ジャーマンアイリスを植え替えて、およそ2週間経ちます。
今朝の状態です。
枯れた葉っぱが見苦しいので取り除きました。


140930 (6) 140930 (5) 140930 (4)

枯れ葉を指でつまんで、少し引っ張ってみます。
そんなに強く引っ張った訳でもないのに、気持ちよくきれいに剥がれました。


140930 (3) 140930 (2) 140930 (1)

これはどうでしょう。
完全に枯れずに、まだ青い部分も残っています。
同じように指でつまんで、手前に引っ張ってみました。
剥がれそうにもありません。
こういう場合はハサミで根元をカットしてやります。


140930.jpg


新しい葉が出てきて、少し勢いがついてきました。
ちゃんと根付いた証拠です。
冬になると成長は止まりますが、10月いっぱいは葉も大きく成長します。

今の時期は軟腐病 (芋が溶けてドロドロになる)にかかる心配はないので、
枯れ葉に神経質になる必要はないのですが、梅雨時や夏場の雨の多い時期は
枯れ葉は取り除いてやらないといけません。
油断していると、株の根元が枯れ葉で覆い尽くされてしまいます。

枯れ葉を見つけたら取り除く癖がついているので、高温多湿とは縁のない今の時期でも
ついつい取ってしまうのです。
それに、きれいにはがせた時は気持がいいんですよ。

傷口が治って出来た瘡蓋(かさぶた)を、はがす感覚に似ています。
幼いころ、瘡蓋をはがすのが好きな子供だったんです。
だからまだ熟成(?)されてない生っぽい瘡蓋でも剥いで、
血がにじんだりしたことが多々あります。
あ~あと、もうちょっとだったのに、と何度思ったことか (笑)

そんな訳で息子が小さい頃、ころんで出来た瘡蓋をはがすのが楽しみで、楽しみで (笑)
で、例のごとく待てずに、はがしては血がにじんでの繰り返し^^;
おかげで息子は学習し、怪我をしないようになりました (笑)

話が変な方へ逸れてしまいましたが、これからも時々ジャーマンアイリスの成長記録を
記していこうと思うので、お付き合いくださいね ^ ^
今日の午後、帰省していた息子が京都に戻って行きました。
和室に所狭しと広げていたパーツ類もきれいになくなり、がらんとなって寂しくなりました。


140929 (3)


この一カ月近く一体何を作っていたかというと、ライントレーサーという代物でした。
電子パーツを駆使して、プログラムを組みマイコン制御でライン上を走行する車です。



140929 (1)


このラインに沿ってトレースしながら走ります。
車に搭載されているセンサーが、白、黒を判断して前に進みます。
ラインを外れても、ライン上に戻ってくるようにプログラムが組み込まれています。
スピードのコントロールもプログラムの組み方で変幻自在です。


   140929 (4)

      二階のベランダで作業中。


   140929 (6)

      部品をはんだ付けしたり ・・・


   140929 (5)

      ラジオペンチで配線を曲げてみたり ・・・


140929 (2)

      マイコンにパソコンでプログラムを書き込んだり ・・・


なんか、もう大変そう ^^;
さしずめ、夏休みの自由研究ってとこでしょうか (笑)

やっと、一昨日完成したので、試走させてみました。

すごい!ちゃんとラインをトレースしながら走ってるぅ~ ^ ^

スピードはそこそこだけど。 パチパチ、拍手喝采!

動画を撮影しようと思ってカメラを取りにいった隙に電池切れ ^^;

このライントレーサーはすごく電池を喰うんです。
通常の電池ではまともに走りません。
電池充電のため、録画は翌日に持ち越しとなりました。

そして、翌日。

試走とプログラムの書きなおしを繰り返しているうちに、マイコンが壊れてしまいました。
スペアのマイコンもすでに試したあとで、それも使いものにならず。

「え~っ、そのマイコンとやらの予備はもうほかにないの?」

「うん、スペアを買ってたけど、それも壊れたからもう走らないよ」

「マイコンって1個いくらするの」

「350円くらいかな」

「なんでいっぱい買っておかないのよっ!」

マイコンを買おうにも田舎町にはパーツ屋さんなんてありません。
なので結局、動画は撮れず終い (泣)


   140929.jpg

この黄色の枠で囲んだパーツが、元凶のマイコン。


なんでギリギリになるまで放置しておくのか。
部屋中、広げるだけ広げておいて本格的に作業を始めたのは、ここ4~5日。

夏休みって一か月以上もあったというのに。
小学生のころからちっとも成長していないんだから。

かくして、夏休みの自由研究も未完に終わりましたとさ (笑)

追記
息子曰く、ちゃんと走行したから、未完じゃないそうです。
そんなに動画に命をかけているのなら、持って帰って作りなおすよ。
田舎と違って、自転車で15分も走ればパーツ屋があるし。

という訳で、次回上洛した時に動画を撮ります。
その時は動画をアップするつもりです。
乞う、ご期待!
    140928 (2)


       型紙 : パターンレーベル  ワンショルダーバッグ Sサイズ
       生地 : Lumiere Douce   キャスキッドソン London Buses:Blue(Duck)
            (共布)(裏地)C&S  海のブロード スモークエメラルド



ワンショルダーバッグ、2個やっと出来上がりました。
ひとつは夫用、もうひとつは夫の妹用です。

兄妹でお揃い^^;

のつもりで作った訳ではないんです。

このキャスキッドソンのロンドンバスの生地は、これで自分用にバッグを
作ったらステキだろうなと思って購入していたものです。

ちょうど用尺が2個分とれたので、姪たちの母親である義妹にも作ってあげようと
裁断をしていると、それを見た夫が欲しいと言い出したのです。
このド派手さが気に入ったみたい (笑)

