早いもので左踵を骨折してから、今日で160日、およそ半年経ちました。
踵の方は朝起きて足を床につけて、歩き始める時に少し違和感があるくらいで
普段はまったく支障がありません。

室内は普段通り歩けますが、屋外はまだまだ以前のようには歩けません。
寒いし、まあぼちぼちですね。

前回の受診時に担当の先生が不在だったので、今日は改めて担当医に
前回撮った膝のレントゲン写真の詳しい説明を訊きました。


170117 (7)

これは右膝関節の写真です。
右に比べて左の隙間が少ないのがわかりますか。
正常な関節だと、この隙間が両方とも同じ大きさで、もっと開いているそうです。
膝の外側の関節の隙間が狭いというのはX脚になっているとのこと。
これ以上くっつかないように靴の底に足底板を入れて歪みを矯正する方法も
あると言われました。
それは検討してみることにします。
左膝の関節は特に悪くないようだと言われたので、ほっとしました。
ただ、診ていただくお医者さんによって、ずい分見解が異なるんだなあ
というのが実感です。
前回診ていただいた先生とは違うなあ、セカンドオピニオンって大事なんだなあと
改めて考えさせられました。

普通に歩いて、生活しても大丈夫と言われただけでも、どんなに嬉しかったことか。
手術やヒアルロン酸の注射の話も出ませんでした。
ただ、膝の負担を軽減するために、筋力をつけて太腿四頭筋を鍛えた方がいいと
言われました。
最近、足上げをずっとやっていないので、明日からまた頑張ります。
普段運動をしないので、ラジオ体操もした方がいいんだけどなあ、
なかなか出来ませんねえ。


170117 (8)

常時、膝が痛むわけではないのですが、湿布薬を処方してもらいました。
薬局で名前を呼ばれて、カウンターに行くと薬剤師さんから、こう言われました。

「悪いのは左足ですか、左をかばって歩いてるようですから」

「いえいえ、右膝が悪いんですけど、昨年の夏に左踵骨折したので
まだよく歩けないんです」

自分では普通に歩いていても傍目からみるとわかるんですねえ。
膝に負担がかからないように、ちゃんと歩く練習もしないと。
なんか、忙しいなあ (笑)

骨粗鬆症になっていないか、次回 (2月14日←わっ、バレンタインデーだ^^;)は
骨密度の検査をしてもらうことになりました。

今日は外来受診日でした。
前回の受診時に膝と肘の痛みがあると告げると、じゃあ次回はレントゲンを
撮りましょうということだったので、左肘と両膝のレントゲン写真を撮りました。

左肘の骨は異常なしとのこと。
最近は肘の痛みも、ほとんどないので、あまり気にしていなかったけど
それを聞いてほっとしました。
で、膝なんですが、レントゲン写真を見ると踵骨骨折した左足の膝関節の
隙間があまりないんです。
先生の説明によると、膝のクッションとなる軟骨が、だいぶすり減っているそうです。

右膝の方は左に比べると、まだまだ隙間がありましたが、こちらの方は
膝蓋骨(皿)が少しずれているそうです。

膝の痛みの原因はそんなところから来ているとのことでした。
手術するほどではないので、これ以上悪くならないようにするしかありません。

今日は担当の先生が風邪で休みだったので、別の先生に診てもらいました。
年明が明けて、担当の先生に再度、診てもらうようにとのことでした。

加齢が原因とはいえ、歳を取ると不具合がいっぱい出てきて嫌ですねえ。
周りにも膝の悪い友達がいっぱいいるし、困ったもんです。

踵骨骨折から4カ月が過ぎました。
足の腫れも引いたので、やっと靴が履けるようになりました。
家の中を歩き回る分には、まったく支障がなく普段通りの生活が出来ています。
でも、一旦外に出て歩くとなると、まだまだ歩き方がぎこちなく足が疲れます。
長時間歩けるようになるのは、まだまだ先のようです。

