記事一覧

久しぶりの読書

本日2本目の記事です。今日も義父の通院の付き添いでした。でも今日は義母が用事で居なかったので私一人。点滴の待ち時間が1時間半くらいあるので、時間つぶしに本を持って行きました。これは息子がお正月に帰省した時に持って帰った小説です。新幹線の中で読むために買ったそうで、新刊です。こうやって帰省のたびに本が増殖していく (笑)まだ半分も読んではいないのですが、数頁読んだだけで森見ワールドに、ぐいぐい引き込...

続きを読む

暮しの手帖とわたし

ごめんなさい、今日のこの記事、長いです。お暇な時にでも、どうぞ。とと姉ちゃん、終わりましたね。なんか寂しくなりました。とと姉ちゃんのモデルになった、大橋鎮子と花森安治が創刊した「暮しの手帖」は若かりしころの私のバイブルでした。会社に勤め始めて、初めて自分の給料で買った雑誌が「暮しの手帖」でした。かれこれ40年も前のことです。発売日には会社から一目散に書店に向かい、家に帰り着くまで待てずに帰りのバス...

続きを読む

借りた本

予約していた本が入ったとの連絡があったので図書館に行ってきました。一番右端の本はタイトルに惹きつけられて。ノンフィクション作家のほうは、同じシリーズの本を何年か前に読んですごく怖かったので、性懲りもなく (笑)夜、寝る前に読むと怖いだろうな。ま、ぼちぼち読むことにします。付記今週もお弁当を作らなかったので、金曜日ですが ”今週のお弁当” はありません。...

続きを読む

読書週間も終わりということで

読書週間って、よく耳にするけど期間はいつから、いつまでか知ってましたか。知らないので調べてみました。秋の読書週間は10月27日(水)~11月9日(月) 文化の日をはさんで2週間だそうです。その読書週間を意識したわけではありませんが、私も1冊読みました。   息子が京都の大学に入ったのをきっかけに、上洛することが多くなり京都という文字を目にすると、素通りできなくなりました。書店でこのセンセーショナル...

続きを読む

借りた本

図書館で借りた本です。最近、篠田桃紅さんに傾倒しております。2冊を重ねると、背表紙がこんなふうになります。オシャレです。「紅」と「風」 「花」と「空」 「夕拾」と「墨うら」 書や絵画はもちろんのこと、この中に収められているエッセイがすごくよかった。それもそのはず、 随筆集『墨いろ』で日本エッセイストクラブ賞を受賞されていたのですね。「103歳になってわかったこと 」はベストセラーになっていますよね。図...

続きを読む

借りた本

ここ北部九州では今日梅雨入りしました。そんな雨の中、図書館に行って本を借りてきました。図書館に入った途端、ゆるーくだけど冷気が・・・一般の人たちにとっては心地よい冷房も、私にとっては拷問。あ~またいやな季節がやってきたなあと思った瞬間でした。一度に借りられる冊数は5冊までなので、今回も5冊借りました。縫い縫いのモチベーションを上げるためにソーイングの本を2冊片付けの本は内容で選んだ訳ではなくて、著...

続きを読む

読んだ本

タイトルは読んだ本となっていますが、どれもまだ読み終わっていません。図書館から借りた本で、明後日が返却日になっています。それにしても、こうやって並べてみるといかに節操がないかよくわかりますね。借りた本を読まなきゃと思いながら、ついついお手軽なテレビを観たりしてます。明後日までに頑張って読んでしまわないと ^^;マカロン作ろうと思って、士気を高めるために借りました。ま、明日から頑張ります (笑)...

続きを読む

読んだ本

本日2本目の記事です。GW中は図書館で借りて来た本を、暇を見つけては読んでいました。ターシャ・テューダーのこの本は、前にも借りて読んだことがあるのですがターシャ、大好きなので、また借りてきました。世界各国のガーデナー垂涎のターシャの家と庭。私は人に憧れを抱いたりするタイプではないのですが、ターシャだけは別です。ターシャのすべてに憧れます。ただのメモでさえ、作品になっています。この玉ねぎでさえも (...

続きを読む

漫画にひたる

また居眠りしていて日付けを跨いでしまいました。現在の時刻 深夜 1:50 ですが、日記なので日付けは前日のままにしておきます。なんでこうも眠いのか、こたつに入って(なんと、まだこたつを片付けてない!)横になりTVを見ていると、ものの5分も経たずに寝てしまって。しかも今日は夫がめずらしく飲みに出かけて不在なので、起こしてくれる人もおらず結局こんな時間の更新になってしまいました。今日は冬物を洗濯してしまい込...

続きを読む

読んだ本

図書館から、予約していた本が入荷したとの連絡があったので早速行って来ました。  『Advanced Style - ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ』この写真集の被写体は世間一般に老女と呼ばれる60~100歳台。好きなものを自由に着こなす本当に自由気ままでオシャレな老女たち。アメリカで大絶賛を浴びた写真集なんだそうです。こうやって見ると、ファッション性が高いですよね。  これはいかにも私が好みそうなスタイ...

