2014.03.31
140331 (3)












         「 桜 」

         日枝美穂 書














140331 (2)



ブログを始めて今日でちょうど一年目。
正直こんなに続けられるとは思ってもみませんでした。

ブログを始めたきっかけは、仕事を辞めて一日中家にいると
日がな何もせずに一日が終わるんだろうなと危惧したからです。

日記代わりに、その日の出来事を綴って公開すれば
そんなに自堕落な生活も送らないのではないかと。

一年前の今日、春休みで帰省中の息子に頼みこんでフォームを整えてもらい
息子が京都に戻る前の日に、大車輪で立ちあげたのでした。

ブログのことは誰にも内緒にしてスタートしたので、当初の読者は息子だけでした。
息子に日々の暮らしぶりを知らせるというのも、きっかけのひとつだったんです。
なのに肝心の息子は母親のブログなど興味がないらしく、カウンターはゼロという悲しい日々も。

で、苦肉の策として 「写真の貼り付け方がわからない」 だの
「リンクの貼り付け方はどうやるの」 だの、色々といじってもらうようにしたのです。
そうすれば、おのずとブログを読まない訳にはいきませんからね。

その後、徐々に訪問者も増え、こんな拙いブログにも光が射し嬉しい限りです。
ありがとうございます。

今日は私の大好きな書家、日枝 (ひえだ) 美穂さんの掛け軸を飾りました。
ブログ一周年の記念にと買い求めた一幅です。
折しも季節は春、桜が満開です。我が家にも一気に春が訪れました。

   

140331 (1)


二年目に向けて新しいこと、楽しいこと、日々更新していきたいと思います。
よかったら、これからも遊びにきてください。
2014.03.29 花を買いに
息子が京都に戻るので夫と二人で駅まで送って行きました。
その後、車で1時間ほどの久山町まで出かけました。

八木山峠を越えて行ったのですが、桜がもう満開でした。
「山笑う」 という表現をしますが、まさしく全山が笑っているようでした。
ただ残念だったのは終日雨だったので、明るく笑うというより
泣き笑いといった方がふさわしいかもしれません。

久山町まで出かけたのは
ここだったら間違いなく桜が手に入ると思ったからです。
どうしても桜の切り花が欲しかったのです。


140329 (1)


この桜は 「啓翁桜」 と言って、品種改良された桜だそうでお正月から
花を楽しむことが出来るそうです。


140329 (3)

ソメイヨシノよりもっとピンクがかっています。


1403291.jpg

小手毬も隣に並んで販売していたので、一緒に買いました。
どちらも、ひとかかえはあろうかという量なのですが安かったんですよ。
両方合わせて千円くらいでした。
今日はもう遅いので、明日切り分けて家中に飾ろうと思います。

家に帰っても息子がいないので家の中が、がらんとしています。

「ごちそうさん」も今日が最終回だったのでダブルで寂しくなりました。
悠太郎さん、帰ってきてよかったですね。
室井さんは最後まで室井さんでしたね (笑)
源ちゃんが可哀そうで見ていられませんでした。

沈んでいる私に、息子が

「そのうち、ごちそうさんスペシャルあるよ」

そうだね、今までは脇役のその後のエピソードが多かったけど
今回は誰のエピソードかなあ。
ふ久かな、泰介かな、和枝姉さんだったりして (笑)

朝ドラはここ数年、私の活力源になっているので気持ちを切り替えて
次回作を楽しむことにします。
140328.jpg

義母の用事で息子と一緒に出かけた先で、冷凍エビを沢山頂いたのでエビチリを作りました。
プリプリっとした食感がたまりません^^
仕上げに少量の溶き卵をからめるので辛みが和らぎます。

そして夕食後は録画していたスペシャルドラマ「LEADERS」を三人で観ました。
久々に面白いドラマでした。

そうそう、義母を送っていった際、桜並木が続いている道路を通り抜けたのですが
ほぼ満開でした。ここ2、3日暖かな陽気が続いたので一気に開花したようですね。

息子に、きれいだね~、京都の桜もきれいだろうね、あ~、行きたいなぁ。
と言うと、即座に

「来なくていいよ」 (笑)

明日、息子が京都に戻ります。 また寂しくなります。
島根県松江市にある江島大橋まで行って、ついさっき (23:30) 帰って来たところです。
えっ、またどうしてそんなところへ出かけたのかと不思議に思うでしょう?
実は昨年末から放映されている車のCMがそもそもの発端なんです。
 




今年のお正月だったか、たまたまこのCMを目にした夫が突然

「うわ~、すげ~、あれ行ってみたい。てか、あの橋を見に行こう!」

と、今にも車をすっ飛ばして出かけそうな勢いだったので押し止めるのが大変でした (笑)
じゃあ息子が春休みに帰省した時にでも、と約束してその場を治めたのでした。

そして迎えた春休み。帰省して何日も経っているというのに、夫はベタ踏み坂のことなど
すっかり忘れているもよう。私はこれ幸いとタカをくくっていました。

ところが先日もうすぐ春休みも終わるね、また寂しくなるねと話していると
突如として夫が

「え~、ベタ踏み坂行ってないし」・・・と。

私としたことが、とんだ墓穴を掘ってしまいました^^;
で、今朝になって急遽出かけた次第です。

家を9時過ぎに出て、途中パーキングエリアでの昼食をはさみ、江島大橋に着いた時には
もう3時を回っていました。


■ 江島大橋全景
140327 (4)

遠くから橋全体を眺めると、そんなに勾配はきつそうに見えません。     
全長1,446m、海面からの高さ44.7m、勾配 : 松江市側 6.1% 境港市側 5.1%


