記事一覧

石橋美術館に行って来ました

石橋美術館では「パレットと自画像でさぐる 画家の素顔」と題された展覧会が開催されています。  正門を入ると庭園があり、さまざまな花々が咲き乱れて綺麗です。      奥に見える建物が石橋美術館です。みどりのリズムというタイトルがついた、二人の少女が出迎えてくれます。 折しも、バラ展が開催されていました。この薄紫のバラにはブルームーンという名札がついているけどブルーというよりはパープル。まるで「ガラス...

続きを読む

「承」

伊勢神宮式年遷宮の際に奉納した井上雄彦の墨絵 『承』 が太宰府天満宮宝物殿で特別公開されていたので観に行きました。 『承』は展示室の壁に掛けてあり もっと大きな作品だと思い込んでいた私はちょっと拍子抜けしました。細部はこんな感じです。 ほかに写真やスケッチなども展示されていました。 満開の飛梅を目にしたのは今回が初めてだったし井上雄彦の作品は観ることが出来たしまずまずの一日でした。...

続きを読む

画家とパレット展

今日は午後から近くの美術館で開催されている[「画家とパレット展」 を観に行きました。マティス、ピカソ、ユトリロ等の絵画と一緒に、画家たちが使用していたパレットが展示されていました。面白いなと思ったのは、絵の具を絞り出し調合するだけの道具に過ぎないパレットに画家たちが落書きするような軽いタッチで絵を書いていることです。でもそのパレット自体が、一枚の鑑賞に堪えうる作品になっているんですね。パレットを見た...

続きを読む

レオナール・フジタとパリ展

今日は朝から雨で、夫も自転車に乗ることが出来ず暇そうだったので夫を誘って、北九州市立美術館で開催されている美術展に行ってきました。お昼に差しかかったので、途中で食事をすることに。「グラバー亭」という洋食のお店でランチを食べました。  二人とも前菜はパルマ産生ハムとパンチェッタ       夫はデミグラソースバンバーグ    私はサーモンとズッキーニのパスタ         コーヒーがついて1500円...

続きを読む

江上茂雄展

今日は田川市美術館で開催されている「江上茂雄展」に行ってきました。友人から、すごくいいので絶対に観た方がいいよ、と勧められたので観てきました。友人の言うとおり、すっごく良かったです!以下は田川市美術館のHPより抜粋明治45(1912)年生まれた江上茂雄(えがみ しげお)さんは、今年で101歳を迎えます。福岡県山門郡瀬高町(現・みやま市瀬高町)に生まれ、15歳から60歳まで三井三池鉱業所建築課に勤務し、そのかた...

続きを読む

絵本原画展

二日間、続けて出かけたので少しくたびれたのか、今朝は10時過ぎまで寝ていました。午後からは、近くにある美術館で開催されている「黒井健 絵本の原画展」を観に行ってきました。おなじみの「ごんぎつね」や「手ぶくろを買いに」のほかに最近の原画もたくさん展示されていました。宮沢賢治の「猫の事務所」と山田太一作「リリアン」の挿絵が、ことのほか良かった。雑念の世界からほんの少しだけ逃避出来た、ひとときでした。夕...

続きを読む

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -