170426 (1)

今年もタケノコの季節になりましたね。
毎年、親戚の家から掘りたてのタケノコを貰うので、タケノコ三昧の日々が続きます。
1週間前に貰ったのですが、手を替え品を替えして食べてます。
今日はステーキにしてみました。
フライパンで焼いて、バターと醤油を絡めてこんがり焼き色をつけます。
ブラックペッパーを挽いて、ドライパセリを散らして出来上がり。

こんなふうな食べ方は初めてでしたが、これがすごく美味しい。
タケノコ料理のレパートリーが増えて嬉しい^^


170426 (3)

そして今年もわらびを貰いました。
義母が竈の灰でアク抜きしてくれるので楽ちんです。


170426 (2)

そして、これまた毎年恒例の卵とじ。
油揚げも入っています。

旬の山菜、そう言えば今年はつくしがなかったなあ。
夫は拷問のような献立と言って嫌いますが、今の時期しか食べられないし
季節感は大事にしないとね。

本日2本目の記事です。


170423 (3)


一見すると、すきやきに見えますが、牛肉と一緒に野菜をくたくたになるまで煮たものです。
野菜は冷凍していたネギ、しめじ、エリンギ、そして春菊と春キャベツ。
牛肉も特売日に買って冷凍していたものです。
酒、砂糖、醤油で甘辛く味付けし、七味唐辛子をたっぷりかけて頂きます。
こんなふうに煮ると野菜の嵩が減るので、たっぷり野菜を摂ることが出来ます。
財布にやさしい、冷蔵庫一掃メニューです(笑)

170421 (13)

今日の晩ごはんはグラタン。
息子に送る冷凍食品のおこぼれです(笑)


170421 (6)

ベシャメルソースから作りました。
でも面倒なので、具材を炒めてから小麦粉を投入。
具材は薄切り玉ねぎ、しめじ、鶏もも肉。
味付けは固形スープを刻んだものを。


170421 (7)

小麦粉が絡まって粉っぽくなくなったら、沸騰寸前まで温めた牛乳を
少しずつ加えてソースを作ります。
バターを炒めて小麦粉を入れて作るのと違って具材に絡めておけば
ダマになり難いので失敗しません。


170421 (8)

とろっとなったら生クリームを入れ、ゆでたマカロニを混ぜます。
塩こしょうをして、味をみます。


170421 (11)

グラタン皿の内側にバターを塗り、出来上がった具を詰めます。
彩りにゆでたブロッコリをのせました。
ピザ用チーズと粉チーズをふり、焦げ目が付くまでオーブンで焼きます。
今日はオーブントースターで焼きました。


170421 (12)

生クリームをケチって、牛乳3 : 生クリーム1の割合で作りました。
ちょっとコクが足りないかなあ。
いつもは1:1の割合で作るので濃厚で美味しいんです。
やっぱり、ケチるとダメですねえ(笑)

170417.jpg


今夜はふわとろオムライス、久しぶりに作りました。
夫のリクエストです。

当地域は今日は風雨が強く、台風並みでした。
まさしく春の嵐、雨規制などでダイヤが乱れ、夫はバスで帰って来ました。
私が迎えに行けるといいんだけど、夜だし、雨も降ってるし、とても小倉までは無理。


遡って京都の記事を2本アップしました。

京都1日目

京都2日目


2017.04.12 今夜は牛丼
なんと本日4本目の記事です(笑)


170412 (8)


今日の晩ごはんは牛丼でした。

レシピは松浦弥太郎さんのくらしのきほんの「ジャンピングどんぶり」 ⇒ こちら


ちょっと甘めなので七味家の七味唐辛子をかけて頂きました。
夫に好評で、また作ってねと言われました^^
玉ねぎがもっとあってもいいかも。


付記
久しぶりに晴れたので、京都から送り返した洗濯物を洗い
竿がたわむくらい、いっぱい干しました。
明日は第二弾、晴れますように。


近所の農家から分けて頂いた自家製小麦粉、毎日せっせと消費に努めています。
パンやお菓子以外にうどんも作れると思い、今日はうどん作りに挑戦。
うどんは中力粉で作るのですが、この自家製小麦粉は薄力粉か中力粉が判明せず。
なので、はるゆたか(北海道産強力粉)と半々の割合で作ることにしました。
粉の量は500g、塩25g、水230g

手打ちうどん、いい響きですよね~
でも手で捏ねて、足で踏むのは重労働なんです。
手打ちうどんは夫が趣味で何度か作ったことがあります。
その大変さを知っているので、今回はホームベーカリーで捏ねて作ってみました。


170402 (1) 170402 (2)