続きを読む

本屋さんで

今日は久しぶりに本屋さんを覗いてみました。最近は書店そのものが減り、私の住む町でもほんの数軒しかありません。ネットで居ながらにして買える便利な世の中になってもこの先、本屋さんだけはなくならないで欲しいなと切に思います。その本屋さんで懐かしい絵本を見つけました。タイトルは 「どんぐりと山猫」そうです、宮沢賢治の童話です。私は若いころ宮沢賢治に心酔していた時期があり、そのころ彼のふるさとである岩手県花...

続きを読む

水仙月の四日

旅行の疲れが出たのか、なにもする気になれず昨日、今日と日がなボーっとして過ごしました。旅行の記事を書こうと思うのですが、なかなかテンションが上がりません。年々、日にちが過ぎるのが早く感じるのですが今年はとくに早いように思います。立春も過ぎて今日はもう2月7日。ほんと早いです。そんな中、友人が自宅の庭に咲いている水仙を摘んできてくれました。部屋中に、水仙のほのかな香りがただよっています。     我...

続きを読む

たま虫を見る

『 たま虫を見る 』タイトルを書いて、う~ん、カテゴリーで悩みました。実はこれ、2年前のセンター試験で出題された国語の問題のひとつで井伏鱒二の掌編なんです。今朝、朝刊を開くとセンター試験の問題と解答がズラリ。そうかあ、そう言えばお隣のお嬢さんも土日がセンター試験だと言ってたなあ。雨や雪が降らなくてよかったなあ。私にとってセンター試験の問題というのは、息子が受験する時まで新聞の広告欄と同じで、パラパラ...

続きを読む

読んだ本

アマゾンで予約していたコミック本が届いたので2冊立て続けに読みました。百鬼夜行抄(22) 今 市子 著もう22巻になるんですねぇ。第1話が雑誌「ネムキ」に掲載されたのが1995年なので作品がスタートしてから20年近くになります。マンガ友達に「なんか面白いマンガなぁい?」と紹介してもらったのが始まりでだから私が読み始めたのはかなり遅かったのですがそれでもかれこれ10年近くになります。この漫画は家族3人...

続きを読む

読んだ本

少し秋らしくなりましたね。とはいっても、日中はまだまだ汗ばむくらいに暑いですけど。読書の秋というわけでもないのですが、昨日は終日、本ばかり読んで過ごしました。ていうか、図書館から借りている本が、気がつくと返却日をとうに過ぎていて焦りました。で、大車輪で昨日すべて読み終えました。雑誌「ゆうゆう」に掲載されていた老兵シリーズ(?)の第3弾、最新刊です。この本では 3.11以降のことが書かれています。愛子先...

続きを読む

懐かしの少女マンガ

こんな本があるの知ってました?                今年の春、ネットで買ったものです。高野文子の「玄関」がどうしても読みたくなって検索して見つけました。漫画の本はすべて、息子の部屋の本棚にしまってあるので「これ、何? 新しい漫画が増えてる。」と言う、息子の言葉でその存在を思い出しました。高野文子のほかにも懐かしい顔ぶれが・・・大好きだった樹村みのりの初期の作品、少女マンガのパイオニア水野...

続きを読む

さよなら韓流

今日は縫物をする予定でした。昨日裁断まで終わったパンツを一気に縫いあげてしまおうとミシンに向かおうとした瞬間、電話が・・・市立図書館からで、予約しておいた本が入荷したとのこと。せっかく取り寄せてもらったのだから、ここは行かねばなるまいと (笑)で、借りてきた本がこれです。私が毎月楽しみにしている新聞記事(朝日新聞)に「論壇時評」というページがあります。毎月一回、作家の高橋源一郎さんが時事を扱った書物...

続きを読む

読んだ本

図書館に本を返しに行ったついでに、目にとまった本を借りました。今回も小説の類はありません。まずは、沢木耕太郎著 「キャパの十字架」       本書は、先だってNHKスペシャルで放映されたドキュメンタリー番組「沢木耕太郎 推理ドキュメント運命の一枚~"戦場"写真 最大の謎に挑む~の原作本です。ご覧になりましたか。面白かったです!沢木耕太郎のファンなので、なおさら興味深く画面に食い入るように観ました。...

続きを読む

読んだ本

図書館で借りた本です。最近は、こういった気楽に読めるものしか借りなくなりました。タイトルに魅かれて借りました。イギリスの正式なアフタヌーンティのマナーことが詳しく書かれています。これで私もエリザベス女王に、いつ招かれても困りません^^アフタヌーンティに付き物の、三段スタンドが欲しくなりました。この本のタイトルもステキですよね。伊藤まさこさんほか7人の洋裁好きの人達が、それぞれシャツを作り洋裁にまつ...

続きを読む

プロフィール

やまねこ拝

Author:やまねこ拝


おうちで過ごす時間が大好きな主婦です
何気ない日々の暮らしを綴ります

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -