかな~

なにをするにしても、夏はもうケンカ腰 (笑)
今日の昼ごはんはぶっかけうどん。


150808 (1)


シンプルに大根おろしとオクラ。
味が淡泊過ぎるので、天かすも少し入れました。
煎りゴマを手でひねりながら、たっぷりかけても美味しいですね。
大根おろしは毎回おろすのが大変なので、1本分まとめておろして
ジブロックに入れ、薄く均し、筋目をつけて冷凍しています。
こうすると一回分ずつ取り出せて便利です。


150808 (4)


作り置きの麺つゆがなくなったので作りました。
昆布、いりこ、鰹節でだしを取ります。
昆布、いりこ、鰹節を粗かた箸で取り除いたあと、こうやって
ケメックスのコーヒーメーカーで漉しています。


150808 (3)


粗熱を取ります。
水を数回取り変えれば、粗熱が取れます。


150808 (2)


左がだし汁、1リットル出来ました。
右が麺つゆ用の返しです。
混ぜ合わせて使いますが、だし汁の量の加減で
ぶっかけ用にもつけ汁用にもなります。
この他に蕎麦用の甘めの返しも作って冷蔵庫に常備しています。

暑くて火を使いたくないのですが、こうやって作るのは
市販の麺つゆが苦手だからです。
夫も私もその点は一致しているので仕方なく作ってます。
夫だけの要望であれば作ることは、まずないと思います (笑)

なんか最近食べものの記事ばかりですね (笑)
ミシンはどうなったのかって。
・・・ 聞かないでください ^^;
人間、食べる方が大事ですよ ^^

こう暑いと冷たくてさっぱりしたものが美味しいですね。
という訳で、今日の晩ごはんは「冷しゃぶポン酢ジュレ」と焼きナス。


150807 (2)


マンネリになりがちなので、毎日の献立のヒントにNHKの料理番組
「きょうの料理」を毎回欠かさず見ています。

先日放送された 冷しゃぶポン酢ジュレ が美味しそうだったので
作ってみました。
これね、さっぱりして美味しかったですよ。
残念なことに暑さで、とろみのついたゼリーが溶けてしまいました ^^;


150807 (1)


焼きナスも作りました。
鰹節でダシを取り、薄口醤油と濃口醤油を合わせたダシ汁の中に
焼いて氷水の中で皮を剥いた茄子を浸し、しばらく冷蔵庫に入れて
おいたものです。
冷たくて、ダシがよく浸みて美味しい。
料亭で出されるような上品な味に仕上がっています。
夫は焼きナスが大好物なので、茄子を使った料理といえばこればっかり。
茄子の料理はこれ以外にもいっぱいあるのにね。

2015.08.07 三つ巴
150807.jpg


おはようございます。
今朝の朝顔です^^

昨夜は熟睡出来ず、頭がぼぉーっとしております。
朝ご飯を食べたら、しばらく寝ます。

2015.08.06 決意表明
150806.jpg


おはようございます。
これは私が住んでいる地域の今日および今週の天気予報です。
14時はギラギラお日様マークになってます。
35℃を超えるとこのマークが出ます。

夫はこのおどろおどろしい色と形が怖いのだそうです。

「ねえ、見て、見て」

とこの画面を指差そうものなら

「ギャー、やめてくれ~」

と叫んで、逃げていきます (笑)

そんな猛暑の中、今日はちょっとミシンを踏んでみようかな
などと、大それたことを考えております。
て言うか、先延ばしにするとあっと言う間に夏が終わってしまうし
来週末のお出かけ用に着用したいので、まさしく尻に火がついた状態なんです。

物々しいタイトルをつけましたが、これくらいしないと腰が上がらない (笑)
ま、倒れないように頑張りまっす!

おはようございます。
朝一番の庭の見回りから戻ってきました。


150805 (1)


おじぎ草、こんなに大きくなったんですよ。
2株植えたのですが、互いの株がせめぎ合っています。
ああ、もっと間隔をとって植えればよかった。


150805 (2)


そして、やっと可愛い花を咲かせてくれました。
先っぽに、ちょんちょんとついているのは花粉だそうです。
どことなく、ねむの花に似てますね。
ねむの花は扇形ですが、おじぎ草は丸くて線香花火のようです。

松尾芭蕉が「奥の細道」で紅花を詠んだ有名な俳句があります。

まゆはきを 俤(おもかげ)にして 紅粉(べに)の花

そこで僭越ながら、わたくしめも一句 (笑)