ぐるっと内海を回り込むような形で、橋の傍にあるファミマの駐車場に車を止め
ベタ踏み坂の近くまで歩いて行きました。
いきなり、どアップで目の前に現れたCGさながらの光景を目にして

夫は、「すげ~、すげ~」の連発でした。

はいはい、よかったです。これでやっと帳面が消えました (笑)

やはりあの映像はCGではなかったのですね。
平日だというのに、カメラを片手に俄か写真家と化した人たちが
三々五々、現れては消え、我こそはCGさながらの写真を撮影しようと躍起になっていました。

家族連れやカップルも多く、ベタ踏み坂をバックに楽しそうに記念写真を撮っている姿が
そこかしこに見られました。

もちろん私も負けてはいません、CG顔負けの写真を撮るべく
最高のスポットを求めて、橋の周辺を縦横無尽に歩きまわりました。

で、やっと撮れたベストショットがこれです^^ ↓↓↓
日頃は撮影に関して非協力的な夫も今回ばかりは、なぜか私の横で車の流れをチェックして
シャッターチャンスのタイミングを計ってくれました。

  ■ 江島大橋(松江側)通称 ベタ踏み坂
 140327 (3)


実際に車で登ってみました。 ここで私がお決まりのセリフ。

「ベタ踏みだろ? アクセルベタ踏みだろ?」

夫と息子、代わるがわる都合、二回運転して坂を登ったのですが

二人とも声を揃えて

「全然!」

勾配6%くらいでは、急勾配とは言わないそうです。
写真だと勾配がかなりきつそうに見えますが、私も横に乗っていて
特に何も感じませんでした。
ジェットコースター気分が味わえるかなと期待していたのですが。

でも、ベタ踏み坂の反対側 (境港市側) から登って頂上から下る時は
目の前に180度、ぱぁーっと海が開けてきて、それはそれは見事なパノラマ風景でした。

140327 (5)


このあとこのCMで超人気店となったファミリーマート江島大橋店でスナック菓子と
飲み物を買って、とんぼ帰りで帰路に着いたのでした。



        ■ 関門橋 (下関側から望む)
        140327 (1)



■ 門司港の夜景
140327 (2)


最初は乗り気じゃなかった私ですが、行ってよかったと思っています。
強行軍で疲れましたが、楽しい一日でした。
(シートに座っているだけでも11時間はさすがにキツイ)

それに今回は息子の高速道路走行の練習が目的だったので、
こうやって無事帰って来られただけでも、めでたし、めでたし^^

息子は今回の高速教習?で、運転も格段に上達したようです。

二人ともホントにお疲れさん^^
140326 (1)

苺のロールケーキを焼きました。
生クリームをケチったので巻きが小さく残念な出来上がりになりました。


140326 (2)

形は不細工ですが、しっとりとした焼き上がりで美味しかったですよ。
抹茶のロールケーキも焼きましたが、こちらはもっと生クリームが少なかったので
えらくスリムなロールケーキになりました。
それに抹茶を入れるとどうしても、少しキメが荒くなります。

140326 (3)

息子が帰省している間は、なるべくお菓子を焼こうと思っていたのに
なかなか思うようにはいきませんでした。

毎日作るんだという、意気込みだけはあったんですけどねえ。

でも昼ごはんと晩ごはんだけは、手を変え品を変え、結構色々と作ったので
まあ良しとしましょう。
クレームブリュレが食べたいと言うので作りました。
今日は特別に、ガスバーナーで砂糖を焼きつけるところをお見せしましょう (笑)

用意するのはカセットガス用バーナーです。


        140324 (2)

オーブンで湯せん焼きをし、冷蔵庫で冷やしたクリームの上に、
表面を覆うように、指で均しながらグラニュー糖を敷きつめます。

140324 (4) 140324 (3)

焼く前に、スプレー式のアルコールを3プッシュくらい吹き付けると
グラニュー糖がしっとりして焼きつけが上手くいきます。
均一に焼き色がつくように、バーナーでゆっくり表面を焦がします。


        140324 (1)


ほら、こんなにきれいな焦げ目がつきました。
上のカラメルはパリッと香ばしく、中のクリームはトロッとして美味しく出来ました^^
バニラビーンズが入ると香り豊かで味わい深くなります。

2014.03.23 焼きうどん
140323 (1)

今日の昼ごはんは焼きうどんでした。
もちろんこれは夫のリクエスト。

うどんのほかに入っている具は玉ねぎと豚肉だけです。
味付けはソースではなくて醤油です。

これを食べると何だかとても懐かしい気分になります。

ごちそうさん^^

ちなみに晩ごはんは鶏のつくねハンバーグでした。
ビジュアル的にも食欲をそそるような出来栄えだったし
実際食べてみて美味しかったので、写真に撮りたかったのですが
いかんせん、我が家では晩ごはんの写真は御法度なので残念です。
2014.03.22 道の駅
三連休なので、義母のたっての希望でおでかけしました。
孫の運転でドライブするのを心待ちにしていたそうです。


140322 (4) 140322 (3)
140322 (2) 140322 (1)


行った先は、道の駅むなかた。
今では道の駅はいたるところにありますが、
ここの売りは何と言っても、新鮮な海の幸が豊富だということ。
玄界灘にある4漁港で水揚げされた、新鮮な魚を安く買うことが出来ます。
でも時すでに遅しで、新鮮な魚は売り切れた後でした。
仕方がないので、干物など日持ちのするものを買いました。


           140322 (11)

買って帰ったのは、乾燥ひじき、スルメイカの一夜干し、おきゅうと、生塩わかめに
レンコ鯛の干物です。

買物をすませるとちょうどお昼に。
お腹もすいたので神湊(こうのみなと)で食事をすることにしました。
神湊は玄界灘に面した町で、活きのいい魚介類を食べさせる割烹旅館が立ち並んでいます。

