2013.11.30 京都 2日目
今日は朝から天気もよく行楽日和でした。
朝起きたのも遅かったのですが、午前中は掃除、洗濯と忙しく
出かけたのは、お昼の1時半過ぎでした。

京都大学のカンフォーラというレストランで昼食をすませ
そこで夫と別れて、一人で京都大学周辺を散策しました。

前回、吉田山に登った時に訪れなかった吉田山荘、吉田神社など
のんびり、てくてく歩き回りました。

夜になると急激に冷え込み寒くてたまらないので、晩ごはんを食べに
外に出るのもおっくうになります。
近所にある食堂で迷わず、雑炊を注文しました。
体の芯から温まったので部屋にもどりコタツに入ってテレビを見ています。

明日は奈良に行く予定です。では、また。

■ 京都2日目 追記( 12/6 更新 ) ■

今日は土曜日なので息子も授業がなく、一緒に昼ごはんでもと思っていたのに
午後からサークルの集まりがあるとかで、そそくさと出かけて行きました。

仕方がないので、夫と二人で京都大学に出かけました。
息子のところから歩いて10分くらいです。


131130 (2) 131130 (1)
131130 (3)


今日は絵に描いたような青空で雲ひとつない、よいお天気でした。
キャンパス内を歩くと、はらはらとイチョウの葉が舞い落ちてきて
あたり一面、黄色の絨毯を敷き詰めているかのようです。

ふと目をやると、息子が乗っているものとよく似た自転車が置いてあります。
荷物かごの中にもイチョウの葉っぱがいっぱい^^
思わずシャッターを押してしまいました。

ここはキャンパス内で最も私のお気に入りの場所です。
紅葉が綺麗でほんと、いい時期に来ました。


131130 (5) 131130 (7)
131130 (6) 131130 (4)

今日の昼ごはんは、正門付近にあるカンフォーラというレストランで食べます。
カウンター席はいっぱいだったので、あたりを見渡すと、おっと、息子のうしろ姿が。  ↓
私たちがいることに気が付いていないようなので、離れたテーブル席に座りました。   ↓

131130 (32) 131130 (31)

私はモッツアレラチーズスパゲティ、夫は日替わりランチのタンドリーチキンを注文しました。
このスパゲティは息子が毎週土曜日に食べているそうなので、どんな味なのか
一度食べてみたかったんです。息子の言うように、ふつうに美味しかったです (笑)

気がつくと息子はもう食べ終わって、自転車に乗って走り去って行きました。

131130 (8) 131130 (9)

夫はレンタサイクルの店を探すからと言うので、昼食後はここで別れて
私は周辺をのんびり散策することにしました。
京都大学から少し東に行ったところに、神楽岡通りがあります。
前回、吉田山に登ったときに 「茂庵」 という喫茶店に立ち寄ったのですが
神楽岡通り側から登ると近いと聞いたので、確かめてみることにしました。

131130 (10)  131130 (11)

神楽岡通りを少し入ると、左側に送り火で有名な大文字山が見えます。
息子が京都にいる間に、一度は送り火を見てみたいと思っています。
だって、こういうチャンスってなかなかないでしょう。
出来れば来年の夏、見に来たいなあ。

131130 (12)
 大の字になっているところを人が行き来しているのがわかりますか。私も次回登ってみようかな。
 

茂庵に上がる場所はこの辺だろうと確認できたので、今日は前回行けなかった
吉田山荘に行ってみることにしました。神楽岡通りの奥まった所に吉田山荘はあります。
元東伏見宮家別邸として建てられたもので今では料理旅館になっています。
この敷地内に確か喫茶店があったはず・・・

通りに面して風格のある門がそびえ立っています。勝手に入っていいのかなあと不安になります。
両脇に手入れされた灌木が植えてある坂を上って行くと、大きなお屋敷が目に入りました。
中から、番頭さんらしきおじいさんが出てきたので面喰ってしまいました。

「あのう、コーヒーでもと思って・・・」

と恐る恐る尋ねると、隣にある 「真古館」という建物に案内してくれました。

131130 (13) 131130 (14)
131130 (15) 131130 (16)

店内はどことなくレトロな雰囲気。
二階に案内され階段を上ると、そこには懐かしさを感じさせる空間が広がっています。
窓際の席に座りました。すごくいい眺めです。
お福もち (十六穀米入り) の入ったぜんざいを頼みました。
おもちがこんがり焼けて、あっさりした甘みで美味しかったです。
箸置きが可愛いい、なんとコウモリですよ^^

131130 (17) 131130 (18)
131130 (19) 131130 (20)


 131130 (21)

  お福もちに添え文がありました。


  もろこしにて つきをみてよみける
                 なかまろ
           
  天の原ふりさけ見れば春日なる
  三笠の山に出でし月かも


  古今集に収められている安倍仲麻呂の歌です。
  そうです、百人一首ですね。
  もろこし(唐)で故郷を懐かしんで詠んだ歌だそうです。





ひと息つけたので、稲荷神社に寄ってみようと思います。

131130 (22)

赤い鳥居が続いています。


131130 (23)

この鳥居の中ほどを左に入ると、三高(京都大学の前身)の寮歌である
「紅もゆる丘の花」 の歌碑がある吉田公園に出ます。


131130 (24)


折しも、京大のOBらしき年配のふたり連れの紳士が、歌碑の前で語らっていました。


131130 (25) 131130 (26)


歌碑をあとにして、前回 「大茶会」 で参拝出来なかった吉田神社の本殿へ。
ここにお参りすると京大入試に失敗するという言い伝えがあるらしいです。(笑)
私には無関係なので、ちゃんとお参りしましたよ。


131130 (27)

正面の大鳥居をあとにして、京都大学の横の通りを抜けて帰路につきました。


131130 (28)


昼間は暖かいのに、夜になると急激に冷え込みます。
息子はサークルで遅くなるので、夫と近所の食堂で夕食をすませました。
私は体が温まるように、雑炊にしました。夫はカツ丼。
おかげで体の芯からポカポカになりました^^

131130 (29) 131130 (30)

夜遅く帰って来た息子と一緒に 「真古館」 で買ってきたコウモリクッキーを食べました。
シナモンが入っているので夫と息子には不評でした。
コウモリの箸置きが可愛かったので買いました^^

2013.11.29 京都 1日目
小倉駅で仕事帰りの夫と待ち合わせて、新幹線で京都にいる息子のところに
やってきました。今、時刻は23時。息子のパソコンから更新しています。
夫と息子はコタツでまったりくつろいでいます^^

息子のパソコンは画像処理ができないので、写真を入れ込んだきちんとした記事は
家に帰ってから追加更新するつもりです。

明日からの記事も、どこをどう回ったか、何をしたかの簡単な内容ですが
一日の出来事をアップするので、よかったらのぞいてみてください。

なんか写真がないと、寂しいですね^^;

■ 京都1日目 追記( 12/5 更新 ) ■

いつも息子のところに行く時には、手ぶらで行けるように滞在中の衣類は事前に送っておきます。
ところが前もって分かっているのに、ズボラな私はギリギリになるまで荷造りをしないんですね。
今回も出発する直前になって荷造りを始めたので、列車に間に合うかどうか心配でした。
そんな矢先、夫からの電話で1本早い列車で来るようにと連絡があり、さらにパニック状態に。

近くにあるコンビニに荷物を持ち込んだのですが、レジのおねえさんがどうも慣れてないらしく
たかが荷物を受け付けるのに30分近くかかってしまい、焦りました。

車を駐車するために家に戻って、駅まで猛ダッシュ!
いやぁ、間に合ってよかったです^^;
そう言えば、私って出かける時はなぜかいつも走ってます (笑)

小倉駅で夫と合流し、駅弁を買ってのぞみに乗り込みました。


131129 (3)


夫も私も、かしわめし弁当にしました。味はまずまずといったところ。
私は昼から何も食べていなかったので、尚更美味しく感じました。

小倉から京都まで2時間30分、あっという間に到着です。
ライトアップされた京都タワーを見ると、わぁ、京都に来たんだと
テンションが上がります。

木々もイルミネーションで飾られ、駅前は早くもクリスマスモード。


   131129 (2)


バスに乗って息子の住むマンションへ。
夜のバスって、なかなか雰囲気ありますね。
四条河原を経由するバスに乗ったのですが、繁華街だけあって夜も遅いというのに
街は人で溢れています。

銀閣寺道のバス停で下りて歩くこと5分。
マンションに入ると、松ぼっくりで作ったツリーが出迎えてくれました。
マンションのオーナーの奥様がいつも季節感あふれる演出をなさっていて、心がなごみます^^


    131129 (1)


部屋のドアを開けると、今しがた掃除を終えたばかりと言わんばかりの (笑)
息子が立っていました。
さあ、今日からしばらくここが我が家になります。

「ただいまぁ~^^」


2013.11.29 今週のお弁当
昨日、今日とここ北部九州は1月中旬並みの寒さだそうです。
昨年まで暖房がない職場で仕事をしていたので、家にいると暖かく感じます。
昼間ひとりの時は、省エネを兼ねて極力暖房を入れないようにしているのですが
体が鍛えられたのか (笑) あまり寒さを感じません。
さて、今週はお弁当3日分です。


11月26日(火)
弁当131126

          卵焼き
          酢豚 
          もやしのナムル
          キウイ
          みかん


11月27日(水)
弁当131127

          卵焼き
          鶏のつくね団子 (自家製冷凍)
          厚揚げの含め煮 
          ひじきの煮もの (自家製冷凍)
          ゆでブロッコリー 


11月28日(木)
弁当131128

          オムレツ
          グリーンアスパラのベーコン巻
          はんぺんのバター焼き
          うさぎリンゴ



酢豚は前日作ったものですが、一晩おくと味が落ちてしまいますね。
夫が帰ってきて弁当を差しだす時に

「酢豚、楽しみにしていたのに、まるで別物を食べているようだった。
 昨夜の美味しさはどこへいったの、ガックリした」

と、不満をあらわにしていました。
だからと言って、朝から酢豚なんて作る気は、さらさらありませんけど (笑)


今日からしばらく出かけて家にいないので、来週はお弁当はお休みです。
ブログの更新は出来るだけしたいと思っていますが、どうなるかわかりません。
では、また。

明日からお出かけするので、間に合うように大急ぎで
着て行く服を縫いました。


131128 (3)

 型紙 : Rick Rack  ルーミーワンピース
 生地 : CHECK&STRIPE オリジナルフレンチフランネル あずきミルク


後ろはこんな感じ
131128 (2)


横から見るとこんな感じ
131128 (1)


ルーミーワンピースってなっていますが
ワンピースっていうよりジャンパースカートに近いですね。
ちょっと写真が暗くて色合いがハッキリしませんが、実際はもう少し明るく
あずきミルクのネーミング通りの色です。

フランネルなので暖かく、これからの季節にぴったりだと思います。
仕様通りだと、肩布から脇の下までぐるっとバイアステープでくるむようになって
いるのですが、布地が2mしかなく用尺が足りずバイアス布がとれなかったので
脇は市販のテトロンのバイアステープで始末しヨークに挟み込みました。

なので、ヨーク部分の端っこが少し出てしまい仕上がりがあまりきれいではありません。
次回は仕様通りに作ってリベンジします。
リネンで作ろうと生地はもう買ってあるのですが、時期的にリネンだと寒いかなと思って
先にこちらで作りました。
リネンは出来上がったら洗って絞りをかけて、くしゅっとした感じになるように作ろうと
思っています。
って、まるですぐ作るみたいにな言い方ですね。
たぶん春先かなあ、いや夏までにはなんとか。(笑)

2013.11.27 渋柿
先日干し柿を作った時に、余った渋柿を貰って帰りました。
渋柿の渋を抜く方法は、干し柿以外にもいろいろありますが
今回は、アルコールを利用して渋を抜いてみました。


131127.jpg


柿のヘタと全体にブランデーをスプレーで吹き付け、一個ずつポリ袋に入れ口を縛ります。
このまま放置しておくと、3~5日で渋が抜けます。
この写真の柿は今日で3日目です。
ひとつ袋から取り出し、食べてみました。

ちゃんと渋が抜けていました^^

でも、いまいち甘くないんですよね。この丸柿自体があまり甘くならない品種なのかも
しれません。
今年は長柿の生りが悪く、干し柿にしたのはこの丸柿が多かったので心配です。
干し柿だともっと甘くなるとは思うのですが。

131126.jpg  









ケニアのお土産が送られて来ました。
なんとケニア産のブルーマウンテンです。











          早速淹れてみることにしました。
          まずは電動ミルでコーヒー豆を中挽きにします。
      
  
          131126 (1)


          ケメックスのコーヒーメーカーにお湯をチョロチョロと注いで
          ゆっくりと抽出します。


          131126 (2)


          飲んでみました。

          「う~ん、ブルーマウンテンの味がする」

          と、夫は言うのですが

          私はブルーマウンテンをほとんど飲んだことがないので
          違いがわかりません。
          酸味が強く、どことなくほこり臭いような味がしました。
          せっかく送って貰ったのに、こんな感想しか言えなくて
          まさしく猫に小判です^^;

          ブルーマウンテンと言うのはジャマイカ産とばかり思っていたのに
          調べてみると、ジャマイカ産のブルーマウンテンをケニアで栽培して
          いるようです。

          以下にどこぞのサイトに載っていたケニア産のブルーマウンテン
          について説明した記事を転載します。
 
          1913年ジャマイカのブルーマウンテン種をビクトリア
          湖北東の高地に移植栽培し今日に至ってます。
          英国を始め欧州市場に出荷され、愛飲家の人々に親しまれてます。
          大粒のフラットなコーヒーで酸味は柔らかく、芳醇な香りが有り濃くは
          喉越しの良さは抜群の、優れた風味を持ったコーヒーです。
          英国で販売されているブルーマウンテンコーヒーはこの
          ケニア・ブルーマウンテン(ビクトリア マウンテンコーヒー)です。


          何度か飲んでみると、美味しさがわかるのかもしれませんが
          舌が味を覚えて、ブルマンしか受け付けないようになったら困りますね。
          違いがわからないくらいがちょうどいいのかも。(笑)

  
2013.11.25 頂きもの
淡路島のお土産に、玉ねぎと椎茸を頂きました。
見てください、この椎茸の綺麗なこと!
こんなに肉厚で立派な椎茸は初めて見ました。


131125 (4) 131125 (3)
131125 (2)


昨日は天気がよかったので半日干しました。


131125 (1)


紫外線をいっぱい浴びた椎茸はビタミンDがいっぱい!
半日でも日光に照らされると旨味が倍増します。
さて、玉ねぎと、椎茸で何を作ろうかなと、いろいろ考えた結果
酢豚になりました^^
あくまでも今日のメインは、玉ねぎと椎茸で豚肉ではありませんよ。


131125.jpg


晩ごはんを頂きながら、夫がひとこと。

「なんか今日の酢豚は、いつものより美味しいね」


椎茸がぷりぷりして美味しいっ!
玉ねぎが甘くて美味しいっ!!
ほんとに素材ひとつでこんなに美味しくなるんですねえ。

Hちゃん、ありがとう、ごちそうさん^^

甘いものが食べたくなって、夜になってからお菓子を焼きました。
一番簡単に出来るマフィン、今日はココア生地にチョコチップだけでなくクルミも入れてみました。


131124 (2)


カフェオーレにしたかったのですが、夜も遅いのでミルクココアにしました。
マフィンはチョコチップが入っている割には、そんなに甘くなく軽いので
甘いココアと一緒に食べると、ちょうどいい感じになります。


131124 (1)


いっぱい焼いたのでお隣さんにもおすそわけしましたが
見た目よりあっさりしているので、物足りなかったのではと思っています。
夫には好評でしたけど^^

2013.11.24 芝刈り 17
今季最後の芝刈りをしました。


131124.jpg

刈り高 20ミリ

一か月ぶりの芝刈りでしたが、ほとんど伸びておらず刈りカスも
バケツ一杯分くらいしかありませんでした。
少しずつ枯れてはいますが、まだまだ青みが残っています。
これから休眠期に入るので (もう入っているかも)、今回で芝刈りは完了です。
時々、雑草を抜いてやるくらいでいいので、これから春先まで一息つけます。
来春まで芝生の記事もお休みです。

今月が誕生日の友人のために、トートバッグを作りました。
鎌倉スワニー風のバッグが出来ました。


スマートトート131123

      型紙 : パターンレーベル スマートトートMサイズ
      布地 :(表地) 鎌倉スワニー インポートファブリック
           (裏地) 11号帆布 アイスグレー


表地の素材は綿100%で、薄くて張りがないので厚手の芯を貼りました。
ところが、芯が硬くごわごわしているので仕様書通りのどんでん返しは無理だと諦めました。

裏地にも帆布を使ったので、どんでん返しで裏返す時どちらも皺くちゃになり
元通りに戻らないような気がしたので、表はバッグ口は見返し(天口付き)を縫って折り返し
裏地は出来上がりの状態で内側に入れ、見返しを裏地に手で縫いつけていきました。

       131123 (13)
                  矢印を部分を手で縫いつけています。


底の三角の折り返しも硬くて、ミシンで縫うのは無理だったので、
目打ちで穴を開け手で返し針で縫いました。
この作業をしている時、内側の針穴の位置がよく見えなかったので
バッグの中に顔を突っ込んで縫っていると、そばにいた夫が

「なんか、棟方志功みたい」

と、憐れんだ目で見つめていました^^;


       131123 (10)
             ステッチが波打って手縫い感あふれていますね (笑)



131123 (12) 131123 (11)
131123 (8) 131123 (9)


すごく縫いにくかったので、次回は表地が薄い時はキルトわたを貼るつもりです。
前回作った スマートトート はキルト地だったので、裏地は帆布を使ったにもかかわらず
ちゃんとどんでん返しで縫えました。

プレゼントした友人に、なんか使うのもったいないみたい、と言われたのですが
どんどん使って欲しいと思います。

次は1月生まれの友人が残っています。
もうバッグは作りません。懲り懲りです。(笑)

今日は友人の誕生日を祝って、近所に新しくオープンしたカフェで友人4人で食事をしました。

131123 (1) 131123 (2)
131123 (6) 131123 (5)
131123 (4) 131123 (3)

前菜 キッシュ、ミートローフ風カナッペ、グリーンサラダ
ボローニャ風ミートスパゲッティ
牛肉ときのこ、ミックスビーンズのクリーム煮
バースデーケーキ

私は自分の作る料理が塩分控えめの薄味なので、こちらの料理は少し塩辛く感じました。
名前入りのバースデーケーキを用意してもらいました。中身はチョコレートケーキです。
このチョコレートケーキも甘みが強すぎました。

食事のあと、コーラスの合唱団に所属している知人のコンサートに行きました。
クリスマスも近いからか 「アヴェ・マリア」の特集が組まれており、6人の作曲家の
アヴェ・マリアが楽しめました。

アヴェ・マリアのほかにも数々の楽曲が披露され、2時間足らずでしたが
久しぶりにゆったりとした時間が過ごせました。


■ シューベルトのアヴェ・マリアを熱唱
131123 (7)


アヴェ・マリアといえば、シューベルトやグノーの作曲が有名ですが
私の好きなのはカッチーニのアヴェ・マリアです。
ご存じではない方のために、珠玉の一曲をどうぞ。

■ カッチーニのアヴェ・マリア



この透きとおった歌声の持ち主は、「サン・マルク少年少女合唱団」のソリスト
ジャン=バティスト・モニエ君です。
その後、映画「コーラス」で主役を演じました。
1990年生まれなので、青年となった今はもうこの少年期特有のボーイソプラノは
聴くことは出来ませんが・・・
クリスマスが近づいてくると、繰り返し聴いている曲のひとつです。

2013.11.22 今週のお弁当
朝晩はめっきり冷え込むようになりましたね。
今週は起きられない日が一日あったので4日分です。


11月18日(月)
弁当131118

        煮込みハンバーグ
        ポテトサラダ
        茹でブロッコリー
        みかん


11月20日(水)
弁当131120

        卵焼き
        野菜炒め
        鶏のつくね
        ミニトマト
        キウイ


11月21日(木)
弁当131121

        おでん
         ゆで卵
         こんにゃく
         厚揚げ
         はんぺん
         ウインナ巻き
         鶏つくね
         じゃがいも
        ミニトマト





11月22日(金)
弁当131122

        卵焼き
        ひじきの煮もの
        肉しゅうまい (冷凍食品)
        ゆでブロッコリー
        ミニトマト



寒くなるとおでんが美味しくて、便利でいいですね。
うちは忙しい時はいつもおでんを作って、三日がかりで食べます。
水、木、金曜日の三日間、しかも今回は弁当にまで入れたのでさすがに飽きました。

水曜日は干し柿つくり、昨日、今日はバッグ作りで忙しく、晩ごはんどころではありませんでした。
でもバッグも完成したし、明日からきちんとした晩ごはんを作ります。
お弁当も手抜きでないものを作ります。作ろうという意気込みだけはあります。(笑)
では、また。

通販で注文していたルピナスが届いたので早速植えました。


131121 (1)


左からノースポール(大輪咲き) 5株、アーリールピナス 12株、ルピナス 8株
アーリールピナスとルピナスの違いがよくわからないのですが、通販で購入した株の方が
値段が高いだけあって株が大きいし、しっかりしています。

右側の小さいルピナスは、近所の園芸店で安売りしていたのを買ったものです。
植える場所を確保していなかったので、密集して植えました。
無事育ってくれることを祈っています。

ムスカリも同じ園芸店で安売りをしていたので植えました。
チューリップを取り囲むように詰めて植えました。
ムスカリは40球あります。色は濃い紫です。


131121 (2)


これで春花壇の植付けはすべて終わりました、
後は、春になってきれいな花を咲かせてくれるように見守るだけです。
これでやっと一息つけると思ったら、バッグ作りが待っているのでした^^;
なかなかのんびりできません。(笑)

2013.11.20 干し柿つくり
今日は午後から寒風が吹き荒れる中、実家で干し柿作りを手伝いました。
作業工程を簡単に説明しましょう。

まずは実家の畑にある柿の木から柿の実をちぎってきます。
義父の仕事です。(写真を撮りに行くともうちぎり終えて、柿の木から下りていました)
冬野菜が畑一面を覆っていて、なかなか素敵な冬景色でしょう。


131120 (7)


まず最初に
柿をぶら下げても落ちないようにT字型に枝をカットして、とっかかりを作ります。
義父と義母が二人で手際よく、剪定はさみでカットしていきます。

131120 (6)


いよいよ皮剥きです。これは義母と嫁である私の仕事です。
義母は素手で剥いていますが、私は柿の渋がつくのが嫌なので薄いゴム手袋をはめています。
二人でとりとめのない世間話をしながら、機械のようにただひたすら剥いていきます。
剥いても、剥いても嵩が減りません^^;

131120 (5)


今年は柿が不作で、例年だと有り余るほど実る長柿の生りが悪かったので
主に丸柿を使っています。

131120 (4)


剥き終えたら、一個ずつ焼酎で殺菌します。
以前は縄ごと熱湯にくぐらせて消毒していましたが、ビニール系のひもを
使うようになってからは、成分が溶け出すような気がしてアルコール殺菌に変えました。
スプレー容器に焼酎を入れ、一個ずつ満べんなくスプレーしていきます。
この作業は私の仕事です。

ひもを竿に結びつけ、T字型の枝を二度ほど巻いて引っかけていきます。
いつもは私もやるのですが、今回は義母が全部ひとりで吊るしました。
私がやると、絵になるようにバランスを考えながら間隔を整えていくので
どうしても作業が遅くなります。
義母はそれが堪えられないのかもしれません。(笑)

ほうら、完成です! こうやってあらためて見ると壮観ですねえ。
数えてみたら200個近くありました。


131120 (1)


            131120 (2)
             乾くと艶がでてきます。焼酎がさらに甘みを引き出します。



     131120 (3)
            干し柿のれん、最近はあまり見られない冬の風物詩です^^


明日から2、3日晴れるそうなので、きっと美味しい干し柿に仕上がると思います。
寒風にさらされると、甘さが増して美味しくなります。
今年もひとつ行事が終わってやれやれです^^

2013.11.19 冬仕度
急に寒くなりましたね。
私の住んでいる北部九州は今年一番の冷え込みだそうです。
ヒーターだけでは寒いので昨晩からエアコンをつけ始めました。
エアコンって空気が乾燥するから嫌いなんですよね。
だから加湿器も出しました。

石油ストーブは匂いがダメなのでここ数年は使用していません。
それに灯油を給油するのって面倒でしょう。
以前は灯油のほうが安価でしたけど、最近はエアコンも省エネタイプが
出てきたので電気代もそんなにかかりませんしね。

こたつが一番いいのですが、こたつに入ると 「コタツムリ」 になって
なかなかこたつから出られないので我が家では12月に入ってからと決めています。

寒いのであったまるように、今晩は鍋物にしました。
鶏のつみれ団子と豆腐、白菜、椎茸だけの簡素なものですが
カボスを絞ったぽん酢で食べると、体の芯から温まります。
写真を撮りたいのですが、晩ごはんの撮影はごはんが冷めるので
ご法度なんです^^;

明日は午後から雨が降らなければ、夫の実家で干し柿つくりを手伝います。
今年はたくさん欲しいので、いっぱい分け前 (笑) が貰えるよう、皮剥きを頑張ります。
干し柿つくりの様子は、明日アップする予定です。

来年の手帳とカレンダーが届きました。
手帳は 「ほぼ日手帳」
カレンダーは安座上真紀子さんの 「ペーパートーイカレンダー」 です。


131118 (1)

ネットで注文するとほぼ日のロゴが入った箱に入って送られて来ます。
特典として小さな袋がおまけに付いてきます。
今年購入したのは手帳本体だけです。 カバーは一昨年に購入して使わずじまいの
リバティプリント (ペーズリー模様)のカバー があるのでそれを使おうと思います。

ネットで注文する理由は、日曜始まりの手帳が欲しいからです。
ロフトで買えますが、店舗販売は月曜始まりしか置いてないのです。
私は旧弊タイプの人間なので、月曜始まりは馴染めません。
だからカレンダーも日曜始まり以外は買ったことがありません。
でもみなさん月曜始まりが好きなようで、市場はそちらが主流になっていますね。


131118 (2)


実は、昨年も今年も手帳を買っただけで中身は真っ白なんです^^;
昨年は仕事が忙しくて手帳をつけるどころではありませんでした。
今年はブログを始めたので手帳の出番がありません。

ではなぜ、また来年用を買ったのか。
ブログを始めて気がついたのですが、最近字を書くことがないんです。
勤めていた時は、仕事上どうしてもペンを握らざるをえませんでしたが、家にいるとその必要が
ないんですね。

だから来年は紙媒体で日記をつけようと思ったのです。
でもブログが日記代わりなので、手帳にはその日の夕食の献立を書いたり
ちょっとしたイラスト描いたりしようと思っています。
最近字もさることながら、絵もまったくといっていいほど描かなくなりました。
だから一日一枚を自分に課して、ちょっと頑張ってみようと思います。

2010年の手帳を紹介しますね。
表紙は赤一色なので、バカボンドの武蔵のイラストでドレスアップしています。
これは息子が「井上雄彦展」で買ってきてくれた絵ハガキです。

                                              
  131118 (4)  131118 (3)


ほぼ日手帳のサイト こちら をみるとみなさん色々な使い方をなさっているようですが
私はまずは弁当ありき、だったのでカレンダーの欄に弁当の写真を貼っていました。
記録として残したかったので献立も書き込んでいます。


131118 (5)


毎日のページは、その日の出来事をイラストに書いたり、写真をコラージュしたり
その日の気分で自由に使っています。


131118 (6)131118 (7)

131118 (9)131118 (10)

131118 (11)131118 (12)

131118 (13)131118 (14)


こうやってみると、やっぱりアナログ人間なんでしょうね。
今もこんなふうに同じことをブログでやっているのに、無性に字や絵が描きたくなってきます。
洋裁やお菓子作りは好きではありませんが、絵を描いたりコラージュしたりというのは
割と好きなんです。
三日坊主で終わるような気もしますが、来年はちょっと頑張ってみます。


カレンダーはここ15年来、同じものを使っています。
安座上(あざかみ)真紀子さんのペーパートーイカレンダーです。


       131118 (15)


          来年のカレンダーをめくってみました。お気に入りは2月です。


       131118 (16)


        これ、実は紙で作っているんです。(だからペーパートーイ)
        とても紙で出来ているとは思えない精緻な仕上がりでしょう。
        このデザイン、色彩感覚、どれをとっても素晴らしく
        安座上さんのセンスのよさには、いつも感心させられます。


       131118 (17)


        15年前からこの場所↓がカレンダーの定位置です。
        我が家は部屋の模様替えなど、まったくしないので
        多分この家を離れるまでこの風景は変わりません (笑)
        だからこのカレンダーがないと新年が迎えられません。


       131118 (18)


        処分せずにとっておいたカレンダーです。
        これ以外にもあったのですが、古い分は破棄したり友人にあげたりで
        残っているのはこれだけです。


       131118 (20)


この記事を書くのに今日は半日近く費やしました。
11月も半ばを過ぎて忙しい時期に、こんなことをやっている場合ではないのですが
ちょっと息抜きに^^

今日は北風が強く、外に出ると寒くて震えるほどでした。
そんな中、まだ植え終わってなかった花壇の植付けをしました。
この花壇はコリウスが植わっていた花壇です。


131117 (4)

毎年植えても、寒さでいつの間にか消滅するスイートピー 8本
性懲りもなく今年も植えました^^;


131117 (3)

その隣 (写真では手前) にはマーガレット (ピンク) 2株
植えっぱなしのオダマキの隣に、白妙菊 5株
写真には写っていませんが、その隣にマーガレット (白) 2株


       131117 (2)

        その奥 (写真では真ん中) にはカンパニュラのピンク、薄紫、紫、白
        各2株ずつ  計8株
        写真の左側に植わっているのは植えっぱなしの水仙 (黄色い小さな花)
        カンパニュラの手前 (写真では右側) に株分けした星ききょうを10株
        植えました。


131117 (1)

全体的にみるとこんな感じです。
私のイメージとしては星ききょうが、こんもりと生い茂り手前に滝のように垂れ下がってくる・・・
はずです^^

あとは先日チューリップとアネモネを植えた花壇に、ルピナスを植えつければ作業完了です。
ルピナスは通販で注文してまだ届いていないので、植えることが出来ません。
届いて植え終わったら、記事をアップします。 あ~、早く届いてほしいです。


2013.11.16 りんごジャム
昨日作ったりんごジャムです。


131116 (19)

作り方を簡単に紹介します。

131116 (5) 131116 (6) 131116 (7)

りんご10個、紅玉、ふじジョナゴールドなどです。
皮をむいて八つ切りにします。正味1700グラムあります。
薄くイチョウ切りに、変色するので手早くします。


131116 (8) 131116 (9) 131116 (10)

白砂糖510g(りんごの量の30%)を入れ、軽く混ぜて中火にかけます。
水を入れなくても砂糖がりんごの中の水分を引き出すので大丈夫です。
中火にかけて5分くらいで こんなに水分が出ました。
アクが出てきたらお玉ですくい取ります。
火にかけておよそ15分くらいで水分がなくなります。
お玉を鍋底に押さえつけながら潰していきます。
酸味が足りないのでレモン汁1個分入れました。
とろみがつけば出来あがりです。  

 
131116 (4) 131116 (12) 131116 (11)

瓶を鍋に入れ煮沸消毒します時間は5分くらいです、ふせてお湯を切っておきます。
ジャムが熱いうちに瓶に詰めし、軽く蓋をしてお湯に入れ沸騰させます。
15分間沸騰させてお湯から出し、蓋をきつく閉め直して瓶をさかさまにして空気を抜きます。



今回はりんごが沢山あったので、ステンレスの文化鍋で作りました。
ホーローの鍋が焦げつかないのでいいのですが、大容量のホーロー鍋は持っていないので。
なので、ある程度嵩が減った段階でホーロー鍋に移しました。
ジャムを作る時はアルミの鍋だと変色するのでホーローかステンレスにします。

砂糖の量はりんごの30%くらいにすると低糖度のジャムに出来上がります。
市販のジャムは甘すぎるので、家庭で作る場合は余り甘くない方がいいと思います。
分かりやすいように、りんご1キロで説明しますね。

材料
 りんご (皮をむいて正味) 1kg
 砂糖 (りんごの30%) 300g
 グラニュー糖、白砂糖どちらでも。私はコクがある方が好きなので白砂糖を使っています。  
 レモン 1/2~1個 (味をみながら酸味を調整)

りんごは紅玉だと酸味が強いのでレモンは入れなくてもいいと思います。
ふじは酸味が少ないのでレモンを補います。
ジャムに適しているのは、水分が多く柔らかくて酸味が強い品種です。
紅玉、ジョナゴールドなど。
ふじ単体で作ると形が残ったままなので、プレザーブが好みの場合はいいのですが
ペースト状にするには裏ごしをしないといけないので面倒です。
私はプレザーブが好きなので固めのふじと、柔らかめのジョナゴールドを使います。
紅玉もいいのですが最近は手に入りにくいし、値段が高すぎます。
二種類を合わせると、片や形が残り、片や溶けて原型がなくなるので
お玉の底で潰すとちょうどいい感じのジャムになります。

ここでジャムの糖度の計算の仕方について、ちょっとウンチクを。

ジャムの甘さの基準は4段階に分かれています。
  糖度40%未満
  糖度40%以上55%未満 : 低糖度
  糖度55%以上65%未満 : 中糖度
  糖度65%以上 : 高糖度

糖度が高い程、保存できる期間も長くなるようです。
高糖度、中等度の未開封びん詰めジャムの賞味期限が2年以内、
低糖度の未開封びん詰めジャムの賞味期限が1年半になっているようです。

出来上がったジャムの重さから糖度を割り出す方法ですが
今回作った分量で計算してみましょう。

 果物の重さ : 1700g
 砂糖の重さ : 1700g × 30% = 510g
 出来上がったジャムの重さ : 1460g

果物自体に大体10%くらいの糖度が含まれているので、果物の重さ×0.1を計算します。
1700 × 0.1 = 170
 
0.1をかけた数字に砂糖(510g)の分量を足します。
170 + 510 = 680  これが砂糖の総量になります。

砂糖の総量を出来上がったジャムの重さで割ると糖度が出ます。
680 ÷ 1460 = 0.46 糖度46で低糖度のジャムになります


帽子とシールで着飾ってみました^^

    イエロー系
    131116 (18)

    レッド系
    131116 (16)

    ブルー系
    131116 (17)

上から見るとこんな感じ
131116 (20)

かわいいジャムが勢ぞろい
131116 (15)

甘酸っぱいりんごジャムは息子の好物なので、
朝のトースト用に、今度京都に行く時に持って行きます。


2013.11.15 今週のお弁当
今朝は雨が降ったので少し暖かですが、ここ2、3日朝晩冷え込むようになりました。
という訳で、今週から保温弁当に切り替えています。
今週も弁当がいらない日が多かったので2日分です。

11月14日(木)
弁当131114

         卵焼き
         ほうれん草、椎茸、ベーコンのソテー
         グリーンアスパラのベーコン巻
         ゴボウと人参のきんぴら
         ミニトマト


11月15日(金)
弁当131115

          肉じゃが
          ピーマンのくたくた炒め
          塩じゃけ
          ミニトマト
          みかん


弁当131114 (2)


保温弁当箱はこんな感じです。これは息子の弁当箱で今は私が使っています。
ごはん容器は冷めないように金属製の容器が付いていて入れ子になっています。
おかずの容器は二段重ねになります。
お湯で温めた容器に炊きたてごはんを詰めて、さらに電子レンジにかけます。
こうすると真冬でも、ほんわか暖かいご飯が食べられます。

写真で見るより容量がたっぷり入ります。
ご飯の量はこれで茶わん1杯半分くらいあります。
いつも私の分のお弁当を写しているのでご飯の量が少なめですが
夫の分は上まで詰めるので、茶わん2杯分は優にあります。


弁当131114 (3)


肉じゃがのじゃがいもは、頂き物で北海道の栗じゃがです。
ほくほくしてすごく美味しいのですが、難点は煮崩れしやすいことです。
油断すると溶けてなくなることも (笑)

ピーマンが山ほどあるので大量消費すべく、オリーブ油でくたくた炒めにしました。
くたくたになるまで炒めると嵩(かさ)も減るし、甘みもでて美味しくなります。
私はこれが好きなのですが、夫はピーマンが嫌いなので多分残して帰って来ると思います。

これから3月いっぱいまで、この保温弁当になります。
ビジュアル的にいまいちですが・・・

今日はこれからジャムを作ります。りんごが沢山あるのでこれも消費対策です^^;
なんやかんやと毎日が忙しいです。

2013.11.13 冬野菜
今日は朝から農作業の用意をして、装備を固めて実家に赴いたのですが
着いてみると、もう作業が終わった後でした^^;

10時に来てと言われていたので、その時間に行くと義母はもう畑から帰ってきており
野菜も収穫して積み上げてありました。

「 なんで~、せっかく張り切って来たのに~ 」って言うと

「 早く店に出したかったから、先に畑に行って採って来た。10時はやっぱり遅いね 」と義母。

「 じゃあ、ほかにすることは? 」

「 今日はもうないよ、あんたの所の野菜も採ってきたから、それを持ってもうお帰り 」

え~っ、じゃあ一体何のために呼んだのよっ! って感じです。
さすがに口に出しては言いませんけどね。
仕方がないので、野菜だけ貰ってすごすごと帰ってきました。


131113.jpg


夫が帰宅したので今朝のことを話すと、大笑いして

「 それは可哀そうだったねえ、なんか ”ごちそうさん”の誰だっけ?、主人公の・・・ 」

「 め以子? 」

「 そうそう、それだね。今度ちゃんとお母さんに釘をさしておくよ。いじめないでって 」

って、あんたは悠太郎さんかいっ! (笑)


早速、ほうれん草はおひたしにしました。やわらかくてすごく美味しかった。
白菜は今年初めてです。これから冬の間はずっと白菜攻めにあいそうです。


㊟ ごめんなさい、NHKの朝ドラ 「ごちそうさん」 を観てない人には
一体何を言っているのか分かりませんよね^^;
  
今日は朝から昨日の続きをしました。
まずはチューリップの球根の植え付けから。

131112 (6)

左半分はバレリーナ( 百合咲き オレンジ ) 30球
右半分は黄色のチューリップ  30球

球根ひとつ分くらい空けて並べていきます。密植した方が豪華に見えます。
葉っぱの向きが揃うよう、球根も丸みを帯びた方を前にして (同じ方向に向きを揃えて) 植えます。
こうすると咲いた時に、隣りあった葉っぱが重なりあわずに、前へならえの状態に整列します。
球根の向きひとつで、葉っぱがあっち向いたり、こっち向いたりするのを防ぐことが出来ます。
私は球根の向きを少し斜めにして植えつけています。

131112 (18)

植える深さは花壇の場合、球根の3個分くらいと言われています。
私は移植ゴテで穴を掘り、球根を埋め込んでから土をかぶせています。

チューリップの植え方のハウツー本には、15~20㎝土を剥いで、そこに球根を並べて
その上から土をかぶせて埋め戻すと書かれています。
でも、私はそんな面倒なことはしたことがありません。
あらかじめ土を剥いでおくのも大変だし、きれいに並べた球根が土をかぶせた時に
動いて乱れてしまうと思うからです。

球根を植え終わったら、その上から忘れな草の種を蒔きます。
実際には種を苗箱に筋蒔きして、ある程度苗が大きくなって移植した方がいいのですが
面倒なのでこれもしません。いつも直まきしています。


            131112 (16)

忘れな草の種です。微細な種なので均一に蒔くのに苦労します。
一粒ずつつまんで、一定の間隔で蒔いていきます。


131112 (19)
            
蒔き終わったら上から土をかぶせます。
忘れな草の種は嫌光性なので、タネに直接日が当たると発芽しません。
だからこうやって上から土をかぶせて被覆してやります。


131112 (10)

タネを蒔いた全面に土で被覆しました。
水分がないと発芽しないので、発芽するまで毎日軽く水やりをします。
ただ心配なのは、蒔く時期が遅かったのでちゃんと発芽してくれるかどうか・・・
私のイメージでは、霞がかった青い海の中から黄系のチューリップが顔を出すといったところです。


次はアネモネ。
アネモネは前処理が必要です。

131112 (7)

これがアネモネの球根です。なんか干からびてミイラみたいですね。

131112 (1) 131112 (2)

形も歪(いびつ)なのが多く、植えつけるのに迷ってしまうものがいくつかあります。
アネモネは通常の球根とは逆に、とがった方を下にして植えるのですが
左のように分かり易いのばかりではなく、右のようにとがった部分が見当たらず
どっちを下にすればよいのかわかないものがあります。

ミイラのまま (笑) いきなり植えて水をやると腐るので吸水させるために前処理を行います。
これもハウツー本によると、催芽処理と称して湿らせたバーミキュライトの中に球根を埋め込み
乾燥させないように適度に水分調整をし、徐々に吸水させ、芽が出るまで約一週間ほど
冷蔵庫の野菜室等で管理するように書いてあります。