おじぎ草 ねむりから覚め 線香花火


左奥にある、つくしのような形をしたのが蕾です。
蕾がいっぱいついているので、一度に沢山開花したら
また写真に撮ってお披露目しますね。

本日3本目の記事です。
この暑いのにホントご苦労なことです (笑)

息子に例のごとく冷凍食品送りました。
ちんたら写真なんぞを撮っていたら、溶けだしそうなので
今回は冷凍した写真はありません。


150804 (13)

これはマルゲリータ、息子用には一枚だけ作りました。


150804 (12)

こんなふうに1枚ずつ、ラップで包んで冷凍します。


150804 (11)

これはいつもの定番ピザ。


150804 (10)

焼くとこうなります。
ちなみに息子用はピーマンと玉ねぎは入れていません。
美味しいのにねえ。

自分の覚書として送ったものを記します。

ピザ6枚 (内、一枚マルゲリータ)
スパゲティナポリタン 4食分
スパゲティミートソース 4食分
チーズソフトフランス 6個
ロールケーキ、チーズケーキ、シュークリーム 各2個

今回はシチューや炒飯ものは作っていません。
ご飯ものは次回、体力があれば作ります。

2015.08.04 お昼寝
ひやぁ~、暑い、暑い。
一日に何度もシャワーを浴びています。
シャワーでさっぱりしたあとはお昼寝 (笑)
真夏の暑さに打ち勝つべく、体力回復のために昼寝は欠かせません。


150804 (4)

昼ごはんのあとは小一時間ばかり、縁側で昼寝をしています。
太陽が南中している時はこの場所は割と涼しいんです。
風がある時は窓から風が入ってきて気持ちよく眠れます。


150804 (5) 150804 (8)

扇風機をゆるくかけると快適。
この扇風機は最弱にすると、うちわで煽いだようなやさしい風になります。
風量を最強にしても、一般的な扇風機に比べると微風 (笑)
扇風機にしてはビックリするくらい高い値段だったのですが
この扇風機がないと生きていけません。
いかに自然の風に近づけるか、研究を重ねて作られただけのことはあるなあ
と私は感心しているのですが、夫に言わせると

「ただ単にモーターが弱いだけ、あとはデザイン料だね」

なのだそうです ^^;

モーターが弱いだけで、こんなに高い値段がつけられるかって思うんですけどね。
とにかく、私にはこれくらいの風がちょうどいい。
バッテリーがオプションで付いているので、コードなしでもつけられるので便利です。

そして昼寝に欠かせないのが本。
今読んでいるのはこれです。 ↑
2~3頁読んだだけで眠りに落ちるので、なかなか読み終わりません (笑)
実に興味深いことが書かれているので、面白く読んでいます。

健康診断や人間ドックなど、定期的に受けない人のほうが長生きするんですって。
いろいろ見つけられて、しなくてもいいような手術や治療をするからだそうです。
介護医療や介護保険は、そのうち破たんするので、受け入れ先がなくなり
家庭で介護するようになり、長生きした老人は虐げられるだろうと。
そういうことを知ると、そんな世の中になったらイヤだなあと怖くなります。
今から野たれ死にする覚悟を持っていた方がいいと。

曽野綾子さんの「二○五○年」 という小説の内容も紹介されていて
その中には、以下にあげるようなことが書かれているそうで、ぞっとしました。
少し引用してみますね。

主人公は75歳で、妻に先立たれて、持ち主のいなくなった宅地跡に住んでいる。
そういう年寄りはすぐ強盗に殺されるから、うちを捨てて人のいない荒れ地に住むという
想定です。嫌な場面があって、若者が老人ホームに火をつけて
「年寄りを一挙に何人始末できた」って手柄にする。そういう話です。

今度、図書館で借りて読んでみようと思います。
曽野さんの本は昔から好きで、ほとんど読んでいますが
最近は戒語緑のような本ばかりなので、遠ざかっていました。
「夜明けの新聞の匂い」あたりまでが、好きでした。
最近のものは「ん!」って首をかしげたくなるような考えを押しつけるようなものも
あったりするので、それも読まなくなった一因かもしれません。

何はともあれ、本は買っても読まないので、借りるに限りますね。
市立図書館に在庫がない場合は県立図書館から取寄せてくれるので
なおさら、申し訳なくて読まないわけにはいきませんからね。


150804 (7) 150804 (6)

