2017.04.11 芝生施肥
170411 (2)

芝生、少しずつ青みが出てきました。
今シーズンの開幕です。
と言う訳で、まずは施肥、スーパーグリーンフードSを散布。

病害予防や芝生の活性化のためには1㎡当たり50~100gを
春と秋に散布すると効果があるので2500g散布(我が家の芝庭は30㎡)
昨年5kg入りを購入して、秋に半分使ったので残りを散布しました。


170411 (3)

均一に手で撒いたつもりなのに、所どころ黒くムラになっています。
水やりをしなくて済むように小雨が降る中、濡れながら散布しました。

サッチ(刈りカス)も分解してくれるのでサッチングの手間が省けます。
今年は芝生の手入れ、しっかりやろうと思っています。

2016.11.29 落ち葉拾い
本日2本目の記事です。
ずっと庭に出ていなかったので、スゴイことになっています。


161129 (11)

芝生の上にハナミズキの落ち葉がいっぱい。


161129 (6)

こんなに放置していたのは初めてです。


161129 (7)

側溝にもこんなに。


161129 (10)

サマンサが鼻をピクピクさせると、ほら、瞬時にきれいになりました 。
んな、訳ないか (笑)
でも、見違えるようにきれいになったでしょう。


161129 (5)

どういう訳か芝生の横に里芋を干しています (笑)


161129 (9)

こちらは玄関先、シマトネリコの種と枯れ葉で悲惨なことに。


161129 (8)

こちらは、どこからか小人さんが 現れて・・・(笑)


161129 (4)


落ち葉、こんなにありました。
やっと、スッキリなりました。

庭掃除は嫌いじゃないので、ちゃんと二本の足で立って箒で掃いたり
しゃがんで落ち葉を拾ったりできるようになって有難いなあと、
しみじみ思います。

で、膝と腰を思いっきり酷使したので、今日はこれにてすべて終了。
夫の表現を借りるなら”売り切れ”
足が売り切れるって、どんなよ (笑)

今から晩ごはんを作らないといけないので、もちろんマスクも無理。
今夜は里芋と白菜たっぷりの豚汁です。

11月に入ったというのに芝生はまだ青々しています。
枯れる前に今シーズン最後の芝刈りをしました。


■ 芝刈り前
161103 (2)

■ 芝刈り後
161103 (1)

刈り高 30ミリ

9月の終わりに肥料をやりたかったのですが、骨折騒ぎで
それも出来ませんでした。
来シーズンは本腰を入れて管理をしたいと思っています。

2016.09.18 芝生絶好調!
160918 (2)


今日は台風と秋雨前線の影響なのか、朝からずっと雨で
時折激しく降っていました。
でも見てください、この青々としたグリーンの鮮やかなこと。
ここ9月に入ってから芝生は絶好調!
とてもこれから秋に向かうなんて思えませんよね。

午後から芝刈りしました。
なんと40日ぶりです。

■ 芝刈り前
160911 (7)

庭に出ることが出来ないので室内から撮りました。
いつもと違うアングルです。


160911 (4)

見てください、この伸び放題の芝と雑草。
雑草も一緒に刈ります。


160911 (3)

こうやって見ると、どれだけ伸びていたか良くわかりますね。


■ 芝刈り後
160911 (6)

刈り高 30ミリ
スッキリなりました。


160911 (8) 

芝生の奥の花壇に植えている向日葵。
今年はまったく手入れが出来なかったので惨憺たるものです。



160911 (1)

サマーサンリッチパイン
矮性の品種じゃないのに種を蒔いた時期が遅かったせいか、大きくなりませんでした。
なんか枯れてるし、おまけに倒れてるし。


160911 (2)

サンリッチフレッシュレモン
うわ~、葉っぱが虫にいっぱい喰われてる。
これじゃあ、仏壇にお供え出来ない・・・

やっぱり、ちゃんと手入れしないとダメなんですね。
悲しい・・・

本日3本目の記事です。

160724 (9)


芝生のところどころに陥没した箇所があるので凹凸をなくすために、目土を入れました。
入れたのは真砂土です。
陥没が深いところはいっぱい入れたので、15㎏入りの袋すべて使い切りました。

芝刈りする時に砂を噛みそうなので、夫がうるさいだろうな。

本日2本目の記事です。
除草剤を散布したにもかかわらず、雑草がはびこってきたので
芝と一緒に刈り取りました。


160617 (3)

除草剤でチドメグサとクローバーはなくなりました。


160617 (6)