今回、ブログに載せるのでネットでも調べてみましたが、どれも似たり寄ったりで
時間をかけて発芽を確認して植えつけているようです。
わぁ~、みんな辛抱がいいんだ、優等生なんだなぁ、と感心します。
私はそんなめんどくさいことしません。
て言うか、一週間も待てないし野菜室に入れるの抵抗があるし。
なので毎年やっている簡単バージョンを紹介します。


131112 (3) 131112 (4)

まずは、びしょびしょに濡らしたキッチンペーパー (3枚重ね) でミイラをくるみます。
それをラップにくるむか、ポリ袋に入れて封をし一晩置きます。
暖かい時はカビが生えないように野菜室に入れるといいかもしれません。


131112 (5) 131112 (11)

朝取り出してみました。一晩でこんなに吸水しています。
左がミイラ、右が一晩おいて吸水したもの。ひと回り大きくなった感じです。


            131112 (8)

                     中には、芽が出たものもあります。


131112.jpg

赤、紫、ローズ、白の4種類、全部で50球あります。
この球根をとがった方を下にして15cm間隔で並べていきます。

深さは2cmくらいなので、指先で押し込んで埋めます。
埋め終わったら、土をならして完了です。

この方法で、毎年春には綺麗な花を咲かせてくれます。
地中の温度が高いと発芽する前にカビが生えて腐ってしまうので
寒くなってから植えるといいですね。
いつもは12月に植えています。今年は少し早いけど地中の温度もそんなに
高くはないので大丈夫だと思います。
もしカビたり腐ったりで育たなかった時はズボラな性格を呪うしかありませんね。
でも今までこの方法で、咲かなかったことは一度もありません。
私、失敗しないので (笑)

あとヒューケラとドイツスズランを掘り起こし、株分けをして植付けました。
スズランはこの春植え替えたばかりなので、あまり新芽が出来ていませんでした。

131112 (13)

ブロック塀側に植わっているのがヒューケラです。
手前にスイートアリッサムを植えました。
画像が鮮明ではないので分かりにくいのですが、このアリッサムはどこかアンティークな
雰囲気のある色合いのミックス苗です。多いものは一苗に5色入っていてお得感満載 (笑)
最近は白だけでなく色々な色が出回っていて楽しめますね。

イメージ的には、春爛漫の頃にはやわらかな色彩の絨毯で一面が覆われる予定です。


131112 (12)

最後に、アガパンサスも植えました。色は薄紫です。
手前にはドイツスズランを植えています。

あともう一箇所、コリウスを植えていた花壇も撤去して耕しました。
今日は一日中、庭仕事をしたのでくたびれました。
肉体的に限界です。
それなのに、明日は朝から実家の農作業の手伝いが待っています。
ああ、寄る年波には勝てませぬ (笑)


今日は朝から何かと忙しく、庭仕事を始めたのが夕方近くになりました。

131111 (1)

今回購入した花苗です。
パンジー、スイートアリッサム、ノースポール、白妙菊...etc
これ以外にも何種類かあります。

131111 (2)

球根類はチューリップとアネモネ。

131111 (4)

玄関先の花壇にはパンジー(よく咲くスミレ)とスイートアリッサムを植えました。

131111 (3)

玄関先の花壇は見栄えがいいように、毎年パンジーとチューリップを混植するのですが、
今年はやめました。
理由は私が植えたい百合咲きの品種が手に入らなかったのと←チャイナピンクが欲しかった
やはり、百合咲きのチューリップは高価なので (泣)

スイートアリッサムは特売品を買ったので、苗が傷んでいて元気がありません。
しかも植える時期が遅いので、無事に根付くかどうか心配です。
あと2週間早ければ・・・

よく咲くスミレはイエロー系でまとめてみました。
これも特売品ですが、こちらは元気です。

パイナップル(濃い黄色) 8株
マーマレード(オレンジ)  4株
レモネード (薄い黄色)  6株
スイートアリッサム(白) 18株

私のイメージとしては、春になって花同士が密集して大きく育ったら
黄色と白のグラデーションでふわ~っとした柔らかな感じの花壇に
なる予定なのですが^^

ほかの花壇も植えてしまいたかったのですが、日が暮れて時間切れ。
日が暮れるのが早くなったので、なかなか作業がはかどりません。
チューリップやアネモネは明日植えることにします。

アネモネの球根は乾燥しているので、前処理をして吸水させないといけません。
詳しい処理の仕方は、また明日。

2013.11.11 ドライブ
昨日買った花苗を植えようと思っていたのに、あいにくの雨。
夫も今日は自転車に乗れないので寂しそう。

「自転車のコース写真でも撮りに行くかな~」

と夫が言うので、カメラマンとして同行することにしました。

この夏にもコース探索に出かけたのですが ( その時の記事は → こちら )
前回は英彦山方面でしたが、今回は小石原を抜けて夜明駅がゴールです。


131110 (1)

行く先々きれいな紅葉が、目を楽しませてくれます。



131110 (10)

夜明駅に到着しました。 【よあけ】 ああ、なんて素敵な響きなんでしょう!
大分県日田市にあるJRの駅で、日田彦山線と九大本線が乗り入れています。
自宅から夜明駅まで約50km、時間にして車で1時間30分くらいです。
よくもまあ、こんな遠いところまで、というのが正直な感想です。

夜明駅と書かれた手書き風の看板がなんとも言えませんね。
私はこの字に気品すら感じます。

裏の方の写真を撮ろうと横にまわると
年配のご夫婦がベンチに腰掛けて、仲良くお弁当を食べていました。
なんとも微笑ましい光景でした^^


131110 (8)

帰る途中、トイレ休憩で宝珠山駅に寄りました。


131110 (7)

ここは日田彦山線だけしか通っていない単線なので、ホームがひとつだけの小さな駅です。


131110 (6)

ホームに人影はなく、線路沿いにどこまでも続く桜並木。
まるで映画のワンシーンを見ているようです。
桜のころにまた来てみたいなぁ。きっと綺麗だろうなぁ。


131110 (4)

夫が 「こっち、こっちに来て!」 と言うので行ってみると
ホームに県境の標識が立っていました。
九州で唯一、県境のある駅なのだそうです。


131110 (5)

福岡県、大分県の二県を跨いでみました。
これで文字通り 「二県を股にかけた」 ことになります (笑)
ちなみにこの境界線には小石原焼の陶板が埋め込まれています。


131110 (3)

同じ無人駅でも、3年前に建て替えた夜明駅と違って、こちらの方が古い分だけ
鄙(ひな)びて、うら寂しく感じます。


131110 (2)

駅舎の窓にこんなポスターが貼られていました。
健さんのお父様の単身赴任先が、この町にある宝珠山炭鉱だったので
ここは健さんのゆかりの地なのだそうです。

夫にそのことを教えると

「そう言えば30年前、列車の車窓から黄色いハンカチが風にはためいているのを
 見た記憶がある。映画の幸せの黄色いハンカチのように、駅前の電柱にひもを掛け
 黄色いハンカチを何枚も連ねていた。
 この駅を通る度に、なんで映画の真似をしているのかと不思議に思っていたけど
 健さんがらみだったんだね」

と謎が解けて嬉しそうでした。

でも、帰ってからネットで調べてみると、黄色いハンカチのパフォーマンスをしていたのは
宝珠山駅ではなく、隣の大行司駅だそうです。
健さんが単身赴任先のお父さんを訪ねた時に下りる駅が、大行司駅だったので
町おこしの一環として、黄色いハンカチにつながったそうです。
さすがに現在はやってないらしく、ちょっと残念な気もします。

なにはともあれ、楽しい一日でした^^

2013.11.09 栗ようかん
今日はもう一本、カテゴリーが異なる記事を載せます。

先日作った栗の甘露煮を使って、栗ようかんを作りました。
昨日の午前中作ったのですが、午後からの庭仕事でくたびれて早めに寝てしまったので
今日切り分けました。


        131109 (3)

つぶ餡は、ずい分前に作って冷凍しておいたものです。
寒天で固めているので、喉越しがよくつるっと食べられます。
栗の甘露煮は渋を完全に抜いてなかったので、少し渋みがありました。
栗がごろごろ入っているので、やっぱり栗ようかんだぁ~って思いますね (笑)


131109 (4)

ちょっとおめかしして和のテイストでキメてみました。
こうやって見るとなんだか甘味処の紹介ページみたい・・・ (笑)

2013.11.09 花苗を買いに
今日は朝から義母と夫と三人で、小倉にある園芸店に花の苗を買いに出かけました。
花の植え替え時期は、いつもこうやって三人でこの店で買い物をします。
毎回、夫が運転手です。