左の写真はホームベーカリーで20分捏ねた状態、まだグルテンの出方が足りません。
今度は手で捏ねていきます、もちろん力仕事なので夫にやってもらいます。


170402 (3) 170402 (4)

滑らかになりました。
これをビニール袋に入れて足で踏みます。


170402 (5) 170402 (6)

平たくなった生地を手で押さえつけ、空気を抜きながら丸くまとめます。
なんか、手がじいさん (笑)


170402 (19) 170402 (18)

ビニール袋に入れ、常温で2時間放置。(実際は5時間くらい放置した)
台が狭いのでスケッパーで4分割しましたが、2分割のほうがよかったかも。


170402 (7) 170402 (17)

お次はわたくしの出番です (笑)
麺棒で薄く伸ばしていきます、これ結構体力がいります。
包丁で切れるように屏風たたみにします。
テコのようにして刃先から手前に向かって5ミリ幅で押し切ります。
うわっ、私も手がばあさん!


170402 (8) 170402 (9)

くたびれたので夫に代わってもらって。
手馴れた手つきでリズミカルに切っていきます。
うわ~私より上手じゃん。


170402 (16)

見て見て、まるでプロのよう!


170402 (10) 170402 (11)

量ってみると750gありました。
一人当たり150gなので300gをたっぷりのお湯で13分ゆでます。


170402 (15) 170402 (14)

残り450gは3つに小分けしてラップで包み、冷凍しました。


170402 (12)

ゆで上がりを水でよく洗います。


170402 (13)

シンプルなかけうどん。
コシはあるけど、もっと足で踏んで捏ねたほうがよかったかも。

夫の感想は

「う~ん、思い描いた味じゃないなあ、つるつる感も足りないし。
次回はもっと足で踏んで理想に近づけるよ」

うどんの善し悪しは小麦粉によるところが大きいと思うので同じ材料だと、
どう頑張っても出来は変わらないような気がするんだけど。
この自家製小麦粉はうどんに向いてないような気がする。

でも消費するためには頑張って作らないとね。

本日2本目の記事です。

170326 (1)

今日の晩ごはんはトンカツ。
息子がいる時はよく作っていましたが、最近は一年に数回ほど。


170326 (2)

トンカツはもちろん美味しかったのですが、付け合わせの野菜の美味しいこと。
キャベツもブロッコリーも甘くて美味しい。
義父の作る野菜はどれも本当に美味しいんです。
私は外で食べる時は付け合わせの野菜はほとんど手を付けません。
だって美味しかったためしがないから。
たがらいつも有難いなあと思っています。


170326.jpg

そうそう、昼ごはんのパスタに入れたほうれん草も甘くて美味しかった~
ほうれん草も最後なので、ゆでた残りは冷凍しました。

2017.03.25 ドライパセリ
本日3本目の記事です。


170325 (9)

スーパーで買ったパセリ、100円でした。
一度にこんなに使わないので、ドライパセリにします。


170325 (11)

茎をとってきれいに洗い、キッチンペーパーに挟んで十分に水分を取ります。
皿の上に2枚重ねにしたキッチンペーパーを敷き、その上にパセリが重ならないように
均一に並べます。
600wのレンジで2分加熱します。
敷いているキッチンペーパーが水を吸って濡れているので、新しいものと替えます。
パセリをほぐし様子を見ながら、さらに1~2分加熱します。


170325 (12)

指でつまんでみて、ぱりっと乾燥していればOKです。
キッチンペーパーのまま、ぎゅっと絞り、手で粉々に砕きます。


170325 (15)

乾燥しているので、簡単に粉々になります。


170325 (14)

あれだけあったパセリがこれっぽっち、5gしかありません。
でも瓶に入って売っている乾燥パセリより断然お得です。
第一、自分で作ると香りと味がまったく違います。
こうやって瓶に入れ、冷蔵庫に入れておけば変色もしないので
イザという時に重宝します。


170325 (13)

早速コンソメスープの浮き実にしました。

パンもパセリの緑があるだけで美味しそうに見えるから不思議です。
これからは「カルテット」の家森さん(高橋一生)に敬意を表して

センキュー(thank you) パセリと言って食べなきゃ(笑)

2017.03.19 高菜炒飯
本日2本目の記事です。


170319 (3)

今日の昼ごはんは自家製高菜漬けを使って高菜炒飯です。


170319 (7) 170319 (6)

豚バラを細かく切り、さっと炒め、酒、醤油を回しかけて即席焼き豚を作ります。
新高菜漬けは細かく切り、粉末鰹だし、一味唐辛子をふり油で炒めます。
コショウよりも一味唐辛子のほうがピリッとして美味しい。


170319 (5) 170319 (4)