本来は自分用なので、夫が自転車に乗る時だけ貸してあげることにしました。
汗でヨレヨレになるかも (泣)


このバッグには裏地がついており、どんでん返しという手法で仕上げるのですが
私はこのどんでん返しが苦手なんですよね。
と言うのも厚手の芯地を張っているので、返すのに一苦労なんです。

背胴裏と表胴裏の都合2回、裏地をひっくり返すのですが、
一回目は何とか返せても、2回目は二の足を踏んでしまいます。
そこで苦肉の策として、裏地を手でまつりつけるようにしました。
これだと苦しまなくてすみます。
参考までに私のやり方を記しておきますね。


140928 (10) 140928 (11)

表胴裏地の縫いしろをアイロンで折っておきます。
角の丸みはカーブにそって粗いミシン目で縫い縮めます。
カーブ用の厚紙を作っておくと便利です。


140928 (9) 140928 (12)

アイロンで出来上がりに折った裏地を載せてみます。
表地の縫いしろをくるむようにして、合い印をマチ針で止めていきます。


140928 (8) 140928 (7)

周囲をしつけ糸でしつけをかけておくと、まつり縫いしやすいですよ。
角はいせこみながらなじませて、まつります。


140928 (6) 140928 (5)

表背胴の裏地がきれいに付きました。
まつり縫いって面倒なようですが、時間にして30分くらいです。
最近はミシンで縫うのが主流なので、こうやって手でまつると気持が安らぎます。
右側の裏胴裏地はどんでん返しで返しました。


      140928 (4)


キットのベージュ色のベルトを共布でくるんでステッチで押さえています。
何となく、ベージュは合わないような気がしたので。


      140928 (3)

取っ手も同じようにくるみました。
キャスキッドソンのタグは、布プリントしてアイロンで貼り付けています。


    140928 (1)


こうやって並べてみると、キャスキッドソンのショーウインドーに飾ってあっも
違和感がないですよね (笑)

家庭でこんなに完成度の高いバッグができるなんて夢のようです ^ ^


追記
親子三人で好きなように分けてね、と送ったのですが
このロンドンバスは義妹ではなく、姪が選んだそうです。
だから、姪っ子とお揃いになりました ^ ^
2014.09.27 金塊チョコ
140927 (2)


140927 (1)


息子が食べたいというので、ランゴ・オ・ショコラ (金塊のようなチョコレートケーキ) を作りました。
ひとくち食べただけで満ち足りた気分になります。

あぁ、シ・ア・ワ・セ ^ ^
2014.09.27 籾すり 完了
籾すり完了しました。


140927 (6) 140927 (5)
140927 (7) 140927 (4)


今日も朝早くから農作業です。
籾すり機が故障したので、1時間で終わる作業がお昼近くまでかかってしまいました。
今日もみんなで頑張ったので、無事終わることが出来ました。


140927 (3)


お昼は近所のラーメン店に3人で食べに行きました。
私はとんこつみそラーメン。
夫と息子はとんこつラーメン。

わーい、終わった、終わった~♪
140926.jpg


朝から頑張って、ここまで作りました。(逆光なので写真が暗いですね^^;)
現在の時刻は午後5時過ぎです。
今から夕食の支度をしないといけないので、今日はこれにて終了!

パーツがすべて縫い終わったので、あとは組み立てたあと
メインイベントのどんでん返し (笑)
明日は完成させるつもりです。

2個同時に縫うと、なんか縫製工場で作業しているみたいな感じがして
なかなか楽しかったです。
お店屋さんごっこの大好きな私にとっては至福のひとときでした。
縫いものをして楽しかったことって、初めてかも ^ ^
病みつきにならいようにしなくっちゃ (笑)
2014.09.25 ロールパン
140925.jpg


今日は久しぶりにロールパンを焼きました。
と言うのも、晩ごはんがビーフシチューなので、ご飯よりもパンの方が合うと思って。

材料はあるし息子の帰省中くらい、焼き立てのパンを食べさせたいなと思ったのです。
一次発酵までホームベーカリーまかせなので簡単に出来るのですが
夫婦二人になってからはパンも焼かなくなりました。

焼きたては、やっぱり美味しいですね。
息子が美味しい、美味しいと言いながら沢山食べてくれたので、作った甲斐がありました。
ワンショルダーバッグ2個目完成しました。


        140925 (1)


       型紙 : パターンレーベル  ワンショルダーバッグ Sサイズ
       生地 :  コットンcafeサンカクヤ 綿麻オックス渋かわドット イエロー×白
             (共布)C&S 幅広リネン (裏地)C&S 海のブロード リーフ


        140925 (2)



あと2個、ロンドンバス柄が残っています。
リハビリで半日潰れるし、家事や雑用に追われ、なかなか縫う時間が取れません。
ぼちぼちですが、明日からまた頑張ります。

ロンドンバスは同じものを2個同時に縫おうと思っています。
手順が頭に入っているし、裁断まで終わっているので
バッグだけに専念出来れば、1日で終わるんだけどなあ。

あ~早く終わらせたい。
     
2014.09.24 リーフパイ
リーフパイを焼きました。


140924.jpg


夜食に何か食べたくなって、でもめぼしいものが何もなくて・・・
いつものパターンです (笑)

そこで超、超、簡単に出来るリーフパイの登場。

菊型で抜いたパイ生地(冷凍庫に常備している市販の冷凍パイシート)を
グラニュー糖を敷いた台の上に載せ、木の葉型 (楕円) になるように、
生地の上からめん棒で伸ばし、ナイフで葉脈をいれて焼くだけです。

思い立って30分後には食べられます。
もう少し焼き色をつけた方が美味しいのですが
ひねたヒナ鳥たちが口を開けて待っているので、早めに取りだしました。
あわてて作ったので、形もちょっといびつ ^^;