その割烹旅館のひとつに入りました。
部屋に通されて、わぁ~と、思わず声を上げてしまいました。
窓の外に玄界灘の海が広がります。


   140322 (12)

4人とも昼限定のミニ会席を注文しました。

140322 (5) 140322 (6)
140322 (7) 140322 (8)
140322 (9) 140322 (10)

お刺身、カナトフグのグラタン、茶わん蒸し、あらかぶの唐揚げ、鍋物、ご飯とアサリの味噌汁。
あとデザートにオレンジゼリー。

どれも新鮮で美味しかったですよ。

義母に御馳走になりました。 どうも、ごちそうさまでした^^
2014.03.22 里の春
風景写真の習作です。


140322 (15) 140322 (14) 140322 (13)


畑に上がる坂道に椿の花が落ちて、まるで絨毯を敷き詰めたみたい。
坂道を上がると、まあ、こんなところにふきのとうが。
路傍に咲いた菜の花が、明るい春を彩ります。

里の春は、いたってのどかです。
2014.03.21 ミートローフ
130321.jpg

息子のリクエストに応えてミートローフを焼きました。
とってもジューシーで美味しい^^

新しく買ったカメラが届いたので、早速写してみました。
ソニーのコンパクトデジカメなのですが、まるで一眼レフで写したかのように
背景をぼかすことも出来るそうです。
でもまだ全然使いこなせてなくて、ピントの合う位置がずれて思うような写真が撮れません。

何度も撮り直しているうちに、せっかくのミートローフが冷めてしまい
夫と息子からブーイングの嵐。
冷めてもこんなに美味しいのだから、温かかったらもっと美味しかったのにって。

今後は料理の写真はNGの禁止令が出ました^^;
これからは、ひとりの時にいっぱい撮って練習するつもり。
この画像は10枚くらい撮影したなかで、一番マシに撮れていたものです。

早く使いこなせるようになりたい。
140320 (2)

夫の実家で収穫した分葱 (わけぎ) です。
どうです? 根の部分が艶々してきれいでしょう。
畑から抜いて帰って、このきれいな状態にするのに小一時間かかりました。
スーパーなどで売っている分葱は、泥を落として外側の汚れた薄皮を剥いで
きれいな姿で並んでいますが、実は大変手間がかかっているんですよ。

分葱は一般的な葱とどう違うのか知っていましたか。
ネギはタネから育てますが、ワケギは球根を植えて栽培します。


以下は 『ヤサシイエンゲイ』 からの抜粋です。

ワケギは古くはネギの変種とされていましたが、近年になり染色体レベルで調べられた結果
ネギとエシャロットの雑種だということが明らかになりました。
細かく言うとエシャロットの花粉をネギが受粉してできたのがワケギなのだそうで
ネギが母親でエシャロットが父親ということになります。

エシャロットはタマネギの仲間(正確には『分球性タマネギの』一種とされています)
なので多少乱暴ですが、ワケギはネギとタマネギの雑種とも言えるかも知れません。
明確な原産地はよくわからず、ギリシアなど西アジア~地中海沿岸とも言われていますし、
シベリアとも言われています。

地際に鱗茎(球根)をつくり、葉が何本も立ち上がります。
太さはネギより少し細い感じで、丈は30cmほどになります。タネはできないので
鱗茎を植え付けて育てます。



採れたてのワケギを使って、早速今晩のおかずを作りました。

140320 (5)

ワケギを茹で、白い根の方を三本指に巻いて輪を作ります。
指から抜いて、それを芯にして青い葉を端からぐるぐる巻き付けていきます。
からし酢みそで頂きます。

義母はこれを曲げネギと呼んでいますが、調べてみるとれっきとした名前がついていました。

「一文字ぐるぐる」

なんか、そのまんまのネーミングですね^^ 
熊本県の郷土料理だそうで、熊本ではワケギのことを一文字 (ひともじ) と呼ぶそうです。

柔らかくて、ほんのり甘くて、季節感を味わえるので私は大好きです。
でも、こうやって手間暇かけて作っても、我が家の男性陣は食べようとしません。
噛んだときのぐにゅってする食感が嫌いなんだって。
え~っ、そこがたまらなく美味しいのに。
それに酢みそもダメらしい。ほんと悲しいです。

あ~こんな時、母がいたらなあ。
私の亡くなった母は、ワケギとイカで作るぬた(酢みそ和え)が好物でした。
明日は彼岸の中日でもあるし、沢山作ってお供えしようと思います。
突然ですが、カメラ壊れました。
おまけにアイロンもダメになりました。
先日はロックミシンが。

まるで破壊の神に取りつかれたかのよう。

カメラはしばらく前から調子が悪かったんです。
プレビュー画面が勝手に目まぐるしく切り変わったり
京都に行った時、し~んと静まりかえったお寺で突然歌い出したりで
すごく恥ずかしい思いをしました。

しばらくはおとなしくしていたのですが
ここにきて今度は画像に黒い影が入るようになり
もう潮時かなと思い、買い替えることにしました。

アイロンは不注意から床に落としてしまい
スチームの水がだだ漏れするようになりました。
電気系統に水漏れはコワイので、これも買い替えることに。

カメラもアイロンも明日届きます。て言うか届かないと困る。

先日買ったロックミシンと併せて、締めて10万円也。

もうどこをどう振っても、ビタ一文出てきません。
今度は一体、何っ!? ってことにならないよう祈るばかりです。
昨日作ったボトルネックプルオーバーの余り布でねじりスヌードを作りました。

1403171 (3) 1403171 (4)
                                             型紙 : mion
                                             布地 : ソレイユ

これすごく簡単!なんと30分で出来ました。
一般的なスヌードと違ってねじってあるんですよ。
だから表情豊かな作品に仕上がります。
縫っていて不思議でした。でも出来上がるとなんとメビウスの輪。
ちょっとした感動を覚えました。



        1403171 (5)

ボトルネックプルオーバーとコーディネイトすると
ほうら、オフタートルのワンピースに早変わり!