131109.jpg


パンジーやビオラなど春を彩るカラフルな花々が、店内に所狭しと並んでいます。


131109 (2)


こんなにいろんな種類があると目移りしてしまいますね。
私はパンジーとスイートアリッサム、アネモネの球根をそれぞれ各色買いました。
義母も同じようなものを買っていました。それとチューリップも。
雨が降らなければ、明日植える予定です。

今日は午後からやっと重い腰を上げて、花壇を耕しました。
ところで、これ何だかわかりますか。

131108 (3)

これは土壌のpH(ペーハー)を計る測定器です。
先のとがった方を土の中に差しこみ、酸性、もしくはアルカリ性の度合いを
検知します。

131108 (2)

アルカリ性の高い苦土石灰に差してみました。
画像では分かりにくいですが、針が7.3を指しています。
でも、実はこれは針が振り切って測定不能になっているだけです。

赤い帯が酸性で緑の帯がアルカリ性を示します。

酸性 ← 中性 → アルカリ性

pH7を中性とし、それ未満を酸性、それより大きければアルカリ性と
いうのは小学校で習いましたよね。

通常の石灰はアルカリ度が強いので、撒いてから落ち着くまで1週間ほど
植物を植えることが出来ません。
私はそんなに待てない性格なので、すぐに植付け可能といううたい文句の
この有機石灰というのを購入しています。

131108 (5)

今まで植えていた植物を撤去し、古い根などを取り除いて耕します。
耕し終えたら、苦土石灰、腐葉土、化成肥料(固形マグアンプ)を均一に撒き
鋤き込んでいきます。

131108 (6)

ほら、きれいになったでしょう^^
この状態にするまでには、相当の体力と時間がかかります。
アメリカンブルーの根が張り過ぎて、取り除くのに苦労しました。
ひどい目にあったので、もう来年からはアメリカンブルーは植えません。

131108 (4) 131108 (7)

ここでpH測定器の出番です。
左が耕す前の数値、右が苦土石灰を鋤き込んだ後の数値です。
これも画像が不明確なので説明します。

石灰を撒く前は6.2、撒いた後は6.5になっています。
酸性の度合いが少しだけ和らぎましたね。

6.5というのは、ほぼ中性で草花に適したpHなんですね。

でも、こんなに神経質にならなくていいと思います。
今回は測定器を使いましたが、私だってここ何年も使ったことがありません。
そう言えば、あったよなぁ、と思い出して使ったに過ぎません。
こんなのなくても、ちゃんと咲きます。
ただ単に、見せびらかしたかっただけです (笑)

     131108 (10)

わすれな草のタネを撒くところまでいきたかったのですが、
秋の日はつるべ落とし、あっという間に日が暮れてしまいました。
明日撒くことにします。


131108 (9)

あと、ジャーマンアイリスの花壇の空いている所にクレマチスを
植えました。
通販で購入したのですが、あんどん仕立てで届きました。

131108 (1)

この場所は夏に夕顔を植えていたところです。
地植えにしたので、支柱を取り除きフェンスにからませました。
「フラウミキコ」 という素敵な名前が付いています。
紫色の花でフェンス一面が覆われるそうなので、今から楽しみです。

明日は、春の花苗を買いに北九州方面へ出かけます。
どんな花を植えようかなぁ~♪

2013.11.08 今週のお弁当
朝起きるのが辛くて、今週はお弁当2日しか作れませんでした。
しかも手抜き^^;


11月6日(水)
弁当131106

      卵焼き
      鶏のつくね (冷凍食品)
      ベーコンとブロッコリーのソテー
      ミニトマト


11月8日(金)
弁当131108

      卵焼き
      とんかつ (晩ごはんの残り)
      ほうれん草のごま和え
      ペンネとベーコンのナポリタン風
      ミニトマト


なんか色合いが、似たり寄ったりですね。
最近のマイブームは、炒め物は何でもオリーブオイルで炒めることです。
寒い季節はバターだと冷めると、どうしても油脂が固まってしまいますからね。

ベーコンとブロッコリーは軽く塩コショウして
茹でたペンネとベーコンは塩コショウ、ケチャップで
どちらも決め手はオリーブオイル。
サラダ油と違って、ぐんと味に深みが出て美味しくなりますよ^^

寒くなってきたので、そろそろ保温弁当にしたほうがいいかも。
では、また来週。

今日はもう一本、記事を上げる予定です。

え~っ、またアリスって言わないでくださいね。
アリスの食玩のフィギュアはこれで終わりにしますから。
ていうか、これ以上持ってません (笑)

今回はアリスのティーパーティシリーズから
こちらは全部揃っていませんが、持っているものだけ紹介しますね。


   ■ コンパートメントのアリス
   131107 (4)

これは先の友人が、同じものが2個出たからといって分けてくれたもので、
私が一番好きなアリスです。

手を温めているマフも帽子もバッグもなんて可愛いんでしょう。
着ている洋服も靴もバッグも原画と同じで、忠実に再現されています。
コンパートメントの一部を切り取るという手法が、さすが海洋堂だと思います。


   ■ クイーンアリス
   131107 (5)

このクイーンアリスも素敵ですねえ。
この気品のある気高さ、まさしくクイーンアリス。
アリスが乗っている敷石の縁が欠けているのがわかりますか。
芸が細かいですねえ。


   ■ クロケーをするアリス
   131107 (6)


クロケー(クロッケー)というのはゲートボールのような競技で
アリスは木槌の代わりにこのフラミンゴを使ってボールを打つのです。
このフラミンゴに限っては、原画よりもこっちの方が可愛いと思います。
アリスが踏んでいるのは、ボール代わりのハリネズミです。


   ■ 編み物をする羊
   131107 (3)

この羊は原作では、14対(28本)の編み棒を駆使して編み物をしているのですが
さすがに28本は再現されていませんでした。


■ ユニコーン対決
131107 (2)

この二つのユニコーン、左側は海洋堂の制作ですが右側は違います。
食玩の販売元であるフルタと海洋堂とのコラボは一作目の 「人形のアリス」 だけです。
フルタと海洋堂は分裂し、フルタは海洋堂抜きで「アリス」を手掛けます。
右側のユニコーンがそのフルタオリジナルです。でもどうでしょう、このお粗末さ。

その後、海洋堂は北陸製菓から依頼を受け「アリスのティーパーティ」を制作します。
左はそのシリーズのユニコーンです。

こうやって並べてみると、明らかに違いがわかりますね。
海洋堂のほうが精密に作られているし、原画に忠実です。
でも、このユニコーンに限って言えば、私は右のフルタオリジナルも嫌いではないんですね。
むしろ好きかも。


■ ライオン対決
131107 (1) 131107 (8)

こちらも左が海洋堂で、右がフルタオリジナルです。
このライオンもまったく別物としかいいようがありません。
でも私は、どちらも好きではないので、別にどっちだって構わないんですけどね。


■ アリスがいっぱい
131107 (7)

リビングのチェストに陳列しているのですが、こうやってあらためて見ると
ミニチュアといえど、壮観ですねえ。

フィギュアはこれでおしまいですが、アリス関連グッズはまだまだ続きます。
そのうちまた、ほとぼりが冷めたころにお届けします。
みなさんも、もういい加減飽きたでしょうから。(笑)

今日は我が家のアリスたちを紹介します。
前回と同じく食玩で海洋堂のフギュアです。

このシリーズはフルタ製菓が出した第1弾 「人形の国のアリス」 シリーズです。

■ ラッパを吹くウサギ
131106 (3)


■ いかれ帽子屋
131106 (2)


■ 遅刻ウサギ
131106 (1)


■ チェシャ猫
131106 (13)


■ アリスと子豚
131106 (4)


■ ハートの女王
131106 (12)


■ ハートの王様
131106 (11)


■ ハートの女王とハートの王様
131106 (5)


■ 赤の女王 赤の王様
131106 (10)


■ カエルの召使 魚の召使
131106 (8)


■ ドードーから指貫きをもらうアリス
131106 (7)


■ にせ海亀とグリフォンから話を聞くアリス
131106 (9)


■ ハンプティダンプティに向かって手をあげるアリス
131106 (6)


どうですか、細部まで細かく表現されているでしょう。
白ウサギの可愛いこと!
帽子屋も、ハートの女王も、チェシャ猫も、そしてハンプティダンプティも!
「不思議の国のアリス」 の原画、ジョン・テニエルの世界を見事に再現していますね。