別に木の葉じゃなくても味は変わらないよ。
そんな面倒なことしなくてもいいのに、って言われました。
型を抜いた後の、切れ端 (俗にう言う訳ありスイーツ) で十分なんだそうです。

でもビジュアルって大事ですよね~

焼きたてはサクサクして美味しかったです ^ ^
今日は朝8時から籾すりをしました。


        140923 (13)

                 息子の袋詰め。 手馴れたものです。




140923 (10) 140923 (9) 140923 (8)
140923 (7) 140923 (6) 140923 (5)

   米袋の口をピシッ、ピシッと幾重にも折って結んでいきます。 結構、力仕事です。


140923 (11) 140923 (12)

              義母と私も同じように変わりばんこで結んでいきます。



        140923 (3)

                袋詰めが終わったら積み重ねていきます。
                1袋の重さが30㎏なので、夫は途中でリタイア。
                戦力となるのは息子だけ ^^;


140923 (1)

        籾すりの後は昼食をはさんで、稲刈り。今日は男性陣3人で端刈り。
        午後3時過ぎに稲刈り完了。 ご苦労さん ^ ^


        140923 (4)

               白鷺は稲刈りの名わき役。 風物詩(?)


140923 (2)

              この3羽は親子かな。家族で応援ありがとう (笑)


あともう一回、今日刈り終わった稲の籾すり、袋詰めが終われば今年の稲刈りは終了。
今週中には終わるかな ^ ^

2014.09.23 おはぎ
おはぎ、早起きして作りました。


       140923 (16)




140923 (15) 140923 (14) 140923 (17)


覚書として簡単な作り方を記しておきます。
500gの小豆から、粒あんは1.5kg出来ました。
そのうち1kgをおはぎに使い、残り500gは冷凍保存しました。

冷めても硬くならないように、もち米にうるち米を混ぜて炊きました。
  もち米 1カップ 2カップ : うるち米 2カップ 1カップ

水加減は米と同量で3カップ (600ml)、普段は2割増しですが
もち米が入るので同量にしました。

炊きあがったご飯を10分くらい蒸らし、熱いうちにすりこぎで搗きます。
この時、半ごろしと言って米粒が半分残る程度に搗きます。

食べやすい大きさに丸めて、粒あんでくるんで出来上がりです。
この分量で16個出来ました。
大きさは市販のものよりかなり大きめです。

市販のものに比べて、甘みを抑えています。
私はこれでも甘く感じるのですが、甘党の人は物足りないかもしれません。

仏壇にお供えし、夫の実家と納骨堂にもお供えしました。
2014.09.22 あんこ
明日は彼岸の中日です。
夜半に思い立ってあんこを炊きました。
明日の朝、おはぎを作るつもりです。


140922.jpg


今日は半年に一度の眼科検診の日でした。
検査のため瞳孔を開くので、車の運転が出来ません。
なので息子に送り迎えを頼みました。

いつもは30分の道のりを歩くのですが、いまの膝の状態ではとても歩けません。
こういう時、息子がいてよかったなあって思います。

眼底検査の結果も異常がなかったので、ほっとしています。


今日のあんこはちょっと塩を効かせました。
砂糖はいつもは小豆と同量にするのですが、塩を効かせるとくどくなるので
砂糖は小豆の80%におさえました。

小豆 500g 砂糖 (黄粗目) 400g 塩 小さじ 1/2

粗目 (ざらめ) を使うとあっさりした甘みになります。

明日は朝から籾すりなので、早起きして朝一番におはぎを作ります。
だからもう寝ないと・・・ 
2014.09.21 稲刈り
今日は午後から稲刈りでした。
今年は義父が端刈りをすべて終わらせていたので楽でした。
この膝では、どっちにしろ手伝いはできませんけどね。
なのでカメラを持って行楽気分で参加しました。


   140921 (1)

稲刈りは義父の独壇場 (笑)


   140921 (2)

これといって、することもない夫はただ見守るだけ。


   140921 (3)

息子に至っては田んぼへも下りず、ゲームなんぞで暇つぶし ^^;


   140921 (4)

刈り取った稲をコンテナに積む時だけお手伝い。
それも、 こぼれないかどうか、ただ見張るだけ (笑)

 
        140921 (5)

やっと出番が訪れました (笑)
親子三代での農作業。端刈りした稲穂を脱穀します。
この光景だけを見るとなんだか大変そう。
いやぁ、絵に描いたような稲刈りの風景ですね。
少しは働いてる姿も見せないとね ^ ^

 
        140921 (6)

で、私は田んぼの畦道に咲いている彼岸花の撮影 ^ ^

ほかに被写体がないものかと物色。
お~っ、ありました!晩白柚(ばんぺいゆ)

    140921 (8)

もうこんなに大きく育っていたんですね。


        140921 (9)

枝もたわわに実っています。
ていうか、重さに耐えかねて地面につきそう ^^;


        140921 (11)

苦肉の策として、支柱を立て上から紐で縛って固定してみたり ・・・


        140921 (10)

挙句の果ては ・・・ 
あはは、思わず笑ってしまいました。


この後、私は義母とお茶でまったり。
いやぁ、今日の稲刈りは楽でよかった~ ^ ^

次回は籾すり、袋詰め。
今年はもう一回、稲刈りすれば終わりなので嬉しい。

稲刈りといっても、別段何もしていないのに
田んぼに出て、その辺を少し歩き回っただけで疲れました。
今日は早めに寝ることにします。
芝刈りをしました。


 芝刈り前                         芝刈り後
140920 (2) 140920 (1)