襟ぐりが少し空開いていても、これなら寒くありません^^
あ~、もっと早く作ればよかった。
今日は暖かかったですね。気温も4月下旬並みだとか。
夫が自転車乗りを再開すると言うので、時間をおいて車で自転車の後を追いかけました。
息子が昨日合宿から戻ってきたので、運転はもちろん息子です^^


140317 (3)


行く先は英彦山駐車場。家から30kmくらいの距離です。
夫が出発してから15分くらいの時間差をおいて家を出たのですが、すぐに追いついてしまいました。

自転車って、やっぱり車と違って遅いんですよね。
中継点を決めて先回りして待っていたのですが、待てど暮らせどなかなか現れず
イライラがつのるばかりなので、何枚か写真を撮ってすぐに引き返しました。
英彦山まで上る気力はありませんでした。



                140317 (2)


バイ、バ~イ。 がんばれ~ (笑)



で、私たちは家に帰って、お茶して、まったりとくつろいだのでした^^

            130316.jpg


このケーキは先日焼いたにんじんケーキ。
日にちが経ったほうが味がなじむのか、しっとりして前より美味しくなっていました。
このケーキ、不思議と紅茶と合うんですよね。

また作ろ~っと^^
もうすぐ春だと言うのに、冬物作りました。
ボトルネックプルオーバー。
先日購入した衣縫人(ロックミシン)での初縫いです。
あっという間に完成! こんなに早く縫えるのなら早く買えばよかった。


                 140317 (7)
                              型紙 : mion
                              布地 : ブークレーニット(ソレイユ)


      140317 (6)       140317 (8)

着てみるとボトルネックというより、果てしなくボートネックに近い。




140317 (5)   140317 (4)


そして、こんなふうに手を上げるといきなりドレープが。

           140317 (9)

こうやって着てみると、どことなく雰囲気のある洋服ではあります。
でも残念なことに暖かくなってきたので、来シーズン用で~す^^
願はくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ  西行法師
         

今日3月15日は旧暦の2月15日にあたり
西行がその昔、そのきさらぎの望月と詠んだ釈迦入滅の日でもあります。

お釈迦様の命日である2月15日に桜の木の下で死にたいという願い通りに、
西行はその日、満月を見上げながら満開の桜の下で大往生を遂げたそうです。
(諸説あって真偽のほどは定かではありませんが)

この和歌を知ったのは高校生の時ですが、その時から30歳近くになるまで
ずっと疑問に思っていたことがあります。

如月(2月)に、果たして桜が咲くのだろうかと。

ここで詠まれている如月と言うのは旧暦の2月のことで
新暦になおすと3月になる訳なんですね。
望月(満月)となると、新暦では3月の下旬から4月の上旬になり
その年々によって異なるのですが、ちょうど桜の時期と重なります。

そのことがわかった時は、長い間のどの奥につっかえていたものが
取れたような気分でした。

折しも今日は満月です。桜の花にはまだ少し早いのが残念ではありますが。

それにしても今日は見事なお月さま。
しばし、いにしえびとへ思いを馳せながら眺めております。


140315 (2)


玄関先に置いてあるクリスマスローズが見ごろです。
葉っぱが少ないのは、水を切らして枯らしてしまい見苦しくなったので
カットしたからです^^;
でも返ってスッキリしたかも。

今日は予定していた縫物もちゃんとこなしました。
冬用ニットのプルオーバーなのですが、室内の電灯の明かりでは写りが悪いので
明日アップします。
2014.03.14 バネポーチ
140304 (1)
                              ドロップポーチキット : NUNOTOIRO


今週は縫物週間の予定でしたが、縫いたくなくてグズグズしていたら
なんと金曜日になってしまいました^^;

仕方なく重い腰をあげて取りかかりました。洋服は荷が重いので、まずは小物から。

バネポーチ、初めて縫ったのですが、結構簡単に出来ました。
なので2枚、色違いで縫いました。所要時間は二枚で4時間くらい。
二枚目は作り方を覚えたので、2時間かからないくらいでした。


140304 (2) 140304 (3)

布地はリバティのドクター・タロック。本棚柄でいかにもリバティらしい色合いです。
表地に薄いキルト芯を貼ったのでふんわりとした手触りです。裏地は同系のストライプ。

すごく可愛いのが出来たので、大満足です^^

でもこんな小物を作ったくらいでは、大量にある在庫布の消費になっていないし (笑)
この写真ではわかりにくいですが、このポーチのサイズは小さいんです。
ポケットティッシュが入るくらいのサイズです。

まあ今日は軽~く、ジャブと言ったところでしょうか。
士気を高める取っ掛かりとしては、まずまずだったのではないでしょうか。

明日は、布の保管場所の占有率の高い冬物でいきます。

もうすぐ春なのに、冬服って... ^^;

そうそう、夜中の2時過ぎに地震がありましたね。怖かったです。
私の住む地域は震度3でしたが、二階の寝室に寝ていてひどい揺れを感じました。
震度3でこんなに揺れるのだから、大地震だったら想像を絶する怖さだろうと実感しました。