年末ではあるし、今日は自分の覚書として踵骨骨折した日のことを記したいと思います。

8月11日の夕方、6時過ぎのことです。
盆前に芝刈りを済ませておこうと夫と一緒に庭に出て、夫が芝刈りをしている間
私は花壇に水やりをしようと思ってホースがある場所へ移動。


161227 (2)

夏は毎日、水やりをするのでホース巻き取らずに出しっぱなしにしてたのです。
そのホースを後ろ向きに手繰り寄せながらバックしていて、段差に気づかず
踏み外したのです。
履いていた、つっかけ(サンダル)が脱げ、バランスを崩した私は
左踵を思いっきりコンクリートの角で打ちつけたのでした。
あとで、踵だけですんでよかった、腰や頭を打たなくてよかったと思いましたね。


161227 (1)

コンクリートの段差は15cmくらいしかないのですが、弾みというのは怖いですね。
すごい悲鳴を上げたので芝刈りをしていた夫がすっ飛んできました。
立ち上がることが出来なかったので、もうこれは完全に骨が折れているなと思いました。
夫が脇をかかえて引きずるように家の中に入れてくれました。

そのまま浴室に連れていってもらい、シャワーを浴び、洗髪まですませました。
だって汗びっしょりだったし、入院になると確信してたので。

消防署に電話して救急外来の病院を教えてもらい、おんぶして車に乗せてもらって
病院へと向かったのですが、どう考えても隣町の病院は遠いので夫が通ってくるのは
不便だと判断し、半月板損傷手術をした近くの病院に電話したのです。
もうこの時点で、手術、長期入院になるだろうと確信してましたからね。

ラッキーなことに、整形外科の担当医が在院していたので受け入れてくれました。
そしてレントゲンの結果、骨折していたので即入院となりました。

いやはや、今年の後半は骨折騒動で大変でした、もう入院は懲り懲りです。
二度とけがをしないよう、日々気をつけています。

昨日の女子会、ほぼ一日中立ちっぱなしだったので足がパンパンに
腫れあがり、どっと疲れが押し寄せ今朝は9時過ぎまで寝ていました。
今日は夫が年休を取ったので朝寝ができてよかった~
おかげで回復しました。

昼過ぎに病院から抜釘手術の入院保険金の証明証が出来たという
連絡があったので、それを受け取りに行くついでに
松葉杖も返却しました。

松葉杖は使わなくなって1カ月以上経っていたのになかなか返しに行けずに、
ずるずると今日まで来ました。
先日の受診の際に返却しようと車の中に積んでいたのですが
お菓子を配るだけで精一杯で、とても車と病院の2往復は無理でした。

松葉杖はデポジット(預かり金)だったので、返却の際に
6千円戻って来ました。
戻って来たのは自分のお金なのに、なんかトクをしたような気分になり
帰りにケーキ屋さんに寄ってケーキを買うという、トホホなオチつき (笑)

前回このケーキ屋さんで買った抹茶のロールケーキを夫がえらく褒めて

「ま点子ちゃんの作ったものより美味しいかも」

と言うので、私の中にめらめらと闘争心が沸き起こったのです。

よぉし、ならば私も同じものを作って食べ比べしてやろうじゃないの。
って、プロと張り合ってどうする (笑)

晩ごはんのあとに作るつもりです。
結果は明日にでも、乞うご期待!

