小倉井筒屋デパートで〈mtマルシェ at 小倉井筒屋〉というイベントが開催されており
マスキングテープ好きの私としては是非とも行きたかったのですが、
行ったが最後、マステ沼にズブズブとハマってしまうのは目に見えているので
ここは我慢することにしました。

でも、どうしても欲しいマステがあったので仕事帰りの夫に頼んで
井筒屋に寄って買って来てもらいました。


160506 (5)


「小倉織」
160506 (3)


「ソーイング」
160506 (4)


どちらも欲しかったので、手に入って嬉しい!
多分、店に足を運んでいたら、この2個だけでは済まなかった。
夫に頼んで正解でした。

夫曰く、

「養生テープごときに、なんでこんなに群がるのか、よくわからん。
とにかく、おばちゃんたちのパワーがすごくて圧倒された」

やっぱり、ちょっと行きたかったかも (笑)

150822.jpg

性懲りもなく、手づくり市でスタンプを買いました。

京都1日目の記事を追加更新しています。 ⇒ こちら

本日2本目の記事です。
最近、古新聞や広告チラシでゴミ箱を作ったり、
油ふき用の紙をカットしたりするのが日課になっています。
そこで活躍するのが、ペーパーナイフです。


150516 (19)

このペーパーナイフはイタリアのダネーゼ社のもので
一枚のステンレスをねじっただけのシンプルなデザインに惹かれて
30年前くらいに買ったものです。
MOMA(ニューヨーク近代美術館)の永久コレクションにも収蔵されているだけあって
機能的でおしゃれなデザインです。

日本ではペーパーナイフを使う習慣なんて、ほとんどありませんよね。
手紙の開封もハサミや、手で破ったりで済ませますしね。
第一、日本の手紙はペーパーナイフを入れる隙間なんてありませんからね。
と言う訳で、このペーパーナイフ、買ってはみたものの、ほとんど出番がありませんでした。


150516 (17) 150516 (18)

ところが新聞でゴミ箱を作る時、このペーパーナイフが大活躍するのです。
新聞の折り目を切り開く時、カッターナイフだと刃が鋭利過ぎて切り口がいびつな形に
なったりするんですよね。
そんな時、このペーパーナイフを使うとストレスなくスムーズに切れます。
写真の太い無骨な手は、わたくしではございません、夫です (笑)
新聞紙を折り目をつけてカットして、四つ折りにしてストックしています。
鍋や皿についた油汚れなど、ふき取るのに便利です。


150516 (20)

流しの下の引き出しの中に収納しています。
こんなふうに隙間なく埋まっていると、何だかお金持ちになったような
満ち足りた気分になります。

節約生活を続けているとストレスがたまって、どこかで発散しないとリバウンドが
くるんですね。
その点、このゴミ箱やキッチンペーパーはタダなので節約することなく
バンバン使えますからね。
これが、いいストレスの解消法になるんです。
何より、紙を切ったり折ったりが楽しいんです、好きなんでしょうね (笑)

2015.01.03 正月飾り
リビングの出窓にお正月を演出してみました。

150103 (14)

150103 (3) 150103 (10) 150103 (5)
150103 (6) 150103 (2) 150103 (13)
150103 (9) 150103 (8) 150103 (7)
150103 (11) 150103 (12) 150103 (4)
150103 (1)


ちっちゃいものが好きで、事あるごとに、ちょこちょこと買い集めています。
普段は自分の部屋のサイドボードに並べているのですが、
お正月なので窓辺に飾ってみました。
大宰府の参道に面しているお店で買ったものがほとんどです。
ちっちゃいものシリーズは、この他にもたくさんあるので、
そのうち、追って紹介しようと思っています。

2014.03.03 おひなさま
今日は桃の節句。
うちには娘がいないので、お雛さまを飾る習慣がありません。
こんな時、娘がいたらな~と思います。

私の育った時代はまだ世間がみな貧しく、お雛さまのある家庭は稀でした。
だからお雛さまには、憧れに似たものがあります。
大人になってから、ミニチュアのおひなさまを、ちょこちょこ買い集めては
楽しんでいます。

二階の私の部屋のローボードに飾りっぱなしにしているので
西日が差して陽に焼けてしまっていますが、何点か紹介しますね。


140303 (13)

鶴の絵が描いてある屏風は、なんと絵ハガキなんですよ。
伊藤若冲展で買ったもので、アコーデオンのように折って屏風に出来るようになっており
絵ハガキ2枚で1双になっています。
手前のお雛さまは、大宰府の参道にあるお店で買ったのではなかったかしら。


140303 (9) 140303 (8)

左の三段飾りはミニチュアではありません。高さが20cmくらいあります。
右の高坏のうさぎさんはミニチュアです。これも大宰府で買いました。


140303 (2) 140303 (1)

左はお手玉ですが、おひなさまに見立てています。
右のお雛さまは、浅草にある江戸玩具のお店 「助六」 で買ったものです。


140303 (4) 140303 (3)

これはどちらも土で出来ています。右は首が外れます。
素人っぽい素朴さが気にいって買いました。家の近くにあるお店で。


140303 (5) 140303 (12)

左は友人の娘さんからお土産で頂いたものです。
15年くらい経つのでケースも黄ばんで、和紙も色あせてしまいましたが大切にしています。
右の豆雛もお土産で貰ったものでこれは友人から。
当時独身だった友人も私も、この縁結び雛のおかげなのか無事結婚することができました^^

一年中飾りっぱなしですが、もうお嫁に行ってることだし、いいでしょう (笑)

いくつになっても、おひなさまは嬉しいものです。
一応、これでも女の子(?)ですから ^^
2014.01.07 フェーヴ
ガレット・デ・ロワの中に入れるフェーヴを紹介します。
すべて陶器で出来ています。大きさは2~3cmくらいです。

まずはピーターラビットシリーズから

140107 (13)


ピーターとジマイマ

140107 (12)


ピーターの仲間たち

140107 (11) 140107 (10)
140107 (8) 140107 (7)


次はキャラクターや人形

140107 (4) 140107 (5)
140107 (9) 140107 (6)
140107 (14) 140107.jpg


靴やお菓子類も

140107 (1) 140107 (2)
140107 (3) 140107 (18)


一番のお気に入り、カエルの王様          この左のポニーは先日ガレットデロワに入れたもの

140107 (16) 140107 (15)


最後はテディベアー

140107 (19)



ちっちゃな箱に乱雑に入れているけど、増えすぎてフタが締まらない^^;

140107 (17)


こういうのって集め出すとキリがないんですよね。
新しいシリーズなんかが出ると、ついつい欲しくなってしまいます。

こんなふうにいっぱい持っているのに、いざ使うとなるともったいない気がして
集めている意味がないですよね。(笑)

2013.12.16 針山
もうすぐクリスマスですね。
自分へのプレゼントに可愛い針山を買いました。

131216 (5)


この針山はロシア東部、厳寒のシベリアの小さな村に暮らす、山辺朋子さんの作品です。
白樺のかごに、刺繍のクッションを合わせた、美しい針山。
この綺麗な刺繍は、ロシアの「ホフロマ塗り」の図案からとった、『コケモモ』の模様だそうです。

クッションの裏面には、製作者のサイン代わりの小さな刺し子が入っています。
中には乾燥させたコーヒー豆が入っていて、わずかに含まれる油分で針が錆びないように
なっています。


131216 (4) 131216 (3)
131216 (2) 131216 (1)


ねっ、素敵な針山でしょう。
ひと目ぼれでした^^
針を刺すのがもったいないくらい。

このほかにも、何個か針山を持っています。またそのうちに紹介しますね。

来年の手帳とカレンダーが届きました。
手帳は 「ほぼ日手帳」
カレンダーは安座上真紀子さんの 「ペーパートーイカレンダー」 です。


131118 (1)

ネットで注文するとほぼ日のロゴが入った箱に入って送られて来ます。
特典として小さな袋がおまけに付いてきます。
今年購入したのは手帳本体だけです。 カバーは一昨年に購入して使わずじまいの
リバティプリント (ペーズリー模様)のカバー があるのでそれを使おうと思います。

ネットで注文する理由は、日曜始まりの手帳が欲しいからです。
ロフトで買えますが、店舗販売は月曜始まりしか置いてないのです。
私は旧弊タイプの人間なので、月曜始まりは馴染めません。
だからカレンダーも日曜始まり以外は買ったことがありません。
でもみなさん月曜始まりが好きなようで、市場はそちらが主流になっていますね。


131118 (2)


実は、昨年も今年も手帳を買っただけで中身は真っ白なんです^^;
昨年は仕事が忙しくて手帳をつけるどころではありませんでした。
今年はブログを始めたので手帳の出番がありません。

ではなぜ、また来年用を買ったのか。
ブログを始めて気がついたのですが、最近字を書くことがないんです。
勤めていた時は、仕事上どうしてもペンを握らざるをえませんでしたが、家にいるとその必要が
ないんですね。

だから来年は紙媒体で日記をつけようと思ったのです。
でもブログが日記代わりなので、手帳にはその日の夕食の献立を書いたり
ちょっとしたイラスト描いたりしようと思っています。
最近字もさることながら、絵もまったくといっていいほど描かなくなりました。
だから一日一枚を自分に課して、ちょっと頑張ってみようと思います。