日本列島、どこに居ても安心出来る場所なんてないのだと思い知らされました。
いつ何が起こってもいいように、防災対策をしておかないといけませんね。
2014.03.13 もやしそば
今日は夫が休みを取ったので、二人で昼ごはんを食べに出かけました。
家の近くにあるお店で、もやしそばを食べました。

140313 (2) 140313 (1)

二人とも高校時代からこのもやしそばのファンなので、この味が忘れられず
時として無性に食べたくなります。

現在のお店は、当時の店舗ではなくて、作っている人も違うのですが
味はちゃんと継承されているようです。

この店のメニューには焼きうどんもあるのですが、私はここのお店とそっくり同じ味を再現できるので
焼きうどんだけは、いつも家で作っています。
私が作る焼きうどんは初代のお店の味がするらしく、日頃はめったに私の料理を褒めない夫も
これだけは大絶賛^^

久しぶりに食べた もやしそば、美味しかったで~す。

ごちそうさん^^
140313 (3)

芝生の中に生えていた雑草です。
のっけからこういう写真を載せるのもどうかと思ったのですが^^;

雑草はいつだって元気がいいですね~

枯れた芝生の中に青々と。まあ存在が分かり易くて抜くのに都合がいいですけどね^^

芝生のことも忘れてませんよ、という意味合いを込めて今シーズン初めての芝生の
記事をアップしました。
140312 (1)

にんじんケーキ焼きました^^

このマーガレット型、可愛いでしょう。ずい分前に買ったのですが、今日が初おろしです。
にんじんのケーキも初めて焼きました。ネットで探すといろいろと出てきます。
その中から、栗原はるみオフィシャルサイトの にんじんケーキレシピ で作ってみました。


140312 (3) 140312 (2)

人参が沢山あるので、ケーキ型3台分の分量で作りました。
人参をすりおろすのが、結構大変でした。
マーガレット型はシリコン加工しているので、スポっと型からはずせます。

焼きたてを食べてみました。すごく美味しい! 
バナナブレッドは食べない夫も、これは美味しいと言って食べました。

人参のほかにクルミが入っています。レーズンは夫が嫌いなので入れていません。
バターではなくサラダ油を使っているので軽い焼き上がりになっています。
シナモン風味ですが人参の味はまったくしません。
人参嫌いの子供さんに良さそうですね。
上から粉糖をふってかけると、見た目がすごくきれいなんだけど
甘くなりそうなので、やめておきます。

このケーキは材料を混ぜて焼くだけなので、あっという間に出来ます。
見た目はパウンドケーキみたいですが、卵の泡立てもないし
バターも入らないので、手間がかかりません。

これから我が家の定番になりそうです^^
140312.jpg

夫の実家で収穫した人参です。

もうこれで処分するから、全部引き抜いて持って帰れと言われたけど
そんなにいりませんって^^;

それでもこんなにいっぱい。
人参ばかり沢山あっても持て余すので、これから人参ケーキを焼きます。

縫いものはどうしたのかって?

いろいろと忙しくて、なかなかそこまでたどり着けません。
別に縫うのが嫌さに日頃はしないことを見つけては、逃れている訳ではありませんよ。
人間、手は2本しかありませんからね。

あぁ千手観音でなくてよかった (笑)

140311 (12)

毎年、年末に北海道からホタテの冷凍を取寄せています。
お刺身で食べたり、バター焼きにしたり、鍋物、シチューと冬の間中、重宝しています。
でも家庭の冷凍庫で保存するのは、2カ月間が限度です。
今年は3キロ取寄せましたが、霜がついて冷凍焼けし始めたのでコキールにしました。
これで今年のホタテはすべて使い切りました。なんか寂しいです。

息子が昨日から一週間、サークルの合宿で上京して家にいないので残りは冷凍保存しました。
冷凍のままオーブントースターで焼くと、味が落ちません。


140311 (13) 140311 (11)

ホタテの殻は、ホタテと一緒に頼んで送って貰ったものです。
レシピはパン粉をトッピングして焼くのですが、粉チーズを振ったので少し焦げてしまいました。
でも中身は、ホタテのうまみがホワイトソース全体に行き渡り美味しかったですよ。
今日は缶詰ではなく、レシピ通りに生のマッシュルームを使いました。
やっぱり生は違いますね、缶詰とは比べ物にならないくらいシコシコしています。
シーザーサラダも久しぶりに作ったのですが、これも美味しかった~^^


140311 (3) 140311 (2)

35年前の暮しの手帖に連載されていたレシピでいつも作っています。
当時大阪ロイヤルホテルのコック長をなさっていた常原久彌さんの日曜日のメニュウ。
フランス料理の第一人者だった常原さん直伝のレシピなので本格的です。
もちろんホワイトソースもマッシュポテトも一から作りました。
なので、美味しくないはずがありません。


140311 (4) 140311 (5)

わぁ~懐かしい!
ガスコンロの上に載せて使うピース天火。
当時私もこれで焼いていました。温度調節が難しかった割には本格的なものが
出来ていました。
お菓子のパティシエで、レシピ本を数多く出版されている、児島ルミさんも
暮しの手帖の今月号で、このピース天火を懐かしがっていらっしゃいました。
きっと他にも、このピース天火からスタートなさった方が沢山いらっしゃると思います。

この天火で、一体どれくらいの料理やお菓子を焼いたことでしょう。
クッキーから始まり、シュークリームや鶏の丸焼きまで。懐かしい思い出です。

ホタテのコキールも数え切れないくらい作りました。
家庭でこんなに本格的な味は、なかなか出せないと自負しています。
それもこれも常原さんのレシピがあってのことです。