今日は外来受診日でした。
左踵骨骨折してから3カ月、抜釘手術から約1カ月経ったので
最終確認のレントゲンを撮りました。


161115 (3) 161115 (2)

ボルトを抜いた後の空洞もほぼなくなりました。
うっすらボルトのあとが見えるのがわかりますか。


161115 (1)

拡大画面で見てみると、斜めに走った筋(ボルトの跡)があるのがわかりますね。
骨折した部分も完全にくっついているので、どこが折れていたのかさえ分かりません。
心配していた骨萎縮もないとのことなので安心しました。

ただ足の腫れはなかなか引きません。
今まで履いていた靴がどれも入らないので、外出する時もサンダル履きです。
長時間、立ったり歩いたりすると両膝と膝の裏が痛くなるので
年末に両膝のレントゲンを撮ることになりました。
左の肘が一年前から痛むので、左肘のレントゲンも撮ってもらうことになりました。
とにかく、けがをすると関係のない部分まで調子が悪くなるのでいけません。
いろいろ考えると気が滅入るので、痛くても知らんぷりしてます。
そのうち気がついたら痛みがなくなっていた、ということになればいいなと。

とにかく、これでひと段落ついたので、やっと次に進むことが出来ます。
区切りをつけるために、先生を始めお世話になった病棟の方々に感謝の気持ちを込めて
お菓子を焼いて届けました。
っていうか、退院する時にお菓子焼いてくるからね~、待っててねえと
例のごとく安請け合いしていたのでした (笑)
これでやっと帳面が消えました^^


161115 (7)

ちょうどいいサイズの箱がなかったのでお菓子の箱の再利用ですが。


161115 (8) 161115 (5)
161115 (4) 161115 (6)


それぞれに荷札を付けて、3箱+1袋。
レモンケーキ20袋、抹茶シフォンケーキ20袋、ブラウニー15袋
超特大の紙袋に入れて2提げかかえ、えっちら、おっちら病棟まで運びました。
歩きはヨタヨタですが、もうこんなに回復したということです。
喜ばしいことです^^

今日は母の月命日だったので仏壇にもいっぱいお供えしました。

さて心機一転、明日からまた頑張っていきまっしょい!

早いもので左踵骨を骨折して3カ月になります。
日に日に回復して杖なしでも歩けるようになって喜んでいたのですが
それもつかの間、ここ2、3日、骨折していない方の右足がひどく痛むんです。
左足をかばって歩くのが原因なんだろうけど、特に右膝の裏側が痛くて、痛くて。
だからあまり歩きたくない。

今日は所用があったのと買物で出かけましたが、途中で歩きたくなくて
買物もそこそこに帰って来ました。

今まで腰が痛かったことなんてないのに、ここにきて腰痛も出てきたので
なんか毎日が面白くない。
自分で出来る範囲のリハビリはやってはいるけど、歯が立たない感じ。

ああ、いつになったらよくなるのか。

あんな時代もあったねと、きっと笑って話せるが来るのでしょうか。
だから今日はくよくよしないで今日の風に吹かれたほうがいいのかな。

一年後に読み返して大変だったんだねと、今日の私をねぎらうために
こうやって記すことにします。

今日は半年ごとの眼科検診の日でした。
眼底検査で瞳孔を開くので自分で運転が出来ません。
そこで夫に休みを取ってもらい、病院まで送り迎えして貰いました。

骨折入院のため予約を取り直したので、3週間遅れです。
診断の結果は異常なしでした。
6年前に白内障の手術をしてから、視力がぐんとよくなりました。
今日の検査で矯正視力、左1.2、右1.0 でした。
次回の検査はまた半年後です。

病院へは杖をついてでサンダル履きで行きました。
足が腫れて太くなっているので、どの靴も入らないんです。
ゆっくりですがだいぶ歩けるようになりました。

病院の帰りにスーパーに寄って買物をしたのですが
夫に付き添ってもらわなくても、カートを押しながらひとりで大丈夫でした。

そうそう、昨日レンタルしていた車椅子を返しました。
レンタル代は一カ月4000円、2カ月半借りていたので1万円でした。
買物の時にしか使ってないので、回数にすると一回当たりの単価が
すごく高いんですよね。
でも車椅子のおかげで買物出来たし、車椅子を買うことを思えば
安いものです。

2時過ぎには開いていた瞳孔も元に戻ったので、お菓子を作りました。
それはまた別記事で。

今日は抜釘手術後11日目、抜糸でした。
縫った切り口もきれいに、くっついていました。
手術後は防水用のシートを貼って、シャワーを浴びるだけでしたが
明日からは剥がして、なにも貼らずに浴槽に入ってもいいそうです。
次回の受診日は3週間後、レントゲンも撮るそうです。
それで何もなければ一応、完治になるのかな。
次回の受診日は装具なしで来るように言われたので
外でも装具を外して歩く練習をしないといけません。

今日は自分で運転して病院まで行きました。
もちろん夫も駅まで送って行きました。
AT車なので左足は使わないけどパーキングブレーキだけは
左足で踏みこまないといけないので、その時はちょっと足首が痛い。
装具をつけたままでは力が入らないので、渾身の力を込めて
ギューっと踏みこまないといけないからです。

病院の駐車場は玄関に近いところはすべて埋まっていたので、
遠くに止めるしかありませんでした。
かなりの距離歩いたので、ステッキだけではキツかったですね。
途中で何度、その場に座り込もうと思ったことか (笑)

まあ、あと3週間もあれば装具なし、ステッキなしでも歩けるように
なっていると思います。
3週間後は骨折してからちょうど3カ月なので、たぶん大丈夫でしょう。
だって骨折ってだいたい全治3カ月って、言うではありませんか。

先日の受診の際に、先生から運転のお許しをもらったので
今日は自分で運転して買物に行きました。
もちろん装具をつけたままです。
AT車なので骨折した左足は使わなくてすむけど
なにしろ2ヶ月半ぶりだったので、ちょっと怖かったです。

夫に助手席に乗ってもらったのですが、いちいちうるさい。
運転の才能がない妻に今更、ああだこうだと言っても
ムダだと思うんだけど。

ああ、明日からまた駅まで夫を送って行かなきゃならないと思うと
すごく憂鬱。
これ以上、歳は取りたくないけど、でも免許証は早く返上したい。
それくらい、車の運転が嫌い、大っきらい!

抜釘手術を受けて6日目、両足を着けて恐る恐る歩いてみました。





やった~ 歩ける!

まだまだ、よちよち歩きの赤ちゃん状態ですがちゃんと歩けます。
こうやってすこしずつ慣らしていこうと思っています。

しかし二本の足で歩けるというのは、なんと素晴らしいことか!
骨折して不自由にならなければ分からなかったことです。
健康で何不自由なく暮らしていても、いつも不満たらたらで・・・
今回のこのケガはそんな自分への戒めになりました。

でもおかげで、歩く時は細心の注意を払うという習慣が出来つつあります。
こうやってマイナスをプラスに変えて行かないとね。
私の場合、転んでもタダでは起きない、というふうにずっと生きてきたので(笑)
このことを教訓にして、今後二度とケガをしないように気をつけます。

今日は退院後の受診日でした。
今日も往復タクシー、松葉杖は両手がふさがるので杖をついて行きました。
片松葉杖の方が安定感があるけど邪魔になるし、手も痛いし。

ガーゼの付け替えだったので、傷口の状態を見ることが出来ました。
傷口も化膿してなくてきれいでした。

「本当は2針でいいんだけど、こまかく縫ったんだよね」

「じゃあ、3針ですか」

「いや、4針」 (笑)

それって、私の性格を見越してなのかなあ、乱暴に歩いて傷口が開くとか ^^;

「もう車の運転をしても大丈夫ですかねえ」

「大丈夫だよ、この辺は車がないと動きが取れないからねえ」

よかった、タクシー代もバカにならないし。
ただ不安なのは2カ月以上運転から遠ざかっていて、果たして運転できるのか。
私の場合、常時乗っている時でも危なっかしい運転だったからなあ。
事故を起こすことを考えればタクシー代なんて安いもんなんだろうけど。