そして快眠の手助けをするのが枕。
私は幼い頃からずっと、そば枕を愛用しています。

そうそう今日はこの枕カバーを縫いました。
やっつけ仕事みたいで、載せたくはなかったのですが (笑)
封筒式にして包むには用尺が足りなかったので、アイロン接着できる
丸くカットした面ファスナーで止めるようにしました。
面ファスナーは昔はマジックテープといってましたが、クラレの登録商標なので
他のメーカーのもの(ベルクロなど)は面ファスナーと言った方がいいみたいです。

でも私は未だに、台所用洗剤はママレモンと言ってますからね。
ママレモンなんてまだ販売しているのかな。
シャチハタもそうですよね、シャチハタ製でなくてもみんなシャチハタって
呼んでますもんね。

ファスナーを縫ってつけるのは面倒だったので、面ファスナーにしたら
製作時間は30分とかかりませんでした。

この生地で後ろ下がりプルオーバーを作ろうと思って、ついでに裁断だけしました。
さっと、その場で縫えばいいものを、それをしないのが、私の私たる所以です (笑)

おっと、もうこんな時間、急いで宅配便を出しに行かないと。

2015.08.04 朝顔
おはようございます。
毎朝、夫を駅まで送ったあと庭をひと回りするのが日課になっています。
朝顔はその名の通り、朝一番でないときれいな姿は拝めません。


150804 (2)


玄関先のフェンスに絡ませた、大輪種の朝顔 ”暁の紅”


150804 (3)


朝日に透けてこんなに綺麗です。


150804 (1)


朝から蝉の大合唱。
シマトネリコに止まっているアブラゼミが、ジージーと、ひと際 大音響で
真夏の暑さを演出しております ^^;

今日も暑くなりそうです。

2015.08.03 マルゲリータ
本日3本目の記事です。

150803 (5)


今日の晩ごはんはピザとビシソワーズ。
冷凍まつり用ピザのうち2枚だけマルゲリータにしてみましたが
いつものピザの方が断然美味しかったです。
ううっ、このモッツァレラチーズ、高かったのにぃ。
マルゲリータ、お店で食べると美味しいのに、なんでだろう。
なので夫の分はいつものピザにしました。

ビシソワーズは写真は撮ってません。(ちょうどカメラの電池が切れたので)
レシピは ⇒ こちら
前回は長ネギを入れましたが今回は入れていません。
入れても入れなくても、ほとんど味に変わりはありませんでした。
夏は冷たいスープが美味しいですね。

マルゲリータの由来はイタリア王妃であるマルゲリータの名前にちなんでつけられたそうです。

以下 wikipedia より抜粋
イタリア王妃が、「バジリコの緑、モッツァレラチーズの白、トマトソースの赤が
まるでイタリアの国旗を表しているようだ」として気に入り、自らの名を冠したと言われる。
1880年に創業したナポリのピッツェリア、現ピッツェリア・ブランディ のピッツァ職人であった
ラファエレ・エスポジト が、1898年にウンベルト1世とマルゲリータ王妃夫妻を迎えるため、
イタリア国旗の緑・白・赤を表現したこのピザを作ったといわれる。

ふ~ん、知らなかったなあ。

今日は朝からイタリア系の食事ばかりなので、いい加減飽きました。
やっぱり日本人はお米を食べなきゃ。
あ~ん、ご飯が食べたいよぅ。

150803.jpg


昼ごはんは冷凍まつりの一品でミートソーススパゲティ。
味見用が私の昼ごはんになりました (笑)
今がちょうどいい硬さなので冷凍したあとチンすると、ちょっと麺が柔らかいかも ^^;

トマトソースいっぱい作ったので、これから(14:10)定番のピザ作りに取りかかります。
それにしても、あぢぃ。

今日も朝から暑いです。
只今(10:45)のリビングの気温 32℃ 湿度50%


150803 (1)


今日も朝からしっかり食べています。


150803 (2)

飽きもせずガーリックトースト。
でもこれでジャポネーゼソースは使い切りました、残念!