手放せない一冊です。
サギ草植付けました。

140311 (14) 140311 (8)
用意したのは、水苔、鹿沼土、ゼオライト、底石。
浅い陶製の鉢。


140311 (7) 140311 (9)
水苔を水に浸しておく。十分に吸水したら軽く絞り、鹿沼土と混ぜる。
鹿沼土を混ぜるのは通気性を良くするため。


140311 (6) 140311 (1)
鉢の底の穴を網で塞ぎ、底石を敷き詰める。
その上に水苔と鹿沼土を混ぜたものを敷き詰め、サギ草の球根を2cmの間隔をあけて置く。


140311 (10) 140311 (16)
球根の芽を上にして水苔に埋める。芽が確認出来ない時は、横向きに置く。
上から水苔をかぶせて、球根が見えないように覆う。
ゼオライトをバラまく。ゼオライトは根ぐされを防ぐため。


140311 (15)

サギ草 (銀河) 20球、サギ草 (青葉) 10球 植付け完了。
我が家の庭に白鷺が舞う姿を想像すると、今からわくわくします。
夏が来るのが楽しみです^^

今日は上天気だったので、庭に出て久しぶりに庭仕事をしました。
ジャーマンアイリスの枯れた葉っぱをカットしたり、花壇の雑草を抜いたり。

ノースポールのこぼれ種が、そこかしこに散って発芽していたので抜いて
ジャーマンアイリスの隣の空いているスペースに植付けました。
ノースポールは毎年こぼれ種で咲くので、何だか得した気分になります。

日差しは暖かいのですが、まだまだ風が冷たく戸外での作業は一時間が限界でした。
今日はサギ草を植付けるつもりでいたのに、早々に家の中へ引き上げました。
明日に持ち越しです。

実は今週は縫物週間と銘打って、在庫布の消費に励もうと思っていました。
ところが、布の整理をしていたら夕方になってしまい、初日から腰砕けになってしまいました。
とにかくいっぱいあり過ぎて、分類するのにも途中から飽きてきて (笑)

でも、明日から本気出します!

こうやって宣言して、嫌でも縫わないといけない状況に自分を追い込まないと
絶対に縫わないと思うので^^;

目標は一日に一枚。

と、更に自分を追い詰めて、
意気込みだけで、何も完成しないで終わるパターンが多いんですけどね。

さて、どうなる事やら。 
NHKの 『イッピン』 という番組で紹介されていた 『まゆ』 が届きました。

40308 (3)

画面では大きく見えますが実物はとっても小さく、両手のひらに収まるくらいです。
ネーミング通り、ころんとした繭の形をしていてめちゃくちゃ可愛い^^
鉄瓶のように見えますが、山形鋳物で出来ており、内側はホーローびきになっています。
このティーポット、パリのカフェで大人気なんだそうです。

早速、紅茶を淹れてみました。


40308 (1)


紅茶と言えば、TVドラマ『相棒』の杉下右京。

水谷豊扮する杉下警部お得意の「アレ」を夫に頼んで、再現して貰いました。

う~ん、なかなか。

ひゅい~んと、ティーポットを高く上げながら、ティーカップに紅茶を注いでくれました。
本当は紅茶が飛び散るので、高いところから注ぐのはNGなんだとか。

注ぎくちは一個一個、熟練工の職人が手作業(やすり)で仕上げているので
切れがいいんです。それはもう見事で、感動的ですらあります。
このサイズで、ティーカップ3杯分の量が入ります。
でも、もうひと回り大きいサイズでもよかったかな。ちょっと後悔しています。


40308 (2)

タイミングよくお菓子便も届いたので紅茶と一緒に頂きました。
紅茶 (セイロン茶ですが) すごく美味しかったですよ。
最高にオシャレなティータイムになりました。

明日からお茶の時間が楽しくなりそうです^^
今日は確定申告と眼科検診に行って来ました。
もちろん、おかかえ運転手つき (笑)

眼科検診は視神経の検査と、視野検査です。
視野の検査って受けたことありますか?
私は今日が3度目です。
主に緑内障の検査のために行われます。

検査は、パラボラアンテナみたいな物の前に座り頭を固定します。
片目ずつ検査するので、検査しない方の目はガーゼで覆われています。
目線は真ん中にある一点を凝視します。

隅の方から光が動いてきます。この時光を追いかけてはダメなんです。
あくまでも中心を見つめたままです。
動いてくる光が見えた瞬間に (自分の見える視野に入ったら) ボタンを押します。
押したボタンの位置がプロットされて、視野の範囲が分かる仕組みになっています。

ボタンを押す時、少し不安がよぎります。
あっ、今の光はもう少し早くから見えていたのに、ボタンを押す時間が遅れたな、とか
あっ、今のちょっとフライング気味だったかも、だとか。

なんか難しいんですよ。
検査と言うより、ボタンの早押しの腕を試されているような気分になります。

光の大きさを変えて、両目で10~15分くらいかかるのですが
終わった時はもうぐったり。

じいちゃんとか、ばあちゃんとかも検査するでしょうに。
反応が遅くても、正確な検査結果がでるのかなあ。
聴力検査も同じように自己申告ですよね。

人間の動作に頼らずに、もっと機械的に検査できる方法ってないのかなあ
と検査を受ける度に思います。

検査結果はその場で分かるのですが、検査は技士がするので
医師の診断結果は次回の受診の時までお預けです。10日後です。

最近、飛蚊が増えてきたようなきがするし、目が痛かったりするので
ちょっと不安です。何もなければいいのですが。

そんな私の今の楽しみは、 海老蔵さんのブログ を拝見することです。
八千代座でのれいかちゃんの初舞台の顚末を読むのが、もう楽しくて^^
海老蔵さんってホント、いいお父さんだなあって思います。
140306.jpg