「痛みがないのなら、装具を外して少しずつ歩く練習をしたほうがいいね」

「いきなり生足で歩いても大丈夫なんですか」

「骨を萎縮させないためにも、毎日少しずつ足をつけて慣らしたほうがいい。
2週間後には装具なしでも歩けるくらいにね」

一週間後の火曜日が抜糸なので、その時は自分で車を運転して来れるといいな。
よーし、それを目標に頑張ろうっと。
まずは土日に車の練習、夫はいちいち私の運転にいちゃもんをつけるので
隣に乗ってほしくはないんだけど、まあ仕方がない。

足も落ち着いたことだし、明日からまたぼちぼち日常にもどして行きます。
まず手始めに縫い縫いでもするかな^^

2016.10.16 退院しました
10時過ぎに無事退院しました。
今日は日曜日で会計窓口が閉まっているので、支払いは昨日すませました。
なのでスムーズに退院することが出来ました。

ちなみにこれは↓朝食、今朝は納豆でした。

161016 (3)


家に帰っても食材がないので、病院の帰りにスーパーで買物を。
病院を出るまでは松葉杖で歩きましたが、さすがに買物となると疲れるので
店内は車椅子で移動、レンタルを延長していて正解でした。

昼ごはんはカップ麺、晩ごはんは自家製冷凍カレーで簡単にすませました。
カレーだけでは物足りなかったので、入院する前の日に頂いた東京土産の
さつま揚げも食べました。
これがすごく美味しかったんですよ、どうもご馳走さまでした。


161016 (2)

161016 (1)


家に帰ってからは録画しているドラマ 「相棒」「真田丸」なんかを観て
のんびり過ごしました。
同じドラマを観るにしても、病室だとちっとも面白くないのはどうしてだろう。
入院中の写真は整理して明日にでも差し込みます。

本日2本目の記事です。


161015 (1)


今朝10時過ぎに包帯も取れたので、靴(装具)が履けるようになりました。
なので車椅子から松葉杖に。
これでトイレもスムーズに行けます。

付け替えの時に傷口を見ましたが、きれいでした。
傷口の痛みもないので、このまま退院してもいいくらい(笑)


161015 (2)

ほんの少しだけ左の足が細くなっています。
2カ月間、踵をつけて歩いてないので筋肉がつかず
ふくらはぎがぷよぷよしています。


ああ、退屈〜

161015 (14)

退屈しのぎに自撮り (笑)


161015 (4)

テレビも面白くないし、持ってきた本も読んでしまったし。
ネットでお気に入りのブログも巡回したし、もうやることがない。
そうそう、ソーイングブロガーの間で盛り上がっているインスタグラム
「天下一洋裁会2016」を楽しみに見ています。
この日のお題は布の収納↓

161015 (3)

ここを覗くと洋裁あるあるがいっぱいでテンションがあがる〜
在庫布の山や型紙の収納なんか見ると、何処も同じなんだなあとほっとします(笑)

あと、楽しみは食べることだけ。


161015 (5) 161015 (6)
161015 (7) 161015 (8)

今日の昼食は八宝菜とハムとキュウリの酢の物、春雨スープ。


161015 (10) 161015 (11)
161015 (12) 161015 (13)

夕食はおでん、松風焼き、山芋の梅肉あえ。


161015 (9)

と、夫に買って来てもらった笹かまぼこ (笑)


ああ、早く帰りたい、明日まで待てないよ〜

術後は傷口が少し痛みはするものの、堪えられないほどの痛みでは
なかったので、痛み止めはずっと飲まずにいました。
ところが深夜近くになって、どういうわけか足首がピクピク痙攣しはじめ
傷口も同時に動くので、もう痛くて、痛くて。
そこで初めて鎮痛剤を服用。
おかげで薬が効いて朝までぐっすり眠れました。

昨日の手術のことを覚書として。

下半身麻酔での手術を行う予定だったので、食事制限などの管理のため
前日から入院しました。
もちろん朝から禁飲食です。


161014 (4)

手術前に手術着に着替えてパチリ。

161014 (3)

手術前の足、傷口がわからないくらいきれいですが
同じ箇所をまた切ります。


手術着に着替え、準備万端整えて手術室に入り、手術台に上がるや否や

「局部麻酔でも問題ないので変更してもいいかな、
そっちの方が身体への負担も少ないし」

「お願いします、前回は麻酔が覚めるまで相当キツかったし
翌日まで身動き出来なかったので、楽な方がいいです」

というわけで、急遽、局部麻酔になりました。

足全体を消毒したあと、切開する箇所に麻酔注射を打って
前回と同じ切り口にメスを入れボルトを抜きます。

ウィーンという機械音が聞こえないので、抜いているのかどうなのか
状況が知りたい私は即、訊きました。

「もう抜いているんですか」

「抜いているよ、あと半分で終わるからね」

「わあ、見たいなあ」

「えっ、見たい、いいよ見ても」

「でもメガネかけてないので見えないんです、残念!」

傍にいた助手の先生が驚いて

「怖くないんですか、血も出てるけど」

「私、そういうの平気なんです」

「それから先生お願いがあるんですけど、抜いたボルトって貰えますか」

「いいよ」

ここでまた、助手の先生の怪訝そうな声が(笑)

「ボルトなんてもらって、どうするんですか」

「あっ、記念に」

「じゃあ、きれいに洗ってあげますからネジの先で
ケガをしないようにしてくださいね」

「ありがとうございます!」

で、そのボルトがこれです。↓

161014 (5)

これね、軽いんですよ、チタンで出来ているそうです。

161014 (6) 161014 (7)

スクリューねじになっています。

161014 (8) 161014 (9)

ドライバーでなめないように、トルクス(六角星型のねじ頭)になっています。
中は空洞です。


161014 (12)

こんな感じで中に入っていたんですねえ。
なんか、愛おしい (笑)

2016.10.14 抜釘手術
本日2本目の記事です。
ボルトを抜く手術、無事終わりました。
14時50分に病室を出て、一時間足らずで戻ってきました。
前回と同じように今回も下半身麻酔での手術の予定だったのですが
急遽、手術室で局部麻酔に変更になったのですごく楽でした。
手術自体は10分くらいで、あっという間に終わりました。

「先生、ということは(下半身麻酔じゃないので腸の動きに影響がない)
晩ごはんが食べられるってことですよね」

「もちろん、食べられるよ」

「わあ、嬉しいです!」

これって、手術室で交わす会話じゃないですね(笑)

とりあえず、今のところは痛みもなく元気です。
詳しいことは、また明日にでも。
とりあえずは、おやつ〜(笑)
晩ごはんまで待てない。

161014 (14)

おやつはプリンとヨーグルト。


161014 (13)

晩ごはんはオムレツ、クリームスープ、野菜サラダでした。

いよいよ今日はボルトを抜く抜釘手術です。
手術は午後からですが先ほど9時過ぎに点滴開始。


161014 (1)


昨日の夜9時から明日の朝まで何も食べられないのですが
まだ序盤なのに、もうお腹が空きました。
昨日は夕食だけでは足りなかったので、夫にあんぱんを買ってきてもらい
タイムリミットギリギリの9時に食べました(笑)


161014 (15)

「べっぴんさん」を観ようと構えているところに
古くからの知り合いの看護師さんがやってきたので
ひとしきりおしゃべりして観られず。
昼からの再放送を観ることにします。

ほかにやる事もないので、入院前に図書館で借りた
佐藤愛子「90歳、何がめでたい」を読んでいます。
それとネットでブログのチェックなど。
朝のテレビはワイドショーばかりなのでね。


161014 (2)


あっ、夫がやって来ました。
では、また。