今日は庭仕事をする予定でしたが、なんとなくやる気が出なくて
何をするでもなく、日がなゴロゴロして過ごしました。

のんきにアリスの写真なんか、撮っている場合じゃないんだけど
( やらないといけないことが山積みなんです。 )
また明日から頑張ることにします。

アリスに関連したグッズは、まだまだほかにもあるのですが
それはまた次回のお楽しみということで。^^

今日はもんじゅさまの当番の日だったので
出張料理人となって、夫の実家でお惣菜を作ってきました。
義母の手伝いだったのですが、下準備はしてくれたものの
肝心の味付けは任せるからと言われ、嫌な予感的中。

だしになりそうなものがないだろうと思って、いろいろと家から持って行ったのですが
いざ味付けをしようと醤油をみると、これが見たこともないような代物で
しかもだし入りと書いてあり、癖のある妙な味がします。

「おかーさん、いつもの醤油は?」

「それしかないよ、お中元でもらったから使いきるまで、うちはその醤油」

え、え~っ、こんなのでどうやって味付けしろって言うのよ。
仕方ないので、薄口しょうゆや酒、砂糖で調整して、どうにか完成。
でも、なんか私がいつも作る味と違う・・・

「あっ、あんまり工夫を凝らしたりせんでね。美味しく作ったらいけんよ」

「えっ?」

「いつもより美味しくなったら、みんなから変に思われるし、
 あんたをいつも呼ばんといけんようになるからね」

「・・・・・・」

とにかく終わってほっとしました。


今日は口直しに (笑) 11年前に作ったぬいぐるみと人形をアップします。
姪たちへのクリスマスプレゼントとして作ったものです。



131105 (7)

   テディベア、初めてつくったので、なかなか思うような表情が出ず苦労した覚えがあります。


131105 (6)

        このテディベアは頭でっかちなのに、ちゃんと起立するんですよ。


131105 (2)

     赤毛のアンといったら、そばかすなんですが、あえて描きませんでした。
     ここまで作ってきて、そばかすで失敗したらと思うと描く勇気が出ませんでした。
     だから赤毛のアンとは呼べませんね^^;


131105 (4)

     お着替えいっぱい作ってあげるからねと約束していたのに、ワンピースのほかには
     このネグリジェしか作ってあげませんでした。ごめんね。


131105 (3)

         わぁ~懐かしい、当時使っていたミシンの前で。
         ふた~り、ならんで~すまし顔~♪
         なんか、お雛様みたい^^

2013.11.04 買物
今日は義母に付き合って近所のスーパーに買い物に行きました。
明日、実家でちょっとした寄り合いがあるので、その買い出しです。

買物をすませてから、マフィンとコーヒーのお店に寄ってお茶しました。


131104.jpg


カフェラテを注文して出てきたのが、可愛いハート型。最近こういうの流行ってますよね。
マフィンのトッピングはキャラメリゼしたナッツです。カリカリして美味しかったですよ^^

このお店はコーヒーがすごくおいしくて、前回は水だしコーヒーを飲みました。
それがすごく美味しかったので、今日も注文したかったのですが
残念なことにメニューにはありませんでした。どうも期間限定だったみたいです。

でも、このカフェラテも期待していなかった割には、すごく美味しかった。
ゆっくり味わいたかったのに義母のひと言で、そそくさと店を後にしたのでした。

「あのね、12時には家に帰り着きたいんよ。楽しみにしている韓国ドラマがあるから」

「・・・・・」

なんも言えません^^;

明日は午後から義母の手伝いです。
というか、私が料理しないといけないような嫌な予感^^;
今日は早めに寝ます。

今日は終日雨でした。
春花壇の準備をすべく、庭仕事をする予定だったのに何も出来ませんでした。
昨日、ヘブンリーブルーとメランポジウムを撤去し耕したので、その続きをやりたかったのに
雨ではどうする事も出来ません。

なので、衣類の整理 (冬物と入れ替え) をしたり
録画したまま放置しているビデオを観たりで日がな過ごしました。

と言う訳で、アップする画像もないので
先日、ハロウィンのお菓子を届けた友人の家で撮影した写真を載せることにします。

不思議の国のアリスシリーズの食玩です。


131103 (6)


ねっ、可愛いでしょう。大きさは5~6cmのミニチュアです。
食玩というのは、菓子メーカーが出しているチョコなどについてくる 【おまけ】 です。
シリーズもので全種類揃えたくても中に何が入っているのか全く見当がつきません。
友人は、これだけ揃えるのに数千円費やしたそうです。

ここに写っているのは主に 「アリスのティーパーティー」 シリーズです。
わかりにくいのでアップにしてみました。


131103 (5)

       トゥイードルダムとトゥードルディー、うしろにいるのはカードの園丁


131103 (4)

         声をはりあげるハンプティダンプティ、法廷の白ウサギ


131103 (3)

                   三月ウサギとヤマネ


131103 (2)

        ユニコーン、 トゥイードルダムとトゥードルディー、ライオン


131103 (1)

   法廷の白ウサギ、声をはりあげるハンプティダンプティ、お茶会のいかれ帽子屋


こうやって見ると、細部まで細かく作りこまれているのがよくわかります。
制作したのはフィギュアの大手メーカー 【海洋堂】 です。

私もアリスシリーズの食玩を持っているのですが、それはまた次回・・・


夫の自転車用に冬用のウエアを買いました。


131102 (1)131102 (4)


ウインドブレーカーと冬用手袋。もうこれで一応装備は整ったそうです。
たかが自転車乗りのために、一体いくら費やしたのでしょうか。
考えたくもありません。
ウインドブレーカーはポケッタブルになっていて小さく折りたためます。
値段が高いだけあって、羽根のように軽くできています。
宅配便を配達してくれたおじさんが

「これ、えらく軽いね。中身入れ忘れてるんじゃないの」

と心配してくれたくらいです (笑)


131102 (2) 131102 (3)


この上着の背中の三連ポケットにいろいろ詰め込んで出発です。
で、何が入っているかというと
左からウインドブレーカー、チョコチップクッキー(私が焼いたもの)、ポケットティシュです。
クッキーって、子供の遠足じゃあるまいし^^;

そうそう、先日はボトルの飲み方がわからず、中の飲料が泡だらけで飲めなかった、
としょんぼりして帰ってきました。

「こういうのって、僕には仲間がいないから聞いたり出来ないし、わからないんだよねえ」

うちの夫は群れを嫌う孤高のライダーなので、こういう時はちょっとだけ可哀想だなぁと思います。
いろいろ調べて、飲む方向が(飲み口が)逆だったことに気がついて問題解決。やれやれ。


今日は夜明 (大分県日田市、往復100㎞) まで行ったので帰りが遅く
途中電話があったものの私が出ると切れ、かけなおすと電話に出ないままだったので
きっと何か良からぬことが、起こったのだろうと心配しました。

日が暮れてもなかなか帰って来ないので不安になり、何度も玄関を出たり入ったりして
やきもきしているとライトをつけて無事帰ってきたので、ほっとしました。
やっぱり乗って欲しくないです。

2013.11.01 今週のお弁当
先週は、夫がお昼をはさんでの外勤が多かったので、弁当を作らずにすみました。
と言う訳で、2週間ぶりの更新です。
今週も作ったり、作らなかったりで (ハロウィンでくたびれて) 3日分です。

10月28日(月)
弁当131028

      卵焼き
      ベーコン、椎茸、ほうれん草のソテー
      高野豆腐と椎茸の含め煮
      かにシューマイ (冷凍食品)


10月30日(水)
弁当131030

      卵焼き
      ちくわのキュウリ詰め
      牛肉のしぐれ煮


11月1日(金)
弁当131101

      卵焼き
      じゃばらキュウリの浅漬け
      鶏のから揚げたれ漬け (冷凍食品)
      ゴボウと人参のきんぴら
      カニかまサラダ



高野豆腐と椎茸の含め煮は、自分で言うのもなんですが絶品です !
夫からお誉めの言葉を頂きました。(笑)

「あんたは、こういったばあさん料理がうまいねえ」

だそうです。トホホ^^;

含め煮の椎茸は干しいたけを戻したものですが、
ベーコン、ほうれん草と一緒に炒めた椎茸は、先日の実家の巨大椎茸です。
半日干したおかげで、シコシコ感が出てソテーにぴったりでした。
肉厚で旨味もあり美味しかったですよ。

では、また。