黒ずんで見える部分が、チドメグサがはびこっていた箇所です。


160617 (5)

しかし、メヒシバには効果なし。


160617 (4)

ハマスゲに至っては除草剤を散布して、より元気になったような ^^;



■ 芝刈り前
160617 (1)

■ 芝刈り後
160617 (2)

雑草も一緒に刈り取ったので、スッキりなりました。

本日2本目の記事です。
芝生にはびこる雑草をなんとかせんといかん、と思い、
除草剤を散布することにしました。


160704 (5)

ちょっと解り難いですが、
芝生の全面を覆い尽くしているチドメグサ。


160704 (21)

ほふく性のメヒシバ。


160704 (4)

こちらも、ほふく性でどんどん増殖するハマスゲ。


160704 (18)

今回、初めて使用する除草剤、MCPP溶剤。
これは根に浸透して根こそぎ枯らすタイプではなくて、
除草液がかかった、葉だけを枯らすタイプの除草剤です。
説明書きによると、希釈濃度は100~200倍なので
6リットルのジョウロに30mlの原液を入れ、200倍に薄めました。
我が家の庭の面積は30㎡なので、本来なら6リットル分で十分なのですが
どうしてもジョウロでは分量通りに薄く撒くことが出来ず、2杯分散布しました。
噴霧機だと分量通りで散布できるかもしれません。


160704.jpg

今日は夫が代休を取って、休みだったので撒いて貰いました。

3、4日で、枯れるそうなので、どんな具合に枯れるのか楽しみです。
雨が降ると効力を発揮しないので、このあと2,3日は晴天が続くだろうと予想して
散布しましたが、本当は高温になる時期は避けた方がベストなんですよね。

芝生も黄変したらいやだなあ ^^;


付記
そうそう、1週間前に肥料をやったのを載せていませんでした。
6月28日 万緑‐MHT 1500g 施肥

本日2本目の記事です。
この雨で芝生がだいぶ勢いづいてきました。
今日は久々に晴れたので芝刈りをしました、3週間ぶりです。


■ 芝刈り前
160626 (4)

■ 芝刈り後
160626 (3)


  刈り高 30ミリ

梅雨が上がる前に一度肥料をやろうと思っています。

本日2本目の記事です。

■ 芝刈り前
160605 (6)


■ 芝刈り後
160605 (5)

刈り高 30ミリ

手前の方、一面にチドメグサがはびこって芝の成長がよくありません。
昨年張替えた箇所だけが元気です。
今年は張り替える余裕がないので、このまま様子見です。
梅雨入りしたので、あとは芝生に勢いがつくことを期待するしかありません。

本日2本目の記事です。
今シーズン初めての芝刈りをしました。

■ 芝刈り前
160514 (22)

■ 芝刈り後
160514 (21)

刈り高 30ミリ


緑の密度が濃く見えるのは昨年張替えた箇所です。
張替えた時、深く耕したので根の張りがいいのでしょうね。
反対に、以前からある芝生は土がガチガチなので
根の張りが悪いのかもしれません。

ああ、私がもう少し若くて、元気が有り余っているのなら
3年計画くらいで残りの芝生をすべて張り替えるのになあ。

チドメグサがどんどん蔓延して、芝生の大半を覆い尽くしています。
除草剤を散布しても、効果のほどは期待できそうにもないので
張り替えたいんだけどなあ。

どうしようかなあ、5年計画くらいで更新していこうかなと
無謀なことばかり考えています。
ローンスパイクで芝生に穴を開けるという方法もあるけど
それも体力がいるし、効果もさほど長くは続かないだろうし。
きれいな芝庭を維持するのって難しいですね。

日頃から夫が言っている、

「芝生を剥いで、全部コンクリートで埋めてしまえば楽だよ」

という言葉に、それもちょっと有りかも、と思っている自分がいます。
あな、おそろし (笑)

本日2本目の記事です。


160413.jpg


天気予報では当地方は午後から雨マークが出ていたので
朝一番に芝生に肥料を撒きました。

このスーパーグリーンフードSは昨年サンプルで貰って試してみて
いい結果が出たので買ってみました。

一袋に5㎏入っています。
1㎡当たり、50~100gということなので
我が家の30㎡の芝生には、キリがいいように5㎏の半分2.5㎏を
散布しました。
残りは秋口に散布する予定です。

これだけではなく、昨年散布していた肥料も定期的に撒く予定です。
芝張り時にずい分投資したんだから、ここでダメにするわけには行きません。
早く青々した芝生に復活させないと。