息子がレンタルビデオを返しに行くというので、私も同乗することに。
車で片道40分。お昼はレンタル店の隣にあるモスバーガーで食べました。

ハンバーガーを食べるのは久しぶりだったので美味しかった~。

近くのショッピングモールの中にユニクロが入っているので
少し買物をしました。

運転練習のため、帰りは行きと違うルートを通って帰ろうとしたのに
カーナビが言うことを聞かず(笑)軌道修正しまくるので
結局途中からナビの案内通りに帰りました。

と言うのも、息子があせって

「カーナビの指示通りに運転しないと、カーナビの頭がこんがらがって、バカになってしまう~」

と、のたまうからです。

そっくり同じことを以前、夫も言っていたことがあるので、やっぱり親子だな~
と可笑しくなりました。

ただ単に、ナビをオフにすればすむことなんですけどね (笑)
それにしても楽しいドライブでした^^
140305.jpg

今日の晩ごはんは、ビーフシューでした。
いつもは国産の牛肉を使うのですが、今日はアメリカ産の安い肉にしてみました。
これがなかなかクセモノで、長時間煮込んでもいっこうに柔らかくなる気配がなく
出来あがったのを食べてみると、案の定、硬くてちっとも美味しくありません。

大丈夫、肉はマズくてもソースは美味しいはず。
ところが肉の脂身が溶けだしたのか、ソースも残念な結果に終わりました。
かろうじて、大根とホタテのサラダだけは、いつも通りの味で美味しかった。

今日はこれから( 21:30 ) お菓子を焼きます。
生クリームの賞味期限が切れたので、仕方なく。
捨てるわけにはいかないし、あ~作りたくないよぅ。

一番手っ取り早く出来て、ちゃんと火が通るお菓子って何があるかなあ。
考えたくもないのでテキトーに作ります。では、また。
2014.03.04 おいなりさん
140304.jpg


今日の昼ごはんは、おいなりさん。
昨日ちらし寿司を作り過ぎて持て余していたので、急遽いなりずしを作ることに。
先日冷凍しておいた油揚げを解凍して詰めるだけなので楽ちんです。

息子は今日の方が断然美味しいと、ペロッと8個食べて出かけました。

器は織部焼です。このお皿に盛りつけると、何でもない料理が不思議と
グレードアップして見えます^^

陶器のことなど、まったくの門外漢である息子が

「この皿、前から家にあったっけ。なんかすごく高そ~。いなりが高級に見える」

と言ったくらいですから。

そうなんです、最近買ったもので、すんごく 「お高かった!」 です^^;

織部焼といえば、古田織部。

古田織部を題材にした 「へうげもの」 面白かったです。
原作の漫画は読んだことありませんが、テレビアニメはすごく面白かった。

どういう内容か簡単に説明すると

数寄(茶道を中心とした風流)の道に目覚めた戦国武将・古田左介(のちに古田織部)。
彼を主人公として、その視点から史実を豪快かつ大胆な解釈で描いた戦国ものアニメです。

へうげものについては ⇒ こちら

古田織部については ⇒ こちら

「織部」という名前は本名ではなく役職を表す官位の名称で、位としてはそんなに高くないようです。
一説によると、数寄者だった彼は、南蛮人が着ていたオリーブ色の服に惹かれ、
オリーブ色をこよなく愛したそうです。

だから後に秀吉から官位を授かるときに、迷うことなくこの織部を選んだと言うのです。
戦国武将として貢献した彼は、もっと高い位を選べたであろうに、
ただ単にオリーブに響きが似ていると言う理由だけで。

まあ、以上は史実に基づいた話ではないので、本当のところはどうなのか分かりませんが。
でも史実はどうであれ、オリーブ色 = オリベ(織部) と思った方が愉快じゃありませんか。

いかにも 「へうげもの(ひょうきん者)」 らしくて。
私はその説を信じたいなあ。それに何より覚えやすくてよろしいかと。

現に、息子が

「へ~、これが織部焼。ほんとにオリーブ色なんだね」

と妙に納得したことでも分かります。
実際のオリーブ色はもっとくすんでカーキ色がかっていますけどね。

あ~「へうげもの」の再放送がないかな~
なんだか無性に観たくなりました。

2014.03.03 ちらしずし
140303 (11)

1403032.jpg 1403033.jpg


ひなまつりにちなんで、ちらし寿司を作りました。
トッピングしているのは酢蓮です。シャキシャキして甘酸っぱいので好きです。
沢山作ったので冷凍保存しました。いなり寿司の具に粗く刻んで入れると美味しいですよ。

ちらしずしを盛りつけている鶴の絵柄の大皿は、20年前に有田陶器市で買ったものです。
深川製磁のものでハレの日に使っています。
飛びカンナの平皿は昨年の秋に買った小鹿田焼です。黒木富雄窯のものです。

おかずは唐揚げとお吸い物だけでしたが、お腹いっぱいになりました。

ごちそうさん^^
2014.03.03 おひなさま
今日は桃の節句。
うちには娘がいないので、お雛さまを飾る習慣がありません。
こんな時、娘がいたらな~と思います。

私の育った時代はまだ世間がみな貧しく、お雛さまのある家庭は稀でした。
だからお雛さまには、憧れに似たものがあります。
大人になってから、ミニチュアのおひなさまを、ちょこちょこ買い集めては
楽しんでいます。

二階の私の部屋のローボードに飾りっぱなしにしているので
西日が差して陽に焼けてしまっていますが、何点か紹介しますね。


140303 (13)

鶴の絵が描いてある屏風は、なんと絵ハガキなんですよ。
伊藤若冲展で買ったもので、アコーデオンのように折って屏風に出来るようになっており
絵ハガキ2枚で1双になっています。
手前のお雛さまは、大宰府の参道にあるお店で買ったのではなかったかしら。