2010年の手帳を紹介しますね。
表紙は赤一色なので、バカボンドの武蔵のイラストでドレスアップしています。
これは息子が「井上雄彦展」で買ってきてくれた絵ハガキです。

                                              
  131118 (4)  131118 (3)


ほぼ日手帳のサイト こちら をみるとみなさん色々な使い方をなさっているようですが
私はまずは弁当ありき、だったのでカレンダーの欄に弁当の写真を貼っていました。
記録として残したかったので献立も書き込んでいます。


131118 (5)


毎日のページは、その日の出来事をイラストに書いたり、写真をコラージュしたり
その日の気分で自由に使っています。


131118 (6)131118 (7)

131118 (9)131118 (10)

131118 (11)131118 (12)

131118 (13)131118 (14)


こうやってみると、やっぱりアナログ人間なんでしょうね。
今もこんなふうに同じことをブログでやっているのに、無性に字や絵が描きたくなってきます。
洋裁やお菓子作りは好きではありませんが、絵を描いたりコラージュしたりというのは
割と好きなんです。
三日坊主で終わるような気もしますが、来年はちょっと頑張ってみます。


カレンダーはここ15年来、同じものを使っています。
安座上(あざかみ)真紀子さんのペーパートーイカレンダーです。


       131118 (15)


          来年のカレンダーをめくってみました。お気に入りは2月です。


       131118 (16)


        これ、実は紙で作っているんです。(だからペーパートーイ)
        とても紙で出来ているとは思えない精緻な仕上がりでしょう。
        このデザイン、色彩感覚、どれをとっても素晴らしく
        安座上さんのセンスのよさには、いつも感心させられます。


       131118 (17)


        15年前からこの場所↓がカレンダーの定位置です。
        我が家は部屋の模様替えなど、まったくしないので
        多分この家を離れるまでこの風景は変わりません (笑)
        だからこのカレンダーがないと新年が迎えられません。


       131118 (18)


        処分せずにとっておいたカレンダーです。
        これ以外にもあったのですが、古い分は破棄したり友人にあげたりで
        残っているのはこれだけです。


       131118 (20)


この記事を書くのに今日は半日近く費やしました。
11月も半ばを過ぎて忙しい時期に、こんなことをやっている場合ではないのですが
ちょっと息抜きに^^

え~っ、またアリスって言わないでくださいね。
アリスの食玩のフィギュアはこれで終わりにしますから。
ていうか、これ以上持ってません (笑)

今回はアリスのティーパーティシリーズから
こちらは全部揃っていませんが、持っているものだけ紹介しますね。


   ■ コンパートメントのアリス
   131107 (4)

これは先の友人が、同じものが2個出たからといって分けてくれたもので、
私が一番好きなアリスです。

手を温めているマフも帽子もバッグもなんて可愛いんでしょう。
着ている洋服も靴もバッグも原画と同じで、忠実に再現されています。
コンパートメントの一部を切り取るという手法が、さすが海洋堂だと思います。


   ■ クイーンアリス
   131107 (5)

このクイーンアリスも素敵ですねえ。
この気品のある気高さ、まさしくクイーンアリス。
アリスが乗っている敷石の縁が欠けているのがわかりますか。
芸が細かいですねえ。


   ■ クロケーをするアリス
   131107 (6)


クロケー(クロッケー)というのはゲートボールのような競技で
アリスは木槌の代わりにこのフラミンゴを使ってボールを打つのです。
このフラミンゴに限っては、原画よりもこっちの方が可愛いと思います。
アリスが踏んでいるのは、ボール代わりのハリネズミです。


   ■ 編み物をする羊
   131107 (3)

この羊は原作では、14対(28本)の編み棒を駆使して編み物をしているのですが
さすがに28本は再現されていませんでした。


■ ユニコーン対決
131107 (2)

この二つのユニコーン、左側は海洋堂の制作ですが右側は違います。
食玩の販売元であるフルタと海洋堂とのコラボは一作目の 「人形のアリス」 だけです。
フルタと海洋堂は分裂し、フルタは海洋堂抜きで「アリス」を手掛けます。
右側のユニコーンがそのフルタオリジナルです。でもどうでしょう、このお粗末さ。

その後、海洋堂は北陸製菓から依頼を受け「アリスのティーパーティ」を制作します。
左はそのシリーズのユニコーンです。

こうやって並べてみると、明らかに違いがわかりますね。
海洋堂のほうが精密に作られているし、原画に忠実です。
でも、このユニコーンに限って言えば、私は右のフルタオリジナルも嫌いではないんですね。
むしろ好きかも。


■ ライオン対決
131107 (1) 131107 (8)

こちらも左が海洋堂で、右がフルタオリジナルです。
このライオンもまったく別物としかいいようがありません。
でも私は、どちらも好きではないので、別にどっちだって構わないんですけどね。


■ アリスがいっぱい
131107 (7)

リビングのチェストに陳列しているのですが、こうやってあらためて見ると
ミニチュアといえど、壮観ですねえ。

フィギュアはこれでおしまいですが、アリス関連グッズはまだまだ続きます。
そのうちまた、ほとぼりが冷めたころにお届けします。
みなさんも、もういい加減飽きたでしょうから。(笑)

今日は我が家のアリスたちを紹介します。
前回と同じく食玩で海洋堂のフギュアです。

このシリーズはフルタ製菓が出した第1弾 「人形の国のアリス」 シリーズです。

■ ラッパを吹くウサギ
131106 (3)


■ いかれ帽子屋
131106 (2)


■ 遅刻ウサギ
131106 (1)


■ チェシャ猫
131106 (13)


■ アリスと子豚
131106 (4)


■ ハートの女王
131106 (12)


■ ハートの王様
131106 (11)


■ ハートの女王とハートの王様
131106 (5)


■ 赤の女王 赤の王様
131106 (10)


■ カエルの召使 魚の召使
131106 (8)


■ ドードーから指貫きをもらうアリス
131106 (7)


■ にせ海亀とグリフォンから話を聞くアリス
131106 (9)


■ ハンプティダンプティに向かって手をあげるアリス
131106 (6)


どうですか、細部まで細かく表現されているでしょう。
白ウサギの可愛いこと!
帽子屋も、ハートの女王も、チェシャ猫も、そしてハンプティダンプティも!
「不思議の国のアリス」 の原画、ジョン・テニエルの世界を見事に再現していますね。

今日は庭仕事をする予定でしたが、なんとなくやる気が出なくて
何をするでもなく、日がなゴロゴロして過ごしました。

のんきにアリスの写真なんか、撮っている場合じゃないんだけど
( やらないといけないことが山積みなんです。 )
また明日から頑張ることにします。

アリスに関連したグッズは、まだまだほかにもあるのですが
それはまた次回のお楽しみということで。^^

今日は終日雨でした。
春花壇の準備をすべく、庭仕事をする予定だったのに何も出来ませんでした。
昨日、ヘブンリーブルーとメランポジウムを撤去し耕したので、その続きをやりたかったのに
雨ではどうする事も出来ません。

なので、衣類の整理 (冬物と入れ替え) をしたり
録画したまま放置しているビデオを観たりで日がな過ごしました。

と言う訳で、アップする画像もないので
先日、ハロウィンのお菓子を届けた友人の家で撮影した写真を載せることにします。

不思議の国のアリスシリーズの食玩です。


131103 (6)


ねっ、可愛いでしょう。大きさは5~6cmのミニチュアです。
食玩というのは、菓子メーカーが出しているチョコなどについてくる 【おまけ】 です。
シリーズもので全種類揃えたくても中に何が入っているのか全く見当がつきません。
友人は、これだけ揃えるのに数千円費やしたそうです。

ここに写っているのは主に 「アリスのティーパーティー」 シリーズです。
わかりにくいのでアップにしてみました。


131103 (5)

       トゥイードルダムとトゥードルディー、うしろにいるのはカードの園丁


131103 (4)

         声をはりあげるハンプティダンプティ、法廷の白ウサギ


131103 (3)

                   三月ウサギとヤマネ


131103 (2)

        ユニコーン、 トゥイードルダムとトゥードルディー、ライオン


131103 (1)

   法廷の白ウサギ、声をはりあげるハンプティダンプティ、お茶会のいかれ帽子屋


こうやって見ると、細部まで細かく作りこまれているのがよくわかります。
制作したのはフィギュアの大手メーカー 【海洋堂】 です。

私もアリスシリーズの食玩を持っているのですが、それはまた次回・・・


ムーミンのキャラクターのミィが好きです。
可愛いエコバッグを見つけたので買いました。
ポケッタブルになっていて、折りたたんで内側のポケットに収納出来ます。



131001 (1)  131001 (2)




ほかにもいろいろ集めています。



マグカップ
131001 (5) 131001 (4)




               131001 (3)




      大判ハンカチ
      131001(6).jpg
          35人の兄弟姉妹が大集合。  さて、どれがミィでしょう?



マスキングテープ
131001 (7)

131001 (10)

131001 (8)


小生意気なミィが大好きです^^