天気予報、当たりました^^
2時過ぎからまとまった雨が降ったので、これで肥料の浸透もよくなります。
2週間後は少しは青くなっているかな^^

2016.04.11 芝生 草むしり
160411 (4)

雑草だらけの芝生、見るに忍びなくて重い腰を上げて草むしりをしました。
努力の甲斐あってきれいになりました。


160411.jpg

頼もしい助っ人がこれ↑です。
雑草の根元に差し込み、グイッとねじって根こそぎ引き抜きます。
根の張りが半端なく大株に育ったものは株の周囲に突き刺して、
エイッとばかりに引き抜きます。


160411 (7) 160411 (6)

範囲が広いので腰をかがめた状態では腰が痛くなるので
このフタ付きバケツに腰かけて抜いています。
頑丈な作りなので全体重がかかっても壊れたりしません。
本日の成果品です、これだけ雑草が生えていました。


160411 (2) 160411 (3)

この可憐な草の名前、ネットで調べてみました。
マツバウンラン(松葉海蘭)というそうです。
蘭だと言われれば、そうですね (笑)


160411 (1)

葉っぱも松の葉に似てますね。
松葉牡丹によく似てます。
このマツバウンラン、芝生の至る所に生えていましたが、力を入れなくても
すうーっと抜けるんです。
鬼田平子さんとは大違い、おりこうさんです (笑)


160411 (5)

よく見るとチドメグサなんかが、まだいっぱい生えてますが、これはなかなか手ごわくて
人力では無理なので、そのうち除草剤を使おうと思っています。

とりあえず大物だけは取り除いたので、肥料をやって芝生を元気づけようと思います。
それはまた後日、雨降りの前日にでも。

京都の写真、やっと取り込んで整理したので明日からぼちぼち埋めていくつもりです。
それが終わらないと、やりたいこといっぱいあるのに先に進めない ^^;

2016.04.09 芝生は花盛り?
本日2本目の記事です。
初めに断っておきます、こんな写真載せたくなかった。


160409 (3)

見てください、この荒れ果てた芝生。
手入れをせずに放置しておくと、このような状態になるという見本です。
ずっと気になってはいたのです。
しかし毎日やることが多くて、芝生にまで手が回らなかったのです。


160409 (19)

芝生は根が張るので、毎日簡単な手入れを怠らなければ
こんなに雑草がはびこることはないんです。


160409 (20)

雑草の勢力が旺盛で、このまま放置し続けると芝生が雑草に凌駕されてしまいそう。


160409 (6) 160409 (8)

あろうことか、花まで咲いて。
これはオニタビラコ(鬼田平子)さん、このかた、屈強だから嫌い!
チドメグサも増殖中、ケガなんてしてないから、血なんて出てないから!


160409 (4) 160409 (7)

こぼれ種が飛んできたノースポールと忘れな草。
まあ、これは可愛いから許しましょう^^


160409 (5) 160409 (21)

これは可憐だけど一体なんという名前かな。
別に芝生に彩りは必要ないんだけど ^^;

ああ、この雑草群を何とかしなくては。
これでは京都の記事を書くどころではありませぬ。

てな訳で、京都レポはしばらくおあずけです。

今日は久しぶりに庭仕事。
ずっと気になっていた芝生の草むしりと、エッジ切りをしました。
草取りと、芝生の剥ぎ取りをしやすいように事前にたっぷり散水しました。


151105 (9)


伸び放題で見苦しくなった芝生の縁をきれいにします。


151105 (8)

ターフカッターを踏んで全体重をかけ、切れ目を入れます。
なかなか切れないので一苦労。


151105 (7) 151105 (6)

切れ目を入れた芝生を剥ぎ取ります。
根が張った芝生を土ごと剥ぎ取るので、どうしても隙間が出来ます。
後日、目土を入れる予定です。


151105 (5) 151105 (4)

周囲をぐるりと一周、剥ぎ取るので重労働です。


151105 (2) 151105 (3)

もっと幅を狭く剥ぎ取りたかったのですが、これ以上は無理でした。
サークルの縁もきれいにカットしたのでスッキリなりました。

今日は暖かかったので、作業中は汗ばむほどでした。
他にもやりたいことがあったのですが、思っていたより時間がかかり
エッジ切りだけで終わりました。

もうそろそろ春花壇の準備もしないといけません。
今年はなかなかテンションが上がりませんが、明日からぼちぼち始めないとね。
ああ、やりたくないなあ。