刈り高 30ミリ


今年の夏は雨が多かったので芝を刈るタイミングを逃し
例年に比べて芝刈りの回数が少なかったです。

夏場の生育が旺盛な時は、週一回のサイクルで刈るので
今シーズン、まだ9回しか刈っていないというのは驚きです。

それに肥料をやる回数も例年に比べると少なかったのですが
その割には青々と育ってくれました。

キトサン効果なのか、今のところ病気も発生せず順調です。
シーズンオフになるまで、この調子でいってほしいですね。

2014.09.20 里芋
見てください、きれいな里芋でしょう。夫の実家で採れたものです。
形はふぞろいですが、もちもち、ねっとりしてすごく美味しいんです。


   140919.jpg


今朝は朝一番に膝のリハビリに行ってきました。
今日は2週間に一回打っている、ヒアルロン酸の注射の日だったので
先生の診察も受けました。

膝の曲がり具合を確かめるために、膝を曲げて角度を計るのですが
先月計った時は135度くらい曲がっていたのに、今日は110度止まりでした。
一時期回復が早く順調だったので安心していたのですが、なかなか思うようにはいきません。

くよくよ考えても仕方がないので、一進一退を繰り返しながら徐々によくなっていくのだろうと
楽観的に考えるようにしています。
今の状態をひとことで言い表すとすれば、災害が起こった時はたぶん逃げ遅れるだろうなと
いうレベルです。さっと行動に移せないし、走ったりなんて到底出来ませんからね。

今日から稲刈りの予定でしたが、昨日の雨で稲穂が湿っているのでたぶん無理でしょう。
この連休中に刈ってしまいたかったのに、なんか台風も接近しているようで
これまた、うまくいきません。

ずっと晴天が続いていたのに、いざ稲刈りと言う時に雨が降るとは・・・
きっと日頃の行いが悪いひとが、どこかにいるはず (笑)

仕方がない、縫物でもしますか。
今日は記事をもうひとつ。
今日こそはワンショルダーバッグを縫うつもりでいました。
ところが、いきなり息子の友達がやってきて計画は頓挫してしまいました。
と言うのも、このKちゃんは息子も同然なので、久しぶりに顔をみると構ってやりたくなるのです。

昼ごはん時に、いきなりやってきて

「おばちゃん、俺さっき遅い朝ごはん食べたばかりだから、昼ごはんはいらんわ」

と言った割には、私と息子が食べているミートスパゲッティを

「やっぱ、いるわ!」

と一皿ぺろりと平らげた挙句に

「デザートは?」

と要求する始末 (笑)

でもね、昨日作ったチーズケーキをひとくち食べただけで

「うめ~、やっぱおばちゃんの作るお菓子は最高やね。
これひときれ1800円でも、俺買うわ。」

なんて殺し文句を言われたら、なすすべがありませんよね ^ ^

息子が1800円という数字が、訳がわからんと突っ込みを入れてましたが (笑)

Kちゃんは先週までシドニーに夏季留学していたそうで、いろいろ面白い話を聞けて
楽しい一日でした。


     140919 (4)


しゃべり尽くしたあとは、お決まりのトランプ。
大学生にもなって”大富豪” とは、トホホです ^^;

帰り際に、ぶら下げてあるワンショルダーを目にして

「おばちゃん、これ俺も欲しい。色はブルー系がいいな。正月休みには帰ってくるから」

と言い置いて帰って行きました。 あぁ目に付く所に置いとくんじゃなかった ^^;

はいはい、また安請け合いしてしまった (笑)

友人から、またまたステキな贈りものが届きました ^ ^
ブログに掲載されているのを見て、”これだ!”と思い頼み込んで譲ってもらいました。


140919 (3)

140919 (1) 140919 (2)


可愛いドットのポシェットとがまぐちです。
ポシェットはちょっとお出かけするのにピッタリです。
早速、今日リハビリに行くのに斜めがけしていきました。
ほんとはリハビリなんて行きたくないんですよね。
でも、これでちょっとウキウキ気分で通えそうです。

Hiiragi さんどうもありがとう ♪
今日はジャーマンアイリスの植え替えをしました。
順を追って説明します。


    1409181 (2)

ジャーマンアイリスは排水がよく、弱アルカリ性の土壌を好むので、酸性土の場合は
苦土石灰をまいて中和させておきます。
我が家では排水がよくなるように、腐葉土やバーミキュライトを鋤き込みましたが
よほどカチカチの土壌でない限り大丈夫です。

排水がよくなるように高い畝を作ってもいいのですが、畑でもない限り無理だと思います。
それに高畝を作っていても、翌年には畝がなくなり平らになってしまいます。
花壇や地植えの場合、雨が降ったあと水が引かないような排水不良の土地でない限り
まず大丈夫です。植付け出来ます。

肥料はいりません。
元肥なんてやる必要はありません。
肥料が少ない方がかえってきれいな花が咲きます。
ヘタに肥料をやると、株の根元がドロドロに溶け出す軟腐病が発生します。


    1409181.jpg

きれいに整地出来ました。さあ、植えていきましょう。


    1409181 (6)

まず、あたりをつけて株を置いてみます。
この時、注意しなければいけないのは芋状の根茎 (芋と呼びます) を内側に置きます。
と言うのも、株は⇒の方向に成長し増えていくからです。


    1409181 (5)

根茎と根茎の間は最低でも30cmはあけて植えます。
2年も経つと株が込み合ってくるからです。
花壇に余裕があるので、今回は50cm間隔で植えました。


    1409181 (4)

穴を掘って植えていきます。
この時大事なのは、芋を全部埋めてしまわずにつけ根の部分が顔を出すように
浅植えにします。 ここに水が溜まると軟腐病に罹り易くなるからです。
梅雨時は注意しないといけないのですが、今の時期だと深植えしても大丈夫です。


    1409181 (3)