150803 (3)

コーヒーはフレンチローストのマンデリン。
苦いけどアイスコーヒーにしたりカフェオーレにすると美味。


150803 (4)

そして梅干しヨーグルト。


今月は夫のお弁当作り、勘弁して貰いました。
十分な睡眠を取らないと、この夏が乗り切れないので。
これで弁当のプレッシャーから解放されたので嬉しい限り。
弁当代、こづかいにオンしました、背に腹は代えられぬ (笑)

これから息子に送る冷凍食品作り始めます。
題して ”冷凍まつり盛夏編”

ま、倒れないように、ぐわぁんばります (笑)

本日2本目の記事は、昼ごはん。


150802 (3)


朝食に引き続き、ジャポネーゼソースでパスタを作りました。
ニンニク、苦手だけど入れました。
パルジャミーノチーズもたっぷり、ブラックペッパーも粗引きにして。
夫が嫌がるかなと思いましたが、美味しいと言って完食。
あ~よかった~^^

とにかく、暑さに打ち勝つには体力。
そのためにも、食べないと。
ちなみに夕食はカレーライスとポテトサラダでした。
最近は一日中、食べ物の仕度に追われている感じがします。

というのも、暑いのでさっさと身体が動かず、もたもたして気が付くと
なんかご飯ばかり作ってたなあという毎日です。

朝昼晩ご飯作って、麦茶沸かして掃除洗濯、昼寝して、買物行って、
花の水やりして・・・
もうそれだけで一日が終わってしまいます。

ま、こう暑いと生きてるだけで十分っていう気がしないでもありませんが (笑)

150802.jpg


今日の朝食は青ジソで作ったジャポネーゼソースをたっぷり塗って
ガーリックトースト風にしてみました。
パンは昨日焼いた細身のバゲットをスライスしたものです。↓
もっとこんがりと焼いたほうが美味しかったです。
二回目はこんがり焼きました。(写真は撮ってませんが)


150802 (2)


先日作ったジャポネーゼソースにすりおろしニンニクと
パルジャミーノを粉チーズにして、オリーブオイルと混ぜ合わせ
薄切りバゲットに塗って、オーブントースターで焼きました。

これね、すっごく美味しいです!
私はバジルで作ったジェノベーゼソースより
この青ジソの風味が生きているジャポネーゼソースのほうが
断然好きです。
夫にも大好評でした。

今日も朝から太陽が、かぁーっと照りつけています。
今日も頑張って、なんとか乗り切ります。

2015.08.01 今日のごはん
夏バテしないように今日もしっかり食べました。
昼ごはんは、ぶっかけうどん。


150801 (2)


めんつゆもダシをとって手づくりしています。


150801 (1)


これをたっぷりかけて、いただきます。
めんつゆの材料はこれです。↓


150801 (7)



150801 (3) 150801 (4)

醤油は地場産のキクスイ醤油。
幼い頃からこの味で育ってきたので、今更変えられません。
九州特有の甘みのある上品な味です。
みりんと清酒もずっとタカラを使っています。
いりこはスーパーで適当に買ったものですが、国産以外は買いません。
うどんや、そうめん、冷やし麦には、いりこは欠かせません。


150801 (5) 150801 (6)

この削り節は東京のお土産として頂いたものです。
高級品なので、もったいないのですが。
お礼が遅くなったけど、Hちゃんありがとう、すてきな東京土産です^^

昆布は、いつもこの北海道産の真昆布を使っています。
いいダシが出ます。

ずっと市販のめんつゆを買ってすませていましたが、自家製のほうが美味しいので
ここ1~2年は家で作っています。

蕎麦用のかえしと、めんつゆの素は多めに作って常備しています。
昆布や鰹節でとったダシで薄めて使っています。


150801 (8)


そして、晩ごはんは重ねステーキでした。
これは小林カツヨさんのレシピで、スライスチーズと青ジソを薄切り牛肉でサンドして
焼いています。
大根おろしとオクラをのせて、醤油をかけていただきます。
青ジソとチーズがいい味を出していて、すごく美味しいんです。
さっぱりして夏にピッタリの一品です。

実はこの牛肉は義母が買ってくれたものなんです。
毎週土曜日は義母の買物の運転手を夫がしているので
そのお駄賃なんだそうです。

我が家では買うことのない、すき焼き用の高級和牛なので
このステーキにはもってこいでした。どうもごちそうさまでした。
残りはしっかり冷凍しました。

今日はこの暑い中、パンも焼きました。

150801 (9)


いつものチーズフランスと、細めのバゲットです。
明日の朝食用です。


夏は花の水やりも大変ですよね、ホントひと仕事です。
ずっと雨が降っていないので、夕方になってから芝生にも水を撒きました。
これから夏の間は水道代がかさみそうです。
夕立くらい降ってもよさそうなものなのに。