即席焼き豚を合わせ、暖かいご飯を加え、塩、醤油、粉末鰹だしで味を整えます。
冷やご飯の場合はレンジで温めておきます。

高菜の香ばしい香りが食欲をそそります。

高温でご飯にしっかり焼き目を付けるので、炒飯というより焼めしですね。
粉末鰹だしはおかべやの鰹ダシを使いました。
鰹節を混ぜても美味しいと思います。

2017.03.19 新高菜漬け 
170318 (4)

夫の実家で収穫した新高菜です、4キロあります。
半日干して漬けものにします。


170319 (10)

干し上がった高菜を水でよく洗い、茎の硬い部分は綿棒で叩き
全体を3%の塩をして、柔らかくなるまで揉みます。
この作業が重労働で疲れるんです。


170319 (9)

どうだ!
1kgが4パック出来ました。


170319 (8)

2段重ねで上から重しをします。
一日おいて、水が上がってきたら軽く絞り唐辛子、昆布を加え本漬けをして
4~5日で食べられます。

夫から”漬けものばあさん”の呼称を賜りました(笑)

本日3本目の記事です。


170318 (11)

今日の晩ごはんはポテトグラタンとホタテのサラダ、それにバターロール。


170318 (8)

ポテトのほかにブロッコリ、ベーコンが入っています。
チーズ、生クリームも重ねて投入したので味が濃厚です。


170318 (9)

冷凍ホタテと大根は聖護院大根。
聖護院大根は生で食べると甘くて美味しいですね。

2017.03.07 千枚漬け
170307 (3)

持て余し気味の聖護院大根で千枚漬けを作りました。


170307 (2)

前回、甘酢漬けを作った時は塩で下漬けをしましたが
面倒なので、今回はダイレクトに漬けました。
参考にしたレシピは ⇒ こちら


170307 (4)

簡単に出来て美味しい。
よし、今度からこれで行こう。


170307 (1)

新高菜漬け、ポリ袋で漬けたとは思えないくらい美味しい。

「これすごく美味しい、他の人に食べさせてやりたい」

と、夫からお褒めの言葉を頂戴しました^^

今日は巨大ごぼうと格闘して疲れ果てました。
すべてごぼうの天ぷらにしたので山ほど出来ました。
冷凍しようにも冷凍庫が満杯で空きスペースがありません。
それでも無理やり押し込みました。

久々に縫い縫いでもと思いつつ、なんやかんやで忙しく気がつくと夜になっておりました。
最近、ウォーキングや体操などに時間を取られて思うように時間が取れません。
明日は出来るかな。

2017.03.06 おたふく豆
170306 (1)

おたふく豆を炊きました。
ちょっと煮崩れしてしまいましたが、美味しいです。

自分の覚書として

乾燥そら豆 500g
黄粗目 350g
醤油 大さじ3


151026 (9)

野菜室に眠っていた、乾燥そら豆、2015年6月のものです。
なんと2年間も野菜室を占領していたんですねえ。

これで驚いてはいけません、野菜室にはまだまだ冬眠中の豆類がいっぱい。
昨日は啓蟄でしたね、虫たちも這い出てくるというのに、
お豆さん達にも、いい加減長い眠りから覚めてもらわないとね (笑)

170305 (5)

夫が休みの日の昼ごはんは、大体いつもスパゲティ。
今日はキャベツたっぷりのバター醤油味です。


170305 (4)

キャベツ、ひと玉全部入れました、なので一人半個分。
キャベツって胃痛に効くんだそうです。
最近、薬の影響で胃が痛むので、たっぷり入れました。
キャベツに含まれているビタミンUが胃の粘膜を保護してくれるので
胃の病気が改善されるらしいです。
キャべジンの主成分ってキャベツなんだそうですよ。

気持ち的に胃が痛いのが少し良くなったような・・・
プラセボ効果もあるのかも知れませんね。

170303 (1)

今日はひなまつりですね。
女の子と縁のない我が家は、お雛様を飾るでもなく、ひなまつりだからといって
特別なことは何もなく、普段と変わりありません。

それでも、なぜか赤飯を炊きました。
ちらしずしではなくて、巻きずしも。
どちらも、無性に食べたかったんです。

そう言えば、友人のお孫さんが今年初節句だったことを思い出し
急いで箱詰めして、ゲリラ的に届けてきました (笑)
同じように夫の実家にも。


170303 (3)

巻きずしを巻くのって、難しい。
ここに写ってないけど、1本は海苔がくっつかずにバラバラになってしまった。
もちろん出来の悪い子は自動的に私のお腹の中に。
なあに、お腹に入れば同じこと、美味しければいいんです (笑)


170303 (2)

厚焼き卵は一台当たり卵5個使いました。
卵焼き器2台分作ったので、卵10個をいっぺんに消費。
ボリュームのある卵焼きが出来ました。