5種類のジャーマンアイリスを3株ずつ植えました。
さあ、これで植付け完了です。
水やりはしなくていいのですが、心配だったら湿る程度にかけてもかまいません。

ジャーマンアイリスの花芽が出来るのは、ちょうど今の時期 (9月くらい) なので
寒くなるまでに株張りがよければ、来年の開花は十分望めます。
来年開花しなくても、再来年は開花します。
ジャーマンアイリスは乾燥に強いので、地植えの場合かんかん照りが続いても
水やりの必要はありません。
むしろ水をやり過ぎるほうが怖いのです。

さあ、これで来年の開花を楽しみに待ちましょう ^ ^

付記
今年の株分けは夫がほとんどやってくれました。
花壇を耕し、整地までしてくれました。
植え付けるのだけは私がしましたが、膝が完全には曲がらないので
椅子に座っての作業でした。 終わってやれやれです。
ホルトハウス房子さんの 贅沢なチーズケーキ のことを息子に話すと
即、食べたい!との返事が返って来ました。

食べたいって ・・・^^;

とにかく尋常なお値段ではないので、わたくし頑張って作りました (笑)


140918 (3)


ホルトハウス房子さんのチーズケーキのレシピ本を見て作りましたが
ホール状に焼くのは面倒なので小さいサイズで焼きました。
手間ひまかけて作った割には不評の、グラハムの土台も省略しました。

なので、見かけは別物ですが、味は同じです (たぶん^^;)


140918 (2)


これね、結構材料費がかかってます。
買えばホール1台6000円ですが、家庭で作っても材料費が1500円くらいかかります。


       140918.jpg


上にのっているのはサワークリームです。二層になっています。
このチーズケーキの材料は、クリームチーズと卵と砂糖だけです。
生クリームも粉も入りません。レモンでの風味づけもありません。
だから、純粋にチーズの味が生きています。
卵の泡立てもないし、材料を混ぜて焼くだけなので簡単に出来ます。

息子が、ひとくち食べた途端

「美味しい~♪」

違う違う、ここは美味しゅうございましたって言わないと (笑)

なにはともあれ、安上がりに出来てよかったで~す ^ ^

ワンショルダーバッグやっと1個目が完成しました。

    140917 (1)

        型紙 : パターンレーベル  ワンショルダーバッグ Sサイズ
        生地 : 鎌倉スワニー 和楽美 (ドット柄)   C&S ラフランス (共布)




    140917 (3)


後ろ側はこんなふうになっています。
背中にあたる部分は中にキルト綿を入れています。
肩ひもは左右つけ替え可能なので、斜めがけも肩かけも出来ます。


    140917 (2)


内側はこんなかんじです。
キーリングとポケットもいっぱいあるので便利です。

さて、2個目に取りかかることにします (泣)

今日からバッグを縫い始めました。
一日1個を目標に頑張ってはみたものの、家事や雑用に追われて
なかなかはかどらず、まだ出来上がっておりません。
一応、形にはなっているので明日にはなんとか。

3個作って終わりにしようと思っていたのに、夫が作りかけのバッグを見て、
自分用にも作って欲しいと言い出す始末 ^^;
自転車で遠乗りする時に、食糧を入れたいのだそうです。

一個作っただけでも、うんざりなのに
いっぺんにやる気が失せてしまいました (笑)

今日は夕方から、ジャーマンアイリスの株分けをしました。
ずっと気になって仕方がなかったのですが、やっと重い腰をあげて夫とふたりで無事完了。


   140915 (4)

      6種類、総数65株とれました。


   140915 (2)

      種類が混ざらないように、わかり易くテープで色分けします。


   140915 (3)

    充実した株(左端)から、来年の開花は望めそうにもない小さな株(右端)まで
    細かく株分けしましました。


   140915 (1)

    植え付けまで、こうやって収穫袋に入れて日の当たらない風通しのよい場所に
    ぶら下げておきます。


ジャーマンアイリスは植えつけた後は、ほったらかしにしておいても毎年きれいな花を
咲かせてくれる、手間のかからない優等生です。
ただ、同じ場所に長年植えたままにしておくと、嫌地 (いやち) といって連作障害を起こし
花が咲かなくなるのです。

それに株もどんどん増え株が込み合ってくるので、3年をめどに植え替えをしています。
実は昨年がその3年目だったのですが、忙しさにかまけてそのままに終わりました。
なので今年はもう後がないと思って、重い腰をあげた次第です。

今まで植えていた花壇とは別の花壇に、植えつけるつもりですが
耕して、石灰をまいて整地しないといけないので、それはまた後日行います。

有難いことに、ジャーマンアイリスの株は乾燥に強いので
掘り上げた後しばらく植付けなくても、ちゃんと生きています (笑)

枯れてミイラのようになっていても、ちゃんと根付きます。
植え替えは雨の少ない、初秋 (9月 )が適していると思います。

肥料要らずで、水やりもほとんどしなくてよい手間のかからない、いい子です ^ ^
痩せた土地でも (肥料をやらない方がいい) 毎年びっくりするくらい綺麗な花を
咲かせてくれます。

今年のジャーマンアイリスのようすは ⇒ こちら

今年はあなたも、植えてみませんか。 なあんてね (笑)

植付け方法等の詳しい内容はまた後日アップします。

2014.09.14 阿蘇へ
息子の帰省中に一度は遠出をしたいと思い、阿蘇へ出かけました。


140914 (6)


大観峰から駆け下りる途中に、寝観音と呼ばれている阿蘇五岳が見えます。
ちょっとわかりにくいですね。
こんなふうに、観音様が仰向けに寝ていらっしゃいます。 ↓
下のイラストを見たあとで上の写真を見ると、ほら寝ていらっしゃるのがわかるでしょう。


140914 (5)




草千里が一望できるレストランで遅い昼食をとりました。


      140914 (4)