140303 (9) 140303 (8)

左の三段飾りはミニチュアではありません。高さが20cmくらいあります。
右の高坏のうさぎさんはミニチュアです。これも大宰府で買いました。


140303 (2) 140303 (1)

左はお手玉ですが、おひなさまに見立てています。
右のお雛さまは、浅草にある江戸玩具のお店 「助六」 で買ったものです。


140303 (4) 140303 (3)

これはどちらも土で出来ています。右は首が外れます。
素人っぽい素朴さが気にいって買いました。家の近くにあるお店で。


140303 (5) 140303 (12)

左は友人の娘さんからお土産で頂いたものです。
15年くらい経つのでケースも黄ばんで、和紙も色あせてしまいましたが大切にしています。
右の豆雛もお土産で貰ったものでこれは友人から。
当時独身だった友人も私も、この縁結び雛のおかげなのか無事結婚することができました^^

一年中飾りっぱなしですが、もうお嫁に行ってることだし、いいでしょう (笑)

いくつになっても、おひなさまは嬉しいものです。
一応、これでも女の子(?)ですから ^^
2014.03.02 5点セット
私の日課。

まず、朝起きて天気、大気汚染状況のチェック。

ちなみに私は毎朝、以下の情報をチェックしています。

地域限定の情報も含まれていますが、ブックマークして便利に活用しています。

この5点セットがないと、この時期生きていけません (笑)


気象庁の天気予報 ⇒ 天気予報

ウェザーニュース ⇒ ピンポイント天気

福岡県の大気環境情報 ⇒ 大気汚染(PM2.5)

環境省花粉観測システム ⇒ はなこさん(花粉観測)

福岡市黄砂情報 ⇒ 黄砂情報

環境省の大気汚染物質広域監視システム そらまめ君 もいいのですが
時につながりにくいこともあるので。


今朝は私の住む地域は曇ってはいますが、大気はあまり汚染されていないようです。

やった~! 今日は正々堂々と洗濯物が外に干せそうです。

本日3本目の記事です。
別に海老蔵さんに張り合って、更新本数を増やしてる訳ではないんですけどね (笑)
まあ、3本くらいでは足元にも及びませんけど。

   1403011.jpg

20年以上使ってきたロックミシンの調子が悪くなったので思い切って
新しいロックミシンを買いました。購入記録を残したかったのでアップします。
ネットで購入、本日届きました。

この衣縫人は布端をかがりながら、地縫いも同時に出来るのでミシン掛けの
時間が大幅に短縮できます。

ずっと前から欲しくてたまらなかったのですが、何しろ尋常な値段ではないので
二の足を踏んでいました。でも、すごく安く買うことが出来たので満足してます。

これで在庫布(罪庫布ともいう(笑)を一掃すべく、明日から洋裁に専念します。
怖ろしい量の在庫を何とかしたいと常々思っていたのですが、これできっかけが
出来ました。 頑張ります^^
2014.03.01 弥生の庭から
今日から三月ですね。
なのに弥生の空はPM2.5の影響で空気が澱んでおり
別の意味で見渡す限り、か~す~み~か、雲~か♪ 状態です。

そんな劣悪な環境の中、庭に出てみました。
ところが花々はそんな人間世界の事など関係なしに、着実に春の準備を始めています。

 スイートピー                      カンパニュラ
140301 (1) 140301 (3)

 マーガレット                      マーガレット(ピンク)
140301 (2) 140301 (7)

 ノースポール                     水仙(ピンクチャーム)
140301 (6) 140301 (4)

 ルピナス                        クリスマスローズ
140301 (5) 140301 (10)




       140301 (8)
          ルピナスの葉っぱの中心に雨粒が。表面張力で球体に。



       140301 (9)
              クリスマスローズ、うなだれて咲いています。


食べ物の記事が続いたので、気分転換に^^
2014.03.01 きつねうどん
140301 (11)

今日は息子が友達と出かけたので、お昼ごはんは夫と二人で軽くすませました。
このきつねうどんの油揚げは昨日作ったものです。


140301 (14) 140301 (13)

油揚げ (今回は16枚分) は半分に切って、5分くらい茹でて油抜きします。
油抜きした揚げを絞り、水2カップ、黄粗目70g、酒大さじ2、みりん大さじ2、醤油大さじ4を入れ
紙の落とし蓋をして、汁けがなくなるまで煮含めます。
冷めたら、保存袋に入れて冷凍します。こうしておけばイザという時に便利です。

今日はきつねうどんの具になりましたが、レンジで解凍して、酢飯を詰めれば簡単に稲荷寿司が
出来ます。ちょっと、おいなりさんが食べたいなあという時に重宝します。

冷凍ご飯や冷ご飯をレンジで温め、すし酢を合わせて揚げに詰めれば出来上がり。
私は合わせ酢を作りますが、市販のすし酢だと簡単に出来ますね。
私はこの時、酢飯に炒りごまと、揚げの絞り汁を入れます。
揚げを軽く絞る時に、酢飯の上で絞る訳です。こうするとコクが出ます。

なぜか最近、食べ物の記事ばかりですね^^;

食べ物といえば 「ごちそうさん」

今日のごちそうさんは、番組の最初から最後まで泣きっぱなしでした。
悠太郎さん、満州に行ってどうなるのでしょうか。
まさか、死んだりしませんよね。

昨日、希子ちゃんが歌った 「蘇州夜曲」 もよかったですね。
あんなふうに歌われると、胸が締め付けられて辛かったです。

歳を取ると、涙もろくなっていけません。