私が注文したのは、だんご汁定食です。 (熊本ではだご汁と呼びます)
目の前に、草千里が広がります。


      140914 (3)


だんご汁に高菜めしと、こんにゃくのきんぴらがつきます。
おてふきは、もちろん 『 くまモン 』 ^ ^
どこに行っても、いたるところでくまモン、くまモン ^^;
なんと土産もの売り場は、くまモンで埋め尽くされていました (笑)



140914 (2)



阿蘇中岳の登山道には、各所に馬が放牧されています。



140914 (1)


ここにもお馬さんが ・・・

こうやって見ると、どこか外国の風景のようにも見えます。

帰りはやまなみハイウエーを通って帰りました。
やまなみハイウエーといえば、私が免許取りたてのころに運転の練習を兼ねて
来たことがあります。その時は、ただただ怖くて、ふらふらしながらの運転でした。

同じ初心者でも、息子は難なくスイスイと運転していきます。
運転オンチでなくてよかった、よかった ^ ^

今日は天気もよくて、行楽日和のさわやかな一日でした。
2014.09.13 キトサン散布
キトサン散布しました。
余り重い物は持ちたくないので、今日は夫に散布してもらいました。


    140913 (2)


このところ芝生の状態は、極めて良好なのですが
ずっと芝生の手入れをしていなかったので、土壌改良の意味も込めて撒きました。

薬剤を計ったり、ジョウロで何杯分も撒かないといけないので結構大変なんです。

「毎回、こんな面倒なことやってたんだね~」

と、夫からねぎらいの言葉をもらいました。

たまには手伝ってもらったほうが、大変さがわかっていいのかもしれません。

今年はジャーマンアイリスの植え替えもしないといけないけど
出来るのかなぁ。
今日の昼ごはんはピザでした。


    140913 (1)


先日、沢山作って冷凍しておいたトマトソースが大活躍です。
何も作りたくない時に、常備しているものがあると楽が出来ていいですね。

ミートソースベースなので、それにチーズを載せただけでも十分美味しいのですが
今日はベーコン、ピーマン、スライスした玉ねぎをトッピングしてみました。
三人で4枚、ちょうどいい分量です。

今日も何かと忙しく、バッグ作りは出来ませんでした。
明日は出かける予定なので、明後日にはなんとか ^^;

夜遅く、合宿から息子が帰って来ました。
合宿先が関東方面だったので、お土産を楽しみに待っていました。

「お帰りぃ~ お土産は~♪」

「このバッグの中にあるよ」

と言って玄関先に荷物を置くと、脱兎のごとく二階にある自分の部屋へ駆けあがっていきました。

探せど、探せど見当たりません。あるのは汚れて丸まった洗濯物ばかり。

「ねえ見当たらないけど、どこにあるの~ 衣類しか入ってないよ」

「それがお土産だよ」

って、ふざけんじゃないよっ!


今日は朝からパソコンの調子が悪く、息子の帰りを今か今かと待っていました。
帰って来るなり、色々と調整してもらいなんとか復旧しましたが息子が言うには

「そろそろ買い換えたほうがいいかも、寿命が近そう」

Windows7 が発売された年に購入したので、まだ5年しか経ってないのというのに。
まあ、完全に壊れるまで使いますけどね。

でも写真やデータ類のバックアップを取っておいた方がいいかも。
あ~めんどくさいな~

パソコンのことが気がかりで、今日はバッグを作る気になれませんでした。
姪たちに約束したワンショルダーバッグです。
3個分の裁断まで終わりました。


140911.jpg


パーツが多過ぎて、すでにやる気をなくしております。
明日から縫い始めるつもりですが、飽きっぽいので根気が続くかどうか ・・・ ^^;

目標は1日1個のつもりなんですが、まあぼちぼち頑張ります。
出来上がったらアップしますね。

果たしてお披露目出来る日がやって来るのでしょうか (笑)
こんなものがあるの知ってましたか。


    140910.jpg


先日ネットで買い物をした際に、コンビニ用の支払い用紙をプリントアウトしていた時のことです。
息子が横から  

「なんでそんな面倒なことするの、プリペイドカード買えば済むのに」

実はわたくし、ネットでの買い物歴は長いのにプリペイドカードの存在を知りませんでした。
クレジットカードで買い物をするのは抵抗があるし、ていうか、カード持ってないし (笑)
 
クレジットカードを作ってしまうと、意志が弱く、でも気だけは大きい私の性格からして
歯止めが効かなくなりカード破産は目に見えているので、作らないようにしているんです。

そうか!プリペイドカードなら個人情報漏れもないし。
と言う訳で、早速コンビニで買ってみました。

サインインして自分のアカウントに、カードの裏面の番号を入力するだけ。
これで額面分の金額がチャージできるシステムになっているんですね。
な~んだ、簡単。

ギフト券なんて表現するから勘違いするんですよね。
なにも他人にあげなくても、自分用に使えるんですから。
これで面倒な払込みともおさらば ^ ^

さて、何を買おうかな~♪

おっと、いけない、気が大きくなってこれではカード払いと何ら変わりないじゃん^^;

今欲しいなと思っているのは、高野文子著 『ドミトリーともきんす』
9月25日発売です。予約しようかな~

高野文子さんの漫画好きなんだけど、なかなか新作が出なくて。
こちら のサイトに詳しい記事が載っています。

漫画のページをクリックすると、一話分だけ試し読みできますよ。

楽天もプリペイドカードあるんですね。
これも初耳。でも知らない方がよかったかも (笑)


付記
今日は縫物をするつもりでした。
ところが久しぶりに庭に出てみると雑草だらけ。見て見ぬふりをするつもりが、
気になって気になって。 結局2時間くらい、草むしりしました。
膝に負担がかからないように、中腰でやるもんだから腰が痛いのなんの。
ぐったり疲れ果て、縫物どころではなくなりました。
姪たちにバッグ作ってあげるからね、と約束しているんです。
安請け合いしなければよかった^^;
今夜はせっかくのスーパームーンなのに曇り空。
雲の切れ間から垣間見えるお月さまも、なんだかハッキリせず残念です。 
仕方がないので、昨夜撮った写真をアップします。


       140909.jpg

              ほうら、ちゃんとうさぎさんが餅つきしてます ^ ^



今日は重陽の節句、息子の誕生日でもあるので誕生日のメッセージと一緒に

”今夜はスーパームーン、月を眺めよ!”

と打って、携帯に送ったけどなしのつぶて ^^;
たぶんサークル仲間とゲームに興じており、親のメールなんて意に介してない (笑)
それにお月見ってガラでもないしね。

重陽の節句の記事は ⇒ こちら

2014.09.08 中秋の名月
  今宵は中秋の名月、庭に出て夜空を眺めました。
  嗚呼、なんて綺麗なんでしょう。


             140908.jpg
            ススキを描いてみました。線がちょっとヨタっていますが (笑)


  庭で見るだけではもったいない気がしたので、夫と一緒に近くにある石炭記念公園まで
  車で出かけました。


    140908 (2)


  月が~、出た出たぁ~、月が出た~、ヨイヨイ ♪
  
  あんま~り、煙突が高い~ので、さ~ぞや、お月さん煙た~かろ サノヨイヨイ ♪

  という歌詞で知られる 『炭坑節』 に出てくる二本煙突を背景に、お月さまの写真を撮りました。
  カメラまかせの夜景モードで撮った割には幻想的な、趣きのある写真になったと思います。

  明日は満月、今年3回目のスーパームーンだそうです。
  因みに1回目は7月12日、2回目は8月10日でした。
  
  楕円軌道をまわる月の位置が地球に一番近いため、普通より大きく見えるそうですよ。
  しかも、地球に最も近い分、いつもより明るいんだとか。
  最大級のスーパームーン (8月10日) は曇ってたので明日こそは ・・・

  晴れるといいなあ ^ ^

  
2014.09.08 おうちラボ
息子が今週はサークルの合宿でいないので、鬼の居ぬ間にこっそり撮影 ・・・(笑)


140908 (1)


まったく、何を作ってるんだか ^^;


          140908 (2)


和室を陣取って、日がな謎の作業続行中。
おうちカフェならぬ、おうちラボ (ラボラトリー : 研究室)

「僕が帰って来るまで、このままにしておいてよ、絶対さわっちゃダメだからね」

「掃除?、そんなもんしなくていいよ」

と言い置いて、朝早く出かけて行ったのでした。

わ~い!
今週は100%自分の時間が持てる~、と喜んだのもつかの間。
夫が午後から早退して帰ってきたではありませんか。

「いやあ、メガネが壊れちゃって。これでは仕事にならん」

と言うことで、急遽メガネ屋さんへ。

トホホ、メガネを新調する羽目に、とんだ災難です (泣)


今日は中秋の名月ですね。昨日の夜もきれいなお月さまでした。
今夜、写真が撮れたらアップします。
 二日早いのですが、息子の誕生ケーキです。


       140907.jpg


  今日はバタバタしていて、気がつくと夜になっていました。
  誕生ケーキを焼かないと帳面が消えないので (笑) 短時間で出来る
  にんじんケーキにしました。作るのはこれで2回目です。

  材料は人参のすりおろし、卵、砂糖、サラダ油、薄力粉、BP、重曹、
  シナモンパウダーとローストしたクルミが入ります。

  これらをすべて混ぜ合わせるだけの、いたってシンプルで簡単なケーキです。
  卵も泡立てないので、あっという間に出来ます。
  焼き時間を入れても1時間とかかりません。

  息子はこのにんじんケーキを初めて食べるのですが、気に入ったようで
  これ美味しいよ、と言いながらペロッと食べてしまいました。
  あまり甘くないのがいいのかも知れません。
  栗原はるみさんのレシピで作ったのですが、生クリームの買い置きが
  なかったので豆腐クリームは添えていません。


       140907 (2)



  にんじんケーキのレシピは ⇒  こちら 
 
  涼しくなってきたので、今夜はすき焼きにしました。


      140906.jpg


  もうすぐ息子の誕生日なのですが、その日は息子が家にいないので
  今日はその前祝いです。

  「あれっ、ケーキは?」 と息子。

  そうか誕生ケーキね、もう成人したので要らないかと思ってた (笑)

  仕方ない、明日作りま~す ^ ^
 
   膝のリハビリに通うのに、毎日似通った服ばかりで芸がないと思い
   そう言えば、昔作ったワンピースがあったはずと探してみました。

   いやあ、ありました、ありました。


            140905 (5)


   このパッションフルーツ柄のワンピースは特にお気に入りで、当時よく着ていました。
   月居良子さんの 「花を着る」 というタイトルの洋裁本を見て、欲しくなり
   そっくり同じものを作りました。
   余り布で、当時2歳だった姪っ子にゴムシャーリングのサンドレスを作ってあげたのも
   今では懐かしい思い出です。


                140905 (7)


            140905 (4)



            140905 (6)


   このワンピースは 「ワンピースの贅沢」 という洋裁本から作りました。
   この本の著者である、山口れいさんが大好きだったので。
   仕様通りだと貼り付けポケットが付くのですが、ドレッシーに仕上げたかったので
   あえてポケットはつけませんでした。
   張りがあって、カーテンなどのファブリック用として売られていたものです。


            140905 (3)




            140905 (1)


   こちらは上のワンピースと同じパターンで、仕様通りポケットを付けました。
   生地の厚みは綿ブロードくらいですが、所どころネップが入ったような雰囲気のある
   布地ですごく着心地がいいんです。


            140905 (2)


   すべて15年くらい前に作ったワンピースです。
   3枚とも後ろはファスナー開きになっているので、脱ぎ着が大変 (笑)
   ノースリーブですが、カーディガンを羽織れば9月いっぱいは着られそうです。

   リハビリは膝に電気をかけたり温めたりするので、スカートじゃないと無理なんですよね
   断捨離せずに、取っておいてよかった~ ^ ^

今日のメニューは鶏ロール蒸しレモンジンジャーソース、コンソメスープ。
鶏ロールは、前回作って好評だったので今日も作ってみました。


   140904.jpg


今日は午後からずっと縫物をしていて、
気がつくと6時を過ぎていました。

大変、晩ごはん、晩ごはん (笑)
で、大急ぎで作りました。

超簡単、スピード料理なので30分で出来ます。
あわてて作ったので、盛り付けが雑だけどアップしま~す ^ ^

前回の記事は ⇒ こちら
2014.09.03 今年の夏野菜
夫の実家で採れた野菜です。


  140903 (2)


今日は義母の月一回の通院の日だったので、息子の運転で送り迎えしました。
義母も孫の運転だと、やっぱり嬉しそうです。

夏野菜を貰って帰りましたが、今年の日照不足は野菜に顕著に表れているようです。
ナスはひょろひょろで、緑色で瑞々しいはずのキュウリはご覧のとおり、黄色くなっています。
どう言う訳か、男性陣の嫌いなピーマンだけは元気です (笑)

今年は一般的なピーマンと、苦くないという謳い文句の改良されたピーマンを植えました。
右の方にある、ししとうを大きくしたような細長い形のものが苦味の少ないピーマンです。
実際食べてみましたが、やっぱりピーマンの味がします (笑)
ピーマン嫌いの人達は、苦味云々ではなくピーマンそのものが嫌いなんですね。
手を変え、品を変えしたところで

「ピーマンはピーマン」、のひと言で却下されます (泣)

今日の晩ごはんから、しばらくピーマン料理が続きます。
い~んです、食べたくなければ、食べるおかずがないだけの話です。
だって、こんなに大量にあるんですから ^ ^

2014.09.02 黄金桃
   今年も黄金桃の時期になりました。
   お使い物にしたので、自宅でも同じものを取寄せてみました。


    140902.jpg


    箱を開けた途端、桃の甘い香りが ・・・ ^ ^


    140902 (3)


    早速、今夜のデザートに。


    140902 (2)


     届いて2日間ほど室内で追熟させたので、皮もするりと剥け
     食べると、、口いっぱいに果汁がほとばしり、ねっとりとした食感は
     まるでマンゴーのよう。

     昨年はコンポートにして桃のタルトを作ったので、今年も作るつもりです。
     出来たらアップしま~す ^ ^

2014.09.01 葡萄ジャム
   頂きものの巨峰でジャムを作りました。
   ヨーグルトに添えて食べると美味しい~ ^ ^


        140901 (2)



          140901 (1)


   巨峰2房でこれっぽっちしか出来ません。
   ジャムにすると嵩が減るのは承知の上ですが、ここまで目減りするとは。
   歩留まりの悪さでは、葡萄が王者ですね。
   
   今回は1200gの葡萄に対して、砂糖を180g (皮をむいて種を取った葡萄の15%)
   入れました。いちごやリンゴだと30%くらい入れるのですが、半分にしました。
   というのも、葡萄は糖度が高いんですね。
   糖度の計算をしてないのでハッキリしたことは言えませんが、
   砂糖15%でも、食べてみた感じでは糖度が45度くらいはあると思います。
   低糖度なので甘過ぎず、私はこれくらいの甘さが一番好きです。

   簡単な作り方を記しておきます。
   葡萄は洗って皮をむき種を取っておきます。
   この時、果汁が沢山出るのでボウルに網をのせて、その上でやるといいですね。
   ボウルに溜まった果汁も使うのでとっておきます。
   種は捨てますが、皮は実と一緒に煮ます。
   この皮から紫色の色素が出るので捨ててはいけません。
   皮を入れないと色がつきません。
   皮はジャムにはならないので、麦茶パックのような紙パックに入れます。
   
   果肉と果汁を合わせて重さを量ります。その重さの15%の砂糖を用意します。
   ホーローかステンレスの鍋に葡萄の果肉と、果汁、紙パック、砂糖を入れ
   コンロにかけます。火は強火です。最後まで強火です。
   強火が怖ければ少し緩めても構いませんが、中火以上です。

   アクが出てくるのでお玉ですくって取り除きます。果汁がどんどん出てきます。
   この果汁がほとんどなくなるまで、時々かき混ぜながら煮詰めていきます。
   時間にして30分~40分くらいです。
   果汁が多い分、時間がかかります。イチゴやリンゴの倍近くかかります。

   途中で何度かお玉の底で絞るように、紙パックを押しつぶします。
   そうすると紫色の汁が出てきます。これをしないとジャムに色が着きません。
   色が十分着いたら、紙パックを取り除きます。
   その時にも十分に絞ります。

   泡が大きくなって、すこしとろみがついたら火を止めます。
   まだゆるいかなと思うくらいがベストです。
   ちょうどいい硬さにまで煮詰めると、冷めた時に飴のように硬くなってしまいます。

   なんか長々となって簡単な説明ではなくなりましたね (笑)

   付記 : 昨年の葡萄ジャムの記事を読むと、クレープも作っているんですね。
         そのことを息子に話すと、クレープが食べたいということになって・・・
         今から、クレープ焼きます。 あ~余計なこと言わなければよかった (笑)